映画『東京ゴッドファーザーズ』あらすじネタバレ結末と感想

東京ゴッドファーザーズの概要:2003年製作の日本アニメーション映画。ゴミ捨て場で赤ちゃんを発見した3人のホームレス達が思考錯誤しながら子供の世話をしつつ、本当の両親を探し出そうとするハートフルコメディ。

東京ゴッドファーザーズ あらすじネタバレ

東京ゴッドファーザーズ
映画『東京ゴッドファーザーズ』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

東京ゴッドファーザーズ あらすじ【起・承】

新宿の片隅でひっそりと暮らす3人のホームレスがいる。
リーダー格のギンは、髭が特徴の体格の良い中年男。
ハナはドラッグクィーンでサバサバしながらも面倒見の良いお節介。
ミユキはまだ10代で、家庭の問題から家出をしてきた少女だ。

あるクリスマスの寒い夜。
配給のため教会のミサに参加した彼らは、帰り道ゴミ捨て場で赤ちゃんを見つける。
警察に連れて行こうとしたギンに対して、ハナは自分たちで両親を探そうと言って聞かない。
こうして3人は赤ん坊の両親を探し出すことになった。

彼らは赤ん坊を清子と呼んだ。
ギンの実の娘の名前がそうだった。
昔ギンは名の売れた競輪選手だった、しかし娘の病に高額な医療費がかかることから八百長に手を染め選手人生が終わってしまう。
さらに娘も妻も他界したと言う。
初めて過去を聞いたハナは彼の人生に同情した。

手がかりは赤ちゃんの産着にあったスナックの名刺だった。
そこには源氏名「みどり」と書かれている。
彼らはスナックの名前を頼りに捜索開始。
運良くその店のオーナーが自分の娘婿だというヤクザの親分風の男と知り合いになった。
しかもこれから娘の結婚パーティーに参加するという。
男の車に同乗した3人。

パーティー会場で娘婿と会った3人はみどりについて訪ねた。
すると彼女の本名は幸子と言い、子供が出来て辞めたと教えられる。
その途中、ギンは気がつく。
この娘婿、実はギンを八百長にはめ家族破滅に導いた男だったのだ。
思わず殺そうとするギン、しかし代わりに入って銃を撃ったのは外国人風の女装した男だった。
彼はみゆきと清子を人質に逃走を始める。

東京ゴッドファーザーズ あらすじ【転・結】

2人の後を追うハナ。
そして犯人のアジトまで無事にたどり着き保護した。
再び両親をあちこち探し始めるも、疲労が重なりハナが倒れてしまう。
病院で何とか見てもらうが、栄養失調も原因で医者に気をつけるよう注意された。

その病院で出会った看護師の女性。
偶然にも清子と言った。
しかもギンの娘だった。
死んでいたと聞かされていたハナは驚く。
実はギャンブルと酒に溺れたギンに愛想を尽くし別れていたのだ。

大晦日の日。
ハナとみゆきは幸子を見つける。
幸子は確かに自分の子供だと、後悔していると言った。
その言葉を信じ清子を渡した2人。
しかしこの2人を追ってきたギンに母親は別にいる、彼女は偽物だと言った。

大慌てて幸子を追う3人。
誘拐犯として雑居ビルに逃げ込んだ幸子がニュースで放送されると、それを見た彼女の旦那が現地まで急いだ。
清子と飛び降り自殺をしようとしたその時。
みゆきが幸子に追いついた。

旦那が借金を死返済に追われ生活苦を強いられた幸子。
しかし幸子は妊娠し、これから幸せが訪れるものと思っていた矢先のことだった。
彼女の赤ん坊は生きて産まれてこなかったのだ。
新生児室にいる清子が笑ったと言い、彼女を連れ出してしまったのだ。
その話を終えたあと幸子は飛び降りた。
ギン達は幸子を捕まえるが、清子は投げ出されてしまう。
それを追い飛び降りるハナ。
しかし捕まった段幕が風にゆれふんわりと地上にハナと抱いた清子を下ろしてくれた。
奇跡が起こったのである。

その後、病院で無事に両親の元に返された清子。
ギンとハナは怪我で入院した。
本当の両親が3人に名付け親にと警察と一緒に病室を訪ねて来た。
そこでみゆきと目があったのが、警官の父だった。
ギンもまた清子にもう少し時間が経ったら許したいと言われる。

東京ゴッドファーザーズ 評価

  • 点数:75点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★☆☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:2003年
  • 上映時間:90分
  • ジャンル:ファンタジー、ヒューマンドラマ、コメディ
  • 監督:今敏
  • キャスト:江守徹、梅垣義明、岡本綾、飯塚昭三 etc

東京ゴッドファーザーズ 批評・レビュー

映画『東京ゴッドファーザーズ』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

アニメとは思えないクオリティの高さ

この映画の見所は、なんといってもスムーズなキャラクターの動きである。
ジブリ映画ディズニー映画など、数多くのアニメがあるが、日本の巧みな技を余すこと無く使った作品という仕上がりだ。
また、オープニングやエンディングにもこだわりがあり、まるで実写の映画を見ているかのような作りが感じられる。
内容はアニメ版三谷幸喜映画というようなドタバタ劇が繰り広げられているが、アニメだから許させる。
トータルしてもアニメとしてはかなり上位にランクインするような質の良い作品だ。

物語の繋がりの見事さ

アニメらしく奇跡や偶然の重なりが上手い。
自分を破綻させたヤクザとの再会、娘との偶然の再会、子供を受け渡した母親の人間違いやみゆきの父との再会。
どの再会や偶然も流れを邪魔しない違和感のないもので、心にすっと入ってくる。
やりすぎな感じも特にせず、嫌みにも感じさせない仕上がりになっているところも監督の手腕のすごさといったところであろうか。

ラストシーンの奇跡とも言えるシーン。
赤ん坊を守るためにビルから飛び降りたハナが、ビルの広告の垂れ幕に飛びつき地面まで無事に降りることが出来るシーン。
もちろん実写ではわざとらしく方向性がわからなくなりそうだが、アニメだと全てがほっこりさせられるし望んだ通りに進むから面白い。
ここでハナが死んだりすることは誰もが望んでいないオチなのだ。

ドタバタ感が好き嫌いがわかれる作品

本作品はアニメだから良い。
これを実写で見せられていたら、ただのうるさい三谷映画にしか見えない。
とにかく走ったり追いかけたりしているわけで、アニメの平坦さが引き立てている。
ドタバタ感が押さえられているので大人が見ても楽しむことが出来るだろう。

東京ゴッドファーザーズ 感想まとめ

本作品は良く出来た大人の娯楽アニメーション作品である。
子供が見ても楽しくないかもしれない。
捨てられた赤ん坊をホームレス達が自分のことのように大事にし、何とかして親元に返してやりたいと願うハートウォーミングなドラマだからだ。
あまりにスムーズな動きのキャラクターが魅力的でまるで生きているかのようなリアルさが非常に面白い。
このような作品を見ると日本のアニメの技術力の凄さを改めて痛感させられるというものだ。

Amazon 映画『東京ゴッドファーザーズ』の商品を見てみる