映画『ネバーエンディング・ストーリー』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ネバーエンディング・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

ネバーエンディング・ストーリーの概要:不思議な本屋で「ネバーエンディング・ストーリー」という本を手に入れたバスチアン少年は、本を読むうちに、自分がこの冒険物語の一部であることに気づいていく。1984年の作品なので全体にアナログ感はあるが、物語やキャラクターの造形は、今でも十分楽しめる。

ネバーエンディング・ストーリーの作品概要

ネバーエンディング・ストーリー

公開日:1984年
上映時間:95分
ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
キャスト:ノア・ハサウェイ、バレット・オリヴァー、タミー・ストロナッハ、モーゼス・ガン etc

ネバーエンディング・ストーリーの登場人物(キャスト)

バスチアン(バレット・オリバー)
最近母親を亡くし、自信を失っているいじめられっ子の少年。「ネバーエンディング・ストーリー」という本を手に入れ、ファンタージェンを救う冒険物語の世界に引き込まれていく。本が大好きな空想家で、186冊も本を持っている。
アトレーユ(ノア・ハザウェイ)
ファンタージェンの住人。狩りが得意な草原族の優れた勇者。女王様の要請で、愛馬のアルタクスと、ファンタージェンを救う冒険の旅に出る。バスチアンの分身のような存在。
女王様(タミー・ストロナッハ)
ファンタージェンの女王様。何もかもを消し去ってしまう「無」からファンタージェンを救うため、アトレーユを使って、バスチアンに冒険をさせる。
ファルコン / グモルク(アラン・オッペンハイマー ※声のみ)
ファルコンは、ファンタージェンのラッキー・ドラゴン。愛嬌のある真っ白なドラゴンで、アトレーユの相棒になる。

グモルクは、「無」の召使いとしてアトレーユの命を狙っている怪物。ファンタージェンや「無」が何からできているのかを把握している。

ネバーエンディング・ストーリーのネタバレあらすじ

映画『ネバーエンディング・ストーリー』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ネバーエンディング・ストーリーのあらすじ【起】

バスチアンは大好きな母親を亡くしてからずっと落ち込んでいる。小学校の宿題も忘れがちで、水泳や乗馬の教室にも参加していない。父親はそんな息子を心配し、本ばかり読んでいないでいろんなことに挑戦するよう注意する。

登校時。バスチアンは学校のいじめっ子たちに追いかけられ、見知らぬ本屋へ逃げ込む。本屋のおじさんは、テレビゲームばかりする最近の子供を嫌っていたが、バスチアンが読書家であることを知ると態度を和らげる。本が大好きなバスチアンは、おじさんが読んでいる特別な本に興味を示す。そしておじさんが電話をしている隙に、「ご本はきっとお返しします」というメモを残して、その本を持ち帰る。

教室では算数のテストが行われており、バスチアンはこっそり用具室に逃げ込んで鍵を閉める。そしておじさんが読んでいた本を広げる。その本のタイトルは「ネバーエンディング・ストーリー(果てしない物語)」で、表紙には不思議な紋章がついていた。本を読み始めると、バスチアンはこの物語の世界に引き込まれていく。

ネバーエンディング・ストーリーのあらすじ【承】

物語の舞台はファンタージェンと呼ばれる不思議な世界で、そこでは様々な形態の生き物が暮らしている。ある晩、小男とチビ鬼が野宿をしている森へ、巨大なロック・バイターがやってくる。ロック・バイターは岩が大好物で、そこにあった水晶入りの岩をおいしそうに食べ始める。

ロック・バイターの暮らす北では、何もかも「無」が消し去ってしまい、おいしい岩も美しい湖もなくなってしまった。この現象はファンタージェン全体で起こっており、小男の暮らす西も、チビ鬼の暮らす南も同じような状況に陥っていた。みんなは正体不明の「無」の恐怖に怯え、象牙の塔で暮らす女王様に助けを求めにいく。

ファンタージェンの中心にある象牙の塔には、すでに多くの生き物が集まっていた。女王様の代理人は、女王様が重篤な病気で命も危ないこと。「無」と戦い、この世界を救えるのは勇者アトレーユだけであることを一同に説明する。

アトレーユはまだ子供だったが、女王様の薬を探して、この世界を救うという任務を引き受ける。代理人はアトレーユの首に「アウリン」と呼ばれる女王様の代理の印のネックレスをつけてくれる。この本の表紙についている紋章もアウリンだった。

アトレーユは、愛馬のアルタクスにまたがり、冒険の旅に出る。しかし1週間走り続けても、女王様の薬は見つからない。同じ頃、暗闇ではグモルクという怪物が動き始めていた。グモルクは、誰かの指令でアトレーユの命を狙っていた。

アトレーユは最後の望みをかけて、なんでも知っているという生きた化石のモーラを探す。モーラの暮らすコウラ山は、悲しみの沼のどこかにあるはずだった。アトレーユはアルタクスを引っ張り、ひどい沼地を歩く。その途中、アルタクスが悲しみにとりつかれ、沼に沈んでしまう。バスチアンはかわいそうなアルタクスとアトレーユを想い、本を読みながら号泣する。

