映画『千と千尋の神隠し』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「千と千尋の神隠し」のネタバレあらすじ結末

千と千尋の神隠しの概要:10歳の千尋が迷い込んだ世界には独自の掟があり、不思議なキャラクターたちが湯婆婆の経営する「油屋」でせっせと働いていた。宮崎駿ワールドが炸裂した長編アニメ映画。国内外で数多くの映画賞を受賞。アニメ映画の枠を超えて世界中から絶賛される傑作で、唯一無二の存在感を放つ。

千と千尋の神隠しの作品概要

千と千尋の神隠し

公開日:2001年
上映時間:125分
ジャンル:アニメ、ファンタジー
監督:宮崎駿
キャスト:柊瑠美、入野自由、夏木マリ、内藤剛志 etc

千と千尋の神隠しの登場人物(キャスト)

荻野千尋 / 千(柊瑠美)
10歳。軟弱なひとりっ子だがまじめで素直。引越し先で異世界に迷い込み、豚にされた両親を救うため湯婆婆の経営する油屋で働く。そこで湯婆婆に本当の名前を奪われ、千になる。ハクとは不思議な縁で結ばれている。
ハク(入野自由)
普段は少年の姿をしているが竜にもなる。魔法使いになりたくて湯婆婆に弟子入りした。自分の本当の名前は思い出せないが、なぜか千尋のことは覚えていた。
湯婆婆 / 銭婆(夏木マリ)
湯婆婆は八百万の神相手のお湯屋「油屋」を経営する強欲な魔女。人の名前を奪い支配する。息子の坊を溺愛している。働かないものは容赦なく動物や炭に変えてしまうが、働くものには仕事を与える誓いを立てていて手が出せない。

銭婆は湯婆婆の双子の姉。姿形は湯婆婆にそっくりだが、静かな暮らしを好む心優しい魔女。“沼の底”と呼ばれる場所の森の奥に住んでいる。

リン(玉井夕海)
油屋の従業員。口は悪いが気のいい女で千尋の面倒を見てくれる。イモリの黒焼きが好き。
釜爺(菅原文太)
油屋の罐焚き男で薬湯の調合もしている。伸縮可能な6本の腕を持つ奇怪な姿の爺さん。ススワタリを“チビども”と呼び、部下にしている。ススワタリの餌は金平糖。
カオナシ(中村彰男)
通常は言葉を発しない大人しい生き物だが、呑み込んだキャラクターによって人格や姿が変わり凶暴化していく。なぜか千尋に執着し、千尋を欲しがる。謎だらけのキャラクター。
坊(神木隆之介)
湯婆婆のひとり息子の巨大な赤ん坊。過保護に育てられ外の世界を知らなかった。銭婆の魔法でネズミになり、千尋についていく。

千と千尋の神隠しのネタバレあらすじ

映画『千と千尋の神隠し』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

千と千尋の神隠しのあらすじ【起】

千尋と両親は引っ越し先の新居へ向かっていた。転校したくなかった千尋は車内でふてくされて母親に怒られる。能天気な父親は道を間違えたことを面白がり、山道を進む。その先は行き止まりで、目の前にトンネルがあった。

車を降りてトンネルに入っていく両親に千尋は渋々付いていく。トンネルを抜けると廃墟のような建物が点在する広い場所に出る。美味しそうな匂いに誘われ先へ進むと通りに飲食店が並んでいた。しかし誰もいない。両親は大皿に盛られたご馳走を勝手に食べ始め、千尋は仕方なく辺りを散策する。

橋の向こうには豪勢なお湯屋「油屋」があった。千尋は橋の上で謎の少年に“川の向こうへ走れ!”と急かされ、両親のもとへ戻る。そこにいたのは巨大な豚と化した両親だった。

建物に灯りがともると、不思議な生き物たちが集まってくる。千尋はパニックになり、川のほとりで怯えていた。そこへ先ほどの少年が現れ、千尋を助けてくれる。

千尋は少年に導かれ油屋の敷地内に入る。この世界では人間が毛嫌いされており、千尋は慎重に行動する必要があった。少年は千尋にこの世界で生きるための掟を伝授する。ハクと名乗るその少年はなぜか千尋のことを知っていた。千尋は両親を助けるため、ひとりで釜爺のいるボイラー室へ向かう。

千尋は“ここで働かせてください”と釜爺にお願いする。釜爺は困惑しながらもちょうど飯を運んできたリンに千尋を湯婆婆のところへ連れていくよう頼んでくれる。リンはヤモリの黒焼きで買収され、千尋の世話を引き受ける。

千と千尋の神隠しのあらすじ【承】

リンに案内してもらい、千尋はひとりで湯婆婆と対面する。湯婆婆は魔法を使ってわざと千尋を怖がらせ、弱音を吐かせようとする。千尋は夢中で湯婆婆に食い下がり、何とか契約までこぎつける。湯婆婆は契約書のサインから千尋の名前を奪い、ここでは“千”と名乗るよう命じる。そしてハクに千尋を託す。千尋はハクの冷たい態度に困惑する。

ハクは従業員たちに千尋を紹介し、リンに面倒を見るよう命じる。従業員たちは人間の千尋を嫌がるが、リンは千尋の無事を喜んでくれる。雑魚部屋に案内された千尋は疲れが出て寝込んでしまう。

