映画『死霊のはらわた(1981)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『死霊のはらわた(1981)』のネタバレあらすじ結末

死霊のはらわた(1981)の概要:1981年のアメリカのホラー映画です。本作はサム・ライミ監督が一躍有名になった作品で、ホラー界ではレジェンド的な存在の映画です。最近同監督がドラマ版を作った事もあり、再注目されている作品です。

死霊のはらわたの作品概要

死霊のはらわた

公開日:1981年
上映時間:86分
ジャンル:ホラー
監督:サム・ライミ
キャスト:ブルース・キャンベル、エレン・サンドワイズ、ベッツィ・ベイカー、ハル・デルリッチ etc

死霊のはらわたの登場人物(キャスト)

アッシュ(ブルース・キャンベル)
本作の主人公で顎に特徴のあるイケメンです。謎の古書で死霊達を蘇らせてしまい、地獄の様な体験をします。続編の主役も同じ俳優が演じています。
シェリル(エレン・サンドワイズ)
アッシュの友人のお姉さんです。生真面目な女性ですが、死霊に乗り移られて下品な行動をしだします。アッシュ達の手によってバラバラにされます。
リンダ(ベッツィ・ベイカー)
アッシュの友人の恋人です。一番初めに死霊達の餌食となります。みんなの知らない所で森の中で一人、木の枝に犯されてその命を落としてしまいます。

死霊のはらわたのネタバレあらすじ

映画『死霊のはらわた(1981)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

死霊のはらわたのあらすじ【起】

アッシュはある山奥の小屋に向かってました。友人達とキャンプしに行くのです。仲の良い友人達とのドライブはとても楽しく、小屋までの道程はあっという間でした。小屋に着くまでのアッシュ達は常に歌い続け、ラジオを流しっぱなしでした。しかし途中でラジオが壊れて少し白けましたが、一人がアカペラを歌い出すとみんながそれに乗り出し、アカペラでの合唱が始まりました。

アカペラを歌っているといつの間にか小屋の付近まで着きました。仲間の一人が地図で確認しながら、慎重に山の中へ車を走らせて行きました。山の中をずっと進んで行くと、小さな古ぼけた小屋が見えました。小屋は大層古臭くボロかったのですが、アッシュ達には気にならない程度で、そのまま小屋の横に車を停めました。

アッシュ達は車の中から荷物を降ろし、小屋の中に運んで行きました。小屋に荷物を運ぶ時まで皆は歌っており、アッシュは微笑ましい雰囲気に幸せな気分になりました。全員が車から小屋に荷物を運び込むと、小屋の中の小さな電気を点けました。

死霊のはらわたのあらすじ【承】

電気が点いた小屋の中は意外と雰囲気が良く、アッシュ達はテンションが上がりました。そしてビールをカバンから取り出し、皆で宴会を始めて、あっという間にどんちゃん騒ぎが始まりました。テンションが上がり過ぎた一人がよろけて倒れると、倒れた先のカーペットの下に、地下室がある事に気が付きました。

カーペットをめくると古びた扉があり、その扉には鍵がかかっておりました。アッシュは止める様にみんなを諭しましたが、みんなは酒の力もあり扉の鍵を壊し始めました。アッシュだけはその光景をまずそうに見てましたが、扉の鍵は壊れました。

鍵を壊して地下室の扉を開けると、そこは異様な雰囲気が漂っていました。電気が点いておらず、完全に真っ暗なその地下室は、何かがいそうな雰囲気すら漂ってました。仲間の一人が中を見に行くと言い出し、アッシュはそれを必死で止めました。しかし酔っ払ってる仲間はアッシュの言葉を無視し、そのまま地下室に入っていきました。仲間はランプを持っていたので、一応地下室の様子は分かるらしく、ズンズンと奥に進んで行きました。

死霊のはらわたのあらすじ【転】

地下室の奥の方まで進んだ仲間は、途中から何も喋らなくなりました。地下室の上から覗いていたアッシュ達は心配になり、大きな声をかけました。しかし何も返事は無く、アッシュ達は一層心配になりました。そして急に一際大きな声がし、すぐに静かになりました。

アッシュ達は心配になり、すぐに見に行く事に決めました。そして意を決してアッシュが地下室に入ろうとした瞬間、いきなり暗闇の地下室から何かが飛び出しました。それは地下室に降りていた仲間であり、ただの悪ふざけでした。ほんとは何も無かったのですが、仲間はみんなを怖がらせる為に演技をしていたのでした。

仲間の悪ふざけに少し怒ったアッシュ達でしたが、すぐにその怒りは笑いに変わりました。笑いながら仲間の手に目を移すと、仲間は何かを持っていました。仲間はカセットテープと何か怪しげな本を持っていました。地下室で見つけたらしく、気になったので持ってきたみたいでした。

死霊のはらわたのあらすじ【結】

カセットテープを再生し始めると、中には謎の呪文が録音されていました。すると辺りの雰囲気がおかしくなり、謎の音や声がし始めました。リンダは恐ろしくなり、外に飛び出しました。すると木の枝達が襲いかかってきて、リンダは木の枝に犯されて死んでしまいました。

アッシュ達は大変な事をしてしまいました。カセットテープの呪文により死霊達が蘇ってしまったのです。そして死霊達は次にシェリルに乗り移りました。すると死霊が乗り移ったシェリルは次々と仲間を襲い出し、残るはアッシュだけになってしまいました。

アッシュは本が原因で死霊が湧いたという事に気が付き、本を暖炉に放り込み、燃やし尽くしました。その瞬間、ゾンビと化した仲間達は朽ち果てました。遺体の破片や血肉がアッシュに降りかかり、アッシュは目を瞑りました。そして全てが終わった事に安堵し、アッシュは小屋を出ました。小屋を出たアッシュは辺りを見回してましたが、急に遠くから何かが迫ってくるのを感じ振り向きました。その何かはアッシュに襲いかかり、アッシュは絶命しました。

Amazon 映画『死霊のはらわた(1981)』の商品を見てみる