映画『パシフィック・リム アップライジング』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「パシフィック・リム アップライジング」のネタバレあらすじ結末と感想

パシフィック・リム アップライジングの概要:突如として太平洋から現れた『プリカーサー』と人類が作り出した巨大兵器『イェーガー』の激しい戦いから10年が経過。地球には再びピンチが訪れていた。英雄の息子は、本物の英雄になれるのか。

パシフィック・リム アップライジングの作品情報

パシフィック・リム アップライジング

製作年:2018年
上映時間:111分
ジャンル:アクション
監督:スティーヴン・S・デナイト
キャスト:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ケイリー・スピーニー、菊地凛子 etc

パシフィック・リム アップライジングの登場人物(キャスト)

ジェイク・ペントコスト(ジョン・ボイエガ)
10年前の戦争で英雄となった男の息子。一流のパイロットだったが、脱落。とあることから再び戦場に戻ることになる。
ネイサン・ランバート(スコット・イーストウッド)
共にイェーガーを動かすジェイクの相棒。ジェイクとは常に嫌味を言い合う仲だが、その実彼の実力を信頼している。
アマーラ・ナマーニ(ケイリー・スピーニー)
ジェイクが出会った少女。一人でイェーガーを開発するほどの技術力があり、PPDCに所属することになる。
森マコ(菊地凛子)
ジェイクの義理の姉で、前回の戦争で大活躍した人物。血は繋がってはいないものの、ジェイクとの間には確かな絆がある。
ニュートン・ガイスラー(チャーリー・デイ)
元はPPDCの研究員だったが、現在はシャオ産業に所属。怪獣に対して愛情のようなものを抱いているようで…?
ハーマン・ゴッドリーブ(バーン・ゴーマン)
PPDCの研究員で、ニュートンとは犬猿の仲。怪獣に対して研究を進めており、その研究結果が今回大活躍する。

パシフィック・リム アップライジングのネタバレあらすじ

映画『パシフィック・リム アップライジング』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パシフィック・リム アップライジングのあらすじ【起】

突如、太平洋にある海底の裂け目から現れ人類を次々と恐怖に陥れた異種族、『プリカーサー』。そんなプリカーサーとの戦いも、数多くの勇敢な戦士達の命を賭けた活躍によって終結を迎えた。世界には再び平和が訪れたかのように思われたが、これまでプリカーサーと戦ってきた環太平洋防衛軍、通称PPDCは、いつかプリカーサーが再び現れるのではないかという疑念を抱いていた。そして、そんないつかの日のために、彼らは若い戦士達の育成を開始したのだった。

そして、その伝説の日から10年が経過したある頃。町の片隅ではジェイク・ペントコストという男が盗みを働いていた。実は、彼は10年前のプリカーサーとの戦争を終わらせた英雄、スタッカー・ペントコスト司令官の息子だったのだ。ジェイク自身もかつてはPPDCに所属して優秀な成績を残していたが、ある日とある事件を起こして除名処分となったのである。それからというもの、違法行為を繰り返すようになったジェイク。そんな彼はある日、一人の少女と出会う。

パシフィック・リム アップライジングのあらすじ【承】

アマーラ・ナマーニという名のその少女は、盗んできた部品を使っては自分だけのプリカーサーと戦うための兵器、イェーガーを作り上げていた。しかし、そこに軍の追っ手がやってくる。イェーガーを独自で開発することは犯罪だったのである。アマーラとジェイクは必死に逃げるが、やむなく捕まってしまうのだった。

拘束されたジェイクの前に現れたのは、ジェイクの義理の姉であり先の戦争の英雄、森マコだった。マコは、ジェイクを無罪放免にする代わりに、彼にPPDCで教官になるように命じたのだった。渋々その要求を飲んだジェイク。同じく、アマーラも一人でイェーガーを作り上げるその技術力を買われPPDCに入隊していた。

一方、その頃中国の大会社、シャオ産業はイェーガーとは違い無人操作が可能な巨大兵器、ドローン・イェーガーを開発していた。その開発に一役買っていたのはかつてPPDCに所属していた研究員、ニュートン・ガイスラー博士である。そして、ある日ドローン・イェーガーを採用するか会議が開かれることとなり、ジェイク達も護衛として駆り出されることとなったのだ。

パシフィック・リム アップライジングのあらすじ【転】

しかし、その会場に謎の漆黒のイェーガー、オブシディアン・フューリーが現れる。ジェイクは相棒のネイトと共にフューリーを撃退することに成功するが、しかし、戦いの中マコを失ってしまうのだった。

悲しみにくれるジェイク。しかし、マコは死の間際ジェイクに何かしらのデータを残していた。そのデータをPPDCの研究員ハーマン・ゴッドリーブが解析したところ、とある燃料工場の場所が記されていたのだった。ジェイクとネイトがその燃料工場へと向かうと、そこに再びフューリーが現れた。傷を負いながらもフューリーを撃退した二人。

そして、衝撃の事実が明らかになる。なんと、フューリーは怪獣と機械が融合して成立している兵器だったのだ。そして、そんな脅威の出現に、PDDCはシャオ産業のドローンを採用する決定をする。しかし、フューリーを勝手に調べたアマーラがとんでもないことに気がつく。なんと、フューリーの機械部分はシャオ産業のものだったのだ。そして、PDDC基地に輸送されたドローンが暴走を始め、基地を襲い始めたのだ。

パシフィック・リム アップライジングのあらすじ【結】

その黒幕は、なんとニュートン博士だった。彼は10年前の戦いで怪獣の脳とリンクしたことをきっかけに、怪獣に脳を支配されていたのだ。ニュートンはドローンの中に怪獣の細胞を埋め込み、プリカーサーの侵略に加担していたのである。

ニュートンとはライバルでもあったハーマン博士の活躍によってプリカーサーの出口となる裂け目は塞がれたものの、しかし、3体の強力な怪獣がこちら側の世界へと出てきてしまう。彼らの狙いは日本の富士山だった。実は、富士山にはレアメタルが含まれており、怪獣の血液とレアメタルが融合することで、巨大な爆発が生じることが明らかになったのだ。

そして、怪獣達を止めるべく、ジェイクや彼の訓練生達が立ち上がる。しかし、怪獣の力は強大で、仲間が一人、また一人と倒れていく。そして、怪獣を止めるべく、ジェイクはイェーガーごと空中から怪獣に体当たりするという特攻をしかけたのだ。富士山の一歩手前で力尽きた怪獣達。しかし、捕らえられたニュートン博士は人類の滅亡を予言する。そして、生き残ったジェイク達は、新たな戦いに備えるのだった。

関連作品

前作 パシフィック・リム