映画『リメンバー・ミー(2017)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「リメンバー・ミー(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

リメンバー・ミー(2017)の概要:ピクサーの19作目となる長編映画は、『音楽』がテーマ。突如死者の世界に迷い込んでしまった少年、ミゲル。音楽をこよなく愛するミゲルは、音楽を通じて様々な人々との出会いを果たす。今年一番の感動の物語。

リメンバー・ミーの作品情報

リメンバー・ミー

製作年:2017年
上映時間:105分
ジャンル:アニメ、ファンタジー、ヒューマンドラマ
監督:リー・アンクリッチ
キャスト:アンソニー・ゴンサレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ベンジャミン・ブラット、アラナ・ユーバック etc

リメンバー・ミーの登場人物(キャスト)

ミゲル・リヴェラ(アンソニー・ゴンザレス)
音楽を憎む一家に生まれた、音楽を愛する少年。名シンガーであるデラクルスに憧れている。ふとしたことから、死者の世界に行くことになる。
ヘクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)
死者の世界でミゲルが出会った死者。人々の記憶から消えかかっており、このままでは消滅してしまう。ミゲルと、ある約束を交わす。
エルネスト・デラクルス(ベンジャミン・ブラット)
ミゲルが尊敬してやまない大物歌手。死者の世界でもその人気は絶大だが、彼には大きな秘密があった。
ママ・イメルダ(アラナ・ユーバック)
ミゲルの先祖。自分の夫が音楽を追い求め家族を捨てたことから音楽を憎むようになる。
ママ・ココ(アナ・オフェリア・ムルギア)
ミゲルの曽祖母。認知症を患い会話もままならないが、とある人物にとってのキーパーソンとなっている。

リメンバー・ミーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『リメンバー・ミー(2017)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

リメンバー・ミーのあらすじ【起】

ある時、幸せな家族が暮らしていた。しかし、夫は音楽という夢を追いかけるため、家族を残し家を飛び出してしまう。そして、その後男が帰ってくることはなかった。自分達を捨てた夫に怒った妻は、家族を引き裂く原因となった音楽を憎み、自分の家族達から一切の音楽を遠ざけたのであった。

そして、時が流れ、その一族にミゲルという少年が生まれた。ミゲルは心から音楽、特にエルネスト・デラクルスという往年の名シンガーに心奪われていたが、こんな環境ではそのことを打ち明けることもできずにいた。一方、世間では一年に一度先祖が天国から帰ってくる『死者の日』が近づいていた。

ミゲルの家でも死者の日を盛大に祝うため、祭壇が設けられ、そこに先祖達の写真が飾られたのだった。しかし、家族を捨てて出て行った男の顔は、写真からくり抜かれていた。その写真を見たミゲルはとあることに気がつく。なんと、その写真の男が握っているギターが、あのデラクルスと同じものだったのである。このことから、ミゲルはデラクルスこそが自分の先祖であると確信するのだった。

リメンバー・ミーのあらすじ【承】

自分が音楽に惹かれるのは運命だったのだ、と喜ぶミゲル。ミゲルは益々音楽に没頭するが、しかし、家族はそんなミゲルのことを許さなかった。傷ついたミゲルは家を飛び出してしまう。死者の日、広場では音楽のコンテストが開かれようとしていた。

ミゲルもそのコンテストへの出場を希望するが、肝心の楽器がない。そこでミゲルはこっそりとデラクルスの墓へと忍び込むと、彼のギターを拝借した。その時だった。なんと彼は突如として死者が見えるようになってしまったのだ。先祖達と出会ったミゲルは、そのまま死者の国へと向かうことになる。そして、ミゲルは翌日の日の出までに生者の世界に戻らなければ、このまま死者になってしまうことを知らされるのだった。

生者の世界に戻るためには、自分の先祖に許しをもらうしかない。しかし、許しを与える代わりに先祖が出した条件が、一生音楽に関わらないことだった。その願いは聞けないミゲルは、デラクルスに許しを貰うべく彼を探し始めるのだった。その途中、ミゲルはデラクルスを知っているというヘクターという死者と出会う。ヘクターは、デラクルスに会わせる代わりに、生者の世界に戻ったら自分の写真を飾って欲しいとミゲルに頼むのだった。

リメンバー・ミーのあらすじ【転】

人々が自分のことを忘れてしまった場合、その人物は死者の世界からも消え去ってしまうのだ。互いの目的のために互いを利用しあっていたミゲルとヘクター。しかし、二人の距離は徐々に縮まり、いつしか二人の間には奇妙な絆が生まれ始めていた。

そんな頃、とうとうミゲルはデラクルスと出会うことに成功する。デラクルスはミゲルを歓迎するが、しかし、ここで衝撃の事実が明らかになる。ヘクターが命を落としたのは、なんとデラクルスが彼の飲み物に毒を盛ったからであった。ヘクターの音楽の才能に嫉妬したデラクルスは、家に帰ろうとするヘクターを殺した後、彼が密かに作っていた音楽や大切なギターを盗んで自分のものにしたのである。

その事実を知ったミゲルとヘクターを消すため、デラクルスは二人を監禁してしまう。刻一刻と、人々の思い出から消えかけているヘクターの存在が薄くなっていく。そんな中、ヘクターが誰よりも会いたい人物である彼の娘の名前を呟いた。ココ、それはミゲルの先祖の名前だった。ミゲルの先祖は、デラクルスではなくヘクターだったのである。

リメンバー・ミーの結末・ラスト(ネタバレ)

ミゲルはヘクターが先祖だったことを心から喜ぶ。そんな時、ミゲルの家族がミゲルを助けにやってきた。そして、ヘクターが家族の元に戻れなくなった理由を知った家族達は、ヘクターを許すことにするのだった。

