8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『シックス・センス』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『シックス・センス』の概要:アクション俳優として名高いブルース・ウィリスの本格サスペンス/ヒューマン・ドラマ。オチが読めない映画として有名。コール役を務めたハーレイ・ジョエル・オスメントはこの映画をきっかけに天才子役として名を馳せた。

スポンサーリンク

映画『シックス・センス』の作品情報

シックス・センス

製作年:1999年
上映時間:107分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:M・ナイト・シャマラン
キャスト:ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント、トニ・コレット、オリヴィア・ウィリアムズ etc

映画『シックス・センス』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『シックス・センス』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT×
Hulu×
Amazonビデオ
dTV
TELASA
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix×

※動画の配信情報は2021年7月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『シックス・センス』の登場人物(キャスト)

マルコム・クロウ(ブルース・ウィリス)
小児精神科医である中年男性。ある晩、かつての患者であるビンセントから逆恨みを買い、発砲される。
コール・シアー(ハーレイ・ジョエル・オスメント)
幽霊が見える少年。その特殊な力の為周りから孤立し心を閉ざしてしまっている。

映画『シックス・センス』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『シックス・センス』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『シックス・センス』のあらすじ【起】

マルコム・クロウは、長年小児精神科医として働いている中年男性です。今迄数多くの心を閉ざした子供達と関わり、そしてその心の氷を溶かしてきました。妻との仲も良く、子供はいないながらも2人は穏やかに生活していました。しかしある日、その平穏が突如打ち破られます。とある夜、かつてのマルコムの患者であった少年、ビンセントが家に不法侵入してきたのです。

ビンセントは錯乱状態にあり、マルコムが「かつての自分を救ってくれなかった」とまくし立てます。そしてマルコムに対し逆恨みをしたビンセントは、挙げ句の果てに、持ち込んだ拳銃でマルコム向けて発砲するのでした。

その事件から一年の時が流れました。あれ以降穏和だった夫婦仲もすっかり冷め、妻はマルコムがいくら話しかけても一切答えず、無視を貫くようになりました。どうにかして元の2人に戻れないものか、と頭を悩ますマルコムでしたが、マルコムはある日、心に闇を抱えた少年、コールと出会います。

映画『シックス・センス』のあらすじ【承】

コールが心に闇を抱えている背景には、彼の持つ特殊な力がありました。コールはこの世に居ない筈の存在、つまり死者の霊を見ることが出来たのです。過去に友人に異常者扱いを受けた事をトラウマに、母親にも周りの人間にも打ち明けることが出来ず、コールは自分の殻に閉じこもっていったのでした。

小児精神科医であるマルコムは、そんなコールの心を開こうと近づいていきますが、コールはマルコムを怖がりひたすら彼から逃げ続けます。しかしマルコムは決して諦めず、2人の距離は徐々に縮まっていきました。コールは普段、あちらから干渉され何か害を及ぼされる事を避けるべく、極力見える幽霊を避けるようにしていました。

しかし、コールとマルコムの中が縮まったある日のこと、コールは1人の気になる幽霊と出会いました。彼女は吐瀉物にまみれていて、何かコールに伝えようとしているように見えました。コールはマルコムにその事を相談し、彼女がコールに何を伝えたかったのかを突き止めるべく、少女の葬式を訪ねるのでした。

映画『シックス・センス』のあらすじ【転】

そして葬儀が執り行われている場で、2人は再びその少女の霊と対面しました。勿論幽霊はコールにしか見えませんが、コールがマルコムに彼女が現れた事を伝えます。彼女はコールに、大事そうに抱えていた一つの箱を手渡しました。マルコムとコールがその箱を開けると、中にはビデオテープがしまわれていました。

そのテープの中身を再生した2人は、とんでもない映像を目にします。それは少女が隠しカメラで撮影した映像でした。その映像には、少女の母親が少女の食事に大量の洗剤を入れている様子が映されていました。つまり少女は病死ではなく、自らの母親に殺されたのでした。そして母親の次のターゲットは、少女の妹でした。少女は妹を助けるべくコール達の前に現れたのです。

コールは少女の父親にそのビデオを手渡し、そして母親は逮捕されました。自らの願いが叶ったことで、少女は安堵し成仏していきました。この霊との関わりを経て、コールの心境にある変化が訪れました。自分の能力について、母親に打ちあけようと決心をしたのです。

映画『シックス・センス』の結末・ラスト(ネタバレ)

コールの特殊能力について当初信じようとしない母親でしたが、しかし既に故人である母親の祖母に聞いた、母親と祖母だけの思い出をコールが知っていた事で母親もその能力を信じ、そしてありのままのコールを受容しました。

一方、コールは「奥さんが眠ってる間に話しかけてみて」とマルコムに一つの助言をします。帰宅したマルコムはコールの言う通り、眠っている妻に向かって話しかけます。すると妻は眠りながら、「どうして私を置いていったの…」という言葉を漏らしました。何のことかわからないマルコムでしたが、妻の手から転がり落ちた、自分がつけている筈の結婚指輪を見てハッとします。