早朝。ハクは密かに千尋を呼び出し、豚になった両親に会わせてくれる。ハクは千尋を心配し、千尋の所持品やおにぎりを用意してくれていた。千尋はハクの優しさに感謝し、元気を取り戻す。千尋と別れたハクは竜になってどこかへ行ってしまう。

千尋の仕事が本格的に始まった。千尋はリンにしごかれながらせっせと働く。千尋は雨降る庭に佇んでいたカオナシを油屋に招き入れる。その時、湯婆婆は異変を感じていた。

汚れた風呂釜の掃除を押し付けられたリンは千尋に薬湯の札をもらいに行かせる。番台では札をくれないが、カオナシが千尋に札をくれる。カオナシは風呂場にも現れ、多くの札を千尋に差し出す。しかし千尋は受け取らない。

油屋に巨大な腐れ神がやってくる。千尋は汚物の塊のような腐れ神の世話を任され、風呂場へ案内する。腐れ神は風呂へ入るが、湯はすぐに汚れてしまう。千尋はカオナシが出した札を使って足し湯をし、腐れ神の体に何かが刺さっているのを見つける。腐れ神の正体は大量のゴミで汚れた高名な川の神だった。神は千尋に苦団子をくれ、油屋に砂金を落としていく。湯婆婆は大儲けだと喜び、千尋の奮闘を褒めてくれる。

千と千尋の神隠しのあらすじ【転】

営業終了後。砂金を探しに来たカエルは、カオナシに呑まれてしまう。カオナシは手の平から何でも出すことができた。カオナシはカエルそっくりに喋り出し、砂金をばらまいてお大尽遊びを始める。

千尋が目覚めると雑魚部屋には誰もいなかった。下ではカオナシのばらまく砂金目当てに従業員たちが集まっていた。金に興味のない千尋は上へ戻り、紙の鳥に襲われている竜を見つける。その竜がハクだとすぐにわかった千尋は、血だらけのまま湯婆婆の部屋へ向かった竜を追っていく。

途中で会ったカオナシは大量の砂金を見せて千尋を誘惑するが、千尋は見向きもしない。カオナシは苛立ち、近づいて来た従業員2人を呑み込んでしまう。

湯婆婆の部屋へ侵入した千尋は、目を覚ました坊に捕まってしまう。自分と遊ぶようしつこくせがむ坊を振り切り、始末されそうになっていた竜を助ける。紙の鳥に姿を変えて千尋に貼りついていた銭婆は正体を現し、坊をネズミに、湯婆婆の手下の湯バードをハエに、三匹の頭を坊に変えてしまう。竜は最後の力を振り絞って銭婆を追い払い、千尋とともに落とし穴から落下する。落下する途中で千尋はある感覚を思い出す。

落ちた先は釜爺のいるボイラー室だった。竜は湯婆婆の命令で銭婆の契約印を盗んだため、強い魔法で命を食い荒らされていた。千尋が川の神にもらった苦団子を飲ませると、竜は判子と変な虫を吐き出す。千尋はその虫を踏み潰す。すると竜はハクの姿に戻る。千尋は銭婆のところへ行き、判子を返してハクを助けてくれるよう頼んでみることにする。

千と千尋の神隠しのあらすじ【結】

千尋は銭婆のところへ行く前に凶暴化したカオナシに会いに行く。自分を欲しがるカオナシの口に千尋は苦団子を放り込む。汚物を吐きながら追ってくるカオナシを、千尋は建物の外へおびき出す。途中でカオナシは従業員2人を吐き出し、海に出てカエルも吐き出す。するとカオナシはもとの大人しいカオナシに戻り、黙って千尋に付いてくる。

千尋はカオナシとネズミになった坊とハエになった湯バードを連れ、釜爺にもらった切符で電車に乗る。銭婆は“沼の底”という場所に住んでいた。

湯婆婆は勝手に油屋を出た千尋に激怒していた。元気になったハクは湯婆婆のところへ行き、坊が偽物であると気づかせる。ハクは銭婆のところから本物の坊を連れ帰る代わりに千尋と両親を人間の世界へ戻してくれるよう湯婆婆に頼む。

銭婆は快く千尋たちを迎えてくれた。千尋は誠意を持って銭婆に謝罪し、判子を返す。銭婆は怒っておらず、千尋にお守りの髪留めをくれる。千尋が帰ろうとした時、竜になったハクがやってくる。銭婆はハクを許して、カオナシを引き取ってくれる。

竜に乗って空を飛んでいる時、千尋の中で幼い頃の記憶が蘇る。それは「コハクガワ」という川へ落ちた時の記憶だった。千尋がその名前を口にすると竜はハクの姿に戻り「ニギハヤミコハクヌシ」という自分の本当の名前を取り戻す。ハクはマンション建設により埋められてしまった川の神だった。

油屋へ戻った千尋は湯婆婆のテストを受ける。似たような豚の中から両親を見つけるというテストで、千尋はその中に両親はいないと答える。答えは大当たりだった。千尋は湯婆婆との契約から解放され、ハクと川まで走る。再会を約束してハクと別れた千尋は、トンネルの手前で人間に戻った両親と合流する。両親は何も覚えていなかった。

トンネルを出て、千尋はもとの世界に戻る。トンネルを見つめる千尋の髪には銭婆のくれた髪留めが光っていた。

Amazon 映画『千と千尋の神隠し』の商品を見てみる