映画『パシフィック・リム』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『パシフィック・リム』のネタバレあらすじ結末

パシフィック・リムの概要:日本をイメージしたというロボットと怪獣の戦い、そして圧倒的なグラフィックに多くの日本人が湧き、大ヒットを記録した。日本からも菊地凛子、芦田愛菜といった女優陣も参加している。特に菊地凛子は主役級の役所に挑戦。

パシフィック・リムの作品概要

パシフィック・リム

公開日:2013年
上映時間:131分
ジャンル:SF、アクション
監督:ギレルモ・デル・トロ
キャスト:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ etc

パシフィック・リムの登場人物(キャスト)

ローリー・ベケット(チャーリー・ハナム)
かつて兄と共にイェーガーを操縦し、怪獣達と戦っていた英雄。兄の死の為パイロット業から遠ざかっていたが、スタッカーの要請により再度前線に復帰する。
森マコ(菊池凛子)
スタッカーの秘書で、高い格闘技術を誇る。ローリーとの高い適性が見いだされ、彼とコンビを組む事になる。
スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)
かつてのローリーの上司で、軍のトップの様な存在。娘の様な存在であるマコが前線で戦う事に反対している。
ニュートン・ガイズラー(チャーリー・デイ)
本部に所属する天才科学者。一見ビビリであるが、思いがけない行動力を持ち合わせ、怪獣との戦いにピリオドを打つきっかけを作る。

パシフィック・リムのネタバレあらすじ

映画『パシフィック・リム』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パシフィック・リムのあらすじ【起】

今より少し先の未来、平穏は突如として破られました。太平洋プレートが割れ、その隙間に異世界とこちらの世界とを繋げるワープゾーンのようなものが出来てしまったのです。その異世界から訪れる怪獣はこちらの世界で暴れまわり、甚大な被害を及ぼしていきました。

その怪獣と対峙する為に、政府が立案した計画は「イェーガー計画」でした。それは怪獣に匹敵する巨大ロボットを操り、怪獣の殲滅を狙うという計画でした。しかしあまりにそのロボットが大きい為に、1人では操縦することが不可能です。そこで政府は、2人のパイロットの神経をシンクロさせ、2人ぶんの力を用い操縦に当たることにしました。しかし、誰もがパイロットを務められるという訳ではありませんでした。

まず、パイロット達の思考をシンクロさせるので、相手の過去の記憶が一斉に自分へと流れて来ます。その為、自分を全て晒すに等しいその行為は、信頼に足る人物でないと行えません。また、そのパイロット達のシンクロ率が高い、つまり互いに適性が求められました。シンクロ率が足りないと、それぞれがロボットを好き勝手に動かす事となり、とてもではありませんが怪獣と相対することは出来ないからです。

パシフィック・リムのあらすじ【承】

主人公であるローリーは、実の兄との適性が認められ、イェーガーのパイロットとして活躍していました。人々を脅かしていた怪獣を撃退した事で、ローラーと兄は一躍英雄となります。しかし、一匹の怪獣と相対していた時、なんと太平洋プレートからもう一匹の怪獣が突如として現れたのです。そして、その怪獣の不意打ちを受け、兄が命を落としてしまうのでした。

その事をきっかけに、ローリーはパイロット職から離れる事となります。5年の時が経ち、怪獣達はイェーガーに対応する様に、その体を進化させて行きました。ローリーが操縦していた頃のロボットでは既に太刀打ちできない存在となってしまった為、政府は新しいロボット作りに躍起になっています。その頃、ローリーのかつての上司であったスタッカーが、ローリーに再度怪獣相手に立ち上がる事を要請して来たのです。

ローリーは、スタッカーに連れられ基地本部へと向かいます。そして、そこでマコというスタッカーの秘書と出会いました。マコは隊に所属する誰にも負けない格闘術の実力を持っていましたが、ローリーに受け入れられずパイロットになる事が出来ないでいました。

パシフィック・リムのあらすじ【転】

しかしその格闘技の訓練の途中で、ローリーは初めて会うはずのマコと自分の息がピッタリあうことに気が付きます。ローリーとマコは、高いシンクロ率を誇っていたのでした。一方その頃、基地に所属する生物学者であるニュートが、とうとう怪獣の出口である太平洋プレートを壊す算段を導きだします。

