映画『バンク・ジョブ』あらすじとネタバレ感想

バンク・ジョブの概要:「バンク・ジョブ」(原題:The Bank Job)は、2008年のイギリス映画。監督は「リクルート」、「世界最速のインディアン」のロジャー・ドナルドソン。主演は「トランスポーター1・2」、「アドレナリン」などのジェイソン・ステイサム。共演には「トロイ」、「再会の街で」のサフロン・バロウズなど。ノンクレジットだが、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが銀行員としてチョイ役の出演をしている。

バンク・ジョブ あらすじ

バンク・ジョブ
映画『バンク・ジョブ』のあらすじを紹介します。

1971年、ロンドンで中古車店を経営するテリー(ジェイソン・ステイサム)は、借金取りに怯える辛い日々を過ごしていた。そんなある日、昔なじみのマルティーヌ(サフロン・バロウズ)から、ある強盗計画を持ちかけられる。それはロンドンのベイカー・ストリートにあるロイズ銀行の貸金庫を襲うという話であり、警報装置の故障による設備交換のため、セキュリティが無防備になったところを侵入する安全な計画だという。躊躇しながらも話に乗ったテリーは、仲間を集め準備を進める。そして9月のある日曜日、テリーたち一味は予め掘っていたトンネルから地下金庫へ侵入し、数百万ポンドにも及ぶ現金と宝石類を強奪し行方をくらませる。事件の捜査に当たったロンドン警視庁は何の証拠も掴む事ができず、一人として犯人を逮捕することができなかった。事件は連日トップニュースとしてマスコミで報じられるが、数日後に突如すべての報道が打ち切られてしまった。その真意はイギリス政府が歴史上に数回しか発したことのない、「D通告(国防機密報道禁止令)」を発令したためである。犯人たちが強奪した金品の中にはイギリス王室最大のタブーとされる、英国全土を揺るがすような王女のスキャンダル写真が含まれており、その他にも政府高官や裏社会の顔役、汚職警官らが預けていた決して公にすることのできない秘密の証拠も含まれていた。そのような経緯から、寄せ集めの小悪党集団にすぎなかったテリーをはじめとする7人の実行犯は、筋金入りのプロの刺客に狙われるようになる。やがて一人また一人と犯人たちは追いつめられ、強奪した“秘密”を巡る命懸けのやりとりが繰り広げられてゆく。

バンク・ジョブ 評価

  • 点数:点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2008年
  • 上映時間:110分
  • ジャンル:サスペンス、アクション
  • 監督:ロジャー・ドナルドソン
  • キャスト:ジェイソン・ステイサム、サフロン・バロウズ、リチャード・リンターン、スティーヴン・キャンベル・ムーア etc

バンク・ジョブ ネタバレ批評

映画『バンク・ジョブ』について、感想批評です。※ネタバレあり

凝った演出に好感が持てるクライムサスペンス

イギリスで1971年に起こった実話を元に、王室スキャンダルが絡んだ大規模な銀行強盗事件のストーリーを描いたクライムサスペンスである。エンターテイメント性と実話のリアリティのバランスが巧みに描かれている。テリーたちの強盗団に英国諜報部、政府高官や黒人左翼活動家に汚職警官など、複雑に絡み合った人間関係をテンポ良く見せる秀逸な演出が小気味よく、シークエンスの繋ぎもカメラワークもバラエティ感に富み、スリリングな展開へと向かうクライマックスは見応え抜群である。ジェイソン・ステイサムが主演ではあるがアクションがメインというわけでもなく、しっかりとした構成の下で展開されるサスペンスの王道的なストーリーが意外でもあり、良い意味での裏切られた感が印象に残る佳作である。

細かな演出で見所が多い内容

話の筋もクライマックスも予定調和的に読むことは出来ながら、ついつい引き込まれるテンポの良さと緩みのない緊迫感は見事である。銀行へ侵入するまでのスリリングな展開と、その背後で蠢く人間関係など緊張感の演出も上手い。犯罪ものの特徴である小技も効いており、リアルで細かい演出が随所に窺え、作品中の見所が多く次第に目が離せなくなってくる。しかしながらマーガレット王女のエロいスキャンダル写真なんか、王室がとっとと破棄すればよいものを、なんで金庫に残していたりするのだろう。その辺の理由なんかも明確になっていればもっと面白くはなっていただろうと勝手に想像してしまった。何となくではあるが、時代をひっくり返そうと野望を持っている輩がどこにでもいるんだなとは感じた次第である。

バンク・ジョブ 感想まとめ

スナッチ」以来、ジェイソン・ステイサムの活躍振りにはめざましいものがある。決してイケメンではないが、ダンディで個性豊かな風貌はどんな役でもこなせる役者のオーラが漂っている。「トランスポーター」シリーズや「アドレナリン」では、そのオーラ全開でアクションを見せてくれたが、本作は少々抑え気味ながらシリアスな一面で映画全体のテンションを高める演技を見せている。「エクスペンダブルズ」のシリーズでも、スタローンや他の大物役者を喰うような演技が記憶に新しいが、過去の出演作品でも期待を裏切られたことはなく、アクション映画以外でどのような役を演じられるかが、この先も楽しみな俳優である。

Amazon 映画『バンク・ジョブ』の商品を見てみる