あの晩、ビンセントが家に押し入ってきたあの時、既にマルコムは命を落としていたのでした。遺していく妻と、そして自分が救えなかったビンセントに対しての想いがあったマルコムは幽霊としてこの地に留まっていました。自分が死んだ事を理解し、そしてビンセントではありませんがコールという同じく心を閉ざした少年を助けることが出来たマルコムは、自分の死に納得し成仏していくのでした。

映画『シックス・センス』の感想・評価・レビュー

今でこそ、衝撃的なラストなどといったキャッチフレーズが多くなったが、当時この作品程、衝撃的だったものは他に思いつかない。
口を利かなくなった妻との仲を改善したいと悩むマルコムという中年男性と、コールという特殊な能力を持つ少年が出会う事で、最終的に驚きの展開に繋がっていく。
ラストを見てからは、マルコムの妻の本当の気持ちや、マルコム自身の存在の意味など、それぞれのシーンの本当の意味が見えてくるので非常に面白い。
確実に2回以上は見てしまうだろう。(男性 30代)


冒頭で、他者へのネタバレ禁止の字幕が出てくるところとそれを裏付けるかのようなラストシーンにひたすら脱帽する映画。非常に無駄のない粋な演出である。長い映画史の中でも、これほど衝撃的でどんでん返しが秀逸な映画は他にないだろう。
まったく予期せぬラストまでに起こるストーリー本筋の展開も密度濃く描かれ、キャラクターの心の距離も繊細で申し分ない。妻に無視されていると思い込んでいる主人公の悲壮感なども上手く描かれ、内容そのものに引き込まれながらの衝撃のラスト。ぞわぞわと鳥肌が立つような展開がたまらない。(女性 30代)


寂しさや安堵の気持ち、そして理解し共感できる気持ちなど、様々な感情が掻き立てられた映画である。心を閉ざしたコールとの出会いから、幽霊とのコミュニケーションの取り方や、想いを受け継ぎ伝えていくこと、コール自身が殻を破り突き進んでいく姿などにより、妻との距離を縮めようとしたマルコムが感じた自分の存在など、次々と真実が見えてくるストーリーが感動した。実は自分は死んでいたのだと気付くマルコムの悲しさや、コールを救えた事のほっとする気持ちが見られ、同じような気持ちになった。(女性 20代)


当時11歳のハーレイ・ジョエル・オスメントがとても可愛らしいです。『シックス・センス』は、他の洋画ホラーと比べると、幽霊の描写が生々しく、日本のホラー映画と通じる怖さを持っていると感じました。
洋画ホラーでは、幽霊と悪魔がよく関連付けられて登場しますが、今作はそういうことはせず、幽霊のみに焦点を当てているところに好感を持ちました。
ドラマ『The O.C.』でブレイクしたミーシャ・バートンが、幽霊の少女(キラ)役で出演しており、彼女の可愛らしくも恐ろしい演技も必見です。(女性 20代)


元祖どんでん返し系の映画。ラストで、そういう事だったのかと愕然となり、その瞬間ゾクっとする。あの時のアレはそういう事だったのかと伏線を回収していくのが楽しい。妻とレストランでのディナーシーンは、あぁなるほど!となり、切なくなる。全てを理解した上で、もう一度見直したくなる。派手な演出はあまり無くしっとりとした雰囲気の作品だが、どんどん引き込まれてしまう。じわっと来る恐怖を味わえる作品で、とても良くできた良質の映画。(女性 30代)


全世界にM・ナイト・シャマラン監督の名を轟かせた衝撃作。
ブルース・ウィリスと、ハーレイ・ジョエル・オスメントの好演は言うまでもなく、霊が見える少年・コールと、精神科医のマルコムのどこか寄り添い合う温かい関係性は、さすがとしか言いようがない。
全体的に暗い演出ながら、ただのオバケ映画に成り下がっていないところが素晴らしい。
そして、衝撃的なラストは、こちらを気持ちよく裏切ってくれる。
監督の地位を決定づけた名作だ。(男性 40代)


元祖ネタバレ禁止の1本。
さすがに時間が経っているのでこれから観る人で何の前情報もなしに観るのは難しいかもしれないが、ネタバレしてても十分鑑賞に耐える内容だ。実はヒューマンドラマなので、ホラーを求めている人には物足りないかもしれないが、逆にホラーが苦手な人でも楽しめるのではないか。
若い頃は「ある秘密」についての編集の妙が見所だと思っていたが、歳をとってから観ると少し見方も変わってくる。今は祖母の気持ちが母に伝わって良かったなぁというのが一番かな。(男性 40代)


天才的な展開とホラーなのにヒューマンドラマとしてとても感動する良作すぎる良作である。どんな言葉で表現してもしきれないが、とにかくアッとさせられて、これ以上のどんでん返しはないのではと思った。

ホラー要素や結末だけでなく、それを活かして描かれたラブストーリーでもあるということが素晴らしく、枠に収まらないテーマ性が大変奥行きあるストーリーを構築している。内容にたどりつく前に早く観て欲しい作品だ。(女性 20代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF映画サスペンス映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. きい より:

