映画『スカーレット・レター』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「スカーレット・レター」のネタバレあらすじ結末

スカーレット・レターの概要:独立戦争以前。新大陸である米国へ、英国から海を渡って来たヒロイン。彼女はその地で運命の男性と恋に落ちる。人妻であったヒロインだったが、男性の子供を妊娠。このことにより、姦通の罪で逮捕されてしまう。気丈な女性が真剣な愛を胸に、戦う様を描いている。

スカーレット・レターの作品情報

スカーレット・レター

製作年:1995年
上映時間:135分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ローランド・ジョフィ
キャスト:デミ・ムーア、ゲイリー・オールドマン、ロバート・デュヴァル、リサ・ジョリフ=アンドー etc

スカーレット・レターの登場人物(キャスト)

ヘスター・プリン(デミ・ムーア)
聡明で美しく、知的で気丈な女性。男をも言い負かすほどの強さを持ち、口が堅く情が深い。アーサーと運命の出会いを果たし、彼との間に娘を儲ける。
アーサー・ディムズデイル(ゲイリー・オールドマン)
宣教師。聡明で男前。優しく知的。ヘスターに一目で恋をするが、気丈な彼女の強さに苦しむ。
ロジャー・チリングワース(ロバート・デュバル)
ヘスターの夫。インディアンに襲われた船に乗っていたが、捕虜として捕らえられる。妻と浮気相手に、陰湿な手で復讐をするが、間違って違う男を殺害してしまい自殺する。

スカーレット・レターのネタバレあらすじ

映画『スカーレット・レター』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スカーレット・レターのあらすじ【起】

1666年、マサチューセッツ湾の植民地。ヘスター・プリンは希望を抱いて、英国から新大陸米国へやって来た。

英国から遅れてやって来る夫に、家を準備して待っていろと言われたヘスター。彼女は早速、家を用意し畑を耕すために使用人を3人手配した。当時、淑女は自宅で大人しくしているのが当たり前の時代である。彼女のように行動的で強気な発言をする女性は、まだ珍しかった。

教会の礼拝に参加する日を忘れていたヘスター。迎えに来た知事夫妻に小言を言われつつ、準備をして荷車で山道を向かった。しかし、荷車が泥に嵌って動けなくなる。女1人では抜け出せそうにない。困っていると、たまたま通りかかった男性が助けてくれた。

男性は宣教師でアーサー・ディムズデイルと言った。美しく清廉で、それなのに色気のある男前な男性で、ヘスターは彼の説教にうっとりとしながら聞き入るのだった。
2人は行く先々で、互いの紹介に声を掛けられる。一目見た時から惹かれ合っていた2人だったが、ヘスターはすでに人妻である。必要以上の接触は避けるべきだと自重し合う。

アーサーが読者家だと知ったヘスターは、自分の蔵書を貸し出すことにした。彼は聖書の翻訳で忙しくしていたが、彼女の好意をありがたく受け取るのだった。

スカーレット・レターのあらすじ【承】

ヘスターはまだ若く、美しい女性だった。しかも、働き者で知的、泥に汚れるのも厭わない。
アーサーは彼女に惹かれ、どうにもならなくなり、とうとう愛の告白をしてしまう。
対するヘスターも、彼に惹かれていることを自覚し、彼の好意に応えようとする。だが、アーサーは我に返り、姦通により罰を受けると己を律し、彼女の元を去って行くのだった。

それ以来、ヘスターは滅多に町へ下りなくなり、アーサーは先住民のインディアン居住区へ逃げるように移ってしまう。
しばらく後、アーサーの元に、英国の船がインディアンに襲われたと知らせが入る。その船にはヘスターの夫が乗っていたはずだが、生き残りは1人もいないとのことだった。

アーサーはヘスターの元へ向かい、その知らせを話す。すると、彼女は毎日、夫から解放されることを神に祈っていたと言う。
法律上、夫の死亡が確認できない場合、7年間は誰とも付き合ってはいけないことになっていた。だが、会わないでいた間、2人は互いに思いを募らせている。もう、片時も待てないと燃えるような口付けを交わし、滾る思いを遂げるのだった。

季節は秋から冬へ。凍えるようなある朝、ヘスターは長老審問会に出頭を命令される。女達の集いで口にした言葉が、異教の罪に問われているらしい。更に嘔吐している姿を町人に何度か見られており、姦通を疑われる。ヘスターは堂々とした態度で、妊娠していることを告白。相手の男を愛しているため、罰を受けることなど恐れないと言い放ち、逮捕されてしまう。

