映画『パリの恋人』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「パリの恋人」のネタバレあらすじ結末

パリの恋人の概要:オードリー・ヘップバーンとフレッド・アステアのダンス競演が楽しいミュージカル。華やかなファッション業界を舞台に、バレエ経験者のヘップバーンの踊りと本人の歌声、多様な衣装、そしてパリの名所が堪能できる贅沢な作品。

パリの恋人の作品概要

パリの恋人

公開日:1957年
上映時間:103分
ジャンル:ラブストーリー、ミュージカル
監督:スタンリー・ドーネン
キャスト:フレッド・アステア、オードリー・ヘプバーン、ケイ・トンプソン、ミシェル・オークレール etc

パリの恋人の登場人物(キャスト)

ジョー(オードリー・ヘップバーン)
書店店員。共感主義に傾倒している、理屈っぽいインテリ女性。自分の顔を不美人だと思っているが、ファニーフェイスという新しいジャンルのモデルとして発掘される。
ディック(フレッド・アステア)
ファッション誌「クォリティ・マガジン」のカメラマン。明るく楽天的で、人好きのする男。敏腕編集長のマギーにも、その審美眼は信用されている。
マギー(ケイ・トンプソン)
ファッション誌「クォリティ・マガジン」の女編集長。たくさんの編集者達を従え、世界の流行を左右している自負を持つ。一見ワンマン風だが、正直で面倒見が良い姉御肌でもある。
フロストル教授(ミシェル・オークレール)
共感主義の第一人者。パリに住む。まだ若く、気取っているがハンサムな男性で、カフェで講演をしたり自宅で集会を開いたりし、共感主義者達と交流している。

パリの恋人のネタバレあらすじ

映画『パリの恋人』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パリの恋人のあらすじ【起】

マギー・プレスコットは、アメリカで人気のファッション誌「クォリティ・マガジン」の敏腕女編集長だ。彼女がこの夏の流行色はピンクと言えば、世界中の女性の服がピンク一色になるどころか、飛行機までピンクに染まる。そして、マギー自身は既に次の流行色を身に着けているという状態だ。彼女は今、ファッションに興味の無いインテリ女性に目を付けていた。インテリ女性も飛びつくような流行を作るのだ。

カメラマンのディックは、インテリからは程遠いモデルを使ったスタジオ撮影に苦戦していた。せめてもの雰囲気を出そうと、マギーを誘って町の本屋を探しに行く。理想通りの地味で堅苦しい本屋を見つけ、店主の了解など得ないまま、本を散らかし機材を運び込む撮影隊。たまたま留守の店主に代わり、店を預かっていた店員のジョーは大慌てだ。必死に店と本棚を守ろうと応戦するが、マギーの勢いには誰もかなわない。モデルをインテリに見せる脇役として撮影に巻き込まれた上、結局、ジョーは店の外に追い払われてしまった。

撮影が終わり、嵐のようにいなくなるマギーと部下達。すっかり変わり果てた店内には、ディック一人が片付け要員として残っていた。仕方なく、ディックと共に片づけを始めるジョー。彼女が得意の共感論についてしゃべりたてていると、ディックが突然、キスをしてジョーの口を塞ぐ。彼はジョーがキスしたいという気持ちに共感したというが、ジョーは全否定し、ディックは店を去る。一人になると、撮影隊が置いていった帽子を手に取り、自分の胸の高鳴りに気が付くジョー。思わず歌い踊り、これまで隠してきた恋への憧れに思いを馳せた。

ディックが本屋で撮った写真を現像している頃、マギーの興味はすでに次に移っていた。ミス・クォリティを選抜するのだ。そして、パリの世界的デザイナーの新作を着せて、どこよりも早く雑誌に掲載する。しかし、いつものモデル達では満足できない。そこに、ディックがジョーの写った写真を持ってやって来た。ミス・クォリティには、彼女こそがふさわしい。マギーはジョーの事をファニーフェイス、おかしな顔だと思ったが」、新しい魅力と言われればそうとも見える。本を買う口実で彼女を呼び出し、編集者達と取り囲んで品評する。悪くない。ジョーは、またしても不躾で失礼なマギーに怒り、部屋を飛び出していった。

編集者達から逃げ、飛び込んだ先はディックの暗室だった。そこで、自分を推薦したのはディックだと知るジョー。ジョーは、自分の顔が美人ではないと知っていた。しかし、それこそが魅力だとディックに説得され、また、憧れの教授がいるパリ行きの誘惑も手伝い、ついにモデルを引き受ける決心をするジョーだった。

パリの恋人のあらすじ【承】

早速、パリに降り立ったマギー、ディック、ジョー。皆疲れたと言って空港で解散するが、それぞれ早く一人になってパリを観光したいだけだった。結局エッフェル塔で合流し、思いきり憧れのパリを楽しむ三人。

