映画『トップガン』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「トップガン」のネタバレあらすじ結末

トップガンの概要:アメリカ海軍のエリートパイロット養成所(トップガン)を舞台に、才能あるパイロットの成長を描いた航空アクション。主題歌をはじめ、ヒット曲満載のサウンドトラックも話題を呼んだ。今作により、主演のトム・クルーズは一躍スターとなった。

トップガンの作品概要

トップガン

公開日:1986年
上映時間:110分
ジャンル:アクション、青春
監督:トニー・スコット
キャスト:トム・クルーズ、ケリー・マクギリス、ヴァル・キルマー、アンソニー・エドワーズ etc

トップガンの登場人物(キャスト)

ピート・ミッチェル / マーベリック(トム・クルーズ)
アメリカ海軍の戦闘機F-14のパイロット。腕は良いが、勘を頼りに無鉄砲な操縦をして周囲を困らせる。自信に溢れており、協調性が無い一匹狼タイプ。
ニック・ブラッドショウ / グース(アンソニー・エドワーズ)
戦闘機のレーダー要員で、マーベリックの親友かつ相棒。明るく親しみやすい性格で、孤立しがちなマーベリックを家族のように思い大切にする。
シャーロット / ブラックウッド(ケリー・マクギリス)
宇宙航空物理学が専門の民間人教官。社会的立場を気にしながらも、自由なマーベリックに魅かれていく。
トム・カザンスキー / アイスマン(ヴァル・キルマー)
トップガンのエースパイロット。常に冷静で、訓練でも正確で適格な判断をする。マーベリックのライバル。
ロン・カーナー / スライダー(リック・ロソヴィッチ)
アイスマンの相棒のレーダー要員。グースとは以前からの知り合い。
マイク・メットカーフ / バイパー(トム・スケリット)
トップガンの飛行教官、階級は中佐。元凄腕エースパイロットで、今は亡きマーベリックの父の戦友。
ヒック・サーカリー / ジェスター(マイケル・アイアンサイド)
トップガンの教官。飛行訓練を含め様々な講義を担当している。
クーガー(ジョン・ストックウェル)
アメリカ海軍艦上戦闘機の成績トップのパイロット。ミグ28に遭遇した際に恐怖から硬直状態に陥り、パイロットを辞職する。
サム・ウェルズ / マーリン(ティム・ロビンス)
レーダー要員。元々はクーガーのパートナーで、終盤ではマーベリックと組んで出撃する。
リック・ニーヴン / ハリウッド(ウィップ・ヒューブリー)
トップガンのパイロットでマーベリック達の同胞。アイスマン、マーベリック組に次ぐ成績を挙げている。
トム・ジョーダン / スティンガー(ジェームズ・トールガン)
ハリウッドと組んでいるレーダー要員。

トップガンのネタバレあらすじ

映画『トップガン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

トップガンのあらすじ【起】

アメリカ海軍艦上戦闘機パイロットのピート・ミッチェル(以下マーベリック)とグースは、僚機のクーガー / マーリン組とともにインド洋上で国籍不明のミグ28と対峙していた。執拗な動きをするミグに対し、マーベリックは戦闘機を反転、側宙背面降下をしてみせ、敵パイロットの頭上から中指を立てるサインを送る。クーガーはポロライドを撮影する。荒技を見せつけられたミグは退散する。

マーベリック組は帰艦し始めたが、クーガーはミグにロックオンされた恐怖から硬直状態に陥り、操縦ができなくなる。着艦しかけたマーベリックは、クーガー達を助けるため、無謀にもタッチアンドゴーで再度飛び立ち、クーガー機に連れ添いながら帰投する。

パイロットとしての自信を無くしたクーガーは辞職し、続けて呼び出されたマーベリックとグースは、クーガーが降りた代わりにミラー基地の航空訓練所、通称トップガンへ送られる旨を伝えられる。ここは精鋭パイロット達の空中戦の腕をさらに磨くためのエリート養成所であった。

トップガンのあらすじ【承】

トップガンには、マーベリックの他にもエースパイロット達が集められていた。入所記念パーティの夜、マーベリックは成績トップのアイスマンと挨拶を交わす。酒でテンションのあがったマーベリックとグースは、パーティ中に女性をおとせるか賭けをする。マーベリックはある美しい女性に一目惚れし、歌でパフォーマンスしながら近づこうとするが、すげなくされる。
翌日の講義中、一人の航空物理学専門の民間人教官が紹介される。彼女こそ、マーベリックがパーティで声をかけた女性、チャーリーであった。チャーリーは、ミグとマーベリック達の戦闘の話題に興味を持ち、話を聞きたがる。

マーベリック組とアイスマン組は、成績をはじめ様々なことで競うライバルとなった。飛行訓練中、マーベリックは無謀な操縦をして教官から注意を受け、チームプレーと規則の重要さを説かれる。

