映画『ザ・グリード』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

映画『ザ・グリード』のネタバレあらすじ結末

ザ・グリードの概要:1998年のアメリカのモンスターアクション映画です。本作は『ジャングルブック』、『ハムナプトラ』で有名なスティーブン・ソマーズ監督の大ヒット映画です。

ザ・グリードの作品概要

ザ・グリード

公開日:1998年
上映時間:107分
ジャンル:アクション
監督:スティーヴン・ソマーズ
キャスト:トリート・ウィリアムズ、ファムケ・ヤンセン、ケヴィン・J・オコナー、ウナ・デーモン etc

ザ・グリードの登場人物(キャスト)

ジョン・フィネガン(トリート・ウイリアムズ)
密輸船の船長でいつも内容を聞かず報酬だけで承諾してしまう癖が仇になり、仲間を巻き込んでしまいます。
トトリアン・セント・ジェームズ(ファムケ・ヤンセン)
豪華客船の乗客に紛れ金庫を狙おうとしていた女泥棒。モンスターが蔓延る船で生き残る幸運の持ち主。
サイモン・キャントン(アンソニー・ヒールド)
豪華客船の船主で資金繰りが上手く行かず、挙句自分以外のことは考えていない。何か企んでいたようです。
ジョーイ・パントゥーチ(ケヴィン・J・オコナー)
密輸船の整備士でレイラと言う韓国系の女性乗組員が恋人。
レイラ(ウナ・デーモン)
密輸船の気が強く逞しい韓国系の女性乗組員。ジョーイと恋仲な関係だったがジョーイの知らないうちにモンスターに殺されてしまいます。

ザ・グリードのネタバレあらすじ

映画『ザ・グリード』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ザ・グリードのあらすじ【起】

密輸船の乗組員で船長のジョンと気が強い韓国系女乗組員のレイラ、おしゃべり大好きマシンガントークの整備士パントゥーチは嵐の海を航海していました。夜で視界が悪くしかもオンボロ船なので目的地に辿り着けるかどうか心配です。「もーこんなびしょ濡れになりながらの作業なんてごめんだわ!」と外から戻って来たレイラは文句を言います。その後「どーしていつもお前さんは仕事の内容も聞かないでOK出しちまうんだよ!」とパントゥーチが怒っていました。ジョンは二人にどんなに怒られても全く気にしていませんでした。ジョンの目にはお金しか見えていない様です。

しかし、一体どんな物を運んでいるのか知りたいパントゥーチは、貨物室を覗きに行きます。そこにあった物に思わず驚いて「こいつは驚いた!魚雷じゃねーか!しかも6つも…これだけあれば潜水艦の一つだってぶち壊せるぜ!」と言いました。そして近くに居た依頼人に捕まってしまいました。

ザ・グリードのあらすじ【承】

パントゥーチは殺されかけていました。「あれほど詮索はするなと忠告しておいたはずだぞ!」と依頼主がジョンに叫ぶと、ジョンは急いでパントゥーチの元に行き「この船の整備士に死なれたら困るのはお前達だぞ。そいつが居なけりゃ無事に辿り着けるかわからねぇ」と言ってパントゥーチと庇います。そして銃を向け合いお互い睨み付け「銃を降ろせ」とジョンが言うと事は収まりました。パントゥーチはジョンに魚雷が乗っている事を伝えました。その間にレーダーがまた故障しかけていました。ジョンがレーダーをバンバン叩こうとするので、すぐさまパントゥーチが「おい!機械には優しくしろよ!」と捨て台詞を吐きながら修理に向かいました。「わかってるって」とジョンは言います。

レーダーは目的地を差していました。「もうすぐ到着だ」と依頼人に頼みます。そこには大きな船が見えました。それは豪華客船だったのです。「よし!ここで修理させてもらい燃料も頂こう!」と言うパントゥーチとジョンはニコニコしていました。

ザ・グリードのあらすじ【転】

豪華客船に辿りついてもまだ命を狙われている三人はレイラを船に残し、乗り込む事にしました。恋人同士のレイラとパントゥーチは互いにキスをし、無事を祈りました。

敵に銃を向けられたまま侵入する事に成功したジョンとパントゥーチは入ってすぐに船内に乗客が一人も居ない事に気が付きました。次々に扉を開けていく彼らは大きな会場に付き突入するとここにも誰も居ません。「乗客たちはどこに消えたんだ?」「こんなところに血が付いているぞ」と依頼主の一人が言います。「なぜ誰も居ないんだ…」とジョンが言うと突然近くにあったエレベーターが動き出します。「嫌な予感がする…」と言っているうちにゆっくりと扉が開くと中には何もなく、ただ血の痕跡が残っているだけでした。

一方、密輸船に残されたレイラは、船の修理をしていました。すると海の方から死体が流れ込んできました。「こんなところになぜ?」と驚くレイラは恐る恐る様子を伺うと叫び声も出せずそのまま海の中に引きずり込まれてしまいました。

ザ・グリードのあらすじ【結】

船内には唯一生き残っている乗客が居ました。それはトトリアンと言う女泥棒でした。金庫に近付き捕まってしまっていたのでした。部屋から抜け出す事に成功したトトリアンは船内の様子がおかしい事に気がつきました。そして、ジョンたちに遭遇し彼女も命を狙われてしまいます。依頼主が次々と謎の触手に殺されました。金庫のお金を狙い開けようとした時に居たサイモンと言う男は船主でした。サイモンは自分だけが助かろうと言う考えの人物でした。無数の触手に逃げ切れたのはジョンとパントゥーチとトトリアンとサイモンでした。またあの会場に辿り着くと大きな蛸のような姿をしたモンスターが待ち構えていました。ジョンはその触手に捕まったり、サイモンに殺されかけたりしましたが助け合い何とか船を脱出し、自分の船に乗り込む事が出来ました。そこではレイラが死んだことを知りました。けれど悲しんでいる暇はありません。豪華客船を爆発させるのです。そして、ジョンとトトリアンはとある無人島に辿り着きました。パントゥーチが居ません。「二人でやっていこう」とキスをすると遠くからパントゥーチの声がします。「気のせいかな?今二人がキスしたように見えたけど」と言うとジョンたちは笑っていました。

そして島から地響きが聞こえます。「おいおい、またかよ!」と叫ぶジョンたちに新たな試練が待ち受けていました。

Amazon 映画『ザ・グリード』の商品を見てみる