映画『メラニーは行く!』のネタバレあらすじ結末

メラニーは行く!の概要:ニューヨークで苦労して成功し、セレブな恋人からもプロポーズされ幸福の絶頂にいたメラニーには、どうしても清算しなければならない過去があった。メラニーは現在の成功を守るため、7年ぶりに故郷アラバマへと帰る。2002年公開のアメリカ映画。

メラニーは行く!の作品概要

メラニーは行く!

公開日:2002年
上映時間:109分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:アンディ・テナント
キャスト:リース・ウィザースプーン、ジョシュ・ルーカス、パトリック・デンプシー、キャンディス・バーゲン etc

メラニーは行く!の登場人物(キャスト)

メラニー・カーマイケル(リース・ウィザースプーン)
7年前に南部のアラバマからニューヨークへ出てきてファッションデザイナーとして成功し、さらに市長の息子と婚約する。しかし実はメラニーにはまだ離婚していない夫がいた。少女時代は筋金入りの悪ガキで、数々の武勇伝を残している。
ジェイク・ペリー(ジョシュ・ルーカス)
メラニーの夫であり初恋の人。ずっとメラニーを愛しているが素直になれない。故郷の仲間たちのリーダー格。ガラス会社を立ち上げ成功しているが、メラニーには隠している。
アンドリュー・ヘニングス(パトリック・デンプシー)
母親はニューヨークの市長であり、超セレブ。自分も政治家で将来の大統領候補と言われている。紳士的で優しい。
ボビー・レイ(イーサン・エンブリー)
メラニーの地元仲間。代々農園を経営する裕福な家庭に育ち実家は豪邸。実はゲイ。

メラニーは行く!のネタバレあらすじ

映画『メラニーは行く!』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

メラニーは行く!のあらすじ【起】

ニューヨークでデザイナーをしているメラニーは、初めての大きなショーを控えて緊張していた。恋人のアンドリューはそんな彼女のために、彼女の自宅を大量のバラで飾ってくれる。アンドリューは超セレブでハンサムな自慢の恋人だ。メラニーはアンドリューの愛に支えられ、ショーを成功させる。

ショーを終えたメラニーはアンドリューが用意したリムジンである場所へと連れて行かれる。そこはティファニーの店内だった。アンドリューは貸し切りにした店内でメラニーにプロポーズし、好きな指輪を選ばせてくれる。ニューヨーク市長をしているアンドリューの母親のケイトはこの婚約に反対だったが、イメージアップのためマスコミの前では笑顔を取り繕う。

しかしメラニーにもこの婚約を心から喜べない大きな秘密があった。実は彼女は7年前に故郷のアラバマで幼馴染みのジェイクと結婚しており、まだ離婚が成立していなかった。メラニーは過去を清算するため大急ぎでアラバマへ帰る。政治家として大いに体裁を気にするケイトも、部下にメラニーの過去を調べるよう命じていた。

メラニーは行く!のあらすじ【承】

メラニーは実家にも顔を出さず、まっすぐジェイクの家へ行く。突然帰ってきてすぐに離婚届へサインをしろと迫るメラニーとサインはしないというジェイクは大喧嘩になる。ついにジェイクは警察を呼び、メラニーは大昔の罪を問われて警察に連行される。メラニーは仕方なく父親に迎えに来てもらい、両親の暮らす実家へ帰る。

メラニーはジェイクにサインをさせるため、夫婦の共同口座にあった貯金を使い果たしてしまう。サインをしたら返金するというメラニーを家に残して、ジェイクはバーへ行ってしまう。仕方なくメラニーもバーへ行き、懐かしい仲間たちと再会する。しかしメラニーは酔っ払って仲間たちを侮辱し、ボビーがゲイだということまでバラしてしまう。酔いつぶれたメラニーをジェイクが家まで送ってやる。

翌朝、目を覚ましたメラニーの横にはジェイクのサインが入った離婚届があった。メラニーはジェイクにお礼を言い、ボビーにも謝りに行く。ボビーはメラニーがジェイクだけでなく仲間まで捨てたことを怒っていた。しかしメラニーの身辺調査に来たケイトの部下にメラニーがボビーの豪邸を自分の実家だと嘘をついていることを知ると、ボビーはメラニーと口裏を合わせてくれる。

メラニーは行く!のあらすじ【転】

故郷を古臭い時代遅れの町だとバカにしていたメラニーを仲間たちは優しく許してくれる。メラニーは故郷の温もりに触れ、ジェイクに対しても素直になっていく。メラニーは高校を卒業してすぐにジェイクの子供を妊娠し、そのまま結婚した。しかし若すぎた2人の結婚生活はうまくいかなかった。メラニーは流産してしまい、その時どこかホッとしている自分を恥じて家出をした。過去を思い出して泣いていたメラニーにジェイクは優しい言葉をかけてくれ、2人は思わずキスをしてしまう。

メラニーは自分の気持ちが揺れているのに気づいて、ニューヨークへ帰ることにする。ところがアンドリューがメラニーを驚かせようと思って内緒でアラバマへ来てしまう。ボビーの家をメラニーの実家だと思って訪ねたアンドリューは、そこでジェイクと会う。ジェイクはメラニーの嘘を隠して彼女のいる場所へアンドリューを案内してやるが、結局嘘はバレてしまい、アンドリューは怒って帰る。

メラニーは婚約解消を覚悟して実家へ戻る。そこへ父親がアンドリューを連れて帰ってくる。アンドリューはメラニーの嘘を許し、婚約者として両親に挨拶してくれる。メラニーはアンドリューに感謝して仲直りし、2人は結婚式をアラバマで挙げることにする。

メラニーは行く!のあらすじ【結】

ケイトはアラバマで式を挙げることも反対し、何よりもメラニーの嘘に怒っていた。しかしアンドリューは譲らず、諦めたケイトは市長の息子にふさわしい盛大な式の準備に取り掛かる。周囲が騒がしくなる中で、メラニーの心はなぜか晴れなかった。

結婚式の前日。友人とアラバマへ戻って来たメラニーは、空港で以前見て気に入ったグラスを見つけ、それを作っている会社へ行ってみる。その会社はジェイクがメラニーにふさわしい夫になるために、必死で大きくした会社だった。ジェイクはそれをメラニーに見てもらうまでは離婚届にサインをしたくないと考えていた。ジェイクの本心を知ったメラニーの心は大きく揺れ動く。

結婚式当日。今にも雨が降り出しそうな空模様の下で野外での盛大な結婚式が始まる。ところがヴァージンロードを歩き出したメラニーのもとに、離婚の手続きを頼んでいた弁護士がやってくる。なんとジェイクとの離婚届にメラニー自身がサインをするのを忘れていたのだ。みんなが見守る中、書類にサインするよう迫られたメラニーはどうしてもサインすることができない。メラニーはアンドリューに謝罪し、この結婚をなかったことにしてもらう。アンドリューは許してくれるが両家の親は大喧嘩となり、メラニーは自分の母親を侮辱したケイトを殴ってしまう。故郷の仲間たちはそんなメラニーを見て大喜びする。

その夜、メラニーとアンドリューは馴染みのバーで仲間たちに祝福され、改めて幸せな結婚式を挙げる。

Amazon 映画『メラニーは行く!』の商品を見てみる