映画『パルプ・フィクション』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「パルプ・フィクション」のネタバレあらすじ結末

パルプ・フィクションの概要:クエンティン・タランティーノ監督が原案と脚本も務めた群像劇。巧みなストーリー展開とセリフの面白さが評価され、アカデミー賞脚本賞を受賞した。奇想天外な物語の端々に、クエンティン・タランティーノ監督のマニアックな趣味が垣間見えて楽しい。

パルプ・フィクションの作品概要

パルプ・フィクション

公開日:1994年
上映時間:154分
ジャンル:アクション、コメディ、フィルムノワール
監督:クエンティン・タランティーノ
キャスト:ジョン・トラヴォルタ、サミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン、ハーヴェイ・カイテル etc

パルプ・フィクションの登場人物(キャスト)

ビンセント・ベガ(ジョン・トタボルタ)
ギャングのボス・マーセルスの部下。3年間アムステルダムにいた。薬物を常用しており、平気で人を殺す。ダンスがうまい。
ジュールス・ウィンフィールド(サミュエル・L・ジャクソン)
ビンセントの相棒の黒人男性。人を殺す前に聖書の一節を暗唱する。ビンセントとは常に言い合いをしている。
ミア・ウォレス(ユマ・サーマン)
マーセルスの妻。元売れない女優。コカインを常用している小悪魔系の女性。
ブッチ・クリッジ(ブルース・ウィリス)
落ち目気味のプロボクサー。ファビアンという若い恋人がいる。曽祖父から代々受け継がれてきた金の時計を幸運の時計と信じて大切にしている。
マーセルス・ウォレス(ヴィング・レイムス)
ギャングのボス。屈強で非情な黒人男性で部下からも恐れられている。

パルプ・フィクションのネタバレあらすじ

映画『パルプ・フィクション』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

パルプ・フィクションのあらすじ【起】

とあるレストラン。パンプキンは恋人のハニー・バニーに効率のいい強盗について熱弁していた。結論は今ここでこのレストランを襲うのがベストだということになり、2人は銃を持って叫び始める。

ギャングのビンセントとジュールスは、ボスのトランクを盗んだ若者たちの始末に向かっていた。車内での話題はボスの妻ミアの足マッサージをした男がボスの怒りを買ってアパートの4階から突き落とされたという噂話について。足マッサージでそんな制裁を受けるのはどうかと白熱の議論が展開される。

若者のアジトに到着した2人は怯える若者2名を容赦なく撃ち殺し、トランクを手に入れる。ジュールスは人を殺す前にエギキエル書25章17節を暗唱することにしていた。

「ビンセント・ベガとマーセルス・ウォレスの妻」

ボスのマーセルスが留守にする夜、ビンセントはボスの妻のミアを外へ連れ出すよう頼まれていた。足マッサージの一件もあるのでビンセントは多少緊張しており、ヤクの売人から上物のヘロインを仕入れ、一発キメてからミアを迎えにいく。

ミアが選んだレストランで食事をし、2人はツイスト大会で優勝してトロフィーをもらう。コカインを常用しているミアはすっかりいい気分になっていた。帰宅したミアはビンセントがトイレに行っている間にコカインと間違えてヘロインを吸引し、危篤状態に陥る。ビンセントは慌てて売人の家にミアを連れて行き、大騒ぎしながらミアを蘇生させる。お互いにこのことは秘密にしようと誓って、ミアとビンセントは別れる。

パルプ・フィクションのあらすじ【承】

「金時計」

プロボクサーのブッチはマーセルスから八百長試合を依頼される。落ち目だったブッチはその話にのり、謝礼を受け取る。ところがいざ試合になるとブッチは急に本気を出し、相手のボクサーを殴り殺してしまう。当然マーセルスは激怒し、逃げたブッチの行方を探す。