アトレーユはそれでも諦めずに前へ進み、ついにモーラを見つける。何千年も生きてきたモーラは若さアレルギーで、アトレーユが近くにいるとくしゃみが止まらない。モーラはファンタージェンの危機のことは知っていたが、その解決方法までは知らず、「南のお告げ所へ行け」と教えてくれる。しかし南のお告げ所は1万マイルも先にあり、アトレーユは途方に暮れる。

ネバーエンディング・ストーリーのあらすじ【転】

放課後、外は嵐になり、怖くなったバスチアンは帰ろうとする。しかしアトレーユはきっと諦めないと思い直し、そのまま用具室で本の続きを読み始める。

ボロボロの状態で沼をさまよっていたアトレーユに、グモルクが近づいていた。そしてアトレーユに飛びかかろうとした瞬間、空からラッキー・ドラゴンのファルコンが降りてきて、アトレーユを救う。

何日も気を失っていたアトレーユは、見知らぬ場所で目覚める。あれからファルコンは9891マイルも飛んでくれており、南のお告げ所は目の前にあった。そこには小人の老夫婦が暮らしており、おじいさんは観測所から南のお告げ所の門を見せてくれる。門の番人は2体の巨大なスフィンクスで、門を通過しようとする者が少しでも怖がると、目から光線を出して焼き殺してしまう。それでもアトレーユはひるまず、その門へ向かう。

門の手前でアトレーユは一瞬怖くなるが、間一髪で門を通過する。その先には、自分の真実の姿が見える魔法の鏡の門がある。アトレーユが覗き込んだ鏡には、なぜかバスチアンが映っていた。バスチアンは驚き、思わず本を投げ捨ててしまう。

アトレーユは鏡の門を抜け、南のお告げ所に行き着く。お告げ所の2体のスフィンクスは、人間の子供が女王様に新しい名前をつけてくれれば、ファンタージェンは救われると教えてくれる。アトレーユは人間の子供を見つけるため、ファルコンに乗ってファンタージェンの果てを目指す。バスチアンは「僕に頼めばいいのに」と独り言を言う。

アトレーユは、これ以上は行けない所まで行き着くが、そこで「無」に巻き込まれ、ファルコンから落ちてしまう。砂浜で目を覚ましたアトレーユは、アウリンを失くしてしまったことに気づき、大声でファルコンを呼ぶ。ファルコンも必死でアトレーユを捜していたが、なかなか見つけられずにいた。

荒涼としたその場所にはロック・バイターがいて、「無」から仲間を救えなかったことを嘆き悲しんでいた。「無」の脅威はますます強まっており、この世界が跡形もなく消えるのも時間の問題だった。

アトレーユは、この冒険の壁画がある場所を見つける。その場所にはグモルクがいた。グモルクは何も知らないアトレーユに、ファンタージェンと「無」のことを教えてくれる。ファンタージェンとは人間の夢や希望で作られた空想の世界で、それを消し去る「無」とは虚しさや絶望から生まれる。グモルクは「無」の召使いのような存在で、「無」の邪魔をするアトレーユを殺そうとしていたのだ。

アトレーユは尖った石を持ち「俺がアトレーユだ」と名乗り出る。その瞬間、グモルクはアトレーユに飛びかかり、心臓をひと突きされて息絶える。

海底でアウリンを見つけたファルコンは、「無」に消し去られそうになっていたアトレーユを救い、空を飛ぶ。しかしファンタージェンはついに終末を迎え、バラバラの破片になってしまう。

ネバーエンディング・ストーリーのあらすじ【結】

アトレーユがアウリンに「象牙の塔へ導いて」と願うと、暗闇の中に象牙の塔が現れる。中には女王様がいて「なぜ悲しい顔をしているの?」とアトレーユに聞く。アトレーユは、自分が失敗したと思い込んでいたが、人間の子供はすでにここへ来ているらしい。女王様は最初から何もかも知っており、人間の子供を引き寄せるために、アトレーユに苦労続きの冒険をさせていたのだ。その子供とは、間違いなくバスチアンのことだった。

バスチアンはその話が信じられない。しかし女王様は直接「バスチアン、私に新しい名前をつけて」と呼びかけてくる。バスチアンは「僕は地上にいたい」と尻込みするが、泣いている女王様を見て、窓の外に向かって新しい名前を叫ぶ。実はバスチアンは、何度もこれと同じ夢を見ていた。

次の瞬間、バスチアンは女王様と暗闇の中にいた。女王様はファンタージェンの最後の1粒をバスチアンに握らせ、好きなだけ願い事をするよう促す。願い事が多ければ多いほど、素敵なファンタージェンができると聞き、バスチアンはワクワクしながら願い事を始める。

バスチアンはファルコンに乗り、新しいファンタージェンの上空を飛んでいた。地上では、ロック・バイターやその仲間たち、そしてアルタクスに乗ったアトレーユも元気に暮らしていた。ファルコンは、バスチアンの次の願い事を聞いて笑い出す。

ファルコンはバスチアンを乗せ、あのいじめっ子たちを追いかけてくれる。巨大なドラゴンに追われ、いじめっ子たちはゴミ箱の中に逃げ込む。バスチアンは自信を取り戻し、それからたくさんの冒険を楽しんで普通の世界に戻る。それでも、バスチアンに夢や希望がある限り、この果てしない物語は続いていくのだ。

Amazon 映画『ネバーエンディング・ストーリー』の商品を見てみる