映画『ザ・ディープ(2012)』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ザ・ディープ(2012)」のネタバレあらすじ結末

ザ・ディープ(2012)の概要:1984年ウエストマン島、グッリは仲間の漁師と共に、夜明け前から漁に出かけて行った。網を海に投げ込むと、網が何かに引っ掛かり、船が転覆してしまう。グッリ達は水温5℃の海に投げ出されてしまう。

ザ・ディープの作品概要

ザ・ディープ

製作年:2012年
上映時間:95分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:バルタザール・コルマウクル
キャスト:オラフル・ダッリ・オラフソン、ヨハン・G・ヨハンソン、スロストゥル・レオ・グンナルソン、テオドール・ユーリウソン etc

ザ・ディープの登場人物(キャスト)

グッリ(オラフル・ダッリ・オラフソン)
漁師。乗っていた船が沈没してしまい、海に投げ出される。水温5℃の海から、奇跡の生還を果たす。片思いしている女性に声を掛けることもできない、奥手な性格。
パッリ(ヨハン・G・ヨハンソン)
グッリの幼馴染、漁師仲間。妻のハツラとの間に、幼い2人の子供達がいる。
ヨン(ステファン・ハルール・ステファンソン)
グッリの漁師仲間。船の操縦を担当していた。味覚がおかしく、濃い目の珈琲じゃないと味が分からない。
ラッギ(ウォルター・グリムズソン)
グッリの船のコック。コックの仕事をするため、本島からウエストマン島に来ていた。幼い頃、ウエストマン島に住んでいたことがある。
ラウルス(スロストゥル・レオ・グンナルソン)
奇跡の生還を果たしたグッリに興味を持ち、研究を行う。

ザ・ディープのネタバレあらすじ

映画『ザ・ディープ(2012)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ザ・ディープのあらすじ【起】

1984年ウエストマン島、大西洋、アイスランド沖。グッリは立ち寄ったバーで、仕事のために島に来た若者と出会う。その若者は、グッリの漁船に乗る予定のコックのラッギだった。ラッギは彼氏のいる女性に手を出して揉めていたため、グッリが仲裁に入り、ラッギを助けた。

嵐が収まったため、漁に出ることが決まった。漁師達は家族に別れを告げると、船に集まり出航の準備を行った。道には雪がまだ残っており、とても寒い日だった。グッリは仲間から、片思いをしている女性に声を掛けなかったのか聞かれるが、女性の家の前まで行ったことを言えず、適当に誤魔化した。

ラッギはヨンにご飯を運ぶため操縦室に向かうと、窓から見える綺麗な景色に感動した。ラッギはかつてウエストマン島に住んでいたことがあった。ヨンが珈琲を要求したので渡すと、仲間から淹れ方を教えてもらえと怒鳴られ、珈琲を海に捨てられる。

夜が明け、グッリ達は漁を開始した。網が何かに引っ掛かって船が傾いてしまうが、ワイヤーを緩めると、すぐに船は正常に戻った。魚は大量に獲れるが、質の良い物は獲れなかった。ヨンは船を動かし、レディンに移動した。そして、そのことをウエストマン島の通信室に報告した。次の報告は12時間後にすることになった。ラッギはヨンの通信が終わると、用意していた珈琲を渡した。ヨンは味覚がおかしく、インクみたいに濃くしなければ味が分からなかった。ラッギはそのことを他の仲間達から教えられていたため、濃い珈琲を用意した。ラッギが緊張しながらヨンの様子を見ていると、ヨンは良い濃さだと珈琲の味を褒めた。

ザ・ディープのあらすじ【承】

午後9時40分、気温-2℃、水温5℃。網が再び何かに引っ掛かり、船が傾いてしまう。新品の網だったため、ヨンはワイヤーを切断することを渋った。その間に船が傾き、水が船内に入ってきてしまう。グッリはラッギを助けに行こうとするが、ラッギはパイプに頭を打ちつけて倒れており、助けられる状態ではなかった。グッリは助けることを諦め、船外へと逃げ出した。船が転覆してしまい、船員達は海の中に投げ出されてしまう。

グッリは海の中に潜って窓ガラスを割ると、ヨンを救出した。しかし、仲間のハンネスが父を助けに行き、行方不明になってしまう。グッリ達は漂流物に捕まり必死に耐えていたが、波が体を打ちつけるので寒さに凍えていた。救命ボートを付けていた留め金が錆びていたため、海に沈んだ船から取り外すことも不可能だった。

グッリ達は泳いで岸まで行くことにした。途中で船を見つけたので助けを求めるが、気づいてはくれなかった。その間に、仲間のパッリが息を引き取ってしまう。グッリは仲間の死を悲しんだ。しかも、パッリに気を取られている隙に、ヨンの行方も分からなくなってしまう。グッリは暗い海に1人取り残された。