ブッチは弟と組んでボクシング賭博で大儲けし、恋人のファビアンに逃亡用の荷造りもさせていた。しかし荷物の中に自分の大切な金の時計が入っておらず、ブッチは激怒する。この時計は曽祖父から祖父へ、そして祖父から父へと受け継がれてきた幸運の時計だった。ベトナム戦争で捕虜となった父は5年も尻の穴にこの時計を隠し、父が収容所で亡くなった後は父の友人が2年間尻の穴に隠して守ってくれ、帰還後ブッチに届けてくれた。ブッチは父の形見を諦めきれず、危険を承知でアパートへ戻る。

幸いアパートには誰もおらず、時計を手にしたブッチは上機嫌でキッチンへ行き、銃を発見する。ほどなくしてトイレから出てきたビンセントをブッチは撃ち殺し、車で逃走する。

信号で止まったブッチは横断歩道を渡るマーセルスと遭遇する。ブッチはマーセルスを車で撥ねて事故を起こし、質屋へ逃げ込む。追ってきたマーセルスとブッチはもみ合いになるが、質屋の店長に銃で脅され拉致されてしまう。

店長とその友人の狙いはマーセルスとブッチの尻の穴だった。マーセルスが別室で犯されている間にブッチは逃げ出そうとするが、考え直してマーセルスの救出へ向かう。ブッチは店長を日本刀で斬り殺し、解放されたマーセルスは八百長試合の一件をチャラにしてくれる。幸運の金時計はブッチの尻の穴と命を守ってくれた。

パルプ・フィクションのあらすじ【転】

「ボニーの一件」

話はビンセントとジュールスが、ボスのトランクを奪った若者を始末した時点にさかのぼる。部屋にいたのは殺された2名の若者と黒人少年のマーヴィンだけだったが、実はもうひとりトイレに隠れていた。若者はトイレから飛び出して銃を乱射。しかし弾は2人に全く当たらず、若者はあえなく撃ち殺される。2人はマーヴィンを連れて帰路につく。

ジュールスは弾が自分たちに当たらなかったことを神の奇跡だと感じていた。ビンセントはただの偶然だと反論するが、ジュールスはこの出来事に深く感動し、足を洗うと言い出す。いつものように議論が白熱する車内で、ビンセントは後部座席にいたマーヴィンをはずみで撃ち殺してしまう。車内は頭を吹っ飛ばされたマーヴィンの血や脳みそでベトベトになる。ジュールスは仕方なく近隣に住む友人のジミーにガレージを借りることにする。

朝っぱらから自宅ガレージに死体と血まみれの車を持ち込まれ、ジミーは怒っていた。夜勤明けでもうすぐ帰宅する看護師の妻がこれを見たら、自分は離婚されてしまうとジミーは騒ぎ出す。ジュールスはボスに応援を依頼し、掃除屋のウルフが派遣される。ウルフはテキパキと2人に指示を出し、死体ごと車を処理してくれる。血だらけの服を捨ててジミーのTシャツと短パンに着替えた2人は、朝食を食べにレストランへ入る。

パルプ・フィクションのあらすじ【結】

そのレストランではパンプキンとハニー・バニーが強盗の相談をしていた。ビンセントとジュールスは朝食を食べながら神の奇跡について議論を続ける。ビンセントがトイレへ立った後、店内ではパンプキンとハニー・バニーが銃を手にして強盗を始める。

パンプキンはレジから現金を強奪し、全ての客に財布を出すよう命令する。ジュールスは黙ってパンプキンの命令に従っていたが、ボスのトランクを渡すことは拒む。それでも引き下がらないパンプキンをジュールスは羽交い締めにして銃口を向ける。ハニー・バニーはパニック状態となり、ジュールスに銃口を向けて騒ぎ出す。

いつものジュールスなら迷わず2人を撃ち殺しているが、今朝の出来事で神の存在を感じていたジュールスはそうしない。トイレから出てきたビンセントにもハニー・バニーを殺さないよう告げ、自分の話をする。パンプキンに自分の有り金を全て渡してやり、あの聖書の一節を暗唱する。ジュールスはおとなしくなったパンプキンとハニー・バニーを逃してやり、ビンセントと笑いながら店を出て行く。

Amazon 映画『パルプ・フィクション』の商品を見てみる