映画『乙女の祈り』あらすじネタバレ結末と感想

乙女の祈りの概要:1954年にクライストチャーチで実際に起きた殺人事件を題材に、ロード・オブ・ザ・リングのピーター・ジャクソンが映画化。1994年度ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)・1994年度アカデミー脚本賞ノミネート等に輝いている。作中モデルとなった少女は、その後作家としてデビューしている。

乙女の祈り あらすじネタバレ

乙女の祈り
映画『乙女の祈り』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

乙女の祈り あらすじ【起・承】

森の中から血だらけの二人の少女が、異常な雰囲気で泣き叫びながら走ってくる。血まみれで…。

1952年、ニュージーランド、クライストチャーチ。
女子高生のポウリーンのクラスに、イギリスからの転校生ジュリエット・ヒュームがやってきた。
その美しい容姿もさるものだが、学校の先生のちょっとしたミスを指摘してしまうほどの秀才。
絵画の授業中も自分の意見を臆する事なく教師に言ってしまうジュリエットに、ポウリーンは一瞬で魅了された。

ポウリーンの自宅は下宿を経営し、つましく暮らしている。
その家庭に対しての不確かなモヤモヤを抱えて暮らしているポウリーン。

片やジュリエットは、名門大学の学長としてこの街へとやってきた裕福な家庭の娘だ。
自分とのギャップに憧れの思いがポウリーンの中で膨らんでいく。

仲良くなっていくと、好きなオペラ歌手が一緒、空想を思い描くのが好きだったりと好みや感性が驚くほど似通っていた。

急速に仲良くなっていく二人。

ある日、ポウリーンは、ジュリエット家族の遠出に同行する。
美しい風景。湖がきらめき森がさざめく、そこに微睡む美しい母親と、
優しげな父親、やんちゃな弟、はつらつとしたジュリエット。
ポウリーンの憧れがそこにあった。

二人の空想はやがて「ボロウィニア王国」なる物語を生み出し、次第にエスカレートしていく。
凶暴で粗野な王子がいたり、美しい姫がいたり、得意の造形の能力を活かして粘土で登場人物を作り、さらに二人は空想を広げていく。

そんな二人の友情に大事件が起こる。
ジュリエットが肺結核で、遠方に療養に行く事となったのだ。

二人は手紙を送り合う事にする。
その内容は二人が作り出した想像の世界の登場人物となって手紙の交換を続けるというものだった。

そんなジュリエットが療養中のある日、
ポウリーンの自宅に下宿している男性が彼女の部屋に忍び込んで来た。
前々から、彼からのアプローチこそあったものの、ポウリーンはさして気にも留めていなかった。
しつこい誘いと興味本位から、ポウリーンは彼と一夜を共にしてしまう。
さらにそれは、母親に知れる事となりポウリーンは母親にこっぴどく叱られてしまう。

乙女の祈り あらすじ【転・結】

ジュリエットが退院してから、彼女達の想像はさらに膨らみを増し、
二人の友情もかなり親密さがエスカレートしていった。

あまりの親密さに不安を覚えたジュリエットの父はポウリーンの母に相談をし、
ポウリーンはカウンセリングを受ける事になった。

診断は「同性愛」。
その診断結果にジュリエットとの交際を全面的に禁止されてしまう事に。

ポウリーンの中に、激しい憎悪が芽生え始めていた。
なぜだめなのか、会ってはいけないのか?
私のする事、したい事、全てどうして反対するのか?
それは、誰が原因なのか?

そんな中、ジュリエットも彼女の母親の不倫の現場を偶然、目撃する。
ジュリエットの中でも、両親への不信感が膨らみ始めた。
もはや、ジュリエットの両親の離婚は避けられなくなっていた。

ジュリエットは両親の離婚に伴って、療養もかねて南アフリカへ行く事が決まった。
ジュリエットに会えなくなる、ジュリエットについて行きたい。
それができないのはなぜか?
お母さんだ!お母さんのせいだ!
次第に思いつめ、どうすれば母親を抹殺できるのかを事細かにポウリーンは日記に綴り始めていた。

二人は一夜を共にした日、計画を話し始めた。
どうしたら、二人の愛の障害となっているポウリーンの母親を抹殺できるのかを…。

決行当日、ポウリーンは日記にこう書いた。
「決行当日だ。明日のこの時間にはお母さんはもういない…」
ポウリーンはジュリエットが用意した「レンガ」をストッキングに入れ、カバンの中に入れた。

