映画『サンシャイン2057』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「サンシャイン2057」のネタバレあらすじ結末

サンシャイン2057の概要:2057年、太陽は死にかけていた。太陽を再活性化させ地球を救うため、8人のクルーが太陽へ向かう。しかしある通信を傍受した事から計画が狂い始め…。『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督、イギリスのSF映画。

サンシャイン2057の作品概要

サンシャイン2057

公開日:2007年
上映時間:108分
ジャンル:SF、アクション、サスペンス
監督:ダニー・ボイル
キャスト:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス etc

サンシャイン2057の登場人物(キャスト)

ロバート・キャパ(キリアン・マーフィー)
イカロス2号に乗る物理学者。核爆弾を取り扱う事ができる。核爆弾で太陽を活性化させるというイカロス計画において、なくてはならない存在。
カネダ(真田広之)
イカロス2号の船長。常に冷静沈着で、計画遂行のためには自分の命を犠牲にすることもいとわない。
メイス(クリス・エヴァンス)
イカロス2号のクルー。エンジニアで船内の修理を担当。激しやすい性格で、キャパとは意見を対立させる事が多い。
キャシー(ローズ・バーン)
イカロス2号のクルー。宇宙飛行士で船の運転を担当。情にもろい性格。
コラゾン(ミシェール・ヨー)
イカロス2号に乗る植物学者。酸素確保のため、温室で植物を育てるのがおもな仕事。現実的。
サール(クリフ・カーティス)
イカロス2号に乗る精神科医。クルーたちの精神状態を管理。太陽のシミュレーションを見るのが好きな変わり者で、太陽を実際に間近で見たらどんな風なのか興味を持っている。
ハーヴィー(トロイ・ギャリティ)
イカロス2号のクルー。副船長で通信機器も担当。他のクルーから軽んじられる事が多く、不満を感じている。
トレイ(ベネディクト・ウォン)
イカロス2号のクルー。エンジニアで船の航路修正を任される。自分のミスで船長を死なせる事になり、自責の念で精神を病んでしまう。
ピンバッカー(マーク・ストロング)
太陽付近で消息を絶ったイカロス1号の船長。全員死んだと思われていたが、1人生き残っていた。旅の途中で気が狂い、神と崇める太陽にイカロス2号が近づこうとするのを妨害し始める。

サンシャイン2057のネタバレあらすじ

映画『サンシャイン2057』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

サンシャイン2057のあらすじ【起】

2057年の近未来。太陽が死にかけ、地球には氷河期が訪れていた。人類は巨大な核爆弾で太陽を再活性化させる「イカロス計画」を発足、イカロス2号が太陽に向かって旅立った。クルーは船長のカネダ以下、物理学者のキャパ、エンジニアのメイスとトレイ、パイロットのキャシー、植物学者のコラゾン、精神科医のサール、副船長で通信機器担当のハーヴェイの8名だ。船体には強烈な太陽光から船を守るためのシールドが装備され、酸素と食物を供給するため温室で植物が育てられている。

イカロス2号は順調に太陽に近づき、地球との通信も最後となる。キャパは家族に「朝起きていつもより太陽が明るく美しい朝ならそれが成功の証だ」とメッセージを送る。イカロス2号は水星に接近するが、その影響でハーヴェイが偶然救助信号を傍受する。それはイカロス2号の前に核爆弾をつんで太陽へ向かい、消息を絶ったイカロス1号からのものだった。クルーたちはイカロス1号の救助に向かうかどうかでもめるが、最終的に、イカロス1号につまれている核爆弾を予備として回収すべきと判断した。太陽への投下は予測困難な上、地球には核物質はもう残っていなかったからだ。イカロス2号は、太陽近くのイカロス1号に向け航路を切り替える。

サンシャイン2057のあらすじ【承】

突如船内に異常警報が鳴り響く。航路の手動修正を1人で引き受けていたトレイが、シールドの角度を変えるのを忘れてしまったのだ。シールドが太陽光に焼かれ、損傷してしまった。修理のためカネダ船長と、航路切り替えを最終判断したキャパが船外に出る事になった。幸いにもシールドは修理可能とわかり、一同は喜ぶ。しかし太陽の光は温室を直撃しており、菜園で火災が発生してしまう。メインコンピューター・イカロスは自動操縦に切り替え、温室を閉鎖、船体を回転させ始める。このまま船体が回転すれば、修理をしているカネダとキャパに太陽光が直撃してしまう。しかしメイスは人命よりも火災を止めて核爆弾を守るほうが重要と主張、カネダもそれに同意した。カネダはキャパを船内に戻らせ、1人で修理を終わらせる。しかし太陽光がカネダを直撃し、カネダは焼け死んでしまった。

