映画『オーシャンズ11』あらすじネタバレ結末と感想

オーシャンズ11の概要:ベガス大通りの地下200フィートにある巨大金庫から1億5000万ドルを盗み出せ。前代未聞の現金強奪計画の為に集まったのは、その道のプロ11人。豪華キャストハリウッドスターが勢ぞろいしたクールな一作。

オーシャンズ11 あらすじネタバレ

オーシャンズ11
映画『オーシャンズ11』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

オーシャンズ11 あらすじ【起・承】

ケチな窃盗罪で4年服役していた、ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)は、仮釈放の日から次の犯罪計画を考えていた。

彼の狙いは、ベガスの3大カジノ、ベラージオ、ミラージュ、MGMグランドからの入金が収められる地下金庫。

3大カジノのオーナーは、ホテル王ベネディクト(アンディ・ガルシア)で、彼の現在の恋人テス(ジュリア・ロバーツ)は、オーシャンの妻。
泥棒稼業から足を洗うつもりがないオーシャンに愛想をつかしたテスは、オーシャン服役中に、ベガスのベラージオ美術館館長として働く中、
ベネディクトと不倫していた。

オーシャンは計画のまとめ役として、古くからの親友でイカサマ師のラスティ(ブラット・ピット)に声をかける。
その次は計画実行の為の人材集めだった。
スリの名人のライナス(マット・ディモン)、爆薬の達人バシャー(ドン・チードル)、元カジノオーナーのルーベン(エリオット・グールド)、
車両のプロ・バーシル(ケイシー・アフレック)とダーク(スコット・カーン)の兄弟。
カードディーラーのフランク(バーニー・クイン)、配線のプロ・ピングストン(エディ・ジェミソン)、アクロバットの達人イエン(シャイボー・クイン)ら11人。

オーシャンが、狙った計画実行の日は、警備が手薄になる、ボクシングヘビー級王座タイトルマッチ試合当日。

しかし難攻不落なカジノは、罠だらけ。

MGMの地下に眠る金庫を破るには、カジノの奥にある3つドアを抜けなければいけない。
しかも、各扉の暗証番号は12時間ごとに変わる。

扉の横にある、金庫に通じるエレベーターは指紋認証と音声認証さらに防犯センサーまでついていたのだった…。

オーシャンズ11 あらすじ【転・結】

オーシャンズたちは計画実行の前に、客や従業員に化け現場の下調べをし、ベネディクトをはじめ、金庫室のセキュリティパスを持つ者の行動を把握する。
さらに、オーシャンとラスティはアジトの倉庫にベラージオの地下にある実物大の金庫を作り、シュミレーションまでする。

そして計画実行当日、オーシャンはわざと、ベネディクトの部下に捕まり、カジノ内部に潜入。
ライナスはベネディクトに面が割れてないのをいい事に、賭博委員会の委員と名乗りベネディクトに張り付く。
イエンが売上金の入っていた箱に身を隠し、モロイ兄弟らと共に金庫に潜入し、リビングストンの誘導で、イエンは金庫に潜入。

ライナスが、地下金庫のエレベーターに乗るのを見越し、武器商人に扮したソールが、抜群のタイミングで仮病を使って倒れ、
これまたいいタイミングで、ガセ医者扮したラスティがやってきて、ソールに臨終を言い渡し、エレベーターについている警備員の目をそらした。

その間にライナスだけでなくオーシャンもエレベーターから、地下金庫に潜り込む事に成功。
2人が地下金庫についたのを見計らい、バシャーは、大停電を引き起こし、その間にイエンは箱から抜け出し、金庫の中で爆薬をセット。
金庫は爆破され、面々は、売上金を運び出す事にする。

停電で、ボクシンク会場は暴動騒ぎになり、ボクシングを見ていたベネディクトの携帯にラスティから、売上金を頂いたという電話が入る。
ラスティは、ベネディクトに、売上金の半分をわざと残し爆弾をしかけた、持ってこいと脅す。
しかしその中身は派手に爆発すると、全てピンクチラシだった。

