映画『アウト・オブ・タウナーズ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「アウト・オブ・タウナーズ」のネタバレあらすじ結末

アウト・オブ・タウナーズの概要:ヘンリーは23年間勤めていた広告会社をクビになってしまう。妻のナンシーには内緒で、ニューヨークで新しい仕事の面接を予定していた。ヘンリーは夫婦でニューヨークに向かうが、散々な目に遭ってしまう。

アウト・オブ・タウナーズの作品概要

アウト・オブ・タウナーズ

製作年:1999年
上映時間:91分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:サム・ワイズマン
キャスト:スティーヴ・マーティン、ゴールディ・ホーン、ジョン・クリーズ、マーク・マッキニー etc

アウト・オブ・タウナーズの登場人物(キャスト)

ヘンリー・クラーク(スティーヴ・マーティン)
23年勤めていた広告会社をクビになる。古臭い考えの持ち主。
ナンシー・クラーク(ゴールディ・ホーン)
ヘンリーの妻。結婚前はヘンリーと同じ広告会社に勤務していた。明るく陽気な性格。
マルソー(ジョン・クリーズ)
ホテルの支配人。女装趣味がある。
グレッグ(マーク・マッキニー)
ホテルのバーでナンシーと出会う。
アラン・クラーク(オリヴァー・ハドソン)
ヘンリーの息子。
スーザン・クラーク(ジェシカ・コーフィール)
ヘンリーの娘。女優志望。ニューヨークで暮らしている。

アウト・オブ・タウナーズのネタバレあらすじ

映画『アウト・オブ・タウナーズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

アウト・オブ・タウナーズのあらすじ【起】

息子のアランは自立して、アムステルダムへと旅立った。ヘンリーは夫婦だけになったことと、23年間勤めた広告会社をクビになったことで、ニューヨークに引っ越すことを決める。だが、妻のナンシーにはクビになったことを秘密にしていた。

ナンシーはニューヨークの生活に不安を抱いており、1人で家に残ることを決める。だが次の日、ベッドに1人残されたナンシーは、淋しさに襲われる。ヘンリーが飛行機に乗り込んでいると、ナンシーが「サプライズ」と言って笑顔で現れる。2人は一緒にニューヨークに行くことになるが、霧で飛行機が着陸出来ずボストンに到着する。

ヘンリーが接続便の確認に行くと、ニューヨーク行の電車があった。20分後の為、ヘンリーは慌てて荷物の受取場所に居るナンシーの元に戻る。しかし、ナンシーは荷物が出てこないと途方に暮れていた。ヘンリーは明日の仕事の面接に間に合わなくなると焦る。

ヘンリーは係りの者に鞄のことを尋ねるが、はっきりとした大きさや形を伝えることが出来ず伝わらない。そこで、広告会社に勤めていたナンシーが、鞄の絵を描いて係りの者に尋ねた。その絵はとてもうまく描かれており、係りの者には伝わったが届いていないと言われる。ヘンリーはイライラして喚きながらタクシーに乗り込み、ナンシーと駅へと急ぐ。しかし、電車は行ってしまった後だった。

アウト・オブ・タウナーズのあらすじ【承】

ヘンリー達はレンタカーを借りてニューヨークへと出発する。しかし、ヒーターの切り方が分からず、下着姿になって体温を調節した。そこで、やっと2人は落ち着き、夫婦のことを話し会った。ヘンリーは仕事に行くだけの生活にマンネリを感じていた。だが、ナンシーは子供が出て行ったことで、夫婦生活がマンネリになることを危惧していた。

ナンシーが地図を見ながら行先を指示していたが、伝え方が悪くヘンリーは別の場所で曲がってしまう。2人は喧嘩をして、ナンシーが車を運転することになる。しかし、今度はヘンリーの地図の見方が悪く別の場所に進んでしまう。ナンシーは結局ナビを使って運転をした。しかし、石に乗り上げた衝撃で、ナビの言語が変わってしまう。ナンシーは慌ててナビを操作するが、目を離した隙に魚の卸売市場に突っ込んでしまう。修理費用は2200ドルかかった。

ナンシー達が街を歩いていると、舞台役者から声を掛けられて、財布をタクシーに忘れたので5ドル貸して欲しいと頼まれる。ナンシー達が好きな作品に出ていることを聞き、貸してあげようとするがバッグを奪われてしまう。ナンシーは途方に暮れるが、ヘンリーが靴下の中にクレジットカードを入れていた為、ホテルへと向かった。

ヘンリーは高級ホテルを予約していた。2人はやっと落ち着けると安心するが、クレジットカードが使用出来ないと言われる。ヘンリーがカード会社に連絡すると、身に覚えのない商品が買われていた。ナンシーはクレジットカードを、娘のスーザンに渡したことをヘンリーに打ち明ける。そして、スーザンが女優を目指す為、学校を中退したことも話した。ヘンリーがナンシーを怒っていると、支配人のマルソーにホテルを追い出される。