航空学の講義中、ミグについての質問を交わすマーベリックを、チャーリーは内密に自宅での食事に誘う。ミグのことは口実で、実はチャーリーは社会的な立場を気にしつつもマーベリックに強く惹かれていた。ある日の講義後、自分の気持ちを抑え切れなくなったチャーリーは、マーベリックに思いを告白し、二人は結ばれる。

トップガンのあらすじ【転】

飛行訓練中に成績を挙げようとスタンドプレーをしたマーベリック組は教官チームに敗北する。アイスマンからも、みんなに迷惑だとクギを刺される。

チャーリー、グース、ミラー基地へやってきたグースの妻子とともに、マーベリックは楽しい時間を過ごす。マーベリックには幸せな時間が続くかのように思えた。

飛行訓練中に、マーベリック組はジェット気流に巻き込まれ操縦不能となり、海上に墜落する。脱出したものの、グースはその衝撃で死亡した。マーベリックは、グースの死は自分のせいだと強い罪悪感にさいなまれ、自信をなくし操縦にも弱気になる。励まし続けたチャーリーもマーベリックに失望し、昇進のためワシントンへ去っていく。

バイパーはマーベリックを自宅に招待し、マーベリックの亡き父の死の真相を話す。マーベリックの父の戦友であったバイパーは、トップガンを去るか迷うマーベリックに、飛び続けることがパイロットの本懐だと話す。

トップガンのあらすじ【結】

翌日のトップガンの卒業式に、マーベリックは遅れながらも出席する。祝席の途中、他国領海内に入った情報収集艦の救出任務が舞い込む。アイスマン組、ハリウッド組、マーベリックが指名される。尻込みするマーベリックに、バイパーは自分がレーダー要員になっても良いから飛べと背中を押す。

出撃したアイスマン機とハリウッド機は、5機のミグに包囲され、ハリウッド機は撃墜される。マーベリックは出撃するが、弱気なままで的確な判断ができない。死んだグースのネームタグを握りしめて彼のことを思い出し、マーベリックは自分を奮い立たせる。勘を取り戻したマーベリックは援護にまわり、被弾したアイスマン機をフォローしながらミグを次々に撃ち落ちし、撤退させる。

アイスマンやハリウッド達全員が無事に帰艦し、マーベリックは大歓声を浴びる。アイスマンとも認め合い、新しい友情が芽生える。一躍ヒーローとなったマーベリックは、今後はトップガンの教官になりたいと申請し、ミラー基地へ戻る。以前グース達と訪れたレストランで一人過ごすマーベリックの元へチャーリーが現れ、二人は再会の口づけを交わす。

Amazon 映画『トップガン』の商品を見てみる

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    大きなサングラスにパイロットの服。
    どれをとっても当時は格好よく、一躍トム・クルーズの名を世に広めた作品である。
    少々身長が低いのが目に付いたのだが、最後は全く気にならないところまでのめり込めた。
    トム・クルーズの代表作と呼ぶにふさわしい作品に仕上がり、主人公の雰囲気がぴったりで言うことなし。
    今見てもダサさを感じさせない魅力的な映画である。

  2. 匿名 より:

    トム・クルーズの初期の代表作と言えば本作品である。
    日本人に馴染みの薄い航空もので、大きなサングラスと仲間とのコミュニケーションを舞台にした青春映画は当時非常に格好よく映ったに違いない。

    1980年代に撮られた映画にしては特撮感も薄く、安っぽさを感じさせないハイクオリティーさが魅力的な映画である。
    青春映画につきものの恋愛もきちんと織り込まれており、見所が凝縮している内容さが良い。
    そしてなにより主演のトム・クルーズの魅力が最大限に引き出されているのが見所である。

  3. 匿名 より:

    本作品の音楽は誰もが知っているかもしれない。
    若い世代はトップガンのものだとはしらないかもしれないが映画のBGMという枠を超えて、今でもCMなどで起用されている有名曲だ。
    メインテーマや主題歌はもちろん、教官と恋に落ちるシーンでかかるロックバラードは耳に残る切ないメロディーが特徴的である。
    ラストの戦闘シーンに向かうとこからはテンションが上がること間違いなしだ。

  4. 匿名 より:

    日本では説得力が無い内容である。
    アメリカだからこそトップガンの養成所自体が嘘臭くないし、軍隊を持つからこそ作品自体をリアルに捉えることができる。

    物語にありがちのライバルが出てくるところも馴染みではあるがやはり盛り上がるし、教官と恋に落ちるところも何故か海外ものだと爽やかに感じる。
    艦隊、パイロット、ライバル、仲間の死、乗り越えた壁。
    男なら憧れそうなキーワードがいっぱいである。

    また、1986年という古い時代のものであるのに映像にこだわりを感じることができる。
    この時代はまだCG技術が確立されていないように感じるのだが、古臭さも安っぽさも感じさせないのは流石である。