映画『スターマン 愛・宇宙はるかに』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「スターマン 愛・宇宙はるかに」のネタバレあらすじ結末

スターマン 愛・宇宙はるかにの概要:不時着した宇宙人は、近くにあった未亡人の家に忍び込む。そこにあった記録をもとに、宇宙人は未亡人の夫に姿を変えてしまう。地球脱出のためにアリゾナに向かう宇宙人に付き添った未亡人は、徐々に恋心を抱いていく。

スターマン 愛・宇宙はるかにの作品情報

スターマン 愛・宇宙はるかに

製作年:1984年
上映時間:114分
ジャンル:SF、ラブストーリー
監督:ジョン・カーペンター
キャスト:ジェフ・ブリッジス、カレン・アレン、チャールズ・マーティン・スミス、リチャード・ジャッケル etc

スターマン 愛・宇宙はるかにの登場人物(キャスト)

ジェニー・ヘイドン(カレン・アレン)
未亡人。亡くなった夫のスコットに変身した宇宙人に付き添い、アリゾナを目指す。宇宙人に恋をする。宇宙人と体の関係を持ち、子供を孕む。
宇宙人(ジェフ・ブリッジス)
地球に不時着した宇宙人。母艦がやってくるアリゾナを目指し、ジェニーと共に旅をする。スコットの写真などをもとにして、スコットそっくりに変身する。不思議な力を持っていて、物を自由に扱うことができる。純粋な心を持った宇宙人。
マーク・シャーマン(チャールズ・マーティン・スミス)
研究者。フォックスに命令され、不時着した宇宙船と宇宙人の追跡をする。宇宙船から発見したディスクなどから、宇宙人が凶悪じゃないことを悟り、宇宙人とジェニーの手助けをする。
ジョージ・フォックス(リチャード・ジャッケル)
政府機関長。宇宙人を地球の反逆者だと判断し、軍隊を率いて宇宙人とジェニーを追う。シャーマンの意見と対立し、シャーマンをクビにする。

スターマン 愛・宇宙はるかにのネタバレあらすじ

映画『スターマン 愛・宇宙はるかに』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

スターマン 愛・宇宙はるかにのあらすじ【起】

ウィスコンシン州の田舎町。その一軒家に、ジェニーという未亡人が住んでいた。その夜、ジェニーはお酒を飲みながら、今は亡き夫スコットとのデートを撮影した8ミリフィルムを見て涙していた。

ジェニーがベッドで眠りについたとき、裏山に宇宙船が不時着する。宇宙船から降りた宇宙人は、ジェニーの家に侵入する。ジェニーの家にあったアルバムや8ミリフィルムを物色し始める宇宙人。ジェニーが物音で目を覚ますと、そこには光に包まれた赤ちゃんがいた。赤ちゃんはみるみるうちに成長を始め、アルバムや8ミリフィルムを元にスコットそっくりに変身してしまう。

気絶してしまったジェニーの横で8ミリフィルムを見続けている宇宙人は、スコットの姿を見ながらスコットの動きを学習していく。

目を覚ましたジェニーは、急いで家を飛び出して車に乗り込む。しかし宇宙人に見つかり、宇宙人も同乗することになる。ジェニーは宇宙人の指示に従い、アリゾナへと車を向かわせることにする。

スターマン 愛・宇宙はるかにのあらすじ【承】

科学者のシャーマンという男が、不時着した宇宙船のもとを訪れる。その頃、ジェニーはカーラジオから流れるニュースで宇宙船のことを知る。

道中、ジェニーはすれ違った車に助けを求める。しかし、宇宙人は秘めたるパワーでその運転手を追いやってしまう。

謎の力を持った人間に出会ったという男からの報告を受けたシャーマン。建物の中に移送された宇宙船の中に入った彼はそこで、51カ国の言語で話す挨拶というディスクを発見する。

宇宙人は多くの英語を理解することができず、自分のしている行為にも悪意がない。ジェニーは途中で寄ったガソリンスタンドのトイレに、誘拐されたという張り紙を残す。しかし、宇宙人がそれを取ってきてしまい、誘拐とは何かをジェニーに純粋に質問する

三日後の正午にアリゾナに着かないと仲間が行ってしまい、自分は死んでしまうと話す宇宙人。それを聞いたジェニーは、どこか悲しい表情を浮かべる。

レストランに寄ったジェニーと宇宙人。ジェニーはそこでスコットの話をし、泣きながら愛という言葉について宇宙人に説明する。

スターマン 愛・宇宙はるかにのあらすじ【転】

レストランの外に停められていたハンターの車には。捕獲された鹿が積まれていた。隙を見て逃げ出そうとしていたジェニーが駐車場を見ると、そこには鹿を蘇らせている宇宙人の姿があった。それを見たジェニーは笑顔になる。怒ったハンターたちが宇宙人に殴りかかるが、ジェニーが宇宙人を助ける。

レストランを出たジェニーたち。車中でジェニーはスコットとの思い出を語り出す。ジェニーはいつのまにか、宇宙人に気を許し始めていた。その頃、警察とシャーマンが彼らを追い始める。

途中ホテルに泊まった二人だが、すでに警察はそこまできていた。それを知った二人はどうにか車で逃げ出すが、しつこく追ってくる警察に苦労し、車はタンクローリーに突っ込んでしまう。炎に包まれながらも脱出した宇宙人。彼は、瀕死状態のジェニーを抱えていた。

貨物車へと逃げ込んだ宇宙人は、そこでジェニーにキスをする。すると翌日、ジェニーは目を覚ます。しかし、そこに宇宙人の姿はなかった。

宇宙人は、貨物車を降りてヒッチハイクをし、アリゾナに向けて出発していた。ジェニーが警察に電話をかけると、シャーマンがそれにでる。ジェニーはシャーマンに、誘拐されたというのは違うと説明し、宇宙人の後を追う。

スターマン 愛・宇宙はるかにのあらすじ【結】

宇宙人に追いついたシャーマン。二人は貨物列車に乗り込む。シャーマンは宇宙人に、自分が不妊症であることを告白する。そして、二人はその貨物列車の中で結ばれる。宇宙人は、シャーマンのお腹の中にはもう子供がいると告げる。

政府機関長のフォックスは宇宙人を反逆者とみなしていた。しかし、いつのまにかシャーマンは宇宙人に肩入れし始める。

ラスベガスに着いてしまったシャーマンたちだが、宇宙人の力でカジノに勝ち、車を手に入れてアリゾナを目指す。

アリゾナの直前、二人が食事のために立ち寄ったお店に警察がやってくる。やがて、シャーマンも姿を見せる。シャーマンは宇宙人と話をして、葛藤しながらも彼らを助ける。そこへ到着したフォックスは、シャーマンが二人を逃したことに気づき激怒する。

目的地に着いたジェニーたち。しかし、そこには軍隊が総動員されていた。どうにか攻撃をかわしていると、そこへ巨大な宇宙船が到着する。宇宙人はジェニーに、子供のためにと不思議な力を持った球を渡す。そして、愛していると言って宇宙船に乗り込むのだった。

この記事をシェアする