映画『ミミック』あらすじネタバレ結末と感想

ミミックの概要:1997年に製作された、ギレルモ・デル・トロ監督のSFパニックホラー映画。主演はミラ・ソルヴィノ。遺伝子操作で生まれ、人間に擬態(ミミック)する虫“ユダの血統”と人間の戦いを描いた。

ミミック あらすじネタバレ

ミミック
映画『ミミック』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

ミミック あらすじ【起・承】

子供だけが命を落とす伝染病、ストリックラー病が広がったニューヨーク。
感染経路はゴキブリだった。
ワクチンも治療法も見つけられないCDCに勤めるピータに頼まれ、昆虫学者のスーザンは、ゴキブリを一掃するべく遺伝子操作された新種の虫“ユダの血統”を放った。
“ユダの血統”に繁殖能力はなく、半年程度で絶滅するはずだった。

3年後。
ストリックラー病は根絶され、ピーターとスーザンは結婚したが、未だ子宝には恵まれていなかった。
ある日、スーザンは珍しい昆虫を子供から買い取る。
それはいるはずのない“ユダの血統”の幼虫だった。

何者かにユダの幼虫を盗まれたスーザンはピーターに相談し、同僚レミーと共に子供たちから、虫を捕まえた地下鉄を教えてもらう。
地下鉄で靴磨きをする祖父と暮らす、リズムを真似するのが上手で靴に詳しい不思議な少年チューイ。
彼は「変な靴のおじいさん」を何度も目撃していた。
そしてある日、忽然と姿を消してしまう。
警察が当てにならないと判断した祖父マニーは、チューイの痕跡を追って地下へと進んでいく。

スーザンとレミーはユダの巨大な死骸を発見し、師と仰ぐ教授に解剖を頼み込む。
そして、ユダは生き残り、巣を形成していたことが判明。

ミミック あらすじ【転・結】

ピーターは、同僚ジョシュ、警官で地下に詳しいレナードと共に地下鉄の調査に入る。
しかし、運悪くピーターとレナードは出られなくなり、ジョシュが助けを呼びに行くが、彼はユダに襲われて命を落とす。

ピーターたちに同行する予定だったスーザンは、レミーからの連絡で遅刻し、駅でピーターを待っていた。
しかしユダに攫われ、チューイを探していたマニーに偶然発見される。
ピーター、スーザン、レナード、マニーは襲ってきたユダを銃で撃ち、放置されていた古い電車の中に逃げ込む。
足に怪我を負ったレナードの血の臭いに引き寄せられたユダたちから身を守るため、スーザンの提案でユダの臭いを使ってごまかす。

スーザンは、“ユダの血統”は人間に擬態(ミミック)し、すでに人間社会にまぎれていると確信。
臭いを使って擬態し、電車を動かして脱出しようとするが、偶然見つけたチューイを助けようとしてマニーが命を落とす。
押し寄せるユダを前に、レナードは自らを囮にし、ピーターは戦う覚悟を決めてスーザンとチューイを逃がす。

駅まで逃げたスーザンとチューイの前に、巣のリーダーであるオスのユダが現れ、スーザンはそれを倒した。
ピーターはユダの大群に囲まれるが、可燃性ガスを使ってユダの卵をも焼き尽くした。

愛する人を失ったと悲しむスーザンの前に、奇跡的に生還したピーターが現れ、3人は喜びあった。

ミミック 評価

  • 点数:60点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★☆☆☆

作品概要

  • 公開日:1997年
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:SF、ホラー
  • 監督:ギレルモ・デル・トロ
  • キャスト:ミラ・ソルヴィノ、ジェレミー・ノーサム、アレクサンダー・グッドウィン、ジャンカルロ・ジャンニーニ etc

ミミック 批評・レビュー

映画『ミミック』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

虫が苦手な場合は見てはいけない

ゴキブリを媒体にして広がる伝染病を根絶させるため、ゴキブリの天敵になりうる新種の虫“ユダの血統”を遺伝子操作して作ったら、巨大化して人間に牙をむいたという自業自得な設定。
とにかくほとんどのシーンに虫が出てきて、人間に擬態(ミミック)したユダも結局虫なので、虫嫌いの場合は序盤から耐えられないシーンが続出。
ユダの卵がネバネバした液体に包まれていたり、ピンチに陥ったスーザンたちがユダから取り出したにおい袋を全身に塗りたくったりと、気持ちが悪いシーンだらけなので注意が必要。

タイトルバックも昆虫だらけだが、鬼才ギレルモ・デル・トロらしい斬新な作りになっている。
何枚もの目の写真の中に違う方向を向いているものがあったり、全体を見ると苦しんでいる子供の写真だったりと、細かく作られている。

人間に擬態したユダの顔は2回しか登場せず、うち1回は写真を見ていてスーザンが気付く、という手の込みよう。
蟻やカマキリを掛け合わせたのがユダとなっているが、蟻が女王蟻を中心にしているのに対して、ユダはオスが中心になっているのには伊違和感を覚える。

無駄な伏線は多いがラストはスッキリ

CDCの仕事として、天井につけられたフンを回収するシーンが何度か出てくるが、それがユダと直接つながってこないのが残念なストーリー。
また、靴の種類に詳しくリズムを真似るのがうまい少年チューイが、そのリズム感で昆虫のユダとコンタクトが取れていたりする場面があるものの、まったく生かされていない。
自閉症にも見えるチューイだが、不思議で特別な子として済ましてしまうのはツッコミどころ。

行方不明事件が多発しているにも関わらず、ニュースにもなっていないのはおかしい。

スーザン、ピーター、チューイが家族のように抱き合っているシーンで終わり、ありがちな「実はまだ卵が残っていた」という部分がないのは好感が持てる。

ミミック 感想まとめ

序盤から虫だらけ、スーザンの研究室も虫だらけ、襲ってくるのは人間の大きさに進化した虫、と虫がメインのSFホラー。
虫が苦手な場合は見ないほうがいいし、開始5分で見るのが辛くなるであろうシーンが連発される。

CDCのピーターとジョシュの、うんちの話にげっそりさせられるし、無駄にイライラしている警官レナードには辟易してしまう。

しかし襲ってくる巨大昆虫ユダから逃げるシーンのスリル感や、ユダに擬態したピーターがばれそうでばれない緊張感などは、手に汗にぎるものになっている。

Amazon 映画『ミミック』の商品を見てみる