映画『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』あらすじとネタバレ感想

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷の概要:「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」(原題:Romancing the Stone)は、1984年のアメリカ映画。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのロバート・ゼメキス。主演は「白いドレスの女」のキャスリーン・ターナー。もう一人の主役兼制作に「チャイナ・シンドローム」のマイケル・ダグラス。他の共演者にはダニー・デヴィートなど。

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 あらすじ

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷
映画『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』のあらすじを紹介します。

小説家のジョーン・ワイルダー(キャスリン・ターナー)は、ようやく書き上げた新作を出版社の編集者グロリアに届けて帰宅すると、何者かに部屋中を荒らされており、やがて南米コロンビアのカルタヘナにいる姉イレインから電話が掛かってきた。彼女はギャングに誘拐されており、数日前にジョーン宛に夫が出した手紙の中にある宝物の地図を持って来て欲しいと告げる。前日に地図は届いておりジョーンは早急にコロンビアへ飛んだ。姉の指示通リカタルヘナに行こうとするが言葉が通じなかったところを、英語の解る男に教えられてバスに乗り込む。この男はジョーンの持っている地図を狙う悪徳軍人のゾロ(マヌエル・オヘイダ)と言い、彼女の部屋に押し入った犯人であり、彼もジョーンと一緒にバスへ乗り込んだ。なかなかカタルヘナにつかないので不安になったジョーンが運転手に話しかけ、彼女に気をとられた運転手はトラックにバスをぶつけてしまう。バスは横転し、運転手と乗客は歩いてどこかへ行ってしまう。二人きりになったところをジョーンの持つ地図を狙って迫って来たゾロだったが、現れたトラックの持ち主ジャック(マイケル・ダグラス)に追い払われ逃げてしまった。豪雨のジャングルを歩く二人を狙い、ゾロが軍隊を率いて戻ってきた。二人は必死に逃げ伸び、ジャングルに不時着していた貨物輸送機の中で夜を明かす。その夜ジャックはジョーンの持つ地図を見て宝物の在処に気づいた。イレインを誘拐したギャングのボス、アイラ(ザック・ノーマン)はジョーンが来ないので、彼女を空港まで迎えに出たいとこのラルフ(ダニー・デヴィート)に八つ当たりをする。そんな中でジョーンとジャックは麻薬密輸業者ばかりの村に辿り着き、ボスの家に連れてこられるが、ボスのホアンを始め村人たちは全員がジョーンの小説の大ファンであり、二人は丁重なもてなしを受ける。ホアンのおかげで二人はゾロの攻撃から逃れ、電話のある町へ到着する。電話でアイラと連絡がついたジョーンは、ジャックに約束の金を支払う。しかしまたもやゾロ一味が彼女のとまっているホテルを襲撃し、ジョーンとジャックは車で逃亡する。ジャックは町の近くにあるサボテンがフォークそっくりの形をしていたことから推理しその場所に向かい、サボテンの近くにあった洞窟の中から巨大なエメラルドを発見する。そしてそのエメラルドをめぐり、コロンビアの大自然の中で追いつ追われつの逃亡劇が展開されて行く。

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1984年
  • 上映時間:106分
  • ジャンル:アクション、コメディ
  • 監督:ロバート・ゼメキス
  • キャスト:キャスリーン・ターナー、マイケル・ダグラス、ダニー・デヴィート、ザック・ノーマン etc

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 ネタバレ批評

映画『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』について、感想批評です。※ネタバレあり

ロバート・ゼメキスらしいドタバタアクションコメディ

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で見せた、ロバート・ゼメキスの軽快なアクションシーンが随所に見られる冒険活劇である。マイケル・ダグラスもワイルドで若々しく、キャスリーン・ターナーのセクシーさも魅力である。コロンビアで麻薬密売人ばかりの村にいるボスが,、小説家である主人公のジョーンの大ファンであり、本来なら殺されてもおかしくないような状況で熱烈な歓迎を受けるようなところが、いかにもロバート・ゼメキスらしいコメディタッチで描かれている。何かと問題の多い場所だと思われがちなコロンビアを舞台にしているが、手つかずの自然を背景にしたストーリーはスリリングな展開にもってこいのロケーションである。脇役もゼメキス映画特有のおバカな出演者ばかりで、特にダニー・デビートが持ち前の個性を発揮していい味を出している。全体的にはアドベンチャーというよりコメディ主体の映画なので、あまり身構えずにリラックスして楽しめる作品である。

アメリカンテイストに溢れたアドベンチャー

ネタバレではあるが、主人公のジョーンが小説の中で描いた妄想譚と思いきや、実際の体験を小説に描いたというオチも当時のアメリカ映画らしく爽やかに締めくくられている。今の時代はどこか観る者を精神的に深くえぐるような作品が多いが、1980年代辺りのハリウッド映画は、このような底抜けに爽やかさを売りにした作品が多かった気がする。あまり痛快エンターテインメントが観られなくなった昨今であるが、アメリカンテイストに溢れたスカっとする娯楽作品のひとつとして、ライブラリーに残しておきたい一本である。

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷 感想まとめ

マイケル・ダグラスが制作に携わったというところも作風に大きな影響を及ぼしているのだろうか。父であるカーク・ダグラスの若き日を思い起こさせる溌剌とした演技が好印象である。南米の空気感も心地よく描かれており、コロンビアの印象がそれほど悪く捉えられていないのも、コメディ映画としてのイメージがプラスになっている。本作とよく比較されてしまうスピルバーグ監督の「インディ・ジョーンズ」 シリーズにはスケール的に到底及ばないが、こちらはこちらでロマコメであり、小説家の主人公が主役という設定においては「インディ・ジョーンズ」とあまり比較するような内容でもない。まだ若いながらもロバート・ゼメキス監督の映画センスがフルに発揮された良作である。

Amazon 映画『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』の商品を見てみる