映画『グレイテスト・ショーマン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「グレイテスト・ショーマン」のネタバレあらすじ結末と感想

グレイテスト・ショーマンの概要:映画『レ・ミゼラブル』でその歌声を披露し大きな反響を得たヒュー・ジャックマンが、再びミュージカルに挑戦。実在したP.T.バーナムの波乱万丈な人生を圧倒的なスケールで描き出す。

グレイテスト・ショーマンの作品情報

グレイテスト・ショーマン

製作年:2017年
上映時間:104分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ミュージカル
監督:マイケル・グレイシー
キャスト:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン etc

グレイテスト・ショーマンの登場人物(キャスト)

P.T.バーナム(ヒュー・ジャックマン)
娘達の言葉をヒントに、サーカスを立ち上げた男。独特の発想力を持っており、一部から反感を買いながらも人々を魅了する。
フィリップ・カーライル(ザック・エフロン)
元々は上流階級を相手にしていた身分の高い男性。自分のいた場所を息苦しいと感じており、バーナムに声をかけられ、サーカスの一員となる。
チャリティ・バーナム(ミシェル・ウィリアムズ)
バーナムが幼少期から恋心を寄せ、結婚した女性。元々は裕福な家庭の出身だが、バーナムと一緒になるために全てを捨てた。
ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)
バーナムが運命的な出会いを果たした歌姫。彼女との出会いにより、バーナムは周囲と徐々にすれ違っていく。バーナムに恋心を抱く。
アン・ウィーラー(ゼンデイヤ)
バーナムのサーカスに所属する、空中ブランコ担当の女性。肌の色から周囲から蔑まれていた。フィリップに心惹かれる。
レティ・ルッツ(キアラ・セトル)
バーナムのサーカスが誇る歌姫。顔が深いヒゲで覆われており、そのことから周囲からバカにされていた。

グレイテスト・ショーマンのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『グレイテスト・ショーマン』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

グレイテスト・ショーマンのあらすじ【起】

19世紀半ばのアメリカに、P.T.バーナムという少年が暮らしていた。彼は仕立て屋を営んでいる父親の仕事を手伝う日々を送っていた。家は貧しかったが、バーナムは幸せだった。それは、バーナムが一人の少女と出会ったためである。父の仕事で訪れた屋敷で一人娘として大切に育てられていたその少女、チャリティ。バーナムは美しいチャリティに恋心を抱くのだった。

そして、貧しくもユーモアや独自の想像力があるバーナムに、チャリティもまた惹かれるようになっていた。しかし、チャリティが遠くの学校の宿舎に入ることとなってしまう。二人の仲は突如として切り裂かれることになるが、しかし、二人の愛は変わらなかった。長年に渡り手紙のやり取りを続けた二人。その後父親を亡くし厳しい生活を強いられていたバーナムも、なんとか鉄道会社に就職を果たす。そして、バーナムはチャリティに結婚を申し込むのだった。チャリティは裕福な家を捨て、バーナムとの生活を選ぶのだった。

グレイテスト・ショーマンのあらすじ【承】

二人は可愛い娘達にも恵まれ、慎ましやかではあるが幸せな毎日を過ごしていた。しかし、ある日バーナムの会社が倒産し、彼は職を失ってしまったのである。チャリティと娘達を幸せにしたいバーナムは、とある計画に乗り出す。彼は、ニューヨークのマンハッタンで博物館をオープンさせたのだ。

しかし、目新しい物がないその博物館には全く人が入らない。困り果てたバーナムに娘達が声をかける。「パパの博物館は死んだものばっかりだから、生きているものを置けばいいんじゃない?」。そんな娘達の言葉にバーナムは大きな衝撃を受け、生きているフリークス(ユニークな人々)に声をかけ始めるのだった。

そして、集まったのは生まれつき身体が成長せずに周りから浮いていた『親指トム将軍』、美しい歌声を持ちながらも顔中に生えた髭のせいで馬鹿にされていたレティ・ルッツ、その肌の色から人々に疎まれながらも、華麗な空中ブランコを披露するW.D.とアン・ウィーラーの兄弟など、世間から疎まれ続けてきた人々だった。

グレイテスト・ショーマンのあらすじ【転】

長年暗い世界を歩いてきた彼らはスポットライトの当たる場所に出ることを恐れたが、しかし、バーナムに背中を押されショーへの出演を決意する。そして、彼らは観客に受け入れられ、バーナムのサーカスは一躍大人気となるのだった。

しかし、バーナムはそれだけでは満足しなかった。彼は自分達のショーを上の階級の人々にも見てもらいたい、と社交界に顔が効くフィリップをサーカスに引き込んだ。そして、フィリップのコネを使い、なんとバーナムと仲間達は女王との謁見を果たすのだった。

そこで、バーナムは彼の人生を大きく狂わせる女性、ジェニー・リンドという歌姫と出会う。バーナムは彼女のアメリカ公演をプロデュースし、大成功を収める。そして、これまで彼のサーカスを低俗だと馬鹿にしていた人々も、ジェニーと彼女をプロデュースしたバーナムを褒め称えるのだった。しかし、そのことに優越感を覚えたバーナムは、その後名誉ばかりを追い求めるようになってしまう。そして、元来の仲間であるサーカスの面々を蔑ろにするようになってしまうのだった。

グレイテスト・ショーマンの結末・ラスト(ネタバレ)

