映画『ノイズ(1999)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ノイズ(1999)」のネタバレあらすじ結末

ノイズ(1999)の概要:宇宙空間で起こったトラブルにより、2分間だけ地球との連絡が途絶えてしまったNASAの宇宙飛行士は、以前の彼とは別人のようになっていた。双子を妊娠した妻は、夫への不信感を募らせていく。ジョニー・デップとシャーリーズ・セロンが共演したSFサスペンス。

ノイズの作品概要

ノイズ(1999)

公開日:1999年
上映時間:109分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:ランド・ラヴィッチ
キャスト:ジョニー・デップ、シャーリーズ・セロン、ニック・カサヴェテス、ジョー・モートン etc

ノイズの登場人物(キャスト)

スペンサー(ジョニー・デップ)
NASAの宇宙飛行士。宇宙空間で作業中に何らかのトラブルがあり、2分間だけ地球との連絡が途絶える。その後別人のようになり、宇宙飛行士をやめて、戦闘機を開発する航空機メーカーに就職する。
ジリアン(シャーリーズ・セロン)
スペンサーの妻。小学校教師。スペンサーが帰還後に双子を妊娠するが、夫の様子がおかしいことに気づき、情緒不安定になっていく。数年前、うつ病になったことがある。
アレックス(ニック・カサヴェテス)
スペンサーと一緒に宇宙へ行っていた宇宙飛行士。帰還からしばらくして、脳卒中で死んでしまう。
ナタリー(ドナ・マーフィー)
アレックスの妻。アレックスの葬儀の後、バスルームで感電自殺を図る。早い段階で夫の変化に気付き、ジリアンに相談していた。
ナン(クレア・デュヴァル)
ジリアンの妹。姉夫婦を慕い、よく家に遊びに来る。姉のことを心配し、スペンサーを問い詰める。
シャーマン(ジョー・モートン)
NASAの職員。宇宙空間での事故について詳しく調べ、そこで何があったかを解明する。しかし、ジリアンに真実を伝える前に消息を断つ。

ノイズのネタバレあらすじ

映画『ノイズ(1999)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ノイズのあらすじ【起】

フロリダで小学校教師をしているジリアンは、NASAの宇宙飛行士をしている夫のスペンサーの出発が近づき、寂しい気持ちになっていた。スペンサーとジリアンは、熱烈に愛し合う仲の良い夫婦だった。

スペンサーと相棒のアレックスを乗せたビクトリー号は無事に発射し、2人は宇宙空間での任務につく。スペンサーは、シャトルの中からジリアンに電話をくれる。

ジリアンの妹のナンが遊びに来ていた日。シャトルの外での作業中に爆発が起こり、2人と連絡がつかなくなったという知らせが入る。ジリアンは、迎えにきたNASAの職員のシャーマンと一緒に、NASAの本部へ向かう。本部には、アレックスの妻のナタリーも来ていた。

その後すぐに2人の無事が確認され、ビクトリー号は帰還する。ただ、2人と連絡が途絶えた2分間に、宇宙空間で何があったのかは謎のままだった。

帰還した2人は、そのまま病院で精密検査を受ける。スペンサーの体に異常は見られなかったが、アレックスは心臓にかなりの負担を受けており、心停止状態となる。しかし、すぐに電気ショックなどの処置が施され、息を吹き返す。

ナタリーは、あの2分間について夫が一言も触れないことに違和感を感じていた。ジリアンは、恐ろしい経験を早く忘れたいからだろうと考えており、ナタリーにも「忘れましょう」と声をかける。

ニューヨークに本部のある大手航空機メーカーから、高待遇でスカウトされたスペンサーは、飛行士をやめてその会社に就職すると言い出す。ジリアンは都会が苦手だったが、愛する夫の決断に従い、一緒にニューヨークへ行くことにする。

ノイズのあらすじ【承】

大勢の友人や仕事関係者が集まり、スペンサーたちのお別れパーティが開かれる。ジリアンは、会場の中で言い争いをしているアレックスとナタリーを見かける。興奮状態になったアレックスは、大声でスペンサーの名前を叫んで暴れ出し、そのまま脳卒中で死亡してしまう。