それは、太平洋に出来た扉に爆弾を落とし、その爆発の力で扉を閉めるというものでした。ローリーとコンビを組みイェーガーを操作するというマコに対し、スタッカーは猛反対します。しかし結局マコは折れず、ローリーと、そして他のイェーガー操作者達とその任務へと飛び出していくのでした。

しかし、その途中でメンバーは残酷な事実に直面する事となります。太平洋プレートを塞ぐ為には、爆弾を落とすだけでは足りなかったのです。異次元への扉を完璧に消し去る為には、爆弾だけでなく、怪物と共にその異次元への穴に飛び込み、そして内部から爆弾を爆発させる必要があるのでした。つまり操作者は、怪物と共に爆発に巻き込まれる事になるのです。

パシフィック・リムのあらすじ【結】

自らその役割を買って出たのは、ジプシーとスタッカーのコンビでした。マコはその提案に反対しますが、彼らはそれを聞き入れません。実はスタッカーは幼少期のマコを怪獣の手から守ったその日から彼女を引き取り、実の娘の様に今まで育て上げて来たのでした。これまで彼女に素質がありながらもパイロットになる事を許さなかったのも、その深い愛情故でした。

仲間の制止を振り切り、ジプシーとスタッカーは爆弾をもって、次元の穴へと飛び込んで行きました。そして巨大な爆発と共に、異次元への穴はその扉を閉じていったのです。ジプシーとスタッカーが自分達の命を賭して挑んだ最後の任務は、見事に成功したのでした。マコとローリーが操る機体は、そのあまりの爆風に飲まれ流されて行きます。そして爆風が収まり、機体は水上へと浮かび上がりました。

仲間達がヘリコプターで迎えに来る事を確認した2人は、様々な気持ちを込めて熱い抱擁を交わします。長く続いた怪獣達との果たし合いに決着をつけ、2人はジプシーとスタッカーの想いも両肩に乗せ、作戦基地へと戻っていくのでした。

ネタバレ考察・ストーリー解説

『パシフィック・リム』について、2つ考察・解説します。※ネタバレあり

「ドリフト」から「恐竜」へ

イェーガーを操縦するには、一人の人間では負担が重過ぎるため、必ず2人以上のパイロットを必要するのですが、ここで使用されるのが「ドリフト」です。「ドリフト」は、パイロット同士の神経を同調させることでイェーガーを操縦しますが、記憶まで共有されてしまいます。そこを利用して、科学者が怪獣の脳と「ドリフト」して、怪獣たちがどこからやってくるのかを突き止めるわけです。そこで明かされるのが異次元世界「アンティヴァース」から怪獣が送り込まれていることであり、その怪獣はプリサーカーと呼ばれる知的生命体によって作り出された生物兵器であった・・・うーん・・・散々使い古された設定ですね(笑)。しかも、地球の氷河期前の恐竜は、プリサーカーが作り出したもの・・・という設定もあり、もう何も考えずに純粋にロボットアクションを堪能せよ!と言わんばかりのご都合設定です。

芦田愛菜ちゃんが出ている!

日本が誇る子役代表の芦田愛菜ちゃんが出演しています!マコの記憶の中で愛菜ちゃん登場です!カニ型の怪獣に追われる愛菜ちゃん・・・!泣きながら助けを求める様は、もはや子役の域を超えています!それを守ったペントコストのドヤ顔も一見の価値ありですが(笑)。この作品は、超有名人が出てこない映画でもあり、俳優よりも作品制作自体に資金をかけているようで、ロン・パールマンが一番有名かと思いますね。しかも、日本語声優はケンドー・コバヤシです。映画のクレジット後も油断してはなりません!ロン・パールマン扮するハンニバル・チャウが怪獣に食べられたはずなのに・・・というシーンがありますので!

まとめ

ロボットアクション映画をアニメではなくリアルに観たいならば、パシフィック・リムは超おススメします!観たかったロボット映画がここにあります!監督のギレルモ・デル・トロは日本アニメの大ファンでありますので、随所にオマージュを感じるシーンがあります。すぐに気づくのは、ジプシー・デンジャーの「ブレストファイヤー」!マジンガーZそのまま!ここまでパクると潔いですね!ロボット格闘シーンは見物なのですが、間に入るシーンが長く感じてしまいます。マコがパイロットになるまでの件やペントコストの持病の話や演説シーンなど、間延び感があり、もう少し短くしてほしかったですね。ですが、ロボットアクション映画としては一級品かと思います!ストーリーそっちのけでお楽しみください!

Amazon 映画『パシフィック・リム』の商品を見てみる