『しあわせの隠れ場所』あらすじとネタバレ映画批評・評価

しあわせの隠れ場所の概要:2009年アメリカ映画(原題:Blind Side)。ドラフト1巡目で指名されNFLデビューを飾った選手、マイケル・オアーの実話を描いた映画。

しあわせの隠れ場所

しあわせの隠れ場所 あらすじ

映画『しあわせの隠れ場所』のあらすじを紹介します。

舞台はミシシッピ州のメンフィス。
カトリック学校ウィンゲート高校に通うマイケル・オアーは母親が薬物依存で幼い時に児童福祉施設に引き取られ、父親は行方不明でしばらくあっていない。
まともな洋服も無く寝るところの確保すら難しい彼は、感謝祭の前日の寒い夜に寝場所を求めて既に閉まっている体育館に向かって歩いていた。

同じ学校に息子SJと娘コリンズを迎えに来た裕福な白人女性、リー・アン・テューイ(サンドラ・ブロック)は一人で寒そうに歩いているマイケルに声をかけた。
言われるがまま車に乗り自宅で休ませてもらうマイケル。
私生活に事情があるのに気がついたテューイ夫妻は、彼に部屋を与えしばらくおいてあげることに決めた。
勉強についていけなかったマイケルだが徐々に学力が向上したため、体格の良さと運動神経をいかしアメフト部へ入部することに。

性格が素直な彼は大事にしてくれるテューイ家のためにも一生懸命練習に取り組み、すぐに才能を開花させていく。
SJやコリンズ、夫妻からも家族の一員として認められたマイケルは無事に高校を卒業し、夫妻の母校ミシシッピ大学へのスポーツ奨学金制度を手にすることができた。

その後今までの生活のような苦労をすることもなく家族に支えられ学業とスポーツに打ち込むことができたマイケルは、ドラフト1巡目で指名されNFLデビューすることとなった。

しあわせの隠れ場所 評価

  • 点数:85点/100点
  • オススメ度:★★★★☆
  • ストーリー:★★★★☆
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:2009年
  • 上映時間:128分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ジョン・リー・ハンコック
  • キャスト:サンドラ・ブロック、クィントン・アーロン、ティム・マッグロウ、キャシー・ベイツ etc

しあわせの隠れ場所 批評 ※ネタバレ

映画『しあわせの隠れ場所』について、3つ批評します。※ネタバレあり

実話とは思えないサクセスハートフルストーリー

一人寂しそうに歩く彼が気になって声をかけた夫妻が、その後彼の後見人にまでなってしまうという驚きの物語。
いくら裕福だからといって、自分の子供が2人もいるのに本当の子供のように他人を愛すことができるこの夫妻は本当に凄い。

また、本当の兄弟だと受け入れてくれる子供2人もまた人間として尊敬すべき人格の持ち主である。実の母親との再会やどちらちと暮らすのかを悩むシーンが出てくるのかと思いきや、マイケルはこの家族だけを家族として生きていく道を選んでいるところも見ているものとしては気持ちが良い。
映画は想像した通りになると面白くないものだが、この映画は思った通りに進んでいいくことを願ってします物語である。

最初に学校に入れてくれた人たちは?

物語の中心となってマイケルを支えていくのはテューイ一家だが、そもそもこのカトリック学校に入れてくれた人と一緒に入学した子供は誰だったのでしょう?
もちろん映画的にはメインの登場人物だけで十分ではあるが、もう少しマイケルのバックグラウンドをしっかり描いてくれたら良かったと思う。
その上で受け入れてくれ本当の家族になっていく様を見せてくれたらもっと感動していたに違いない。

アカデミー賞主演女優賞受賞

元々演技派女優として人気があるサンドラ・ブロックだが、この役は当たり役といっても良い。彼女はシリアスなものより、ラブコメや明るくて前向きな女性を演じている方がしっくりくるのである。
そういう意味ではこの役はまるで本物のサンドラが行っているかのような錯覚に陥り、まんまと映画にはまりこんでしまう。
実話とは言え、一見偽善とも取れるこの行為はサンドラがやるからこそ本物になり現実的なものへと変化させられていく。
この映画がよりリアルなものに近づいていけたのだと思う。

まとめ

アメリカ映画らしいしっかりとした作りの良作である。
物語がきちんとしている映画は意見が分かれやすく、評価が難しいところであるがこの映画は違う。
平均的に良作だと思う鑑賞者が多いのだという。
その影には誰もが持っている良心や親切心を、代わりにこの映画がしてくれているからではないのだろうか?
困っている人がいれば助けたくなるのは人として当然ではあるが、中々できたものではない。特にアメリカのような銃社会ではそう簡単に人を家に泊め、世話を焼くということは難しいと考える人も多いであろう。

しかしこの夫妻は自分の気持ちのままやってのけてしまう。
夫人の性格を熟知している夫もまた偉く、性格が非常に良い。
本心は誰もがこうでありたいと願う人物像がそのまま描かれているので羨ましくもあり、尊敬の念もありというところで人気が高いのかもしれない。

Amazon 映画『しあわせの隠れ場所』の商品を見てみる