映画『オーシャンズ11』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「オーシャンズ11」のネタバレあらすじ結末

オーシャンズ11の概要:今や映画界でも伝説的なタイトルになっているオーシャンズ11。他の映画では主演を務めるような一流俳優ばかりが勢揃いした超豪華作品。渋い男達の攻防に、女性は勿論男性も痺れること間違いなし。

オーシャンズ11の作品概要

オーシャンズ11

公開日:2001年
上映時間:116分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
キャスト:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン etc

オーシャンズ11の登場人物(キャスト)

ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)
窃盗の容疑で逮捕されていた男性。新たにベネディクトの大金を盗み出す計画を立てる。
ラスティ・ライアン(ブラッド・ピット)
ダニーの相棒的存在。ダニーと共に金庫強奪に臨む。
ライナス・コールドウェル(マット・デイモン)
有名な犯罪者の息子。スリの名人。
テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)
3つのカジノを経営するオーナー。冷酷非道な男。
テス(ジュリア・ロバーツ)
ダニーの妻。現在離婚協議中。

オーシャンズ11のネタバレあらすじ

映画『オーシャンズ11』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

オーシャンズ11のあらすじ【起】

ダニーは、窃盗の容疑で実刑を食らっていた。しかし、それでも彼に反省の様子はなく、服役中から次なる計画を練っていた。そして、仮釈放となったとき、ダニーは昔馴染みの仲間たちにコンタクトを取る。

その10人の仲間たちは個性豊かな、それぞれ特殊技術を持つ犯罪者たち。ペテン師であるフランク、爆発物のプロであるバジャー、高い身体能力を誇るイエン、車両に関する知識に明るいヴァージルとタークの双子の兄弟、元カジノのオーナーでありスポンサーであるルーベン、電気系統に長けた配線のプロであるリヴィングストン、元伝説的な詐欺師ソール、ディーラーをしているフランク、そして、ダニーの相棒的存在であるラスティーである。

更にダニーはもう1人の仲間にも声をかけたが、既にその人物は亡くなっており、代わりに彼の息子、まだ若く経験も浅いスリ師であるライナスに声をかけるのだった。そんな、超豪華メンバーを集めたダニーの計画は、ラスベガスにある巨大金庫に収納された金を奪うことだった。

オーシャンズ11のあらすじ【承】

彼らが目をつけたのは、ラスベガスにある3大カジノの金が全て集約されているという金庫。当然その金額は莫大で、ダニーたちは慎重にその計画を練っていく。そして、実はダニーには金以外にもある目的があった。

それは、現在離婚協議中の妻、テスだった。自らの窃盗の罪のせいで離婚を叩きつけられたダニーだったが、どうしてもテスのことを諦めることができなかった。しかし、テスは現在ベネディクトという男と関係を持っていた。そしてそのベネディクトこそが、ラスベガスの3大カジノ、ミラージュ、MGMグランド、ベラージオのオーナーだった。

自らの邪魔をする者は全て消す、という冷酷非道な一面を持つベネディクトを打ち負かすことで、彼からテスを取り返そうと考えたのだ。そして、いよいよ計画を実行する時がきた。彼等はまず、カジノ内の監視カメラをハッキングすると、次にダニーが動いた。ダニーは敢えて不審な動きを見せてベネディクトの部下に捕まってみせた。

オーシャンズ11のあらすじ【転】

そして、ダニー以外の仲間もそれぞれの形でカジノへと侵入を果たしていた。そして、イエンはその柔らかい体を活かして、何と金庫に入れる売上金の中に見事に身を隠し、金庫への潜入に成功するのだった。

その肝心の金庫に続く扉は、堅固なセキュリティによって守られていた。金庫にたどりつくためには暗証番号を要する3つの扉を開けなければいけない。そして、その暗証番号は12時間ごとに変わるのだった。当然指紋認証などその他のセキュリティも完備されており、既に金庫に入り込んでいるイエンはともかく、カジノに忍びこんでいるメンバーが金庫へとたどりつくことは不可能に近かった。

そして、一行は強硬手段に出る。カジノ内で停電を起こし、それらのセキュリティを一瞬麻痺させたのだ。その隙をついて、ダニーとライナスも金庫へとたどりつく。そして、あらかじめ金庫に忍んでいたイエンが内側から爆発を起こし、金庫の扉を吹き飛ばす。こうして、とうとうダニーたちも金庫への潜入を果たすのだった。