アレックスの葬儀の後、ジリアンはナタリーを気遣う。ナタリーは疲れ切った様子で「アレックスは彼らと話していた、彼は私の中にいる」と意味深なことを言う。ナタリーは、ラジオから聞こえるノイズを「彼ら」と呼んでいるようだった。

ナタリーが眠ったので、ジリアンはリビングに戻る。すると突然室内が停電し、バスルームの方から女性の悲鳴が聞こえてくる。ジリアンたちが急いでバスルームに駆けつけると、水の中でラジオを抱えて感電死しているナタリーがいた。ナタリーは自殺を図ったのだ。

ニューヨークで、スペンサーの会社のパーティに出席したジリアンは、都会のセレブと会話が噛み合わず、気が重くなる。スペンサーはそんなジリアンを優しく慰め、彼女の体を求めてくる。ジリアンは、ナタリーも気にしていたあの2分間のことを聞いてみる。スペンサーはジリアンを抱きながら、抽象的に2分間の経験を語る。その夜、スペンサーはかなり暴力的にジリアンを抱く。

ジリアンは妙に気が滅入り、ナンに電話をかける。ジリアンは、数年前に両親が亡くなった時もうつ病になり、精神病院に入院した経験があった。ナンは姉のことを心配し、早めに病院へ行くようアドバイスする。それからしばらくして、ジリアンは自分が妊娠していることに気づく。

病院での検診の結果、お腹の子供が双子であることがわかる。しかしジリアンは、スペンサーが変わってしまったと感じており、この妊娠を素直に喜べない。ジリアンは、うつ病が再発したのではないかと不安になり、産婦人科医にその不安を打ち明ける。医師もスペンサーも、そんなジリアンに優しく接してくれる。

ノイズのあらすじ【転】

ジリアンは深く考えることをやめ、明るく過ごそうと努める。そんなある日、店で子供用品を見ていたジリアンは、シャーマンに声をかけられる。シャーマンは切迫した様子で「あの2分間のことを話したい」とジリアンに迫る。あれからシャーマンは、2人のデータを詳細に調べ、帰還した2人が別人になっていることを突き止めていた。しかしNASAはその話を信じてくれず、彼は解雇されていた。

シャーマンから、ナタリーが妊娠3週目であったと聞かされ、ジリアンは驚く。シャーマンはジリアンにあの2分間の音声を録音したテープレコーダーを渡し、「ご主人は本物ですか?」と聞いてくる。ジリアンは恐ろしくなって、シャーマンから逃げる。

ジリアンはテープレコーダーの音声を聞き、すぐにそのテープを捨ててしまう。スペンサーが別人のように変わってしまったことは、ジリアンも感じていたことだが、その現実を受け止めるのは難しかった。

姉の様子を心配し、ニューヨークまで来てくれたナンだけに、ジリアンはシャーマンと会ったことを話す。ジリアンは「スペンサーには言わないで」と頼んでおく。

ジリアンはシャーマンの話が気になり、彼が宿泊するホテルへ電話をかける。その電話で、ナタリーの子供も双子だったことを知り、ジリアンは強いショックを受ける。シャーマンは、見せたいものがあるからと、ジリアンを外に呼び出す。

ところが、待ち合わせ場所にスペンサーがやってきて、シャーマンを連れて行ってしまう。ジリアンは、ナンが話したのだと直感し、彼女を責める。姉妹は喧嘩になり、ナンは家を出て行く。

シャーマンは、ジリアンに貸し倉庫の鍵を残して、消息を絶ってしまう。倉庫の中には、スペンサーのことを調べた膨大な資料と「ジリアンへ」と書かれたビデオテープがあった。

そのビデオテープは、自分が殺された時のために、シャーマンが録画しておいたものだった。シャーマンは、あの2分間の音声を解析し、人間の耳には聞こえないノイズ音が入っていることを発見していた。そしてそのノイズを発する未知の生命体が、スペンターたちの脳内に入り込み、記憶を消して自分の思念を刷り込んでいるのだと説明する。つまり、以前のスペンサーは抹殺され、現在のスペンサーは未知の生命体に中身を乗っ取られた別人であるということだった。スペンサーがツイン・コンピューターの戦闘機の開発に携わっているのもそのためで、お腹の子供が双子なのも偶然ではなかった。

