映画『クワイエットルームにようこそ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『クワイエットルームにようこそ』のネタバレあらすじ結末

クワイエットルームにようこその概要:睡眠薬の大量摂取で自殺未遂を起こし、精神科病院の閉鎖病棟に強制的に入院させられた女性が、新しい1歩を踏み出すまでをコミカルに描いた。原作、監督、脚本は、俳優としても活躍している松岡スズキ。

クワイエットルームにようこその作品概要

クワイエットルームにようこそ

公開日:2007年
上映時間:118分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:松尾スズキ
キャスト:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう etc

クワイエットルームにようこその登場人物(キャスト)

佐倉明日香(内田有紀)
雑誌のライター。バツイチ。風俗で働いていた過去がある。不眠症での通院歴がある。お笑いや面白いことが大好き。睡眠薬の飲みすぎで自殺未遂を起こし、オーバードーズ(OD)で、精神科病院の閉鎖病棟に入院する。嫌なことが限界を超えると、じんましんが出る。
鉄雄(宮藤官九郎)
明日香の同棲中の恋人。テレビ番組の作家。基本的には、言われるがままの性格。違法薬物を使うことがあり、マトリョーシカの中に隠している。番組の罰ゲームで入った風俗店で明日香と出会い、そのまま付き合い始めた。
ミキ(蒼井優)
拒食症で入院している患者のひとり。栗田と一緒にサエのパズルを手伝っている。黒づくめの服を好んで着ている。明日香が人気者になるのは好まないようだが、明日香に対して悪意は持っていない。
栗田(中村優子)
明日香と同室の女性。夫は医者。同類のにおいがすると言い、明日香と親しくなる。穏やかで物腰が柔らかいが、西野の事は嫌っている。退院の際、渡された連絡先は捨てるものだと明日香に忠告するが、明日香にだけはアドレスを教える。
サエ(高橋真唯)
お金がかかる、通称ブルジョア部屋の入院患者。入院歴は5年と一番長い。ミキと同じ拒食症患者のひとり。ピアノの腕前はかなりのもの。サザエさんも読めないが、両親は難しい本を何冊も差し入れしている。
西野(大竹しのぶ)
過食症で入院している患者。ヤクザの彼氏と付き合っている娘がいるが、関わりを拒絶されているらしい。タバコやテレホンカードを売りつけてくる。新しい患者に付きまとい、感情を爆発させて喜ぶという悪癖がある。
江口(りょう)
無表情で感情を表に出さない看護師。明日香の担当。ルールや規則を一番に考える。患者にボールペンで首を刺された事があるが、それでも看護師を続けている。
山岸(平岩紙)
表情豊かで明るい看護師。江口と同じ明日香の担当。鉄雄のファン。
コモノ(妻夫木聡)
鉄雄の弟子で元チーマー。眉毛がつながりかけている。明日香を怒らせることが多い。

クワイエットルームにようこそのネタバレあらすじ

映画『クワイエットルームにようこそ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

クワイエットルームにようこそのあらすじ【起】

雑誌のライターをしている明日香が目覚めると、そこは真っ白な部屋で、手足は拘束されていた。
記憶のない明日香に、看護師の江口が事情を説明する。
2日前、明日香は睡眠薬の飲みすぎで病院に運ばれ、自殺と判断されて精神科病院の閉鎖病棟に強制入院させられた。

同棲中の恋人、鉄雄が面会に来る。
内科で胃洗浄した時、出てきた薬の量が多く、自殺は繰り返すと言われて怖かったという鉄雄。

部屋から出た明日香は、他の患者たちを見て困惑する。
そしてトイレで鏡を見て、自分のひどい恰好に涙を流す。

これから外泊だという栗田は、明日香にブラシを貸した。
そのブラシが取れなくなった明日香を見かねたミキが、頭を梳かすのを手伝う。
ミキは明日香に、クワイエットルームにようこそ、と言った。
他人に迷惑をかけ、命を粗末にする人を閉じ込める保護室を、クワイエットルームと呼んでいるらしい。