    この作品は、わたしが映画好きになるきっかけとなった作品で、今も大好きな作品の一つです。
    大どんでん返し系の作品の中で、忘れてはならない名作ではないでしょうか。
    開始直後に映し出される襲撃シーン、突如見えるようになった奇妙な世界、そして冷たくなってしまった妻。その全てが上手く繋げられており、映画のラストで真実が明らかになった時、信じられない程の衝撃を受けました。
    まだ観たことのない方は、是非一度は観て頂きたい作品です。

  2. きーもも より:

    ラストの大どんでん返しがこの作品の1番の見どころなので、何度も見るよりも1度目が1番楽しめる作品だと思います。そのため、出来ればネタバレを見ずに鑑賞することをオススメします。
    ハーレイ・ジョエル・オスメントはこの作品で大ブレイクし、様々な作品に出演しましたが、個人的にはこの『シックス・センス』が彼の最高傑作だと思います。
    ラストの衝撃の展開に背筋がゾクッとする感覚を楽しんで欲しいです。

  3. hamataro より:

    衝撃のどんでん返しというフレーズを見たくなかった。冒頭の撃たれるシーン、幽霊が見えるコールの会話シーンの多さ、結婚記念日の奥さんとの不自然なやり取りなど伏線が盛り沢山です。割と物語の前半で”ひょっとするとマルコム死んでる?”となってしまいました。それでも観終えた後は、余韻に浸りたくなる程良い作品でした。

    自分の能力に苦しむコールがマルコムと出会い、成長する物語も描かれています。ガンで亡くなった少女の無念を晴らした事は、能力を前向きに受け入れるきっかけになったと思います。

  4. ふくりん より:

    小児精神科医のマルコムは、かつて担当した患者の病を完治できなかったことを恨まれて腹を撃たれるも、一年後にリハビリを終えて新たな患者コールの治療に取り掛かる。
    後半から、コール少年の「死者が見える」という第六感をメインに物語が展開していく。
    終盤は、すでにマルコムは死んでいたという事実に驚愕したが、最後にマルコムは自分の死に納得して成仏できて感動した。
    先の読めない展開や伏線など、怖いシーンだけでなく、複合的要素が詰まった作品で見応えを感じた。何度も観返したくなる作品。

  5. 匿名 より:

    注意書きの理由。
    言うなといわれれば、言いたくなってしまうのが人間です。
    なのに、わざわざ冒頭で、しかも主演のブルース・ウィルスからのお願いとして伝えられたのは、それだけ期待できるようなラストだ、という意味があると思います。

    けれど、公開から何年も時間が経った今では、すでに見ている人は多いと思われるので、効果は薄くなっていますね。

  6. 匿名 より:

    マルコムが、自分は幽霊だと気がつかない理由。
    コールが言うには、「彼らは見たいものしか見えない」ので、マルコムに自分の体の状態は見えません。
    死んだという自覚がないから、見るものが限られているとも考えられます。

    レストランでアンナとすれ違うシーンも、彼女はひとりきりで結婚記念日を祝い、もう一緒に祝えない相手を思いながら「おめでとう」と、ひとりごとを言っているにすぎません。

    病院のベッドでコールが「幽霊が見える」と告白するシーンですが、あなたも幽霊です、と言えるのにそうしなかったのは、マルコムを信頼できる幽霊だと思ったからでしょう。
    因みに、コールを診察した医師は、監督が演じています。

    また、幽霊同士は認識し合えないのに、マルコムが、テープに録音されていたラテン語を話す幽霊の声が聞こえたのは、コールとの絆が強くなった影響だと考えられます。

    消える直前に、マルコムに現実が見えたのは、自分が死んでいると自覚した幽霊に与えられる、特権みたいなものと思われます。
    それから、ラストの大どんでん返しの印象を強くする意図も、感じられます。

  7. 匿名 より:

    コールの体の傷やあざですが、幽霊に付けられたものだと考えられます。
    幽霊に近づくと同じ傷が付くとも考えられますが、そうすると、毒で死んだ少女キラ、絞首刑になった人々もいたのに、気分が悪くなったり、首にあざが浮かんだりしなかった事に、説明がつきません。

    また、先生の子供の頃のしゃべり方を言い当てるシーンがありますが、先生の子供時代をよく知る幽霊が近くにいて、コールはとり憑かれた状態になったのだと考えられます。

  8. 匿名 より:

    名作映画のひとつで、結末で度肝を抜かれる映画のひとつでもあります。
    心優しい殺し屋の「レオン」も似合っていたブルース・ウィリスですが、死んでまで子供たちの心のケアをする、仕事熱心なお医者さんの役もピッタリでした。

    登場シーンが壮絶で、何度見てもびっくりする幽霊の少女キラも、「吐いたら少し楽になった」という発言が人間味があふれていて、幽霊なのに親しみが沸いてきちゃいます。

    何よりも、ブルース・ウィリス演じるマルコムと、子役のハーレイ・オスメント演じるコールの絆の描き方が素敵!
    別れのシーンは、何度見ても涙が止まりません。

    そして、M・ナイト・シャラマン監督は、シックス・センスの他にも、自分の作品によく出演しているので探してみると面白いです。

タイトルとURLをコピーしました