映画『探偵はBARにいる』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「探偵はBARにいる」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいるの概要:東直己の小説を題材に実写映画化。現在第3弾の上映まで決定している人気作で、松田龍平と大泉洋の凸凹コンボのやり取りは必見。松田龍平の本格アクション、そして大泉洋のテンポのよいコメディシーンも見どころ。

探偵はBARにいるの作品概要

探偵はBARにいる

公開日:2011年
上映時間:125分
ジャンル:コメディ、サスペンス
監督:橋本一
キャスト:大泉洋、松田龍平、小雪、西田敏行 etc

探偵はBARにいるの登場人物(キャスト)

探偵(大泉洋)
北海道、ススキノで探偵を営む人物。幅広い人脈を持ち、捉えどころのない性格をしている。
高田(松田龍平)
探偵の相棒兼ボディーガード。普段は大学で助手を務めている。空手の達人。
沙織(小雪)
高級クラブ、コンチェルトを営む女性。亡き霧島の元妻。
霧島(西田敏行)
一年前に殺された沙織の夫。心優しい人物。
岩淵貢(本宮泰風)
暴力団、花岡組の次期組頭。沙織との結婚が決まっている。

探偵はBARにいるのネタバレあらすじ

映画『探偵はBARにいる』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

探偵はBARにいるのあらすじ【起】

毎日多くの人で賑わう札幌、ススキノ。そんなススキノを自由気ままに渡り歩く人物がいます。その男はススキノで探偵を営んでいますが、個人事務所を持ってはいませんでした。その代わりに、彼は『ケラーオオハタ』という行きつけのバーの名刺を持ち歩いており、何か彼に依頼をしたい際にはそこのバーに電話をかけるというシステムを取っています。探偵は、現在大学で助手をしており空手の達人でもある高田という男を、相棒兼ボディーガードとして雇っていました。

そんな一風変わった探偵の元に持ち寄られるのは少し変わった依頼ばかりです。その日探偵に依頼を持ち込んできたのは、コンドウキョウコという女性でした。その依頼内容は、自分の代わりに南という弁護士に面会し、昨年2月5日にカトウという人物が何をしていたかを聞いてきて欲しい、というものでした。

一見簡単な内容でしたが、その仕事の最中に探偵は何者かに急に襲われ、雪の中に埋められてしまいます。そして、これ以上首を突っ込むなという脅しを受けるのでした。

探偵はBARにいるのあらすじ【承】

しかし、負けず嫌いな探偵がそこで大人しく引き下がるわけがありませんでした。探偵は自分を襲った男達を密かに尾行します。すると、彼等はしばらく車を飛ばした後、「則天道場」という場所に入って行きました。後に探偵が調べたところによると、道場と銘打ってはいるものの、実はそこは花岡組という暴力団のアジトだったのです。

それから、探偵は徹底的に花岡組について調べ上げました。すると、最近花岡組は地上げのために皆楽会館という建物に火をつけ、その中にいた人物を一人殺していたのでした。そして死者の名前こそが、近藤京子という女性だったのです。つまり、コンドウキョウコの名を語り探偵に依頼をしてきた人物が別にいるという事でした。

しかし、流石の探偵も一体自分に電話をかけてきた人物が誰であったのかを特定するまでには至りませんでした。そしてその事件は、容疑者と思われる人物がシンナー中毒で死亡するという奇妙な最後を迎えていたのです。

探偵はBARにいるのあらすじ【転】

そこで、行き詰まった事件を進展させるため、探偵は今回の事件の被害者である近藤京子について調べることにしました。すると、近藤京子の生い立ちは少し複雑なものでした。彼女が長年父親と信じていた人物は実は母親の再婚相手で、本当の父親は別にいました。そして、彼女には足長おじさんと呼んでいた存在がいたのですが、その足長おじさんこと霧島こそが近藤京子の本当の父親だったのです。