しかし、目的は仕事だ。デザイナーのポール・デュバルと打合せがあるのに、ジョーは一日姿をくらました。ディックには、彼女が行きそうな場所に心当たりがあった。共感主義者たちが集うカフェだ。ジョーはそこで、英語の通じないフランス人相手に英語で持論を繰り広げ、酒をおごり、ご機嫌だった。ディックが迎えに来ると、抑圧された気分だと言って、抑圧解放のダンスを披露する。奇妙な踊りを、ディックは全く理解できなかった。

目的の教授には会えなかったが、満足してカフェを出るジョー。ディックは、共感主義者なら仕事を放り出された側の気持ちも考えろとジョーを諭す。彼女は仕事については謝るが、思想や教授をバカにされ、へそを曲げてしまう。怒ったままホテルの部屋に帰るジョーに、ディックは木に登って会いに行き仲直りをする。いつも陽気で前向きなディックの存在は、確実にジョーの心の中に入りつつあった。

翌日、ポール・デュバルのアトリエでは、新たなスターモデルが誕生した。新作のドレスはジョーの美しさを際立たせ、これまでのモデルには無いジョーの知性がドレスの魅力を引き出している。彼女こそが、マギーの求めていたモデルだった。誰の目にも、ジョーがミス・クォリティである事は明らかだった。

それからの一週間は、パリでの撮影三昧だ。新作ドレスを着ての慣れない撮影にも、素直な感性でモデルの才能を見せるジョー。持ち前の賢さで、次第にディックの指示をも超える作品を次々に生み出していく。しかし、ウェディングドレスを着た教会での撮影だけは話が違う。これを撮り終えたら、パリともディックともお別れだ。感傷的になるジョーに、ディックも彼女の想いに気が付いた。愛を誓い合う人。

パリの恋人のあらすじ【転】

いよいよ記者発表の日だ。世界各国からマスコミが押し寄せている。華やかに飾られた会場で、マギーから女の魅力についてレクチャーを受けるジョー。ホテルに帰って支度をし、ジョーも楽しみにその時を待っていた。しかし、ここで偶然、今夜はカフェで憧れのフロストル教授が講演をすると知ってしまうジョー。5分だけと自分に言い聞かせ、急いでカフェに向かう。

フロストル教授は、ジョーの予想に反して若く魅力的な男性だった。教授も、美しいジョーに興味を持ち、講演を中断して彼女と二人で話し込む。そこへ迎えに来たディック。恋人が教授に夢中になっている様子に機嫌を損ね、ジョーを無理やりカフェから連れ出した。ジョーもまた、パリへ来た本来の目的を邪魔された事、そして恋人から疑われた事に失望していた。

会場へ着いても、痴話げんかが止まらない。しかし、時間は待ってくれなかった。マギーのスピーチが終わり華々しく幕が上がった壇上には、めちゃくちゃに壊れたセットと、倒れた噴水の水でずぶ濡れになったミス・クォリティの姿があった。マスコミは爆笑し、ジョーはその場から逃げ出した。

翌日、再びジョーが姿を消した。会見は失敗したが、ポール・デュバルの新作発表が残っている。マギーの部下が、ジョーのホテルから通話記録を手に入れてきた。どうやら、フロストルの自宅に招待されているらしい。共感主義者らしく変装し、その集まりに潜り込むマギーとディック。

まんまと参加者に成りすまし、フロストルとジョーが消えていった部屋に乗り込む二人。しかし、あくまで教授を優先するジョーはファッション業界と縁を切り、ディックもアメリカに帰ると言い出してしまう。ジョーは教授と共に残るが、二人きりになった途端に関係を迫るフロストル。純粋に学びを求めていたジョーは失望し、教授の元を去るのだった。

パリの恋人のあらすじ【結】

ディックを探しに、ポール・デュバルのサロンへ戻るジョー。彼は、すでにアメリカ行きの飛行機へ乗る為ホテルを去ってしまっていた。ディック探しはマギーに任せ、新作発表の舞台に立つジョー。

無情にも、飛行機の搭乗時間が来てしまった。各地へディック宛の伝言を残すが、間一髪のところで間に合わず、彼からの連絡はない。ジョーは最後の衣装として、あのウェディングドレスをまとって舞台に立った。観客のスタンディングオベーションで迎えられるが、ジョーの頬には一筋の涙が光っていた。

その頃、何も知らないディックは今まさに飛行機に乗り込もうとしていた。すると、隣の便にフロストルが搭乗しようとしているではないか。頭の包帯を自分が突き飛ばしたせいだと思い、謝るディック。しかし、教授はジョーに置物で殴られケガをしたのだった。真相を知り、発表会場に舞い戻るディック。

会場では、マスコミが口々にジョーを称賛していた。しかし、彼女の姿は無い。マギーに、共感主義的に彼女の行き先を感じるようアドバイスされるディック。彼は急いで、撮影で訪れた教会に向かう。二人が愛を誓った場所だ。果たして、ウェディング姿のままのジョーがそこにいた。ディックとジョーの心は、ようやく真に通じ合うのだった。

Amazon 映画『パリの恋人』の商品を見てみる