映画『ターミネーター2』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ターミネーター2」のネタバレあらすじ結末と感想

ターミネーター2の概要:映画史に名を残す名作、『ターミネーター』の続編。前作でサラ・コナーを襲ったアーノルド・シュワルツェネッガー演じるターミネーターが、今作ではなんと味方に。激しい戦いが再び始まる。

ターミネーター2の作品情報

ターミネーター2

製作年:1991年
上映時間:137分
ジャンル:SF、アクション
監督:ジェームズ・キャメロン
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロング、ロバート・パトリック etc

ターミネーター2の登場人物(キャスト)

T-800(アーノルド・シュワルツェネッガー)
前作でサラ・コナーを襲ったターミネーターと瓜二つの外見をした存在。ジョンを守るため、未来のジョンから送り込まれた。
サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)
ジョンの母親。人類が滅亡することを訴えていたために、精神疾患を疑われ病院に収容された。T-1000に命を狙われる。
ジョン・コナー(エドワード・ファーロン)
サラ・コナーの息子。将来抵抗軍のリーダーとなる存在のため、命を狙われている。
T-1000(ロバート・パトリック)
ジョンを殺害するために未来から送られてきた、最新型のターミネーター。触れた物に擬態する能力を持つ。
マイルズ・ダンソン(ジョー・モートン)
将来、ターミネーターの要となるマイクロチップを開発することになる研究者。本人はその事実をまだ知らない。

ターミネーター2のネタバレあらすじ

映画『ターミネーター2』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ターミネーター2のあらすじ【起】

普通の人生を送ってきたサラ・コナーと、彼女の命を狙い未来から送り込まれてきたターミネーターとの戦いから10年が経過した現代。彼女はジョン・コナーという男の子を授かっていたが、二人は一緒には暮らしてはいなかった。実は、先日の戦いで知った、1997年8月29日に勃発する核戦争によって人類が絶滅することを訴えたサラは、精神異常として病院に無理矢理入院させられてしまったのだ。

しかし、養父母に引き取られたジョンはそのことを知らず、母親が自分のことを捨てたと考えていた。そのこともあり荒れた生活を送るようになったジョン。しかし、その頃ジョンの知らないところで再び事件が起きようとしていた。サラ・コナー殺害に失敗したスカイネットが、再び現代にターミネーターを送り込んできたのだ。

しかし、今回のターゲットはサラではなく、ジョンだった。そして、ジョンが友人らとゲームセンターで遊んでいると、そこに新型ターミネーター、T-1000が姿を見せたのだった。

ターミネーター2のあらすじ【承】

最新型であるT-1000には触れた物に擬態できるという能力が新たに搭載されており、その恐ろしい力を持ってT-1000はジョンに迫ってくる。しかし、そこに突如としてもう一体のターミネーターが現れた。すると、T-800、やや旧型のそのターミネーターは、なぜかジョンをその場から救い出したのだ。

そのT-800を派遣したのは、他でもない未来のジョン自身だった。ジョンは、幼い頃の自分を守るため、T-800のプログラムを調整すると、この時代へと送り込んだのだ。そして、ジョンはT-1000がサラの命も狙っていることを知る。病院に乗り込もうとするジョンを一度は止めるT-800だったが、ジョンの命令が最優先の彼は、ジョンに従い病院へと向かうのだった。

そして、病院には既にT-1000の姿があった。なんとかサラを助け出した二人。しかし、T-800はかつてサラの命を奪いかけた例のターミネーターと外見が全く一緒であった。そんなT-800を恐れるサラだったが、ジョンの説得を受け、共に車で逃げることになる。

ターミネーター2のあらすじ【転】

そして、ターミネーター達を作り出すために必要なマイクロチップを完成させるのが、未来のマイルズ・ダイソンという人物であることを知ったサラは、マイクロチップ完成を防ぐため、単独でマイルズの家へと向かうのだった。侵入に成功したサラは、手にしていた銃をマイルズに突きつける。しかし、最後まで妻と子供の命を守ろうとするマイルズのその姿に、とうとうサラはマイルズを殺すことはできないのだった。

遅れて駆けつけたジョンとT-800。混乱するマイルズの前で、T-800は自らの腕をもぎ取り、自身が人間ではなくターミネーターと呼ばれる存在であることを証明した。そして、マイルズが将来サイバーダイン社でターミネーターに繋がるマイクロチップを作ること、結果的にそれが人類滅亡に繋がることを告げる。