しかし、現存している唯一のヘクターの写真は、デラクルスに奪われてしまった。その写真を取り戻し祭壇に飾ることでヘクターの消滅を防ごうとする一行は、デラクルスの元へと向かう。一行は協力してデラクルスの悪事を暴くことに成功するが、その途中写真は失われてしまう。

夜明けが近づき、ミゲルにもタイムリミットが近づいていた。ミゲルの先祖は、無条件にミゲルを許し彼を生者の世界へと戻す。現実に戻ったミゲルは急いでココの元へと向かい、ヘクターを思い出して欲しいと懇願する。しかし、ココは認知症を患っておりヘクターのことを思い出せずにいた。

そんな時、ミゲルが口ずさんだ『リメンバー・ミー』。それは、ヘクターがココのために作った曲だぅた。それを聞いたココは父親のことを思い出し、皆にヘクターのことを語るのだった。こうして、ヘクターの消滅は防がれた。そして、生者の世界でもデラクルスの悪事が露見し、代わりにヘクターが偉大なる音楽家として、人々に周知されるようになったのだ。

リメンバー・ミーの感想・評価・レビュー

日本語吹き替え版を鑑賞したのだが、俳優陣(石橋陽彩、松雪泰子、藤木直人)の歌唱力が抜群で、違和感なく楽しめた。
メキシコのお祭り『死者の日』が舞台のこの作品。日本の『お盆』のようなものだろうが、その死生観の違いに驚く。実際に無い世界を創り上げるピクサーのクリエイター達にはいつも感動させられるし、あんなにカラフルで面白そうな死者の国ならば自分も行きたいかも…と思った。

主人公ミゲルのように自分のルーツを探ることをしてみたくなる。
仏壇に飾ってあるご先祖様たちの写真を何となくいつもと違う感じで見てしまった。(女性 30代)


テーマは家族との絆になっており、ひいおばあちゃんが見せる涙は見ているこちら側の涙を誘う。ただ、少しテーマが押しつけがましく感じた。その点で少し人を選んでしまうかもしれない。アニメーションの出来はさすがピクサーといった感じで、色彩豊かな死者の国の描写が美しく特に素晴らしかった。また、メキシコの文化に関しても入念にリサーチを重ねて描かれており、興味がわいた。ぜひ、ピクサーにはアジアが舞台のアニメも作ってもらいたいものだ。(男性 20代)


夢を支えてくれる家族を大切にしよう。

アカデミー賞で長編アニメ賞を受賞した本作が、評価されている理由が分かった。
アカデミー会員の多くは必死で夢や目標を追ってきた人達だろう。
自分の成功の陰には支えてくれた家族の存在があったこと。それを気付かせてくれる作品なのだ。

でもそれは、アカデミー賞会員に限られたことではない。
誰にだって家族との絆があるはずだ。
陽気な歌とカラフルな死者の国で、自分の夢と家族を見つめ直す、心温まる物語。(女性 20代)


家族がテーマのピクサー映画。
音楽が物語の大事な鍵になってくるのだが、映画を観終わった後ずっとサントラを聴いて物語に浸りたくなるほど、音楽がいい。

近年観た映画の中で一番心を揺さぶられた映画で、感動したというよりもこんな映画があるのかと衝撃を受けた。ディズニーやアニメーションという垣根を越えた、子供から大人までいろんな世代が楽しめる映画だが、特に大人が観たほうがきっと感じるものは多いと思う。

少し脚色がされている部分はあるものの、メキシコの文化が作品をさらに魅力なものにしていて、メキシコにも興味がわいた。(女性 30代)


ガエル・ガルシア・ベルナルが出演しているので観に行ったが、予想以上に素晴らしい作品だった。まず絵が綺麗で、内側から発光するような色の表現やスケールの大きい世界観など、アニメでここまでできるのかと驚いた。音楽もよくて、つい口ずさみそうになる。

日本にも死者を偲ぶお盆があるので、日本人にも受け入れやすい作品だと感じた。観た人それぞれが自分の経験を反映させながら家族や死について考えられる映画なので、子供よりは大人の方が心に響くかもしれない。その時々によって感情移入するキャラクターも変わりそうだ。何年か後にまた観たいと思わせられる作品だった。(女性 40代)

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. yuka より:

    この映画で表現されている死者の国は明るい色合いで、どこが温かい気持ちになりました。主題歌のリメンバー・ミーは、映画の中身をそのまま表現しているなと感じました。「忘れずに覚えていて」そういう心の大切さ、亡くなって行った方達の気持ちがテーマかと感じます。映画も終盤になると、登場人物のミゲルとセクターとの意外な関係性も垣間見えてきます。色々な思い出を心に秘める家族と、音楽をこよなく愛する主人公のミゲル、死者の国を通してこのふたつの心が交差します。どこか懐かしい気持ちで見られる映画かと思います。

  2. 松雪 より:

    『リメンバー・ミー』という日本版タイトルはとても素晴らしいが、本国版の『Coco』というタイトルも、映画を観賞した後であれば、実にしっくりとくる素敵なタイトルだと感じた。
    物語のキーパーソンとなるのは、実はミゲルのひいおばあちゃんであるココなのだ。彼女がいなかったら、この映画の感動的なラストは成立せず、下手したらバッドエンドになってしまっていただろう。認知症で家族の顔や記憶も薄れていたママ・ココが、まさか終盤でミゲルの強い味方になるとは、私には考えもつかなかった。
    幸せなどんでん返しというのは良いものだなと、しみじみ感じた映画である。