オーシャンズ11のあらすじ【結】

イエンはダニーらが突入してくる前に、既に持参していたカバンに大金を積み終えていた。あとは逃げるだけ、しかし、そんな時ベネディクトが事態に気づく。ベネディクトはすぐにセキュリティに連絡、SWATが金庫へと駆けつけてきた。

SWATは躊躇うことなく金庫内に突入するが、そこにいるはずのダニーたちの姿はなかった。逃げ道は封鎖され、ダニー達には逃げ場はないはずだった。では、どうやってダニーたちは姿を消したのか。実は、突入してきたSWATもダニー達の仲間だったのだ。そうしてダニーらは自分達もSWATに身を扮し、その場を立ち去ったのである。

こうしてダニー達は見事に1億5000万ドルもの大金を手に入れた。そして、ダニーはもう一つの目的であったテスも取り戻すことに成功する。寄りを戻したダニーは満足げに微笑んでいた。しかし、ベネディクトはこのまま引き下がるわけにはいかなかった。彼は執拗にダニーを尾行すると、反撃のチャンスをつけねらっているのだった。

Amazon 映画『オーシャンズ11』の商品を見てみる

関連作品

次作 オーシャンズ12

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    この映画が公開された当時、冬の東映系の映画館の前では行列が出来ていた。

    まだムビチケもなく、劇場窓口で映画館のチケットを買う時代、何か判らないが、凄い俳優ばかり集まる映画が来るらしいというので、観に行った。
    そして当たった、面白かった、そのワクワク感は、今でも覚えている。

    今、これぐらい、わくわくする続きものを作る事が難しくなって来ているのではないだろうか。
    この映画を観る度に思う。

  2. 匿名 より:

    この作品で、マット・ディモンがキャスティングされているライナス役は、実はマーク・ウォルバーグに回るはずだったらしい。
    だが、ウォルバーグは先に『猿の惑星』の撮影が入り、オファーを断らざるをえなかったそうだ。

    この作品に出演している時点では、彼の当たり役となった『ジェイソン・ボーンシリーズ』はまだ公開されておらず、これといった代表作がなかった時代だった。

    それだけに、ディモンが『誰かの弟分』として見れる映画としては、このシリーズがある意味ラストになるかもしれない。

  3. 匿名 より:

    映画のハイライトとなるMGMグラントで行われるヘビー級タイトルマッチでは、実際のボクサーがカメオ出演している。
    その上、観客でのカメオでは、原作の『オーシャンズ~』に出演していた、アンジー・ディッキンソンと、ヘンリー・シルバーが出演しているのだから、オリジナルのファンにとっても嬉しいサービスだろう。

    また、この映画、今までどんな有名人や映画にも貸さないという事で知られていたティファニーが、初めて宝石を提供した事でも知られている。
    劇中でジュリア・ロバーツ演じるテスが身に着けるネックレスはティファニーのものである。

    こうした面に注目してみると面白い。

  4. 匿名 より:

    この映画の、元の作品は、フランク・シナトラの『オーシャンズと11人の仲間たち』。
    シナトラが当時サンズ・ホテルのオーナーでありワーナーの副社長、レコード会社を設立していたという、やりたい放題の中、お祭り騒ぎで撮ったいわば『身内映画』だった。

    シナトラ自身、これをすれば他人に良く見て貰える、評価が上がるという事は気にするタイプではなく、誰かを助ける時は、さりげなく黙って助けるタイプだったらしい。
    そんなシナトラの心意気は、この映画では、監督ソダーバーグの映画を作る姿勢に受け継がれている。

    この映画に出演したビッグネームは、自分たちが出演する事で、監督や製作側の負担にならない様、ギャラを削った。
    『俳優というものは、自分に危険がふりかからなくて、侮辱される事もない安心できる環境にあると仕事がスムーズに行く、スティーブンのセットは常にそうだ』とクルーニーは語る。
    俳優から見て、意見をどんどん取り入れ、役柄への演技を深める助言をするだけでなく、演技しやすい環境を整えてくれる監督は、最高だという事なのだろう。