トレイは自責の念で錯乱状態となり、自殺を止めるため精神安定剤で眠らされる。さらに温室の植物が燃え尽きてしまい、太陽到着まで酸素が持たないことがわかる。指揮を執ることとなったハーヴェイは、イカロス1号にドッキングして酸素を供給する事を決める。コラゾンは、キャシーとメイスを呼び出し、クルーが4人になれば酸素は持つと主張する。

サンシャイン2057のあらすじ【転】

イカロス2号はイカロス1号にドッキングし、キャパ、メイス、ハーヴェイ、サースの4人がイカロス1号に乗り込んだ。船内の植物質は無事で、酸素も食料も十分だった。危機に大きな故障も見られないが、クルーたちは計画を放棄し、展望室で太陽光を浴び灰となっていた。キャパはイカロス1号の船長・ピンバッカーの記録ビデオを発見する。そこに写ったピンバッカーは顔が変わり、絶望を語っていた。「人間は太陽の前では塵に過ぎず、神に逆らってはいけない」と語るピンバッカーの目には狂気が宿っていた。

突然船が大きく揺れる。何者かによってイカロス1号と2号が切り離されてしまったのだ。接続部分が損傷し再ドッキングは不可能、宇宙服は1人分しかなかった。ハーヴェイが副船長の自分が戻るべきと主張する中、メイスとサースは核爆弾を唯一取り扱えるキャパに宇宙服を着せた。メイスは船内の耐熱シートを巻いて脱出する計画を立てる。外から耐熱シートをシーリングするため、サースがイカロス1号に残る事となった。メイスとハーヴェイがキャパの両脇にしがみつき、イカロス2号へ向けて放り出される。キャパとメイスはイカロス2号に戻れたが、ハーヴェイは凍りつき亡くなってしまった。サースも展望室で太陽を見ながら自ら命を絶つ。

ハッチを切り離す事ができたのはトレイだけだ。トレイが死ねば目的地まで酸素が持つ事から、メイスたちはトレイ殺害を決める。しかしトレイはすでに自殺した後だった。そんな中、イカロスがキャパに告げたのは、「船内に、キャパたちのほかに後1人乗っている」という言葉だった。

サンシャイン2057のあらすじ【結】

キャパは5人目のいるという展望室へ向かう。そこにいたのはイカロス1号の船長ピンバッカーだった。いつの間にかこちらに乗り移っていたのだ。気の狂ったピンバッカーは「太陽は私のものだ」とキャパに襲い掛かってきた。ピンバッカーはイカロス計画を失敗させようとしていた。キャパは傷を負い、ハッチに閉じ込められてしまう。さらにピンバッカーはイカロスのメインフレームをはずしてしまう。

ピンバッカーは次に、温室に芽が出ているのを見つけたコラゾンを殺してしまった。キャパからの通信を受けたメイスは、超低温の液体に入って修理を行う。しかしメインフレームに足を挟まれ、液体から出られなくなってしまった。メイスはキャパに、核爆弾を本船から切り離し手動運転するよう伝え凍死した。一方キャシーはピンバッカーのすぐ近くにいた。キャシーはトレイの死体に襲い掛かったピンバッカーを刺す。

キャパは宇宙服を着てハッチから脱出、核爆弾の緊急発射を起動させる。核爆弾側に飛び移ったキャパだったが、ピンバッカーとキャシーも核爆弾側にいた。ピンバッカーの妨害に遭いながらキャパは核爆弾を手動操作し、核爆弾は3人を乗せたまま太陽へ突っ込んでいった。太陽の炎がキャパの体を包む。

地球では、キャパの姉が夜明けを待っていた。キャパの言ったとおり、地球に美しい朝日が差すのだった。

Amazon 映画『サンシャイン2057』の商品を見てみる