ノイズのあらすじ【結】

ジリアンは思い悩み、双子を中絶するための薬を入手する。その薬を飲めば、流産に見せかけて子供を堕胎することができるが、ジリアンはなかなか決心がつかない。そこへスペンサーが帰ってきて、中絶しようとしたジリアンを殴る。逃げようとしたジリアンは、階段から転落し、病院へ運ばれる。

ジリアンも双子も助かるが、彼女の恐怖は募る。ジリアンは病院へ来てくれたナンに「恐ろしいことが起きている」と訴え、そのまま気を失ってしまう。

ナンもジリアンの訴えがうつ病による被害妄想ではないと気づき、スペンサーを問い詰める。そしてスペンサーに殺されてしまう。夢の中でナンが殺される現場を見たジリアンは、深夜に病院を抜け出す。スペンサーに追われているという恐怖の中、ジリアンはあちこちへ移動し、朝には自宅前に到着する。しかし、スペンサーもそこにいた。

ジリアンは、一足先に自宅へ逃げ込み、鍵をかけて入り口を塞ぐ。自宅には夢で見た通り、ナンの死体があった。ジリアンは流しの水道を出しっぱなしにして、そこにラジオを置く。そしていつでも感電死できるようにコンセントと電気コードを持ち、スペンサーと対峙する。ジリアンは、愛する夫と妹を殺した別人のスペンサーに、強い憎しみを抱く。スペンサーは、ジリアンが座っているイスごと超能力で動かし、自分の方に引き寄せようとする。その時、ジリアンが出しっぱなしにしておいた家中の水道から水が溢れ、スペンサーが大量の水をかぶる。それを見て、ジリアンはコンセントに電気コードを差し込む。スペンサーが感電して苦しみ始めると、彼の体から謎の物体が出てきて、あっという間にジリアンの中に入り込む。スペンサーは死に、ジリアンは別人のように冷たい表情で微笑む。

それから数年後。ジリアンは双子を出産し、宇宙飛行士の男と再婚していた。ジリアンは幸せそうだったが、以前のジリアンとは明らかに違っていた。そして、スクールバスに乗ったジリアンの息子は、ヘッドホンでノイズを聞きながら、分厚い科学の本を読み始める。

Amazon 映画『ノイズ(1999)』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    悪魔の子供を妊娠するというホラー映画「ローズマリーの赤ちゃん」を、宇宙人に置き換えただけにも見える作品。
    宇宙で孤独を味わった空白の2分間に関して口を閉ざし続けるスペンサーとアレックスなど、出だしの不気味さには引き込まれる。

    だが、「空白の2分間」の謎に関して引っ張りすぎていて、リースの残したビデオでノイズの存在が明らかになる頃には、うんざりしてしまう。

    ラスト10分の展開は特にひどく、わざわざCGを使ってスペンサーの顔から出てくる水のような物体が、ジリアンへと移動するシーンを作り、宇宙人が乗っ取ったと確固たるものにしたことで、広がりのないラストになってしまっている。
    勝手に椅子が動くのは、もはや宇宙人との関係性が全く見えない。
    双子がノイズを聞きながら分厚い本を読むのも、宇宙人の子供という動かない設定を前のシーンで描いたことで、リースが人間の耳には聞こえないノイズ、と調べたことが無駄になってしまっている。

    スペンサーがジリアンの行動を全て把握しているような行動をとったり、ジリアンが夢でスペンサーの視点での出来事を見ているが、ジリアンには見える理由がないだろう。

  2. 匿名 より:

    ジョニー・デップとシャーリーズ・セロンの美男美女夫婦は、見ていてうっとりしてしまう。
    ひとりで音楽に合わせながらダンスを踊り、生クリームを直に口に入れてしまうふざけたシーンのシャーリーズは、特に可愛らしい。

    ジリアンの妹ナンが、いい男はすぐに誰かのものになるという定説を、駐車場に例えているのはユニークで面白い。