ザ・ディープのあらすじ【転】

午前1時30分、気温-3℃、水温5℃。グッリは必死に海の中を泳いでいた。途中で見かけたカモメが唯一の救いだった。グッリはカモメに話しかけながら必死に泳いだ。しかし、カモメがいなくなってしまうと、猛烈な孤独感がグッリを襲った。グッリは疲れ果て、海の中に沈んでいった。その時、走馬灯が見え、子供の頃に起こった火山の出来事が思い出された。火山が噴火し、ウエストマン島の住民達は本島に船で逃げることになったのだ。激しい火によって町が燃えるのを、住民達は船の上から見ていた。

グッリは意識を取り戻し、海面へと浮上した。神に祈りを捧げながら泳いでいると、船が見えた。グッリは声を上げ助けを求めるが、気づいてはくれなかった。グッリは母親や仲間の家族達、愛する人のことを思い、まだ死ぬわけにはいかないのだと呟いた。すると、灯台の明かりが見えた。

午前4時30分、気温-2℃、水温3℃。グッリは島に辿り着いた。寒さと疲労で体は思うように動かなかったが、必死に足を動かし上陸できる場所を探した。目の前には崖が聳え立っており、登ることはできなかった。グッリは再び海の中に入ると、比較的登りやすい場所を探した。グッリは足から血が出ていたが必死に体を動かし、前へと歩き続けた。

グッリは一件の民家を発見し、ドアを叩いて必死に助けを求めた。出てきた少年は酔っ払いだと誤解しドアを閉めようとするが、夜遅くの来客を不審に思ってその子の父親が現れる。父親はグッリの様子と話を聞き、船が遭難したことを知る。父親は湾岸警備隊と救急車に連絡を入れた。グッリは意識を失ってしまうが、救急車で運ばれ、病院で治療を受けることになる。体温が33度以下まで落ちており、危険な状態だった。

漁師の家族達に事故の件が伝えられた。目を覚ましたグッリは、仲間の遺体が見つかったかどうか気にするが、グッリの父は見つかることはないだろうと現実を突きつけた。そして、船乗りだから水の中が墓でいいのだと慰めた。グッリの話から、グッリは海に6時間もおり、その後2時間歩いたことが分かった。誰もがその話は嘘だと思っていたが、グッリの言った通りの場所で沈没した船を発見する。

ザ・ディープのあらすじ【結】

グッリは退院することが決まるが、あまり嬉しそうではなかった。ただ、仲間の遺体が見つかったかどうかを気にしていた。グッリは家に帰るとスーツに着替えたが、手が震えて思うように動かず、ネクタイを締めることもままならなかった。母は無言でネクタイを締めるのを手伝った。その後、パッリ達の葬式が執り行われ、グッリも出席した。パッリの妻のハツラの姿を見かけるが、グッリは声を掛けることができなかった。

冷たい海から生還することは奇跡に近かった。グッリはラウルスという人物から、その謎を解明するためにレイキャヴィークへ来て研究に協力して欲しいと頼まれる。全国の漁師達のためになると言われ、グッリは承諾した。

グッリは施設で自転車を漕ぎ、脈拍を図ることになった。水泳などの運動を行っているか聞かれるが、太っていたことを皆に笑われるのが嫌で、水泳の授業をサボっていたほどだった。その他にも、ラウルスはグッリの体脂肪を調べた。さらに詳しい研究を行うため、グッリはロンドンの海軍病院に行くことになった。

グッリはイギリス海兵隊の特殊舟艇部隊の3人と共に、事故当時の水温に冷やされた水に入り、自転車のようなペダルを足で漕ぐことになった。特殊舟艇部隊の3人は体を鍛えていたにも関わらず、寒さに耐えらなくなって1人ずつ脱落していった。最後まで意地で残っていた特殊舟艇部隊の1人も、寒さで体を痙攣させ、研究員に引き上げられていった。グッリだけは何食わぬ顔で、水の中でペダルを漕ぎ続けた。

グッリの体脂肪がアザラシの脂肪によく似ていることが分かった。アザラシの脂肪はエネルギーに変えやすく、分厚い脂肪層は体温を保つことに役立っていた。だが、それだけではグッリの状態は説明できなかった。普通の人は15分も冷たい水の中にいたら意識が混乱し参ってしまうのだが、グッリは正常な思考を保ち続けていた。

グッリの研究はテレビで報道された。海から戻って来た英雄として町の人達から声を掛けられるが、グッリはその称賛を受け止めきれず、ただ戸惑っていた。そして、亡くなった仲間達のことを夢に見て、眠れない夜を過ごしていた。グッリは家に帰ることを決める。ラウルスはまだ研究結果が出ていなかったため引き止めるが、グッリの意思は固かった。

グッリはハツラに会いに行き、無言で抱き合ってパッリの死を悼んだ。そして、パッリが眠るように息を引き取ったことを伝えた。パッリの息子達の様子を見に行くと、兄の方が静かに涙を流していた。グッリは少年を抱きしめ、パッリが神様と共にいることを教えた。その様子を見て、ハツラは密かにグッリに感謝の言葉を掛けた。

Amazon 映画『ザ・ディープ(2012)』の商品を見てみる