映画『サカサマのパテマ』あらすじネタバレ結末と感想

サカサマのパテマの概要:2013年公開の日本のアニメーション映画。空を嫌うアイガに入り込んでしまった地下世界の住人パテマ。サカサマで出会うエイジとパテマが空と地下世界をテーマに協力し合い、パテマを元の世界に戻すSFファンタジー。

サカサマのパテマ あらすじネタバレ

サカサマのパテマ
映画『サカサマのパテマ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

サカサマのパテマ あらすじ【起・承】

狭く限られた謎の地下世界に住むパテマ。
彼女はこの世界の長の娘であり、好奇心旺盛な子である。
この世界には危険区域と呼ばれる地域があって、いってはいけない掟があった。
しかしパテマは以前友人のラゴスが行方不明となり、彼を探しに出かけては世話役の爺に怒られていた。

ある日危険区域に出かけたパテマは、そこでこうもりの様にサカサマにぶらさがっている赤い眼をした人間の姿を見る。
驚いた拍子に穴から落ちたパテマ。

その頃アイガに暮らすエイジは今の自分の生活に疑問を感じ、空を見ながらぼうっとしていた。
するとそこに見たことも無いサカサマ少女が落ちてくる。
空に向かって落ちる少女をエイジは助け、政府所有の小屋に匿うことにする。
アイガでは政府が絶対、特に君主イザムラの意見が全てだった。
イザムラの教えを元に、アイガでは空を嫌い、サカサマ人を排除するよう言われていた。

サカサマのパテマ あらすじ【転・結】

そんな時、イザムラ達はパテマがアイガにいるという情報を聞きつけ、探しに来る。
小屋にいるところを見つかった2人は何とか逃げようとするが、捕まってしまった。
イザムラの館に連れてこられたパテマは、保存液につかるラゴスの遺体を発見する。
その館は管理塔といって高い建物になっている。
エイジはというと尋問の後、無事に解放されるがパテマはそのまま捕まる。
そして研究者だった自分の父の死が事故では無く暗殺だったとも知らされた。

パテマと出会った場所で再びぼうっとしていると、彼女を探しに来たポルタと出会う。
そして彼女を共に助けることを決意し、管理棟へ入り込んだ。
エイジがパテマの元へたどり着き逃げようとしたその時、イザムラがやってきて見つかってしまう。
天井のガラスを破り空に向かい逃げる2人だったが、イザムラの攻撃でエイジは転がり塔から落ちそうになる。

そして危うくもう少しでやられてしまうという時、パテマがイザムラの手をふりほどきサカサマのままエイジを助けようとした。
2人は空に向かい落ちていった。

そのまま空を落ちていく2人は、終点の地を見つける。
そこは機械がたくさん置いてある不思議な場所で、ここではパテマが歩きエイジがサカサマだった。
そして空に飛び立った父の飛行機がそこにある。
中には鞄があり、日記が入っていた。
そこにはラゴスと出会い、一緒に生きられないかという夢が語られていた。

その飛行機を動かし、アイガに戻る2人。
そしてアイガから無事にパテマの地下世界に戻ることが出来た。
だがイザムラは2人の後を付け、地下世界に入り込んだ。
そこで再び戦いが始まるが、ポルタの協力でイザムラは地下世界の建物の天井が抜けた場所にはまり、空に落ちていったのだ。

そこには誰も知らない世界があった。
廃墟の街並みと本物の空。
つまりアイガはパテマ達の暮らす地下世界よりももっと深いところに暮らす巨大地下世界だったのだ。
パテマ達はその地上の災害を作り出した研究者達の末裔で、その責任を果たすために地上と地下世界の間の空間に暮らし人々を見守るという任務についていたのだった。
パテマにつかまりサカサマでエイジはその土地へと進んだ。

サカサマのパテマ 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2013年
  • 上映時間:99分
  • ジャンル:SF、ファンタジー、ヒューマンドラマ、アニメ
  • 監督:吉浦康裕
  • キャスト:藤井ゆきよ、岡本信彦、大畑伸太郎、ふくまつ進紗 etc

サカサマのパテマ 批評・レビュー

映画『サカサマのパテマ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

不思議なアイデア作品

この映画は良く出来ている。
しかし説明不足で意味不明な箇所が多いのが欠点だ。
地上に住んでいると思っていたアイガが実はエンディングではパテマ達よりも深い地下世界だと知ることになるのだが、全く説明が無いためわかりづらい。

人がサカサマに出会うという、重力を題材にした面白い作品であることは間違い無く、最近見たアニメーション作品の中では群を抜いて興味深いものだ。
もう少し簡単に見やすい作品になるよう心がけてもらえたらもっと良かった。

サカサマが混乱する

そういう設定なのだと言ってしまえばその通りなのだが、サカサマを描きすぎていて一体どっちがどうなのか瞬時に判断しづらい。
恐らくラストのオチの意外性を求めているのだろうから、パテマ達があくまでイレギュラーな存在であるという風に見せないといけなかった。
そこにまんまとはまってしまう。

天空の城ラピュタのよう

ジブリ映画が好きな監督なのか、その辺のことはわからないが、天空の城ラピュタのような印象を全体を通して受けた。
最初のパテマとエイジの出会いや、一緒に空を飛んだり、飛行機を飛ばしたり。
ラピュタでパズーとやっているようなことをしているように感じる。

なるほどのオチ

最後が見物だ。
戦い自分達を守り抜いたパテマが見た者は、まだ誰も見たことの無い世界。
つまりアイガもまた地中に暮らしていた人種であり、空や太陽は作り物なのだ。
この辺りの想像力は素晴らしく、大人は楽しめる細かさで作り込まれている。
実は逆転だったというものは最後まで面白く、納得出来るから良いのだ。

サカサマのパテマ 感想まとめ

最近見た日本アニメはどれもクオリティが高く、日本の技術力の高さを見せつけてくれる。
特に本作品に関しては脚本力も凄まじく、何と想像力豊かなアイデが満載であるかを思い知らされた。

サカサマのパテマ、実はサカサマなのはエイジの方であったというオチは中々想像がつかない。
いや、というよりも想像を越える非凡なラストであったと言える。
科学とファンタジーを融合させた見事な仕事は、日本映画の隠れた名作になること間違い無しである。

Amazon 映画『サカサマのパテマ』の商品を見てみる