映画『Mr.インクレディブル』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『Mr.インクレディブル』のネタバレあらすじ結末

Mr.インクレディブルの概要:数多くの名作を送り出して来たピクサー社が、初めて人間を主人公に描いた作品。ヒーローなのにカッコいいばかりではない、どこか愛嬌のある姿が人気を呼んだ。ヒーローとは、常に人から支持される存在なのだろうか。

Mr.インクレディブルの作品概要

Mr.インクレディブル

公開日:2004年
上映時間:115分
ジャンル:アクション、コメディ、アニメ
監督:ブラッド・バード
キャスト:クレイグ・T・ネルソン、ホリー・ハンター、サラ・ヴォーウェル、スペンサー・フォックス etc

Mr.インクレディブルの登場人物(キャスト)

Mr. インクレディブル(クレイグ・T・ネルソン)
かつてスーパーヒーローとして名を馳せた男。現在は会社員として働きながら密かに人助けを続けている。
イラスティガール(ホリー・ハンター)
元ヒーローで、身体を伸縮自在に操るという能力を持っている。現在は専業主婦。
シンドローム(ジェイソン・リー)
かつてインクレディブルに憧れていた少年。とある事から、現在はインクレディブルを深く憎んでいる。
ヴァイオレット・パー(サラ・ヴァウエル)
インクレディブル家の長女。透明化能力を持つ。
ダッシュ・パー(スペンサー・フォックス)
インクレディブル家の長男。超高速移動を可能とする能力を持つ。

Mr.インクレディブルのネタバレあらすじ

映画『Mr.インクレディブル』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

Mr.インクレディブルのあらすじ【起】

インクレディブルやイラスティガールは、ヒーローとして日々人々を助け続けていました。しかし、そんなヒーロー活動に伴って生じる街の破壊など二次災害が問題視され、とうとうヒーローという存在は政府によって禁止されてしまいます。ヒーローを辞めなければ、器物破損などの罪で逮捕されてしまうのです。そんな究極の選択を突きつけられたヒーロー達は、今後は身分を隠し一般人として生きる決意をしました。

インクレディブルとイラスティガールも結婚し、イラスティガールは専業主婦、インクレディブルは会社員として働き始めます。しかし、インクレディブルはヒーローだった時代を忘れられず、かつてのヒーロー仲間であるルシアスと共に密かに人助けを続けていました。インクレディブルの子供達もスーパーパワーに目覚めていましたが、その能力を使う事は許されません。

そんなある日、インクレディブルの目の前で銀行強盗が起こりました。インクレディブルは銀行強盗を捉えるため、制止してきた上司を殴ってしまい仕事をクビになります。

Mr.インクレディブルのあらすじ【承】

落ち込むインクレディブルでしたが、そんな彼の元に一つの依頼を頼みにミラージュという女性が現れました。彼女は兵器ロボットを捕獲して欲しいとインクレディブルに告げ、高額の報酬を提示してきます。インクレディブルは久々にヒーローとして活動できる喜びに燃え、見事その兵器ロボットを確保したのでした。そして、やはり自分の天職はヒーローしかない、と新たにヒーロースーツを作成するのでした。

そして、ミラージュは再びインクレディブルに依頼を持ちかけます。しかし、その依頼はインクレディブルを捉えるための罠でした。全ての黒幕は、シンドロームというかつてのインクレディブルのファンでした。シンドロームは昔、インクレディブルの相棒になりたいと申し出たものの断られた過去から、彼を憎んでいたのです。そしてシンドロームの狙い通り、インクレディブルは捕まってしまうのでした。

一方、イラスティガールも夫の昔のスーツに穴が開いていたことから、彼がヒーロー活動を再開させた事に気がつきます。彼女はスーツの製作者の元へ向かい、そしてスーツに取り付けられた発信器を元に夫の居場所を知るのでした。

Mr.インクレディブルのあらすじ【転】

夫のピンチを悟ったイラスティガールは、子供達と共にジェット機でシンドロームのアジトへと向かいます。しかし、彼等の接近に気付いたシンドロームはそのジェット機を追撃してしまうのでした。怒ったインクレディブルはミラージュを人質にシンドロームを脅しますが、彼はミラージュの事をあっさりと見捨てます。

一方、妻と子供達はスーパーパワーで難を逃れていました。そしてアジトへと到着した一家はシンドロームの部下相手に派手に立ち回ります。そこに、シンドロームを見限ったミラージュによって助けられたインクレディブルも加わり、益々一家の勢いは増しました。しかし、天才シンドロームが作成した兵器達によって一家は捕らえられてしまうのでした。

シンドロームは、自分の作った兵器に街を襲わせ、そこに自分がヒーローとして現れ街を救う、という自らの野望を叶える為にアジトを去って行きました。しかし、インクレディブル家の長女の能力は透明化。透明化した長女は難なく拘束具を外し、一家は脱出を果たすのでした。

Mr.インクレディブルのあらすじ【結】

一家は街に向かいますが、既にシンドロームの計画は始まっていました。シンドロームの作った機械が街を次々と破壊して行き、シンドロームがそこに立ちはだかります。しかし、ここで予想外の事が起こりました。シンドロームが作った兵器の性能があまりにもよく、彼自身にも兵器を止められなくなってしまったのです。

そこに、ヒーロー一家、インクレディブル家が現れました。一家は息のあった連携プレイで見事兵器を打ち負かし、人々の賞賛を浴びる事となります。しかし、勿論シンドロームにとっては面白くありません。シンドロームはインクレディブル家に侵入、ベビーシッターに預けられていた次男、ジャックを誘拐してしまうのです。しかし、ここでジャックにスーパーパワーが発現しました。彼は変身能力や発火能力など強力な能力を見せ、シンドロームに一撃を食らわせます。そしてその隙をつき、インクレディブルがシンドロームにとどめを刺したのでした。

この事件をきっかけに、インクレディブル家は再びヒーローとして活躍をするようになったのです。

Amazon 映画『Mr.インクレディブル』の商品を見てみる

関連作品

参考 他のピクサー作品