映画『青夏 きみに恋した30日』のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし) | MIHOシネマ

「青夏 きみに恋した30日」のあらすじ・感想・評判・口コミ(ネタバレなし)

東京で暮らす理緒は、夏休みの間祖母がいる田舎町で過ごすことになった。そこで、その町に暮らす吟蔵と意気投合し、一緒に遊ぶようになる。2人は少しずつ惹かれていくが、理緒は夏休みが終われば東京に戻らなければならなかった。

青夏 きみに恋した30日の作品情報

青夏 きみに恋した30日

タイトル
青夏 きみに恋した30日
原題
なし
製作年
2018年
日本公開日
2018年8月1日(水)
上映時間
113分
ジャンル
ラブストーリー
青春
監督
古澤健
脚本
持地佑季子
製作
辻本珠子
坂部康二
片山悠樹
小野原正大
片倉洋樹
宮阪直樹
製作総指揮
源生哲雄
キャスト
葵わかな
佐野勇斗
古畑星夏
岐洲匠
久間田琳加
水石亜飛夢
秋田汐梨
志村玲於
製作国
日本
配給
松竹

青夏 きみに恋した30日の作品概要

東京で暮らす理緒は、田舎の祖母の家に遊びに行ったときに吟蔵と出会い恋に落ちる。しかし、2人が一緒にいられるのは、夏休みの間の約30日間だけだった。しかも、そんな2人の前に、吟蔵の婚約者の万里香や理緒に思いを寄せる祐真が現れる。果たして、4人の恋の行方はどうなってしまうのだろうか。佐野勇斗・葵わかなのW主演で送る、甘酸っぱい青春ラブストーリー。『今日、恋をはじめます』(12)で監督を務めた、古澤健がメガホンをとる。

青夏 きみに恋した30日の予告動画

青夏 きみに恋した30日の登場人物(キャスト)

理緒(葵わかな)
東京で暮らす女子高生。運命の恋があると信じている。
吟蔵(佐野勇斗)
田舎町で暮らす男子高校生。無骨な性格。だが、本当は心優しい人物。
万里香(古畑星夏)
吟蔵の幼馴染であり、婚約者でもある。
祐真(岐洲匠)
理緒のことが好き。理緒を追って田舎町までやってくる。

青夏 きみに恋した30日のあらすじ(ネタバレなし)

東京で暮らす理緒は、運命の恋があると信じている女子高生だった。夏休みの間、理緒は祖母がいる田舎町で過ごすことになった。そこで、その町に暮らす、吟蔵という名の男子高校生に出会う。2人は一緒に遊ぶうちに、次第に仲良くなっていった。

吟蔵には万里香という婚約者がいた。しかも、理緒に思いを寄せている祐真まで現れる。理緒は万里香の存在に対して、吟蔵は祐真の存在に対して激しく戸惑った。それでも、理緒は吟蔵に対しての好きだという思いを止めることができなかった。しかし、吟蔵は夏休みが終われば東京に戻ってしまうことが分かっていたため、理緒の気持ちを受け止めようとはしなかった。4人の切ない恋模様は、どう変化していくのだろうか。

青夏 きみに恋した30日の感想・評価

期間限定の恋

東京で暮らす理緒は、田舎の祖母の家に遊びに行ったときに吟蔵と出会い恋に落ちる。だが、それは夏休みの間のたった約30日しか傍にいられないものだった。きっと大人だったら遠距離恋愛をして、偶に会いに行くということができたのかもしれない。だが、彼らは高校生で、そんなに自由に行き交うこともできなかった。理緒が帰りたくないと願い、吟蔵が帰したくないと願う言葉は、とてもダイレクトに相手に思いを寄せていることを伝えてくる。スクリーンを通して、思いの熱さと純粋さが伝わってくるようである。中高生の人達はそんな理緒達に自分自身を重ね合わせ、大人達は全身で思いを伝え合う2人を羨ましく感じるのではないだろうか。ぜひ、この期間限定の恋の行く末を、劇場で確認して欲しい。

Mrs. GREEN APPLE

主題歌を担当するのは、2013年に結成されたロックバンドMrs. GREEN APPLEである。彼らは花王『メリット』(CMソング)やテレビ東京系アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』(エンディングテーマ)とタイアップしたことがあり、現在非常に注目度の高いバンドと言える。

主題歌となった『青と夏』は、この映画用に書き下ろしされたものである。恋が始まったときの明るい気持ちを表したような、ロックテイストの曲になっている。一方、挿入歌もMrs. GREEN APPLEが担当しており、シンガーソングライターの井上苑子とタッグを組んでいる。挿入歌の『点描の唄』は主題歌とはまた一味違った曲になっており、物語の切ない雰囲気と恋をしたときの甘酸っぱい気持ちが、全て詰まった楽曲になっている。

人気急上昇中、若手俳優陣が集結

理緒役の葵わかなは、2017年のNHK連続テレビドラマ『わろてんか』で主役の藤岡てんを演じて一躍有名になった人物である。それ以外にも映画やドラマに出演したり、NHKの音楽番組の司会を務めるなど、多方面で活躍している。