アウト・オブ・タウナーズのあらすじ【転】

ヘンリー達は揉めながら、スーザンの家へと向かった。しかし、留守だったので帰ろうとした時、隣の部屋から出てきた犬に追いかけられる。ヘンリー達は走って逃げて目の前にあった建物に逃げ込んだ。そこにはおいしそうな食事が置いてあり、お腹が空いた2人は食べようとした。しかし、集会の後じゃないと食べられないと言って止められる。そこは、セックスなどの性について悩みを話す集会所だった。

ヘンリーは集会所を出て行こうとするが、ナンシーが積極的に話し出した。そして、2ヶ月セックスをしていないことを打ち明ける。集会所に参加していた人達が驚きの声を上げた。苛立ったヘンリーは、会社を解雇されてストレスが溜まっていたことを言ってしまう。ナンシーはショックを受けて出て行ってしまう。ヘンリーは慌てて後を追いかけて、ナンシーに説明をした。話を聞いたナンシーは、人生はこれからだとヘンリーを励ます。その時、ナンシーはホテルに送った旅行鞄に小切手を入れていたことを思い出し、慌ててホテルへと戻った。

ホテルにはまだ荷物が届いていなかった。だが、ホテルのバーにおつまみがあることに気付いた2人は、勇んで店内へと入る。ヘンリーがトイレに行っている間にナンシーが勢いよくおつまみを食べていると、隣の男性に声を掛けられる。男性はグレッグと名乗り、ナンシーに興味を持つ。ナンシーはグレッグをその気にさせて、部屋の鍵を受け取る。

グレッグが芝居を見に行っている隙に、ナンシーはヘンリーと部屋に入りルームサービスを注文する。しかし、グレッグが帰ってきてしまう。ヘンリーは慌ててカーテンの後ろに隠れた。だがその時、2人分注文したルームサービスが来てしまい、グレッグにヘンリーの存在がばれてしまう。怒ったグレッグが警備員を呼んだ為、ヘンリー達はバルコニーに逃げた。ナンシーが先に壁を伝って下の階のバルコニーに降りると、客の部屋で女装をしたマルソーが踊っていた。ヘンリーも何とか壁を伝ってバルコニーに降りるが、その途中で電気をショートさせてしまいホテルの電気が消えてしまう。

アウト・オブ・タウナーズのあらすじ【結】

ナンシーはグレッグの部屋から20ドルくすねており、停車していたタクシーに乗り込む。しかし、その車の運転手は強盗犯だった。2人は銃を突きつけられるが、ヘンリーの機転で助かり、車から脱出する。ナンシーは興奮しながらヘンリーに感謝を伝えるが、頭に浮かんだのは子供のことだけだったと言ってしまう。ヘンリーは子離れしないナンシーを非難する。ナンシーはその言葉に傷つき、ヘンリーのことを退屈な夫だと非難して去って行ってしまう。

ナンシーが怯えながら夜道を進んでいると、心配したヘンリーが現れる。2人は抱きしめ合い、手を繋いで一緒に歩いた。そして、暗闇でキスをして盛り上がっていると、突然周りの木がライトアップされた。ヘンリー達が居た場所はセントラル・パークで、市長達がパーティーをしていた。ヘンリー達は警察に追われ、急いで逃げた。そして、近くにあった小屋で夜を明かした。

翌朝、ヘンリーが立ちションをしていると、公然わいせつ罪で警察に捕まってしまう。檻の中で頭痛と時間が無いことを喚いていると、青年から薬を渡される。ナンシーは女装の件でマルソーを脅迫して、保釈金とマフィンを用意してもらう。ヘンリー達はリムジンでホテルに送ってもらうことになるが、途中でヘンリーの様子がおかしくなる。ナンシーは何とかヘンリーをシャワーに入れて、スーツに着替えさせる。

ヘンリー達は面接に向かうが、終了したことを告げられる。社長に予定が入った為、面接時間が早まったのだ。自宅やホテルにも連絡したが繋がらなかったと言われる。納得出来ずに喚くナンシーを、ヘンリーが宥める。だが、ナンシーは落ち込み、ニューヨークに負けたのだと言って先に帰ってしまう。その言葉にキレたヘンリーは、受付を脅して面接をしてもらう。社長達にニューヨークで体験した様々な出来事を話して、今思い浮かんだと嘘を吐いた。すると、社長達はヘンリーの話に興味を持った。

ヘンリーはナンシーに会いに行き、採用されたことを伝えた。そして、助手として一緒に働いて欲しいと頼み、ナンシーにキスをした。

この記事をシェアする