映画『シックス・センス』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『シックス・センス』のネタバレあらすじ結末

シックス・センスの概要:アクション俳優として名高いブルース・ウィリスの本格サスペンス/ヒューマン・ドラマ。オチが読めない映画として有名。コール役を務めたハーレイ・ジョエル・オスメントはこの映画をきっかけに天才子役として名を馳せた。

シックス・センスの作品概要

シックス・センス

公開日:1999年
上映時間:107分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:M・ナイト・シャマラン
キャスト:ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント、トニ・コレット、オリヴィア・ウィリアムズ etc

シックス・センスの登場人物(キャスト)

マルコム・クロウ(ブルース・ウィリス)
小児精神科医である中年男性。ある晩、かつての患者であるビンセントから逆恨みを買い、発砲される。
コール・シアー(ハーレイ・ジョエル・オスメント)
幽霊が見える少年。その特殊な力の為周りから孤立し心を閉ざしてしまっている。

シックス・センスのネタバレあらすじ

映画『シックス・センス』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

シックス・センスのあらすじ【起】

マルコム・クロウは、長年小児精神科医として働いている中年男性です。今迄数多くの心を閉ざした子供達と関わり、そしてその心の氷を溶かしてきました。妻との仲も良く、子供はいないながらも2人は穏やかに生活していました。しかしある日、その平穏が突如打ち破られます。とある夜、かつてのマルコムの患者であった少年、ビンセントが家に不法侵入してきたのです。

ビンセントは錯乱状態にあり、マルコムが「かつての自分を救ってくれなかった」とまくし立てます。そしてマルコムに対し逆恨みをしたビンセントは、挙げ句の果てに、持ち込んだ拳銃でマルコム向けて発砲するのでした。

その事件から一年の時が流れました。あれ以降穏和だった夫婦仲もすっかり冷め、妻はマルコムがいくら話しかけても一切答えず、無視を貫くようになりました。どうにかして元の2人に戻れないものか、と頭を悩ますマルコムでしたが、マルコムはある日、心に闇を抱えた少年、コールと出会います。

シックス・センスのあらすじ【承】

コールが心に闇を抱えている背景には、彼の持つ特殊な力がありました。コールはこの世に居ない筈の存在、つまり死者の霊を見ることが出来たのです。過去に友人に異常者扱いを受けた事をトラウマに、母親にも周りの人間にも打ち明けることが出来ず、コールは自分の殻に閉じこもっていったのでした。

小児精神科医であるマルコムは、そんなコールの心を開こうと近づいていきますが、コールはマルコムを怖がりひたすら彼から逃げ続けます。しかしマルコムは決して諦めず、2人の距離は徐々に縮まっていきました。コールは普段、あちらから干渉され何か害を及ぼされる事を避けるべく、極力見える幽霊を避けるようにしていました。

しかし、コールとマルコムの中が縮まったある日のこと、コールは1人の気になる幽霊と出会いました。彼女は吐瀉物にまみれていて、何かコールに伝えようとしているように見えました。コールはマルコムにその事を相談し、彼女がコールに何を伝えたかったのかを突き止めるべく、少女の葬式を訪ねるのでした。

シックス・センスのあらすじ【転】

そして葬儀が執り行われている場で、2人は再びその少女の霊と対面しました。勿論幽霊はコールにしか見えませんが、コールがマルコムに彼女が現れた事を伝えます。彼女はコールに、大事そうに抱えていた一つの箱を手渡しました。マルコムとコールがその箱を開けると、中にはビデオテープがしまわれていました。

そのテープの中身を再生した2人は、とんでもない映像を目にします。それは少女が隠しカメラで撮影した映像でした。その映像には、少女の母親が少女の食事に大量の洗剤を入れている様子が映されていました。つまり少女は病死ではなく、自らの母親に殺されたのでした。そして母親の次のターゲットは、少女の妹でした。少女は妹を助けるべくコール達の前に現れたのです。

コールは少女の父親にそのビデオを手渡し、そして母親は逮捕されました。自らの願いが叶ったことで、少女は安堵し成仏していきました。この霊との関わりを経て、コールの心境にある変化が訪れました。自分の能力について、母親に打ちあけようと決心をしたのです。