吟蔵を演じたのは、『ちはやふる -結び-』(18)に出演していた佐野勇斗である。役者として活躍する一方、5人組ボーカルダンスユニット「M!LK」の一員としても人気を集めている。本作品では、理緒に思いを寄せながらも気持ちを上手く伝えられない、無骨な吟蔵を見事に演じ切っている。

その他にも、『東京喰種 トーキョーグール』(17)に出演していた古畑星夏や、『宇宙戦隊キュウレンジャー』で主演のラッキーを演じて有名になった岐洲匠が出演している。最近人気を集めている若手俳優達が一堂に会した作品になっており、注目すべき作品と言える。

青夏 きみに恋した30日の公開前に見ておきたい映画

映画『青夏 きみに恋した30日』の公開前に見ておきたい映画をピックアップして解説しています。『青夏 きみに恋した30日』をより楽しむために、事前に見ておくことをおすすめします。

逆光の頃

葵わかなが初ヒロインを務めた作品。タナカカツキ原作の漫画『逆光の頃』が元になっており、監督・脚本を小林啓一が務めている。古都・京都が舞台になっているが、俳優達が方言を使いながらしゃべっているため、世界観が損なわれていない。京都の古い町並みは、どこか郷愁を誘うものがある。

高校2年生の赤田孝豊は、同級生の公平がライブハウスで活動していることを知る。模擬試験を受ける予定だったが、サボってライブを見に行くことにした。孝豊は自分とは全く違う公平に興味を持つようになる。その一方で、孝豊は幼馴染のみこと(葵わかな)に思いを寄せていたが、何も気持ちを伝えられずにいた。恋・友情・学校のことなど、色んなことに悩みながらも前に進んでいく高校生の姿が描かれている。

詳細 逆光の頃

ちはやふる -結び-

佐野勇斗が主人公の後輩役として出演している。本作品は『ちはやふる -上の句』(16)・『ちはやふる -下の句-』(16)の続編であり、完結編となっている。主人公の綾瀬千早を、広瀬すずが演じたことでも話題を集めた。競技かるたが題材になっており、末次由紀原作の少女漫画『ちはやふる』が元になっている。漫画は2018年5月現在で、38巻まで発売されている。

瑞沢高校競技かるた部に所属する綾瀬千早は、3年生へと進学した。仲間達と共に戦う、最後の全国大会が始まろうとしていた。その一方で、千早を巡る恋も動き出そうとしていた。皆様々な思いを抱きながら、大会までの日々を過ごした。青春を全て懸けた戦いが、ここにはあった。

詳細 ちはやふる -結び-

近キョリ恋愛

ラブストーリー×青春映画。みきもと凜原作の少女漫画『近キョリ恋愛』が元になっており、映画のスピンオフドラマが日本テレビ系列で放送されていた。主人公の枢木ゆにを演じたのは、映画『渇き。』(14)で「第38回日本アカデミー賞・新人俳優賞」を受賞した小松菜奈である。また、ゆにが恋をする櫻井ハルカ役を、ジャニーズの山下智久が担当している。

ゆには近くて遠い存在である、櫻井ハルカ先生に恋をした。初めはとても嫌っていたはずだったのに、補習授業を受けている内に思いを寄せるようになっていた。だが、好きだと気持ちを伝えても、教師と生徒という関係のため断られてしまう。しかも、櫻井ハルカの元彼女が、教師として赴任してくる。ゆには切ない思いを抱きながらも、恋する気持ちを無くすことはできなかった。

詳細 近キョリ恋愛

あと1センチの恋

リリー・コリンズ×サム・クラフリンで送る、幼馴染の2人のラブストーリー。セシリア・アハーン原作の小説『愛は虹の向こうに』が元になって作られている。セシリア・アハーンはベストセラーになった『P.S. アイラヴユー』の著書として有名である。幼馴染だからこそ近すぎて好きだと伝えられない、2人のもどかしい気持ちが描かれている。

ロージーとアレックスは幼い頃からの幼馴染で、一番の親友だった。大学の合否や初めての恋など、お互いのことを何でも知り尽くしていた。けれども、好きだという思いを言うことはできなかった。そんな中、ロージーは元彼の子供を妊娠してしまい、アレックスの元を去って行ってしまう。それから、2人は長い間すれ違い続けた。

詳細 あと1センチの恋

青夏 きみに恋した30日の評判・口コミ・レビュー

青夏 きみに恋した30日のまとめ

この作品の一番のポイントは「期間限定の恋」だということである。夏休みの間のたった30日間。短い時間だとしても思いを貫こうとする理緒と、別れることが分かっているからこそ、最初から始まることを諦めてしまっている吟蔵。どちらの気持ちも理解できるからこそ、思わず応援したくなってしまう2人である。理緒達の恋の前に立ちはだかるのは時間だけではない。吟蔵の婚約者や理緒に思いを寄せる人物まで現れるのだ。果たして、理緒と吟蔵の恋は無事に成就するのだろうか。

この記事をシェアする