映画『スパイダーマン ホームカミング』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「スパイダーマン ホームカミング」のネタバレあらすじ結末と感想

スパイダーマン ホームカミングの概要:『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にも出演したスパイダーマンの新たなシリーズが始動。蜘蛛の力を手に入れた少年が、アイアンマンに認めてもらうために奮闘する。

スパイダーマン ホームカミングの作品情報

スパイダーマン ホームカミング

製作年:2017年
上映時間:133分
ジャンル:アクション
監督:ジョン・ワッツ
キャスト:トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ etc

スパイダーマン ホームカミングの登場人物(キャスト)

ピーター・パーカー(トム・ホランド)
特殊な蜘蛛に噛まれたことでスーパーパワーを手に入れた青年。アイアンマンことトニー・スタークに認めてもらいたいがために、無謀な行動に出る。
エイドリアン・トゥームス(マイケル・キートン)
リズの父親。チタウリの部品から最新鋭武器を手に入れ、それをもとに犯罪行為を繰り返している。
ハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)
トニー・スタークの運転手。トニーにピーターの世話を言いつけられており、毎日連絡を入れてくるピーターに頭を抱えている。
ネッド(ジェイコブ・バタロン)
ピーターの数少ない友人。とある偶然からピーターがスパイダーマンであることを知ってしまい、彼を助けることとなる。
リズ(ローリー・ハリアー)
ピーターが恋心を寄せる、学園内一の美女。しかし、実は彼女の父親は…。
トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)
アイアンマンとして活動する、誰もが知る人物。以前ピーターを勧誘した張本人。勝手な行動をとるピーターに頭を抱えている。

スパイダーマン ホームカミングのネタバレあらすじ

映画『スパイダーマン ホームカミング』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スパイダーマン ホームカミングのあらすじ【起】

アベンジャーズとチタウリとの戦いで崩壊した街。そんな瓦礫の山を片付けていたエイドリアン・トゥームスだったが、突如全権限を明け渡すように上に命じられてしまう。エイドリアンは抵抗するものの、結局なすすべもなく仕事を奪われてしまうのだった。

納得のいかないエイドリアンは、仲間と共にこっそりとチタウリの残骸の一部を持ち帰る。そして、それを元に最新鋭のハイテク武器を作り上げたのだった。それから8年間、彼らはその武器を元にこっそりと盗みを繰り返していた。その頃、ピーター・パーカーという少年はとある人物からの連絡を待っていた。

ピーターは実は裏ではスパイダーマンとして活動しており、先日アベンジャーズの戦いに招聘されたのだ。再びヒーローとして活躍したいピーターは、トニー・スタークことアイアンマンからの連絡を今か今かと待ち望んでいたのだった。しかし、トニーからの連絡はない。自らが役に立つことを証明したいピーターは、日々パトロールを続けていた。そして、そんなパトロールの最中、ピーターはエイドリアン達が銀行強盗をしている場面に出くわしたのだ。

スパイダーマン ホームカミングのあらすじ【承】

しかし、乱闘の末、ピーターは近くにあった他の店を巻き込んでしまうという失態を犯したのだった。その頃、ピーターの学校ではホームカミング・パーティーが開かれようとしていた。ピーターはリズという少女に恋心を抱いており、彼女がスパイダーマンのファンということを知り、彼女にスパイダーマンを紹介するという流れになってしまう。

しかし、ピーターがスパイダーマンとしてリズの前に姿を見せようとしたとき、遠くの方で先日の武器に似た光を見てしまうのだった。悩んだピーターだったが、結局その光線の元へ向かうこととする。そして、そこには先日の銀行強盗犯達がいた。

何かしらの取引をしようとしていた彼らを止めようとするピーターだったが、そこに機械の翼を持つ『バルチャー』を操るエイドリアンが現れた。そして、ピーターはエイドリアンに追い詰められてしまう。そんな時ピーターを助けたのは、無人機であるアイアンマン・マーク47だった。そして、トニーは「子供は関わるな」とだけ言い残し、その場を立ち去ってしまうのだった。

スパイダーマン ホームカミングのあらすじ【転】

トニーが自分を認めてくれないことに不満を感じたピーターは、独自に行動を開始する。彼は強盗犯達が残した武器の部品を友人のネッドに解析してもらい、その間に自分は強盗犯達を追跡するのだった。しかし、途中、衝撃の事実が明らかになる。実はあの部品はX線を浴びると爆発することが分かったのだ。

ピーターは慌ててネッドに連絡するが、彼は仲間と共にワシントン記念塔に登っていた。そして、彼らがエレベーターに乗っている時、とうとうその部品が爆発してしまう。ピーターは慌ててその場に急行し、宙吊りになっていたエレベーターから皆を助け出すのだった。それから、ピーターはとあるフェリーに向かう。例の強盗犯達の取引が、そこで執り行われることを突き止めたためだった。

結果的に取引を食い止めることには成功したピーターだったが、フェリーの乗客達を危険に巻き込んでしまうことになる。そこに現れたのがアイアンマン。しかし、今回は無人機ではなくトニー本人がやってきていた。トニーはピーターの勝手な行いに怒り、彼にスーツを返すようにと命じるのだった。

スパイダーマン ホームカミングのあらすじ【結】

自らの行いを反省し、普通の高校生に戻る決意をしたピーター。ピーターはリズをパーティに誘うことに成功し、当日彼女を家まで迎えに行った。しかし、なんとそこにエイドリアンの姿があったのである。エイドリアンはリズの父親だったのだ。

そして、エイドリアンもまた、ピーターがスパイダーマンであることに気がついた。エイドリアンはピーターに、今後自分に関わらないように釘を刺すが、しかし、ピーターはやはり犯罪を見過ごすことはできなかった。彼はリズとのデートを諦め、エイドリアンを追う。

彼の狙いは、引越し途中のスターク社だった。スターク社が保有する数多くの未知の物質を奪おうとしたのである。ピーターはその野望を止めるため、エイドリアンの前に立ちはだかる。そして、激しい戦いの末、ピーターはエイドリアンを捕らえるのだった。その後、父親が逮捕されたリズの家族はオレゴン州へと引っ越すことになった。ピーターはそのことに心を痛めるが、そんなピーターをとうとうトニーが認めてくれた。トニーはピーターをアベンジャーズに誘うが、ピーターは身近な人々を助けたい、とその誘いを断るのだった。

みんなの感想・レビュー

  1. しのりん より:

    マーベルシリーズを観ていなくても、なんとか理解できる。スパイダーマンが好きな人はもちろんだが、そうでなくてもスクール・カーストの底辺にいるティーンズの成長物語として楽しめる。

    アクション以外にも、ピーターと親友ネッドとのやりとりや、リズとの淡い恋愛など見所がある。後半の展開は予想外だった。またスパーダースーツがハイテクなのも驚いた。自分を認めて欲しくてまだまだ子供っぽいピーターが、最後には大人顔負けの決断をするところが痛快だった。

  2. こてつ より:

    過去のスパイダーマンシリーズの主演俳優の中で、今回が一番ピーター・パーカーのイメージに近かった。トム・ホランドいいぞ。彼の相棒となるネッドも良かった。新しいシリーズに期待が持てる新星シリーズ第一弾になっていたと思う。個人的にいいなと思ったのが学校のクラスメイトの面子。白人だけでなく、色んな人種の学生が集まっているのが時代を反映していて好印象であった。ちなみに、リズのお父さんの正体が判明するシーンは、映画館大爆笑でした。