そのことを知ったマイルズは彼らに協力し、社に保管されているチップと研究を破壊することにするのだった。しかし、忍び込んだ会社で警備に見つかってしまった一行。そこで、マイルズは自らの命を犠牲に、会社を爆発させたのだった。

ターミネーター2のあらすじ【結】

しかし、それでもなおT-1000は3人の後を追ってきていた。迫り来るT-1000に対抗しながら逃げ続ける一行。一度は液体窒素によってT-1000を凍らせ、そして、それを破壊することに成功したものの、辿り着いた製鉄所の熱によって、たちまち再生してしまうのだった。

T-800も重傷を負い、最早これまでかとサラとジョンが諦めかけた時だった。予備電源によって復活したT-800が、T-1000を溶鉱炉へと突き落とし完全に破壊することに成功したのだった。マイルズの研究データも失われた今、未来の世界でターミネーターが誕生することはなくなった。しかし、もう一つだけターミネーターのマイクロチップが残っていた。T-800の中に残っている物である。

T-800は自らも溶鉱炉に入ることで、完全にターミネーターの誕生を食い止める必要があることを告げる。しかし、ジョンにとってT-800は、ただのターミネーターではなくかけがえのない友人のような存在になっていた。涙を流すジョンに対して、T-800はサムズアップをしながら、溶鉱炉へと入って行くのだった。

関連作品

次作 ターミネーター3
前作 ターミネーター

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①前作を遙かに凌ぐスケールアップ

    前作のターミネーターの翌年、「コマンドー」で一躍有名になったシュワルツェネッガーは、続々とヒット作の主演を続け、ジェームズ・キャメロンも「ランボー/怒りの脱出」などで大作を任せられる監督になっていた。前作から6年の間に話題作への監督・出演で時の人となっていた二人が作った「T2」は、B級作品として扱われていた1を、メジャーに引き上げるほど有名にしてしまった。この映画は1を観なくても充分に楽しめる特殊効果が売りになっており、タイムパラドックスの謎もさほど気にならない。制作費140億円というとてつもない金額に、最新のVFXが随所に導入され、エンターテインメントの要素が強く表れているのが大ヒットの理由だろう。日本でも空前のヒットになりTV番組でもパロディされるような状況になったのは記憶に新しい。
    そしてサラの子供であるジョンと、シュワちゃん演ずるT800の親子とも言えるような絡みが、重いストーリーの中で清涼剤のような効果となっているのも成功の要因だろう。前作では人類の敵として現れたターミネーターが、本作では未来のジョンが送ってきた人類の味方という、ヒーローが登場したわけである。ヒーロー作品で有名になったシュワちゃんに少年が絡んでくるとヒットしないわけがなく、それに当時最新の映像技術といえば宣伝する部署にも力が入っただろう。出来映えは今見ても文句なしという感じで、カーアクションや対決シーンに及ぶまで入念に作られており、重厚なテーマにしては画面の中に暗さが見えない。ハリウッドでの役者と監督の地位はこの作品で不動のものになった。

    ②新しいハリウッドスターの転換期

    ハリウッドは1970年後半から転換期を迎え、90年代でピークを迎えたのではないだろうか。撮影技術の進化に伴い、アクションスターが次々と頭角を現してきたのも80年代の大きなムーブメントだっただろう。1976年のロッキーに出演したシルベスター・スタローンを筆頭に、メル・ギブソン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリス、ハリソン・フォード、エディ・マーフィ、ケビン・コスナー、トム・ハンクスなど、今や押しも押されぬスターが続々と大ヒットを飛ばし続け、何を観に行こうかと迷うほど多くの作品が作られ続けた。「T2」は90年代でも4つのオスカーに輝き、一際ヒットした作品ではないだろうか。コマンドーなどで有名になってはいたものの、あまり一般受けしていなかったシュワちゃんもこの作品で開花した感じがする。

  2. 匿名 より:

    正月や大きな連休がある度に「T2」はテレビで再放送され、もう見飽きたというほど観たにも拘わらず、そういいながら再び観たらやっぱり面白かったという余韻が残る映画だ。2時間半の放送内容があっという間に過ぎてしまい、気がつけば画面に見入っているという状況であるが、これで完結というイメージが強いので3は殆ど観る気がしない。とうとう5が作られているようだが、さてどうなることやら。