映画『ミンボーの女』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ミンボーの女」のネタバレあらすじ結末

ミンボーの女の概要:民事介入暴力(略してミンボー)専門の女弁護士が、ホテルを脅して大金を巻き上げようとするヤクザに立ち向かう。任侠の世界を美化する従来の邦画とは違い、暴力団関係者の卑劣なやり口をそのまま描いており、伊丹十三監督は暴力団関係者の恨みを買って襲撃を受けた。しかし伊丹監督は暴力に屈せず、映画は大ヒットした。

ミンボーの女の作品概要

ミンボーの女

公開日:1992年
上映時間:123分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:伊丹十三
キャスト:宮本信子、宝田明、大地康雄、村田雄浩 etc

ミンボーの女の登場人物(キャスト)

井上まひる(宮本信子)
暴力団による民事介入暴力(略してミンボー)専門の弁護士。町医者だった父親は、地元の親分をかばってヤクザに殺された。ヤクザが人々を恐怖で支配し、屈辱の人生を強いることが許せないため、この道に進んだ。勇敢で頼りになる女性。
小林(宝田明)
ホテルヨーロッパの総支配人。ヤクザの罠にはまり、高額な金を要求される。妻と年頃の娘がいる。
鈴木勇気(大地康雄)
ホテルヨーロッパの経理課にいたが、ヤクザ担当の特別班に異動を命じられる。尿道結石がある。同居している母親の手料理が大好き。
若杉太郎(村田雄浩)
ホテルヨーロッパのドアマンをしていたが、鈴木の部下としてヤクザ担当の特別班に異動を命じられる。元相撲部で力が強い。
入内島(伊東四朗)
大物ヤクザ。小林を罠にはめ、ホテルヨーロッパから高額な金をせしめようとする。すごむとかなり怖い。伊場木より格上。
伊場木(中尾彬)
大蛇(オロチ)会の会長。あの手この手でホテルヨーロッパに嫌がらせをする。子分の若衆たちは血の気が多い。
若頭(我王銀次)
大蛇会の若頭。かなりの強面で、大声で相手を威圧するのが得意。

ミンボーの女のネタバレあらすじ

映画『ミンボーの女』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ミンボーの女のあらすじ【起】

伝統あるホテルヨーロッパは、国内外の要人が利用する高級ホテルだ。しかし最近、明らかに暴力団関係者とみられる物騒な男たちが出入りするようになり、ホテルの空気が変わりつつある。今日もプールに刺青を入れたヤクザが現れ、従業員を困らせていた。それをひとりの女性が救ってくれる。女性は井上まひるという民事介入暴力専門の弁護士であり、ヤクザの対応には慣れていた。客のふりをして様子を見ていたこのホテルの会長は、まひるの腕に感心する。

ホテルヨーロッパでは、サミットを開催してもらうため、500億円をかけてホテルを改装中だった。しかしヤクザのはびこるホテルにサミットは任せられないと言われ、総支配人の小林は対策を考える。

小林は従業員を集め、ヤクザ担当の特別班を編成すると発表する。しかし従業員は尻込みし、適当な人材が見つからない。困った小林は、たまたま見かけたドアマンの若杉と経理課の鈴木に、この仕事を押し付ける。彼らは渋々小林の命令に従う。

さっそくロビーでヤクザが騒いでいると連絡が入り、鈴木と若杉は対応にいく。しかしど素人の2人はヤクザを恐れ、言われるままに土下座する。警察は民事不介入で手を出せない。結局鈴木はヤクザに10万円を渡して帰ってもらう。

“あのホテルは金になる”という情報を聞きつけ、大蛇会の伊場木もやってくる。伊場木は、レストランのラザニアにゴキブリを仕込み、保健所に連絡するとホテルを脅す。鈴木と若杉は菓子折りと現金5万円を持って大蛇会の事務所を訪れ、丁重に謝罪する。伊場木はわざと若い者が指を詰められる現場を見せ、2人を震え上がらせる。

金額に納得のいかない伊場木は、保健所で大騒ぎをし、小林は保健所の所長から苦言を呈される。鈴木は小林に叱られ、“2百万円で伊場木を止めてやる”というヤクザを頼ってしまう。すると今度は伊場木が乗り込んできて、ヤクザに脅されたと騒ぎ出す。結局ホテル側は伊場木の言いなりになり、5百万円を脅し取られる。

ミンボーの女のあらすじ【承】

小林は鈴木と若杉を叱るが、鈴木は血尿が出るほど追い詰められており、上司は2人をかばう。小林も反省し、プロを雇うことにする。

助っ人として呼ばれたのはまひるで、まひるは鈴木と若杉にヤクザへの対応の仕方を伝授する。まひるは、強面で知られる港町警察署の明智刑事にも協力してもらい、“ヤクザを恐れないこと”というヤクザ対応の鉄則を教え込む。ホテル内には監視カメラ付きのVIPルームを用意させ、隣に刑事の待機部屋も作る。

さっそく花岡と名乗るヤクザがやってきて、わざとホテルにカバンを忘れていく。花岡は子分を使い、ホテル側のミスでカバンを紛失したよう工作する。花岡は、中身の5千万円の手形10枚と現金3千万円を弁償しろと怒り出し、VIPルームに通される。まひるは脅しに屈せず、警察へ被害届を出せと主張。花岡は食い下がるが、駆けつけた明智刑事に別容疑で連行されていく。