ベネディクトは、何がなんだから判らず監視カメラを確認し、驚く。
監視カメラの映像がリビングストンによりすり替えられていた事に今頃気が付いたのだ。

オーシャンはベネディクトに対し、金庫破りに対する関与を、うやむやにした為、ベネディクトは警察を呼ぶ。
オーシャンは、仮釈放中に、州の外に出た為に、御用となってしまうが、今度はテスも金も手に入ったので、ご満悦、
という所で映画は終わる。

オーシャンズ11 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★★

作品概要

  • 公開日:2001年
  • 上映時間:116分
  • ジャンル:アクション、アドベンチャー、ヒューマンドラマ
  • 監督:スティーヴン・ソダーバーグ
  • キャスト:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、マット・デイモン etc

オーシャンズ11 批評・レビュー

映画『オーシャンズ11』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

さりげなく、俳優がリラックス出来る環境を作る監督

この映画の、元の作品は、フランク・シナトラの『オーシャンズと11人の仲間たち』。
シナトラが当時サンズ・ホテルのオーナーでありワーナーの副社長、レコード会社を設立していたという、やりたい放題の中、
お祭り騒ぎで撮ったいわば『身内映画』だった。

シナトラ自身、これをすれば他人に良く見て貰える、評価が上がるという事は気にするタイプではなく、誰かを助ける時は、さりげなく黙って助けるタイプだったらしい。
そんなシナトラの心意気は、この映画では、監督ソダーバーグの映画を作る姿勢に受け継がれている。

この映画に出演したビッグネームは、自分たちが出演する事で、監督や製作側の負担にならない様、ギャラを削った。
『俳優というものは、自分に危険がふりかからなくて、侮辱される事もない安心できる環境にあると仕事がスムーズに行く、スティーブンのセットは常にそうだ』とクルーニーは語る。
俳優から見て、意見をどんどん取り入れ、役柄への演技を深める助言をするだけでなく、演技しやすい環境を整えてくれる監督は、最高だという事なのだろう。

計画実行の夜は、豪華キャスト

映画のハイライトとなるMGMグラントで行われるヘビー級タイトルマッチでは、実際のボクサーがカメオ出演している。
その上、観客でのカメオでは、原作の『オーシャンズ~』に出演していた、アンジー・ディッキンソンと、ヘンリー・シルバーが出演しているのだから、
オリジナルのファンにとっても嬉しいサービスだろう。

また、この映画、今までどんな有名人や映画にも貸さないという事で知られていたティファニーが、初めて宝石を提供した事でも知られている。
劇中でジュリア・ロバーツ演じるテスが身に着けるネックレスはティファニーのものである。

こうした面に注目してみると面白い。

マット・ディモンが、あの名シリーズの前に掴んだ役

この作品で、マット・ディモンがキャスティングされているライナス役は、実はマーク・ウォルバーグに回るはずだったらしい。
だが、ウォルバーグは先に『猿の惑星』の撮影が入り、オファーを断らざるをえなかったそうだ。

この作品に出演している時点では、彼の当たり役となった『ジェイソン・ボーンシリーズ』はまだ公開されておらず、これといった
代表作がなかった時代だった。

それだけに、ディモンが『誰かの弟分』として見れる映画としては、このシリーズがある意味ラストになるかもしれない。

オーシャンズ11 感想まとめ

この映画が公開された当時、冬の東映系の映画館の前では行列が出来ていた。

まだムビチケもなく、劇場窓口で映画館のチケットを買う時代、何か判らないが、凄い俳優ばかり集まる映画が来るらしいというので、観に行った。
そして当たった、面白かった、そのワクワク感は、今でも覚えている。

今、これぐらい、わくわくする続きものを作る事が難しくなって来ているのではないだろうか。
この映画を観る度に思う。

Amazon 映画『オーシャンズ11』の商品を見てみる

関連作品