スカーレット・レターのあらすじ【転】

アーサーはヘスターが妊娠していることを知らなかった。彼は名乗り上げようと話すも、ヘスターはアーサーの将来を憂い、沈黙を保つと言う。ただし、窓にハンカチを結んだら、真実を告白して欲しいと言うのだった。

ヘスターが拘留されて、5カ月が経過。アーサーは長老会に抗議を続け、牢への面会を毎日、断られ続けた。そして、牢の窓にハンカチが結ばれる日を待ち続ける。
ヘスターは辛い牢生活で何度も窓にハンカチを結ぼうとして、思い留まる日々を送っている。子供は日々成長し、腹は大きく膨れていた。
そして、彼女は釈放されないまま、牢の中で女の子を出産するのだった。

アーサーが知事を説き伏せることに成功。ヘスターと子供に会うことがようやく叶った。彼は自分の娘を腕に抱き、洗礼を施す。
ヘスターを釈放するには、広場で改悛の意を表さなければならない。皆の前で真実を明かし、相手の男も罰せよと言う。だが、彼女は決して口を開かず、とうとう姦通の証を胸に縫い付けられるのだった。
姦通の罪を現す緋文字をスカーレット・レターと呼ぶ。ヘスターが胸に縫い付けられた文字がそれだった。

そうして、ヘスターはようやく我が家へ帰宅。だがその夜、思わぬ客がやって来る。船の沈没で死んだと思っていた夫ロジャーが、生きて帰って来たのだ。ロジャーは妻の裏切りを全て知っており、ヘスターを厳しく罰する。そして、彼は相手の男をも陥れようと画策するのだった。

町へ買い出しに出掛けたヘスター。彼女が来る度、必ず太鼓を叩く少年が付いて回り、姦通した罪深い女の来訪を町人に知らせる。ヘスターはそれでも毅然とした態度で買い物を続けるのだ。そんな彼女の姿を見守るアーサー。彼も密かに苦しんでいた。

スカーレット・レターのあらすじ【結】

ロジャーはヘスターの夫であることを隠し、医者だと名乗って町へ入り込んでいる。彼は妻の浮気相手を見つけ復讐し、ヘスターの心を取り戻そうとしていた。

月日が経っても、ロジャーは追及の手を休めない。アーサーとヘスターの災難は続く。ロジャーの言葉に操られた知事たち長老会は、やっきとなってヘスターの周囲を嗅ぎ回り、ことあるごとに罰するのであった。

そんな折、忠実で言葉の話せないヘスターの使用人が、死体となって発見される。彼女は魔女の生贄になったとロジャーに言われ、ヘスターの相談役で友人の女性を審問。更に、ヘスターの娘を悪魔の子だと指摘するのだった。

ヘスターの友人が処刑されれば、ヘスターも危ないと察したアーサーは、彼女と娘に会うことを決意。会って抱き合う場面をロジャーに目撃される。浮気相手を発見したロジャーはその夜、復讐の準備を終え、山道を行くアーサーと思われる男を殺害することに成功した。

しかし翌朝、発見された死体は知事の息子。彼はヘスターが町に来た時から彼女を狙っており、その夜もヘスターに追い返されたのだ。そこを狙われたと思われる。

このことにより、町ではインディアンの襲来が噂される。ロジャーは噂を耳にし、違う男を殺したことに気付くのだった。
結局、ヘスターと友人の女達は逮捕されることになり、町ではインディアンが阻害され始める。アーサーはインディアンの友人に助けを求め、ロジャーの元へ向かった。だが、ロジャーは部屋で首を括り、すでに息絶えているのである。

広場で首に縄をかけられたヘスターを、アーサーが来て救う。彼は真実を語り、自分を殺せと代わりに首へ縄をかけた。緊張が高まる中、インディアンの襲撃が始まる。アーサーの友人が仲間を連れて来たのだ。たちまち、町内は騒然となり、大勢の人々が命を落とした。

この騒乱により、ヘスターは緋文字を外すことを許される。そして、彼女は晴れて愛する男と娘の3人で暮らすことができるようになる。しかし、ヘスターはこの町に縛られ、囚われたくないと言い、旅立つことを決意。娘とアーサーの3人で、新しい土地へと希望を胸に、旅立って行くのだった。

この記事をシェアする