映画『トゥモロー・ワールド』のネタバレあらすじ結末

トゥモロー・ワールドの概要:人類が繁殖能力を失った近未来社会。移民排斥政策中のイギリスで、奇跡的に妊娠した移民女性を守ることになった男の旅路をスリリングに描く。監督は『ゼロ・グラビティ』でアカデミー監督賞受賞のアルフォンソ・キュアロン。

トゥモロー・ワールドの作品概要

トゥモロー・ワールド

公開日:2006年
上映時間:109分
ジャンル:SF、アクション、サスペンス
監督:アルフォンソ・キュアロン
キャスト:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー etc

トゥモロー・ワールドの登場人物(キャスト)

セオ・ファロン(クライヴ・オーウェン)
元反政府活動家。ジュリアンとの間にひとり息子がいたが病死、そのショックから無気力な日々を過ごしていた。
キー(クレア=ホープ・アシティー)
不法入国した移民の若い女性。子どもが生まれなくなって久しいこの世界で、唯一赤ん坊を身ごもっている。
ジュリアン(ジュリアン・ムーア)
セオの元妻。移民の人権を訴えるテロ組織「フィッシュ」のリーダー。
ジャスパー(マイケル・ケイン)
セオの友人。重度の精神病を患う妻、愛犬と暮らしている。違法の薬物を取り扱うこともあり、一部の警官にもコネがある。
ルーク(キウェテル・イジョフォー)
テロ組織「フィッシュ」のメンバーで、組織内ではジュリアンの次に権力を持っている。キーの存在を、自分たちの活動に利用しようと考えている。
ミリアム(パム・フェリス)
「フィッシュ」のメンバー。助産師の経験があり、キーの世話を任されている。

トゥモロー・ワールドのネタバレあらすじ

映画『トゥモロー・ワールド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トゥモロー・ワールドのあらすじ【起】

アメリカ同時多発テロを皮切りに、民族間の争いが高まった世界。2027年、人類に子どもが生まれなくなって18年。世界で一番若い人間(18歳)がこの世を去った。世界には争いが多発、イギリスでは鎖国政策をとり、移民を締め出していた。イギリス国内でもテロが多発していた。もと反政府活動家のセオは、無気力に日々を過ごしている。そんな時、移民の人権を主張するテロ組織「フィッシュ」が、セオを誘拐する。誘拐を指示したのはかつての妻であり組織のリーダー、ジュリアンだった。20年振りに会う彼女は、ある移民の少女のために、大臣であるセオの従兄にイギリスの通行証を手配してもらいたいと頼む。

セオは従兄のもとを訪ね、嘘をついて通行証の手配をしてもらった。セオはジュリアンやその仲間とともに車に乗り込む。車にはキーと言う不法入国の若い女性がいた。しかし道中、車を暴徒が襲い、ジュリアンが撃たれ死んでしまう。仲間のルークが駆け付けた警官を射殺し、セオたちは逃げ出す。

アジトに到着したセオたち。明日にもロンドンに帰るというセオに、キーは秘密を打ち明ける。なんと彼女は妊娠していた。ジュリアンは世界で唯一妊娠したキーを守ろうとしていたのだ。キーは不妊研究をする「ヒューマン・プロジェクト」があるトゥモロー号まで、無事送り届けてほしいと頼む。

トゥモロー・ワールドのあらすじ【承】

その夜、言い争いを耳にしたセオは、ジュリアンを殺したのが組織のメンバーで、彼らはキーを活動に利用し、殺すつもりだったことを知る。セオはキーと彼女の世話役であるミリアムを連れてアジトから逃げ出す。追手を逃れたセオたちは、友人ジャスパーの元へ逃げ込んだ。一晩休み、移民収容所の近くに停泊する予定のトゥモロー号を目指すこととなる。

キーは妊娠を知った時の心境を話す。周りに妊娠を経験した女性が誰もおらず、自殺まで考えたが、赤ん坊がおなかを蹴る感覚に出産を決意したのだという。ジャスパーがボートを手配してくれた。ドラッグをやり取りしている警官に話をつけ、収容所に入れてもらう計画だ。

ジャスパーが仕掛けていた監視カメラが侵入者を警告する。ジャスパーは自分がおとりになって逃げている間に反対方向に逃げるよう言い、3人を送り出す。3人が車で去った後、ジャスパーは苦しまないようにと、自殺薬で妻と犬を死なせる。遠くからジャスパーの様子をうかがっていたセオは、ジャスパーが「フィッシュ」の追手に無残に殺されるところを見てしまう。セオは怒りに震えながら、キーたちとその場を立ち去る。

トゥモロー・ワールドのあらすじ【転】

荒れ果てた学校に逃げ込んだ3人。現れた警察官シドに、セオは合言葉を伝える。彼は3人を移民収容所行きのバスに送り届け、マリカという女性に寝床を手配してもらうよう伝える。

「プロジェクト」との橋渡し役だったジュリアンが死んだ今、トゥモロー号との連絡を取る術がないことを知るセオ。しかしバスの中でキーが陣痛、破水してしまう。キーをかばうため、ミリアムはバスを下ろされてしまった。道には殺された移民が何人も横たわっている。収容所となった町に入ったキーとセオは、収容所のむごい有様や蜂起の気配を目にしながら、マリカに寝床へ連れて行ってもらう。助産師のミリアム不在のまま、キーは赤ん坊を出産する。

軍が収容所を爆破すると知らせに来たマリカとシド。赤ん坊がいる事を知ったシドは、赤ん坊を奪おうとするが、マリカにその場を救われる。マリカは知り合いの住居に2人と赤ん坊を連れていく。赤ん坊を見た彼らは2人と赤ん坊をかくまい、ボートを手配してくれた。

「フィッシュ」のメンバーが収容所に入り込み、武装蜂起が始まった。セオたちはボートに向かう。しかしルークら「フィッシュ」のメンバーに見つかり、キーと赤ん坊を奪われてしまう。

トゥモロー・ワールドのあらすじ【結】

収容所内での戦いが激化する中、セオはキーと赤ん坊を探す。その時、建物に赤ん坊の泣き声が響いた。その声を頼りにキーと赤ん坊を見つけ出したセオ。ルークは赤ん坊を見て死んだ妹を思い出していた。セオはルークが発砲する中、キーと赤ん坊を連れてその場から逃げ出す。赤ん坊の声に、人々が集まってきた。武器を手にしていた敵も味方も、赤ん坊を目にした途端、発砲をやめ、一瞬穏やかな顔になった。皆に見守られながら建物を脱出したセオたちを、マリカが待っていた。

マリカはセオたちを小さなボートに乗せ、送り出す。収容所へは爆撃機が飛んで行き、大規模な空襲が行われた。ボートで迎えの船を待つキーは、血に気がつく。それはセオが撃たれた傷から流れ出したものだった。キーは、娘にセオの息子と同じディランという名前をつけると約束する。その言葉を聞き、セオは息絶えた。トゥモロー号がボートを迎えに来る。キーと赤ん坊は無事「ヒューマン・プロジェクト」のもとにたどり着くことができたのだ。

Amazon 映画『トゥモロー・ワールド』の商品を見てみる