シックス・センスのあらすじ【結】

コールの特殊能力について当初信じようとしない母親でしたが、しかし既に故人である母親の祖母に聞いた、母親と祖母だけの思い出をコールが知っていた事で母親もその能力を信じ、そしてありのままのコールを受容しました。

一方、コールは「奥さんが眠ってる間に話しかけてみて」とマルコムに一つの助言をします。帰宅したマルコムはコールの言う通り、眠っている妻に向かって話しかけます。すると妻は眠りながら、「どうして私を置いていったの…」という言葉を漏らしました。何のことかわからないマルコムでしたが、妻の手から転がり落ちた、自分がつけている筈の結婚指輪を見てハッとします。

あの晩、ビンセントが家に押し入ってきたあの時、既にマルコムは命を落としていたのでした。遺していく妻と、そして自分が救えなかったビンセントに対しての想いがあったマルコムは幽霊としてこの地に留まっていました。自分が死んだ事を理解し、そしてビンセントではありませんがコールという同じく心を閉ざした少年を助けることが出来たマルコムは、自分の死に納得し成仏していくのでした。

シックス・センスの解説・レビュー

注意書きの理由

言うなといわれれば、言いたくなってしまうのが人間です。
なのに、わざわざ冒頭で、しかも主演のブルース・ウィルスからのお願いとして伝えられたのは、それだけ期待できるようなラストだ、という意味があると思います。

けれど、公開から何年も時間が経った今では、すでに見ている人は多いと思われるので、効果は薄くなっていますね。

マルコムが、自分は幽霊だと気がつかない理由

コールが言うには、「彼らは見たいものしか見えない」ので、マルコムに自分の体の状態は見えません。
死んだという自覚がないから、見るものが限られているとも考えられます。

レストランでアンナとすれ違うシーンも、彼女はひとりきりで結婚記念日を祝い、もう一緒に祝えない相手を思いながら「おめでとう」と、ひとりごとを言っているにすぎません。

病院のベッドでコールが「幽霊が見える」と告白するシーンですが、あなたも幽霊です、と言えるのにそうしなかったのは、マルコムを信頼できる幽霊だと思ったからでしょう。
因みに、コールを診察した医師は、監督が演じています。

また、幽霊同士は認識し合えないのに、マルコムが、テープに録音されていたラテン語を話す幽霊の声が聞こえたのは、コールとの絆が強くなった影響だと考えられます。

消える直前に、マルコムに現実が見えたのは、自分が死んでいると自覚した幽霊に与えられる、特権みたいなものと思われます。
それから、ラストの大どんでん返しの印象を強くする意図も、感じられます。

コールの体の傷

コールの体の傷やあざですが、幽霊に付けられたものだと考えられます。
幽霊に近づくと同じ傷が付くとも考えられますが、そうすると、毒で死んだ少女キラ、絞首刑になった人々もいたのに、気分が悪くなったり、首にあざが浮かんだりしなかった事に、説明がつきません。

また、先生の子供の頃のしゃべり方を言い当てるシーンがありますが、先生の子供時代をよく知る幽霊が近くにいて、コールはとり憑かれた状態になったのだと考えられます。

シックス・センスの感想まとめ

名作映画のひとつで、結末で度肝を抜かれる映画のひとつでもあります。
『隣のヒットマン』で演じた心優しい殺し屋「ジミー」も似合っていたブルース・ウィリスですが、死んでまで子供たちの心のケアをする、仕事熱心なお医者さんの役もピッタリでした。

登場シーンが壮絶で、何度見てもびっくりする幽霊の少女キラも、「吐いたら少し楽になった」という発言が人間味があふれていて、幽霊なのに親しみが沸いてきちゃいます。

何よりも、ブルース・ウィリス演じるマルコムと、子役のハーレイ・オスメント演じるコールの絆の描き方が素敵!
別れのシーンは、何度見ても涙が止まりません。

そして、M・ナイト・シャラマン監督は、シックス・センスの他にも、自分の作品によく出演しているので探してみると面白いです。

Amazon 映画『シックス・センス』の商品を見てみる