映画『リメンバー・ミー(2017)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「リメンバー・ミー(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

リメンバー・ミー(2017)の概要:ピクサーの19作目となる長編映画は、『音楽』がテーマ。突如死者の世界に迷い込んでしまった少年、ミゲル。音楽をこよなく愛するミゲルは、音楽を通じて様々な人々との出会いを果たす。今年一番の感動の物語。

リメンバー・ミーの作品情報

リメンバー・ミー

製作年:2017年
上映時間:105分
ジャンル:アニメ、ファンタジー、ヒューマンドラマ
監督:リー・アンクリッチ
キャスト:アンソニー・ゴンサレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ベンジャミン・ブラット、アラナ・ユーバック etc

リメンバー・ミーの登場人物(キャスト)

ミゲル・リヴェラ(アンソニー・ゴンザレス)
音楽を憎む一家に生まれた、音楽を愛する少年。名シンガーであるデラクルスに憧れている。ふとしたことから、死者の世界に行くことになる。
ヘクター(ガエル・ガルシア・ベルナル)
死者の世界でミゲルが出会った死者。人々の記憶から消えかかっており、このままでは消滅してしまう。ミゲルと、ある約束を交わす。
エルネスト・デラクルス(ベンジャミン・ブラット)
ミゲルが尊敬してやまない大物歌手。死者の世界でもその人気は絶大だが、彼には大きな秘密があった。
ママ・イメルダ(アラナ・ユーバック)
ミゲルの先祖。自分の夫が音楽を追い求め家族を捨てたことから音楽を憎むようになる。
ママ・ココ(アナ・オフェリア・ムルギア)
ミゲルの曽祖母。認知症を患い会話もままならないが、とある人物にとってのキーパーソンとなっている。

リメンバー・ミーのネタバレあらすじ

映画『リメンバー・ミー(2017)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

リメンバー・ミーのあらすじ【起】

ある時、幸せな家族が暮らしていた。しかし、夫は音楽という夢を追いかけるため、家族を残し家を飛び出してしまう。そして、その後男が帰ってくることはなかった。自分達を捨てた夫に怒った妻は、家族を引き裂く原因となった音楽を憎み、自分の家族達から一切の音楽を遠ざけたのであった。

そして、時が流れ、その一族にミゲルという少年が生まれた。ミゲルは心から音楽、特にエルネスト・デラクルスという往年の名シンガーに心奪われていたが、こんな環境ではそのことを打ち明けることもできずにいた。一方、世間では一年に一度先祖が天国から帰ってくる『死者の日』が近づいていた。

ミゲルの家でも死者の日を盛大に祝うため、祭壇が設けられ、そこに先祖達の写真が飾られたのだった。しかし、家族を捨てて出て行った男の顔は、写真からくり抜かれていた。その写真を見たミゲルはとあることに気がつく。なんと、その写真の男が握っているギターが、あのデラクルスと同じものだったのである。このことから、ミゲルはデラクルスこそが自分の先祖であると確信するのだった。

リメンバー・ミーのあらすじ【承】

自分が音楽に惹かれるのは運命だったのだ、と喜ぶミゲル。ミゲルは益々音楽に没頭するが、しかし、家族はそんなミゲルのことを許さなかった。傷ついたミゲルは家を飛び出してしまう。死者の日、広場では音楽のコンテストが開かれようとしていた。

ミゲルもそのコンテストへの出場を希望するが、肝心の楽器がない。そこでミゲルはこっそりとデラクルスの墓へと忍び込むと、彼のギターを拝借した。その時だった。なんと彼は突如として死者が見えるようになってしまったのだ。先祖達と出会ったミゲルは、そのまま死者の国へと向かうことになる。そして、ミゲルは翌日の日の出までに生者の世界に戻らなければ、このまま死者になってしまうことを知らされるのだった。

生者の世界に戻るためには、自分の先祖に許しをもらうしかない。しかし、許しを与える代わりに先祖が出した条件が、一生音楽に関わらないことだった。その願いは聞けないミゲルは、デラクルスに許しを貰うべく彼を探し始めるのだった。その途中、ミゲルはデラクルスを知っているというヘクターという死者と出会う。ヘクターは、デラクルスに会わせる代わりに、生者の世界に戻ったら自分の写真を飾って欲しいとミゲルに頼むのだった。

リメンバー・ミーのあらすじ【転】

人々が自分のことを忘れてしまった場合、その人物は死者の世界からも消え去ってしまうのだ。互いの目的のために互いを利用しあっていたミゲルとヘクター。しかし、二人の距離は徐々に縮まり、いつしか二人の間には奇妙な絆が生まれ始めていた。

そんな頃、とうとうミゲルはデラクルスと出会うことに成功する。デラクルスはミゲルを歓迎するが、しかし、ここで衝撃の事実が明らかになる。ヘクターが命を落としたのは、なんとデラクルスが彼の飲み物に毒を盛ったからであった。ヘクターの音楽の才能に嫉妬したデラクルスは、家に帰ろうとするヘクターを殺した後、彼が密かに作っていた音楽や大切なギターを盗んで自分のものにしたのである。

その事実を知ったミゲルとヘクターを消すため、デラクルスは二人を監禁してしまう。刻一刻と、人々の思い出から消えかけているヘクターの存在が薄くなっていく。そんな中、ヘクターが誰よりも会いたい人物である彼の娘の名前を呟いた。ココ、それはミゲルの先祖の名前だった。ミゲルの先祖は、デラクルスではなくヘクターだったのである。

リメンバー・ミーのあらすじ【結】

ミゲルはヘクターが先祖だったことを心から喜ぶ。そんな時、ミゲルの家族がミゲルを助けにやってきた。そして、ヘクターが家族の元に戻れなくなった理由を知った家族達は、ヘクターを許すことにするのだった。

しかし、現存している唯一のヘクターの写真は、デラクルスに奪われてしまった。その写真を取り戻し祭壇に飾ることでヘクターの消滅を防ごうとする一行は、デラクルスの元へと向かう。一行は協力してデラクルスの悪事を暴くことに成功するが、その途中写真は失われてしまう。

夜明けが近づき、ミゲルにもタイムリミットが近づいていた。ミゲルの先祖は、無条件にミゲルを許し彼を生者の世界へと戻す。現実に戻ったミゲルは急いでココの元へと向かい、ヘクターを思い出して欲しいと懇願する。しかし、ココは認知症を患っておりヘクターのことを思い出せずにいた。

そんな時、ミゲルが口ずさんだ『リメンバー・ミー』。それは、ヘクターがココのために作った曲だぅた。それを聞いたココは父親のことを思い出し、皆にヘクターのことを語るのだった。こうして、ヘクターの消滅は防がれた。そして、生者の世界でもデラクルスの悪事が露見し、代わりにヘクターが偉大なる音楽家として、人々に周知されるようになったのだ。

この記事をシェアする