映画『メメント』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「メメント」のネタバレあらすじ結末

メメントの概要:インターネットで『オススメ映画』と検索すると、必ずと言っていいほど名前が上がる超名作。ストーリーを結末から描くという画期的な方法で構成をとったことで話題となった。

メメントの作品概要

メメント

製作年:2000年
上映時間:113分
ジャンル:サスペンス
監督:クリストファー・ノーラン
キャスト:ガイ・ピアース、キャリー=アン・モス、ジョー・パントリアーノ、マーク・ブーン・Jr etc

メメントの登場人物(キャスト)

レナード・シェルビー(ガイ・ピアース)
過去の事故により、10分間しか記憶を保てなくなった男性。妻を殺した『ジョン・G』を追い続けている。
テディ(ジョー・パントリアーノ)
レナードの相棒。しかし、彼の記憶障害を利用して、レナードを自分の私利私欲のために動かしている。
ナタリー(キャリー=アン・モス)
レナードにとある依頼を持ちかけてきた女性。彼女もまたレナードの復讐を手助けする。

メメントのネタバレあらすじ

映画『メメント』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

メメントのあらすじ【起】

レナード・シェルビーは平凡な保険会社の調査員だった。しかし、ある日そんな彼の生活は一変する。なんと、自宅に侵入してきた謎の男によって、レナードの妻が強姦されたうえに殺されてしまったのだった。

そのショックはあまりに大きく、レナードは10分しか記憶を保てない、前向性健忘という記憶障害を患ってしまったのだった。しかし、そんな状況の中でも、レナードは自らの妻を殺した犯人への復讐を誓う。しかし、分かっていることは犯人の名前が『ジョン・G』ということだけだった。調査を始めたレナードは、明らかになったことを忘れないためにメモを取り、その中でも一際重要なものは自らの身体に刺青として刻み込んだ。

レナードは、自分のように前向健忘性を患っている人物をかつて知っていた。しかし、その男の末路は悲惨だった。男の病気を疑った妻が、彼を試したのだ。しかし、男の病気は本物だった。その結果、男は意図せずに妻を殺してしまうことになるのだった。

メメントのあらすじ【承】

一方、『ジョン・G』を調査するレナードには相棒がいた。テディという男性である。調査を進めた末、彼らは名前以外にも、車のナンバープレート、ジョン・Gが麻薬の売人であるという、犯人に繋がるヒントを手に入れた。

しかし、レナードが調査の末に手に入れたと思っていたその証拠は、レナード自身がしかけたものだったのだ。実は、レナードの復讐はとうの昔に成し遂げられていたのである。しかし、妻も失い仕事も失い、全てを失ったレナードには、もう復讐しか生きる意味が残っていなかった。そこで、レナードは敢えて自分が犯人を殺したことを記録せずに、第三者を追うことにしたのだ。

そして、そんなレナードをテディは利用していた。彼は自分にとって不都合な人間の暗殺や、金を手にするためにレナードを利用したのだ。そもそも、レナードが今信じている記憶も、昔彼が捏造したものだった。確かに強盗は押し入ったものの、妻は殺害されなかった。ただ、レナードが犯人との格闘の末頭を打ち付け記憶障害になってしまったのである。

メメントのあらすじ【転】

そして、レナードの障害を信じられなかった妻がレナードを試し、結果としてレナードが妻を殺すという形になってしまったのだった。しかし、レナードはどうしても、自分が妻を殺したという事実を受け入れることができなかった。そこで、レナードは10分後以降の自分を救うことができるように、自分が保険会社で勤務していた際、全く別の夫婦に起こった話、というように記憶を構造したのだ。

それからというもの、自分の気がつかないうちにテディに都合よく使われていたレナード。しかし、ある時レナードはテディが自分を利用していることを突き止める。10分後に消えてしまうその記憶を留めるために、レナードは「テディを信じるな」というメモを未来の自分宛に残すのだった。そして、テディの車のナンバープレートを調査書類の中に挟む。10分後、全ての記憶を失ったレナードは、また一人無実の人間をジョン・G.として殺害してしまうのだった。そして、レナードは殺した男の上着を羽織っていた。

メメントのあらすじ【結】

そのポケットの中には一枚のコースターが入っており、そこには「あとで来て、ナタリー」というメッセージが記されていた。その上着が元々自分の物ではないことをすっかり忘れてしまっているレナードは、そのコースターに従い指定された場所へと向かった。

そこにはレナードが殺した男の恋人、ナタリーが待っていた。突然現れたレナードを怪しむナタリーだったが、レナードに記憶障害があることを知ったナタリーは、レナードにとある依頼をする。それは、ドッドという男を殺すことだった。

一度はその依頼を断るレナードだったが、ナタリーの策略にハマり、結果的にドッド殺しをする羽目になったのだ。しかし、その最中で再びレナードは記憶を失ってしまう。結果的にレナードはドッドを殺さず、捕まえていた彼を解放するのだった。

お礼にナタリーは、レナードが持っていた謎の車のナンバープレートについて調べてくれた。それはテディのナンバープレートで、そのことを知ったレナードは、彼こそがジョン・Gであると思い込む。そして、レナードは彼を殺害するのだった。

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①一度見ただけではわからない

    あらすじでも先に注意しているが、この映画は時系列とは逆の進行をしている。厳密にはレナードの記憶が保てる10分ごとにさかのぼり、間に過去の回想が挟まれる。
    だからあらすじでは順を追って説明しているのでこれだけみると「できごと」そのままで面白くもなんともないのだが、実際は逆なので難解かつ面白い。
    面白いとはいえ、何も知らずにこの映画を観たら多分最初はちんぷんかんぷんで、途中いろんなことに気付いても前半のことを忘れてしまい、観終わっても理解できないことの方が多いのではないだろうか。
    この映画の仕組みと真実を知った上でもう一度みると本当の面白さが分かると思う。

    ②レナードの記憶と選択

    レナードは、何度も「ジョン・G」を殺している。もちろん全て別の「ジョン・G」だ。これは、レナードの記憶が10分しか続かないから繰り返されたわけではない。レナードが意図的に「忘れ」たのである。
    最初に「ジョン・G」を殺したとき、レナードは忘れないように犯人の写真を取り、テディと記念撮影までした。記録しないとまた復讐のために「ジョン・G」を探してしまうからだ。
    だが、レナードは自分が復讐のためだけに生きていることに気付く。復讐が終わってしまうと生きている意味がない。レナードは復讐を終わらせたくなかった。そして写真を焼き、復讐を果たした証拠を自ら消したのだ。テディが利用したから起こった悲劇というより、レナードが自分で選んだ結果だった。
    そもそもレナードは妻を殺したことを認めたくなくて自分の意思で過去の記憶をすり替えている。何もかも自分の都合がいいように変えている。
    テディやナタリーに都合よく嘘をつかれたが、自分自身も自分に嘘をついているのである。

  2. 匿名 より:

    初めてこの映画を観たとき、クリストファー・ノーラン監督作だから観てみようと軽い気持ちで何も知らずに観たので、最初は本当に意味が解らなかった。内容についていくだけでもいっぱいいっぱい(というかついていけなかった)で、せめてあらすじくらいは知ってから観ればよかったと思った。
    そのわかりにくさとストーリーの組み立て方の秀逸さがこの映画の面白さである。恐らく何度観てもどこかで混乱し、じっくり考え込んでしまうと思う。