探偵は霧島について調べようとしますが、霧島は既に去年亡くなっていました。どうやら、たまたま見かけてしまった誘拐の現場に割って入り、そこで殺害されてしまったという事でした。近藤京子は霧島が父親と言うことは知らなかったものの彼に恩義を感じており、最後まで地上げに抵抗したのも、足長おじさんがくれた店を手放したくないと言う理由からでした。

探偵は霧島の妻、霧島沙織が”コンドウキョウコ”なのではないかと疑いますが、本人にハッキリと否定されてしまいます。

探偵はBARにいるのあらすじ【結】

そして、沙織は花岡組の組頭の息子、つまり次期組長である岩淵貢との再婚が決まっていました。「コンチェルト」という高級クラブを営める程の沙織の美貌とトーク力に岩淵が惚れこんだ末の結婚です。しかし、全ては沙織が仕組んだことでした。沙織は探偵の睨んだ通り、コンドウキョウコとして探偵に依頼を持ちかけていました。

花岡組は探偵の調べ通り、皆楽会館の土地を手に入れるために火事に見せかけて近藤京子を殺していました。そして霧島が、愛する娘の死因を調べていたところその事にたどり着いたのでした。そして、真実を知ってしまった霧島を殺害するべく誘拐事件などを仕立て上げ、全て計算の上で霧島を始末したのでした。沙織は、愛する霧島の死因を知った時、花岡組への復讐を誓いました。

そして結婚式当日、ウェデングドレスを身に纏った沙織はこっそり持ち込んだ銃を乱射させ、花岡組の幹部を次々と殺害するのでした。そして最後に自分に向けて引き金を引き、全てに決着をつけました。その事を知った探偵は、バーで遣る瀬無い気持ちになるのでした。

探偵はBARにいるの解説・レビュー

ダンディーな大泉洋の魅力

この映画の魅力、それは何と言っても大泉洋のダンディーさ。
彼の作品を観たことない人でも大泉洋と聞くとコミカルで明るく大笑いの映画を想像するのではないだろうか。
ところがこの作品は大きく裏切ってくれる。
おふざけは封印し、男の魅力たっぷりなのだ。
冒頭からアクションシーンも満載で、俳優としての力量を思い知らされることになる。
特に歩き方や仕草が格好良く、スマートな探偵が描かれている。

相棒との掛け合い

相棒を演じているのが松田龍平。
もう少し弱々しい役柄なのかと思いきや度胸は一人前、タメグチ。
何よりポーカーフェイスでどんな危機に陥っても顔色一つ変えないのだ。
この役が相当はまっている。
冷静沈着を通り越して冷淡な感じさえする役なのだが、これが松田龍平以外考えられないほどピッタリなのだ。
少々感情的な探偵との愛称も良く、疲れないで観ることができる。

音楽センスの良さ

頭の部分からわかるBGMのセンスの良さ。
これが映画を何倍も魅力的にしている。
ホーン系のビッグバンド演奏はジャジーでブルース感たっぷりの曲。
これが盛り上がりのシーンでボリュームが上がってくるとわくわくしてくる。
探偵二人が並んで歩くシーンや、現場に向かうシーンはまさに本作品の見せ場。
探偵という男の臭いを漂わせるハードボイルド風の画が最高に格好良い。

探偵はBARにいるの感想まとめ

大泉洋とは何と面白い俳優だろう。
賑やかで明るくそれでいて上手い。
好きではないかもしれないが大嫌いな人を知らない、そんな人である。
中でも本作品は物語性もあり、アクションもあり、俳優の味もちゃんと出ているクオリティーの高い作品である。

特に大泉洋と松田龍平のアンバランスでいながら見事にマッチしている、そんな感想が似合う二人。
他の映画では楽しむことができない可能性を存分に引き出している。
相棒のスタッフが製作しているということもあるのか、相棒映画を作るのには慣れている感じがする。
また、お洒落でジャジーな音楽が質の良い映画を作り上げている。
良い作品とはすべてのバランスが良いこのような映画のことを言うのかもしれない。

Amazon 映画『探偵はBARにいる』の商品を見てみる

関連作品