バスで3人は郊外へと出かけた。
森の奥深くへと歩いていくと、ジュリエットは小さな綺麗なガラスを一つ落とした。
ポウリーンの母がそれを拾おうと屈んだとき、ポウリーンがカバンの中から
用意していたレンガを取り出し、母親に向け何度も叩き付けた。
ポウリーンの母は血だらけの手をジュリエットに伸ばし、彼女にすがるような眼差しを向けた。
ジュリエットもレンガを手にし、叩き付けた。
二人は、返り血をあび叫びながら、走り出す。

事件はあっけなく、ポウリーンの日記から計画がばれ、二人は逮捕されてしまった。
2人は裁判の結果有罪となった。後年2人はどちらも釈放されたが、事件後は一度も会っていないという。

乙女の祈り 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1994年
  • 上映時間:100分
  • ジャンル:ファンタジー、サスペンス
  • 監督:ピーター・ジャクソン
  • キャスト:メラニー・リンスキー、ケイト・ウィンスレット、サラー・パース、クライヴ・メリソン etc

乙女の祈り 批評・レビュー

映画『乙女の祈り』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

彼女たちの想像を見せられる演出

少女特有の異性への嫌悪感とかそういったものが、根底に流れている気がしてならない。
彼女たちの想像した物語を展開する中で、映像としてみせていく演出が秀逸。
今の技術からすれば、多少稚拙な所もあるのかもしれないが、まるで飛出し絵本のように、
植物が生えてくるように広がっていく映像が刺さってくる。

反対にその美しい想像の演出の中で、不安さを感じるシーンもいくつかあり、
美しさと恐ろしさのギャップがなんともいえない嫌悪感と残酷さを感じさせ、
この作品をただならぬ感じに仕上げている。

両親という大人への嫌悪感

子供の頃、大人というものは完璧で立派な生き物思っていた。
その大人の中でも一番身近な大人「両親」に嫌悪感を抱いた時、どうなるのだろう…。
血が繋がっているというだけで、自分自身も嫌な人間に思えてきたりするものだ。
この二人にとっても両親は誇れる存在だったに違いない。特にジュリエットはそうだったに違いない。

そんな両親は、母親は実は不倫をしていたり、父親もなぜか堅苦しい存在に描かれ、
ポウリーンの母も小言が多く、後で分かるのだがポウリーンの両親は内縁関係だったりと
その嫌悪感たるや、そして醜さといったら彼女達にとっては受け入れがたいものだったろうと思う。

周りにいるのは、嫌な大人だけ。
自分の両親もそれにもれず嫌な大人だった時のがっかりさ。
それがまた彼女たちの絆を強くした原因のように思えてしまった。
それを映像の演出で、ぶったぎっていく様はなんともいえない気持ち悪さを感じてしまった。

その気持ち悪さを、ピーター・ジャクソン監督らしい演出と映像で彩っていくのだ。
1994年度ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)及び1994年度アカデミー脚本賞ノミネート、納得の作品です。

ケイト・ウィンスレットはこの作品がスクリーンデビューとの事。
すでにこの頃から演技力は光るものがあります。

乙女の祈り 感想まとめ

この作品を見ると思い出すのは、自分が中学生の頃、異常なほど担任の男性教師を嫌がっていた女生徒の事です。
本当に嫌いだったのかもしれませんが、
その異常なほどの嫌悪感に彼女は「男性」というものを意識していたんだろうなーと感じていました。
自分の大人になっていく「体」への嫌悪感や好奇心。
この映画を見るとそんな自分の思春期を思い出す。

なぜ、自分はこんなつまらない世界にいるのだろう…。
そう感じていたポウリーンの前に現れた、美しく自分の意見をはっきり言えるジュリエット。
そして、そんな彼女も完璧ではなく、自分と同じだと感じたときの喜び。
自分達だけの世界を作り上げた時。そんな思いを無理に引き剥がそうとする大人達。
こんな成長期の不確かなモヤモヤしたものが、画面からにじみ出ているような作品。大好物です。

だけど、これって女性特有なのかしら?
男性で女性を生理的にダメ、触られるのもいやっ!なんて話あんまり聞かないですしね…。

Amazon 映画『乙女の祈り』の商品を見てみる