映画『探偵はBARにいる』あらすじ・ネタバレ結末と感想

探偵はBARにいるの概要:2011年公開の日本映画。原作は「バーにかかってきた電話」で札幌を舞台に探偵二人組が事件を解決しようとするアクションミステリー作品。大泉洋の本格派シリアス演技が見られるシリーズの第一弾。

探偵はBARにいる あらすじ

探偵はBARにいる
映画『探偵はBARにいる』のあらすじを紹介します。

札幌すすき野のとある地下のbar。
ここに探偵(大泉洋)と、雇われバイトで相棒の高田(松田龍平)がいる。
店にかかる電話が依頼の電話なのだ。

ある日、女性の声でコンドウキョウコと名乗る人物から依頼が来る。
その内容は弁護士の南という人物に会い、2月5日に加藤がどこにいたのか尋ねてくれというものだった。
すぐに実行する探偵。
南は明らかに何かを知っているような動揺を見せた。
しかしこの後、探偵は何者かに拉致され雪原で生き埋めにされそうになる。
間一髪で何とか逃げ出した探偵だが、手の縄はわざとほどけるように結んであり何者かに忠告されていることに気が付く。

ある日取引のあるジャーナリストから紹介されたクラブに出かけると、美人ママの沙織(小雪)という女性に出会う。
彼女の夫は霧島(西田敏行)という社長で店を持たせてくれた人物だったが、2か月前に殺害されていた。
パーティーの帰り、店の前で絡まれている女性を助けて巻き添えをくったそうだ。

いきつけの喫茶店でパスタを頬張りながら仕事の依頼の情報をまとめていると、そこに気になるものを見つけた。
それは以前火事があったビルの事件で、コンドウキョウコという女性が亡くなったというものである。
今回の依頼主と同姓同名であることが気になり、ビル火災で亡くなった女性の母親を訪ねることにした。
同僚に聞いたところコンドウキョウコはビルで店を持っていたが、その出資金は足長おじさんに出してもらっていたと言っていたらしい。
その真実について聞きたかったからだ。
母親が口にした事実。
それは昔捨てられた夫ではないかということだった。
その夫とは霧島であるという。
霧島も娘のキョウコも殺害されたということになる。
ではキョウコを名乗った依頼人は何のためにそんなことをしているだろうか。

そんなある日夫を殺された沙織は、他の会社を経営する社長に乗り換え結婚が決まった。
どうやら彼女は業界で有名な悪女らしい。
探偵は財産目当てのために沙織が殺害したと疑い始める。
何者かが沙織に復讐をしようとしているのだろうか。
コンドウキョウコとは何者なのか。

探偵はBARにいる ネタバレ結末・ラスト

最後の依頼が来た。
それは沙織に電話をし、男二人が会いたいと言っているから小樽の喫茶店に来るよう伝えてくれというもの。
沙織の結婚式は3日後。
その3日の間小樽で沙織が来るのを待ち、写真を撮ってくれということだった。
探偵はずっとカメラを片手に待っていた、だが誰も来る様子は無い。
いよいよ披露宴の時刻がせまったその時、歯車がかみ合い探偵は沙織に電話をする。
コンドウキョウコは沙織なのではないかと。

沙織は全てを認め、探偵が座るベンチの下に手紙があるから読むように言い結婚式に向かった。
その手紙には霧島を本当に愛していたこと、その娘も霧島も加藤や南、これから結婚する社長たちに殺されたこと。
復讐を誓い全てを計画したと綴られていた。
急いで札幌の向かう探偵だったが間に合わなかった。
沙織は披露宴で3人を殺し、自分も拳銃自殺を図った後だったのだ。

探偵はBARにいる 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★★★
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2011年
  • 上映時間:125分
  • ジャンル:サスペンス、アクション
  • 監督:橋本一
  • キャスト:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行 etc

探偵はBARにいる 批評・レビュー

映画『探偵はBARにいる』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

ダンディーな大泉洋の魅力

この映画の魅力、それは何と言っても大泉洋のダンディーさ。
彼の作品を観たことない人でも大泉洋と聞くとコミカルで明るく大笑いの映画を想像するのではないだろうか。
ところがこの作品は大きく裏切ってくれる。
おふざけは封印し、男の魅力たっぷりなのだ。
冒頭からアクションシーンも満載で、俳優としての力量を思い知らされることになる。
特に歩き方や仕草が格好良く、スマートな探偵が描かれている。

相棒との掛け合い

相棒を演じているのが松田龍平。
もう少し弱々しい役柄なのかと思いきや度胸は一人前、タメグチ。
何よりポーカーフェイスでどんな危機に陥っても顔色一つ変えないのだ。
この役が相当はまっている。
冷静沈着を通り越して冷淡な感じさえする役なのだが、これが松田龍平以外考えられないほどピッタリなのだ。
少々感情的な探偵との愛称も良く、疲れないで観ることができる。

音楽センスの良さ

頭の部分からわかるBGMのセンスの良さ。
これが映画を何倍も魅力的にしている。
ホーン系のビッグバンド演奏はジャジーでブルース感たっぷりの曲。
これが盛り上がりのシーンでボリュームが上がってくるとわくわくしてくる。
探偵二人が並んで歩くシーンや、現場に向かうシーンはまさに本作品の見せ場。
探偵という男の臭いを漂わせるハードボイルド風の画が最高に格好良い。

探偵はBARにいる 感想まとめ

大泉洋とは何と面白い俳優だろう。
賑やかで明るくそれでいて上手い。
好きではないかもしれないが大嫌いな人を知らない、そんな人である。
中でも本作品は物語性もあり、アクションもあり、俳優の味もちゃんと出ているクオリティーの高い作品である。

特に大泉洋と松田龍平のアンバランスでいながら見事にマッチしている、そんな感想が似合う二人。
他の映画では楽しむことができない可能性を存分に引き出している。
相棒のスタッフが製作しているということもあるのか、相棒映画を作るのには慣れている感じがする。
また、お洒落でジャジーな音楽が質の良い映画を作り上げている。
良い作品とはすべてのバランスが良いこのような映画のことを言うのかもしれない。

Amazon 映画『探偵はBARにいる』の商品を見てみる

関連作品