夕食の見た目が最悪で、明日香はまた泣いた。

翌朝、仕事の電話をしたい明日香は、江口に買い物をしたいと相談する。
しかし江口は、ルールと規則を盾に明日香を黙らせる。

クワイエットルームにようこそのあらすじ【承】

髪の毛を燃やした患者が暴れ、入れ替わりに明日香はクワイエットルームから出た。
ブラシを貸した栗田と同室だった。

鉄雄が差し入れた漫画を、タバコを交換してほしいと西野が声をかけてくる。
西野に入院したきっかけを聞かれ、明日香は話し始める。

5年前、真面目な元旦那と出会い結婚した明日香。
面白いことが好きな明日香は、元旦那をつまらなく思うようになる。
旅行先で、旅館で元旦那の口からコップが取れなくなり、それがきっかけで離婚。

元旦那が買ってくれた銀色のローファーと、お笑いの知識しかない明日香は、風俗で働き始めた。
そこで鉄雄に出会い、一緒に暮らし始めた。
鉄雄の紹介でライターの仕事を始めるが、風俗仕事を知った両親からは勘当。

やがて明日香のもとに、元旦那の自殺の知らせと遺書が届く。
そして明日香は不眠症になり、アルコールに溺れるようになった。
鉄雄との関係もギクシャクし始める。
だが鉄雄との子供がほしくなり、睡眠薬を飲まなくなった。

父の死の知らせが届き、勘当されている明日香は仏壇を送る。
しかしそれは返された。

クワイエットルームにようこそのあらすじ【転】

返ってきた仏壇を捨てるのも出来ず、鉄雄の部屋にしまうことに。
だが、コモノを呼び出してドラッグでハイになり、騒いだことで明日香と鉄雄は大喧嘩。
薬とお酒を一緒に飲んでいるうちに意識を失い、気づくとクワイエットルームにいた。

栗田が病院に戻り、退院が決まったと告げる。
明日香は鉄雄と連絡がつかず、困り果てていた。

栗田に誘われ、ブルジョア部屋のサエに会いに行く。
ミキと栗田は、サエのパズルを手伝っていて、完成したらサエは食事を完食する約束だった。
自分のできなかった分を明日香にやって欲しいと頼み、栗田は退院した。

鉄雄の代わりにコモノが面会に来る。
鉄雄は番組の罰ゲームで、ミャンマーに飛ばされていた。
コモノは明日香のコラムを代わりに書いたと言うが、それを読んだ明日香にはじんましんが出る。
江口は再びルールを持ち出すが、最初にルールを伝えるべきだと訴えた。
江口を黙らせたと有名になった明日香。

その日、サエのパズルは完成し、初めて食事を完食。

しかし気づくと、再びクワイエットルームにいた。
明日香は自分の記憶を探る。

クワイエットルームにようこそのあらすじ【結】

明日香の部屋は、西野によって荒らされていた。
タバコとテレカ代を返さないからだと言う。
そして鉄雄からの手紙を見つけたと言い、読み始める。

逃げるためにミャンマーへ行った鉄雄。
喧嘩の後、薬を飲んでフラフラだった明日香は、仕事に行き詰まり、元旦那との間にできた子供を堕胎したことも思い出す。
情緒不安定になっていた明日香に、鉄雄は別れを切り出した。
そして胃洗浄中には、死なせてほしいとつぶやいた。

西野と言い争いになり、感情的になった明日香は、思わずミキを殴ってしまった。

ミキの強い希望で、すぐにクワイエットルームを出られた明日香。
西野は明日香や他の患者たちから私物を盗んでいたため、医療刑務所に送られた。
脱走の機会をうかがっていた患者の金原は、とうとう病院から逃げた。

医者から退院許可が出た明日香。
面会に来た鉄雄から本音を聞き、別れる代わりに退院の申請を出してもらう。
そして明日香の14日間の入院生活は終わった。

江口は退院祝いに、珍しいたばこを渡してきた。
ミキからのメッセージ通り、退院祝いの色紙を捨てた。

明日香と入れ替わりに、自殺未遂した栗田が夫に付き添われて運ばれてきた。

Amazon 映画『クワイエットルームにようこそ』の商品を見てみる