映画『真夜中の五分前』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「真夜中の五分前」のネタバレあらすじ結末

真夜中の五分前の概要:2014年公開の日中合作映画。時計修理人として上海で働く良が知り合った美人の双子姉妹。彼女達は時折入れ替わり、どちらがどちらか見分けが付かない。そんな2人のいたずらがある日大きな事件に繋がってしまうというサスペンススリラー。

真夜中の五分前の作品概要

真夜中の五分前

公開日:2014年
上映時間:129分
ジャンル:サスペンス、ミステリー
監督:行定勲
キャスト:三浦春馬、リウ・シーシー、チャン・シャオチュアン etc

真夜中の五分前の登場人物(キャスト)

リョウ(三浦春馬)
上海で時計職人の元で修理人として働いている。物静かで真面目な男で、誠実。
ルオラン/ルーメイ(リウ・シーシー)
双子姉妹で謎が多い。時折入れ変わるため、自分たちも自分がわからなくなる。
ティエルン(チャン・シャオチュアン)
映画プロデューサー。ルーメイの婚約者で結婚する。優しく賢い男性。

真夜中の五分前のネタバレあらすじ

映画『真夜中の五分前』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

真夜中の五分前のあらすじ【起】

中国上海。
時計職人として働いている日本にリョウは、時計店で修理を担当している。
中国語は勉強していてそれなりに話せるが、まだわからないこともある。
ある日、ジムで泳いだ後受付のベンチに座っていると、一緒に泳いでいた女性に声をかけられた。
彼女の名前はルオランと言い、美しい彼女にリョウは密かに恋心を抱いていく。
ルオランはリョウにお祝いのプレゼントを選んでくれないかと頼んだ。
そしてリョウは時計を選んであげる。

夕食のレストランで化粧室のために席を立ったルオラン。
席に戻った時にリョウが異変に気がつかないので、彼女は「何か変じゃないか?」と尋ねる。
特に何にも違和感を覚えないリョウに「鈍い」と女性は笑い、後ろからもう1人の同じ顔の女性がやってきた。
驚きを隠せないリョウ。
それもそのはず、彼女達は一卵性の双子でありそっくりだったのだ。
双子のもう1人はルーメイと言い、モデルや女優をする人気もの。
映画プロデューサーのティエンルンとの婚約が決まり、お祝いをしてあげたかったのだった。

真夜中の五分前のあらすじ【承】

その日を境にリョウとルオランは近づいていく。
ある日、ルーメイカップルも含め4人で食事をした時、ルオランの様子がおかしかった。
先に帰ると外に出た彼女を追うリョウに、ルオランはいつもルーメイに奪われていくと悲しい本音をぶつける。
ティエンルンも最初に出会ったのはフリーライターのルオラン。
女優を目指したのもルオランだったのだ。
その話を聞き、思わずそっと抱きしめるリョウ。
この日から2人の関係はお互い大事なものに変わっていった。
そしてリョウは、自分で作った時計をプレゼントする。

彼には既にこの世にいない彼女がいた。
その彼女がわざと時計を5分遅らせて、世界に追いつけるだけの5分を楽しんでいたという話をする。
ルオランは5分違ったら妹と違う世界にいけるのかもしれないと呟いたことがあった。
リョウはわざと5分遅らせた時計をあげたのだった。

ある日、リョウと映画を観に行ったルオランはルーメイに間違われサインをねだられる。
1人が寄ってくると次々と人々が押し寄せ、囲まれてしまう。
調度リョウが飲み物を買いに行っていたため、1人だったルオランは困ってしまった。
するとティエンルンが通りかかりルーメイだと勘違いした彼は車に乗せ、助けてくれる。
そして自宅まで送ると、ル-メイにプレゼントだと可愛いワンピースを渡した。
戸惑いながら本当のことが言えないルオランだったが、ワンピースを持って帰ってしまう。

真夜中の五分前のあらすじ【転】

姉妹は旅行へ行くことにした。
2人は子供の頃のように一緒に行動をし、旅行を楽しんだようだった。
しかし事故に遭い、ルーメイだけが生き残ってしまう。

1年後、中国に帰国しティエンルンと暮らすルーメイだったが、女優業の方は順調だった。
それどころか以前に増して演技力に磨きがかかり、関係者からも驚かれていたのだ。
しかしティンエンルンが段々と彼女に疑心暗鬼になっていく。
ルオランの話をすると「私」と言ったり、覚えてない筈の記憶を話したりするのである。
彼は生き残ったのはルオランなのでは無いかと疑い出す。
そしてリョウを呼び出し、ルオランでは無いのかと確認しにいってもらう。

しかしリョウは彼女と話しても、ルオランだと確信が持てなかった。
彼と彼女の思い出は時計だけ。
しかも双子同士で入れ替わり、思い出を共有しすぎたためにルーメイですら自分が誰なのかわからなくなっていく。
そんなルーメイに限界が来たティンルンは、離婚することにした。

真夜中の五分前のあらすじ【結】

ルーメイはリョウと親密な関係になっていく。
ルオランと同じように彼女を愛し始めているリョウは、彼女をルーメイだと信じているようだった。
ある日彼女がリョウの仕事場に来て、「おまえはおまえのままであろう努めよ」という文を読んだ。
何かを思ったのか。
彼女は姉妹で言った旅先の教会にもう一度行ってみることにする。
そこにルオランがリョウからもらった5分遅れの時計があることに気がついた。
それを手に取り、リョウの元に戻るルーメイ。

その頃リョウはルーメイが突然行方をくらましたことで、どこに居るのかと気をもんでいた。
そんな時、部屋に気配を感じたリョウ。
辺りを見回すとそこに時計があることに気がついた。
そう、ルオランにあげたあの時計である。
しかも5分の誤差は直されていた。
リョウは急いで外に向かうと、そこにルーメイが立っていた。
リョウは困惑している。
目の前に居るこの女性は、ルーメイかルオランか。
この時計を持ってきたこの女性がどちらなのか、わからないままである。

Amazon 映画『真夜中の五分前』の商品を見てみる