一部始終を見ていた鈴木たちは感動し、まひるの実力を認める。まひるは、ヤクザは弱い者には強いけれど強い者には弱いことや、懲役になれば諸々の費用で年に2千万円はかかるので、簡単に暴力は振るってこないと教えてやる。

ゴルフへ出かけた小林は、初対面の入内島とコースを回る。入内島は賭けゴルフを提案し、小林も気楽にその話に乗る。ゴルフに負けた入内島は、後日2百万円もの金を小林の口座に振り込んでくる。小林は金を返すと言うが、入内島は受け取らない。

悪い男に引っかかったと悟った小林は、4百万円を用意して、入内島が指定した銀座のクラブへ向かう。入内島は若い女性を集めて小林を歓待し、酒に薬を混入して小林を酩酊させる。小林が目を覚ますと、店内は荒らされ、明美という女性が全裸で泣いていた。小林も全裸にされており、責任を取れとヤクザに脅される。それを入内島が止めてくれ、小林は入内島に泣きつく。入内島は、ここが関西の黒沼会の会長の店であり、明美はまだ未成年だと説明し、小林に1千万円払うことを約束させる。

ミンボーの女のあらすじ【転】

小林から話を聞いたまひるは、絶対に金を払うなと忠告する。まひるは鈴木と若杉を連れて、銀座のクラブへ出向く。

入内島は、小林と約束した事だと譲らないが、まひるは訴訟を起こしてくれと主張。入内島は、すごい迫力でまひるを脅す。まひるは直接黒沼と話をすると言って対抗する。すると入内島の態度が急変し、全てを水に流すことに同意する。

これで一件落着かと思われたが、小林に明美とのわいせつ写真が届く。入内島は密かに小林と接触し、写真を10億円で引き取れと脅す。そんな大金の出費は役員会の許可が下りないと小林は断るが、入内島は役員会に説明しやすくしてやると不敵に笑う。

ホテルは200億円の総工費をかけて新館を建設中で、入内島はそこに目をつける。入内島の指示で伊場木たちが動き、地域住民に迷惑をかけている工事を即刻中止しろとホテルに乗り込んでくる。VIPルームでのやり取りは全て記録されていることを知り、伊場木は一旦引き上げる。

伊場木は何台もの街宣車でホテル周辺を走行し、大音量で“ホテルヨーロッパは客を覗き見している”と叫び続ける。まひるはヤクザの嫌がらせを全てビデオに記録する。ホテルには地域住民や客から多くの苦情が入り、従業員は対応に追われる。ヤクザの嫌がらせは、小林の家族にまで及び、小林は隠していた写真をまひるに見せる。まひるは小林に同情し、一緒に戦うことを約束する。

小林とまひるは、このままヤクザと戦うか、金を払うかの判断を会長に仰ぐ。例の写真を見た役員からは、これがマスコミに公表されたらホテルの威厳に関わるという声も出るが、会長はまひるたちを信じて、このまま戦うことを許可してくれる。

ミンボーの女のあらすじ【結】

会長はマスコミの前でヤクザと戦う決意表明をし、小林はヤクザにどう対応しているかを説明する。まひるは裁判所に不作為の仮処分を申請する。裁判官は、まひるが記録してきた映像を見て、伊場木が裁判所の呼び出しに応じないことを確認してから、素早く対応してくれる。

まひるたちは、裁判所の執行官と明智刑事たちとともに伊場木の事務所へ出向き、裁判所から仮処分の決定が出たという申請書を手渡す。ヤクザ側がこの命令を無視する行動を取れば、すぐに警察が動くことができるので、ヤクザは身動きが取れなくなる。

事務所から出てきたまひると若杉に、大蛇会の若頭が絡んでくる。若杉は“ヤクザは1人では何もできない半端者だ”と言い放ち、子分たちの怒りを買う。

公園で話をしていたまひると若杉は、若頭の子分に襲われる。まひるは若杉をかばい、子分にドスで刺される。子分は逮捕されるが、まひるの怪我は深刻だった。若杉は自分が粋がってヤクザを挑発したせいだと責任を感じる。

病院に待機していた鈴木と若杉に、ヤクザが押しかけてきたという連絡が入る。入内島と伊場木は、まひるがいなければ大丈夫だとなめていた。鈴木たちはVIPルームでヤクザと対峙し、彼らから金の話を引き出そうとする。具体的な金額の話が出れば、恐喝罪が成立する。隣の部屋には明智刑事たちが待機し、彼らの様子を見守っていた。まひるに教育された鈴木たちは、一歩も怯まずに対応し、ついに入内島から“10億払えば写真を返す”という言葉を引き出す。それを聞いた明智刑事たちは部屋へ突入し、ヤクザを全員逮捕する。

後日。まひるは無事に退院し、鈴木たちが彼女を迎える。そこへ、ヤクザの大親分が、大勢の子分を引き連れてやってくる。従業員たちが集結し、先頭に立った鈴木は“暴力団の方のご利用はお遠慮いただいております”と入店を断る。ヤクザと従業員はにらみ合いを続けるが、大親分はニヤリと笑って無言で去っていく。それに子分たちも従う。歓喜する従業員たちを、まひるは満足げに見つめていた。

Amazon 映画『ミンボーの女』の商品を見てみる