ジェニーのコンサートツアーが軌道に乗っていた時だった。ジェニーがバーナムに突如気持ちを告げたのだった。バーナムが彼女の気持ちには応えられない、と答えると、なんとジェニーはツアーを降板すると宣言する。さらに、サーカスに反感を抱いていた人々がサーカスに火を放ち、劇場が全焼してしまったのだ。チャリティともすれ違ってしまい、彼女は子供達を連れて実家へ帰ってしまう。

全てを望んだばかりに全てを失ってしまったバーナム。そんな彼に手を差し伸べたのは、彼が一度蔑ろにしたサーカスの面々だった。彼らは、自分達を救い上げてくれたバーナムに恩義を感じていたのである。仲間に背中を押され、バーナムは再び1からやり直す決心を固める。しかし、再びサーカスを開くための資金がどこにもないのだった。そこで資金の援助を申し出たのがフィリップだった。彼は、猪突猛進なバーナムを心配し、これまでの給料を貯金していたのである。

そして、バーナムはチャリティと娘達を迎えに彼女の実家へと向かう。自分が間違っていたこと、彼女達のことを心から愛していることを伝えたバーナムの気持ちに、チャリティは再び応えてくれるのだった。こうして、バーナムのサーカスは再び再開した。しかし、今度はバーナムはサーカスの仲間達と家族をより大切にし、彼らの間には以前よりも笑顔が見えるようになったのだった。

グレイテスト・ショーマンの感想・評価・レビュー

冒頭の舞台裏シーンが一番素敵だ。
プロのダンサーや芸人が準備をしているのだが、その姿が美しくて憧れる。
ミュージカルという事で大変期待していたのだが、曲があまり好みではなかったのが残念だ。
世界的歌手として登場する役者も声が低くて、透き通る高音が好きな私には物足りなかった。
ストーリーはとても前向きで、踏ん張る力を与えてくれる。
登場人物もそれぞれ個性的で、魅力にあふれた作品だと思う。(女性 30代)


“The Greatest Show”の曲とヒュー・ジャックマンの姿から始まるオープニングで、一気にテンションが頂点まで上がる。

どの音楽もどのダンスも素晴らしく、作品の中で数多く取り入れられるミュージカルシーンの一つ一つがまるで1本の作品のようである。
その点ストーリーは単純であり、純粋に音楽を楽しめるのがこの作品のいいところではないだろうか。
中でも秀逸な楽曲が”This is me”であり、虐げられた人々が声高々にこの楽曲を披露するシーンは多くの人に勇気を与えただろう。

ラ・ラ・ランド』のチームが携わっていることが盛んに宣伝で使われたからか、この二つの作品を比べる人は多いが、どちらも違ったメッセージを持つ作品なので、どちらも別のものとして楽しんで欲しいと思う。(女性 20代)


ストーリーが駆け足で、バーナム自身やサーカス団員たちの心理やバックボーンをもう少し深く描いて欲しかった。しかし、そんな消化不良な物足りなさを感じさせつつも、勢いで一気に押し切り最後まで失速することのないテンポのよさがあった。

とにかく音楽がすばらしく、それ以外が瑣末なことに思えるほど。可能であれば、サントラを聴いてから観た方がより楽しめるかもしれない。ダンスもかっこよくて、興奮できるミュージカル映画だった。(女性 40代)


視聴する前は、この映画は明るいミュージカル映画で、楽しい要素が強調されて入っているのだろうと思い込んでいた。しかし、主人公のバーナムが良い意味でも悪い意味でも非常に人間的な性格をしていたため、物語は波乱の道を辿る。
バーナムはただの優しい夫(父親)ではない。野心に溢れ、幼い頃の屈辱的な体験をかき消すかのように仕事に打ち込んでいく。野心のある人は素敵だが、バーナムの場合は湧き上がる欲望を抑えきれなくなり、その結果彼のサーカスも家庭も崩壊してしまった。
しかし、どん底を味わってから立ち直るまでが、本当の意味での彼の物語となり、後半は視聴者に多くの勇気を与えてくれる。
楽しいことが溢れているミュージカルも素晴らしいが、この作品のように暗い面も明るい面も描かれているミュージカルも、人生について多くのことを心に語りかけてくれる。(女性 20代)


サーカスの生みの親、P.T.バーナムの半生を描くミュージカル映画。実在の人物の話を元にしているため、ドラマよりだが幻想的な演出で非日常感を表現している。主演のヒュー・ジャックマンの歌唱力は圧巻。

どん底の男が紆余曲折ありながら成功を手にするサクセスストーリーではあるが、その中で家族の愛や仲間たちとの絆を確かめていく美しい話に感動した。なにより、キャッチーな楽曲の数々は今もなお、私の心を魅了し続けている。(男性 20代)

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. マルコ より:

    オリジナルのミュージカル映画としては、同チームが製作した「ラ・ラ・ランド」よりは理解しやすく、好きになれた作品。

    劇中歌やキャラクターたち、衣装や特に『This is me.』の歌唱はとても素晴らしかった。歌を聞いて自身を持って、前向きな気持になれるというのはよくあるが、この映画に登場する唄は、コンプレックスを抱える登場人物たちが歌うため、特に響きやすかったのだろう。

    しかし、ミュージカルシーンに頼りすぎて、実際思ったほど中身はないかな…?という感じがした。