『ターミネーター2』あらすじとネタバレ映画批評・評価

ターミネーター2の概要:「ターミネーター2(T2)」(原題: Terminator 2: Judgment Day )は、1991年のアメリカ・フランスの合作映画。監督は前回同様、ジェームズ・キャメロン。主演も前回同様アーノルド・シュワルツェネッガー。サラ・コナーズ役にリンダ・ハミルトン。サラの息子(子役)には、エドワード・ファーロング。

ターミネーター2

ターミネーター2 あらすじ

映画『ターミネーター2』のあらすじを紹介します。

最初のターミネーター出現から10年後の1994年、3年後に人類滅亡の危機が迫っていた。ある日ロサンゼルスに2体のターミネーターが未来から送り込まれる。

1つは未来社会を支配する軍用コンピューター「スカイネット」から送り込まれたT1000型(ロバート・パトリック)。未来の指導者として運命を背負い1994年に生きている少年ジョン・コナー(エドワード・ファーロング)の抹殺指令を担うT1000は、形状記憶擬似合金で作られ、触ればどのような物体にも変化可能で、戦闘能力は以前の101型をはるかに凌ぐものだった。もう1つは未来のジョン・コナー自身が送りこんだT800型(アーノルド・シユワルツェネッガー)で、1994年のジョンを守る使命をインプットされていた。

ジョンは養子に出され、母のサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)は、三年後に核戦争が勃発し人類が滅亡するという危機を人々に訴えようとし、精神病院に収容されていた。やがてジョンを狙ってT1000の執拗な追跡が始まった。彼は姿を変えながらどこまでもジョンを追いかけるが、T800がジョンの前に立ちふさがりT1000を撃退し、そしてT800はジョンを守るために未来から来たと告げる。ジョンはT800に心を開き、精神病院に閉じ込められたサラを救い出そうと病院に向かう。サラは厳重な警備体制を抜け出し息子のジョンと再会するも、過去に自分を殺そうとしたターミネーターにうりふたつのT800を疑うが、次第に彼を信頼を置くようになり、人類を滅亡の危機から救うため三人で共に行動を開始する。

人類滅亡の危機を招く原因となる新型コンピューターチップの研究をストップさせるために、メキシコで武器を調達したサラは、一人で研究所員マイルスの家を襲撃する。そこへ駆けつけたジョンとマイルスの家族たちに止められたサラは、マイルスに研究所を破壊するように懇願する。サラの言葉を信じたマイルスと共に、三人は研究所の厳重な警備をくぐり抜け、保管されていたターミネーターの腕とチップの入手に成功した。

やがてT1000の追跡が再び始まり、人類の運命を左右する決着の場面を迎えた。

ターミネーター2 評価

  • 点数:80点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1991年
  • 上映時間:137分
  • ジャンル:SF、アクション、サスペンス
  • 監督:ジェームズ・キャメロン
  • キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、エドワード・ファーロング、リンダ・ハミルトン、ロバート・パトリック、アール・ボーエン etc…

ターミネーター2 批評 ※ネタバレ

映画『ターミネーター2』について、2つ批評します。※ネタバレあり

前作を遙かに凌ぐスケールアップ

前作のターミネーターの翌年、「コマンドー」で一躍有名になったシュワルツェネッガーは、続々とヒット作の主演を続け、ジェームズ・キャメロンも「ランボー/怒りの脱出」などで大作を任せられる監督になっていた。前作から6年の間に話題作への監督・出演で時の人となっていた二人が作った「T2」は、B級作品として扱われていた1を、メジャーに引き上げるほど有名にしてしまった。この映画は1を観なくても充分に楽しめる特殊効果が売りになっており、タイムパラドックスの謎もさほど気にならない。制作費140億円というとてつもない金額に、最新のVFXが随所に導入され、エンターテインメントの要素が強く表れているのが大ヒットの理由だろう。日本でも空前のヒットになりTV番組でもパロディされるような状況になったのは記憶に新しい。
そしてサラの子供であるジョンと、シュワちゃん演ずるT800の親子とも言えるような絡みが、重いストーリーの中で清涼剤のような効果となっているのも成功の要因だろう。前作では人類の敵として現れたターミネーターが、本作では未来のジョンが送ってきた人類の味方という、ヒーローが登場したわけである。ヒーロー作品で有名になったシュワちゃんに少年が絡んでくるとヒットしないわけがなく、それに当時最新の映像技術といえば宣伝する部署にも力が入っただろう。出来映えは今見ても文句なしという感じで、カーアクションや対決シーンに及ぶまで入念に作られており、重厚なテーマにしては画面の中に暗さが見えない。ハリウッドでの役者と監督の地位はこの作品で不動のものになった。

新しいハリウッドスターの転換期

ハリウッドは1970年後半から転換期を迎え、90年代でピークを迎えたのではないだろうか。撮影技術の進化に伴い、アクションスターが次々と頭角を現してきたのも80年代の大きなムーブメントだっただろう。1976年のロッキーに出演したシルベスター・スタローンを筆頭に、メル・ギブソン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリス、ハリソン・フォード、エディ・マーフィ、ケビン・コスナー、トム・ハンクスなど、今や押しも押されぬスターが続々と大ヒットを飛ばし続け、何を観に行こうかと迷うほど多くの作品が作られ続けた。「T2」は90年代でも4つのオスカーに輝き、一際ヒットした作品ではないだろうか。コマンドーなどで有名になってはいたものの、あまり一般受けしていなかったシュワちゃんもこの作品で開花した感じがする。

まとめ

正月や大きな連休がある度に「T2」はテレビで再放送され、もう見飽きたというほど観たにも拘わらず、そういいながら再び観たらやっぱり面白かったという余韻が残る映画だ。2時間半の放送内容があっという間に過ぎてしまい、気がつけば画面に見入っているという状況であるが、これで完結というイメージが強いので3は殆ど観る気がしない。とうとう5が作られているようだが、さてどうなることやら。

Amazon 映画『ターミネーター2』の商品を見てみる

関連作品

次作 ターミネーター3
前作 ターミネーター