映画『釣りバカ日誌10』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「釣りバカ日誌10」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌10の概要:鈴木建設の社長である鈴木一之助は、忙しい毎日に嫌気がさし社長職を辞任する。しかし、大好きな釣りを行っても楽しめず、釣り仲間の伝助に相談する。伝助が働く合間に釣りをするのが楽しいのだと話したため、一之助は再就職先を探す。

釣りバカ日誌10の作品概要

釣りバカ日誌10

公開日:1998年
上映時間:110分
ジャンル:コメディ、ヒューマンドラマ
監督:栗山富夫
キャスト:西田敏行、三國連太郎、金子賢、宝生舞 etc

釣りバカ日誌10の登場人物(キャスト)

浜崎伝助(西田敏行)
鈴木建設営業三課の平社員。釣りをすることが生きがい。妻のみち子と息子の鯉太郎のことを何よりも大切にしている。
浜崎みち子(浅田美代子)
伝助の妻。
富田松五郎(金子賢)
伝助の釣り仲間。一之助が鈴木建設を辞めて、転職した先での同僚。
岩下みどり(宝生舞)
富田の恋人。
鈴木一之助(三國連太郎)
鈴木建設の社長。伝助とは釣り仲間だが、会社の人達には内緒にしている。忙しい毎日に疲れ果て、ある日突然社長を辞任する。

釣りバカ日誌10のネタバレあらすじ

映画『釣りバカ日誌10』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

釣りバカ日誌10のあらすじ【起】

鈴木一之助は会社に出勤する前、妻の久江から娘夫婦が金で困っている話を聞く。久江は娘夫婦に金を渡すつもりでいるが、一之助はいつまでも娘に甘い久江を怒る。そして、口喧嘩をして家を出た。

浜崎伝助は会社に遅刻しそうになりながらも、妻のみち子にキスをして早く帰ると約束した。だが、呑気にそんなやり取りをしていたせいで、怒られるだけでは済みそうにもなかった。みち子はクビを免れるために隣人の八郎に頼み、船で伝助を送ってもらう。

朝礼が終わる瞬間に伝助は何食わぬ顔で出勤した。伝助の上司である営業三課課長の佐々木は怒るが、伝助は飄々としながら外回りへと向かった。その頃、秘書室長の草森は社長の一之助のためにコーヒーを手配していた。一之助は最近コーヒーが欲しいと頼む頻度が上がっており、会議中もイライラと貧乏揺すりをしていた。

夕方になり、伝助がやっと外回りから帰ってきた。佐々木が怒っていると、伝助は中丸屋デパートの総務部の島崎部長に電話をしだした。そこは、佐々木がデパートの改築の件で長期に渡り営業しているデパートだった。伝助は島崎部長と釣り仲間で、親しげに電話をした。結局、伝助がデパートの改築の件を担当することになる。

一之助達の会議はまだ続いていた。品質よりもコスト面を重視する経営方針に、一之助1人が反対していた。原口取締役が今回の件を社長が反対するなら辞職すると申し出たので、一之助はそれを受け入れようとする。だが、秋山専務に止められ、一之助は代わりに自らの辞職を申し出る。一之助は忙しい毎日に疲れ果てており、3年前に書いた辞表を置いて席を立った。秋山専務は一週間ほどすれば戻ってくるだろうと予想して、原口取締役にそのまま仕事を続けるように指示した。

釣りバカ日誌10のあらすじ【承】

一之助は特に出掛ける用事もないので、運転手の前原に勧められるまま釣りに出掛けた。その夜、伝助は初老の男性が自殺をしたニュースを見る。伝助の釣り仲間である一之助の様子がおかしかったことを思い出し、伝助は一之助の家に電話をした。しかし、誰も電話に出なかった。心配していると、一之助から電話が掛かって来た。一之助は社長を辞めて釣り旅行に出掛けたことを話した。伝助はすごく心配した反動から一之助を怒ってしまう。

一之助は前原と共に釣りに出掛けたが、二日酔いでぐったりしてしまう。そして夜になり、浜崎家に雨でずぶ濡れになった一之助が訪ねてくる。みち子は一之助を風呂に入れた後、
伝助と共に話を聞く。一之助は釣りを楽しめず落ち込んでいた。伝助は毎日一生懸命働いた合間に釣りをするから面白いのだと話し、ヒラのサラリーマンは皆定年退職した後も生きるために働いているのだと一之助に説教をした。一之助は伝助の言葉に腹を立て、再就職すると宣言する。新聞の求人広告に載っていた、ビル管理の仕事に応募することを決める。

一之助は鈴木建設の社長だったことを隠して面接を行った。無事に臨時採用が決まり、すぐに働くことになる。だが、管理するビルは鈴木建設だった。

釣りバカ日誌10のあらすじ【転】

一之助は同僚の富田松五郎と共に鈴木建設に向かい、顔がばれないように花粉症だと嘘を吐いてマスクとサングラスをつけた。そして、富田と共に会社内を回るが、伝助はすぐに一之助に気付いた。伝助は慌てて一之助を追いかけると、謙虚な態度でいないとすぐにばれると注意した。そこに、富田が現れたので、伝助は一之助と10年来の釣り仲間だと誤魔化した。富田もまた伝助の釣り仲間であるため、一緒だと喜んだ。

一之助達が社長室の口調設備を確認しに行くと、秋山専務達が話し合いを行っていた。秋山専務は社長のことを鬼と表現しており、鬼の居ぬ間に仕事を進めようと原口取締役達を焚き付けていた。そして、社長が居なくても問題ないと笑い合っていた。一之助はそれをイライラしながら聞いていた。

一之助はフラフラになりながら家に帰り、出張マッサージを受けた。その時、伝助から電話が掛かってきて、釣りに誘われる。次の日、伝助は富田に釣りを教え、富田の恋人であるみどりは、椅子でぐったりとしている一之助のためにコーヒーを入れてあげた。一之助が美味しいと感動していると、みどりはコーヒーの専門店で働いていることを話した。

一之助は上司の日下部から、トイレが汚い会社の社員は心が乱れているという話を聞く。その時、総務課長がやって来て、トイレットペーパーの請求が増えていると指摘される。そして、日下部達の会社の人間が持ち帰っているのではないかと疑われる。それを聞いていた一之助は、犯人呼ばわりするなと怒鳴るが、逆に総務課長からクビを言い渡される。

釣りバカ日誌10のあらすじ【結】

秋山専務達が履歴書を見て、一之助がビルの管理会社で働いていることに気付く。そこに、電球を交換しに一之助が社長室を訪れる。秋山専務達は一之助に社長に戻ってくれと頼むが、一之助は電球を交換しようとして誤魔化した。

一之助は屋上に伝助を呼び出し、人目があるので秋山専務達にバレたことをボディーランゲージで伝えた。その夜、一之助は社長に戻る決意をして、富田と食事に出掛ける。そして、選別としてお金を包んで渡した。富田は家に帰った後、みどりにそのお金を見せた。みどりはそのお金を一之助に返そうとするが、富田はそれを嫌がり喧嘩になる。しんみりした空気の中、みどりは妊娠したらどうするか問い掛けるが、富田は今は困ると言って話の途中で逃げてしまう。

伝助は北九州市に出張に行くため、切符や出張費を預かる。そこに、落ち込んだ富田が現れる。伝助が富田に話を聞くと、みどりが妊娠しており書置きを置いて家を出て行ってしまったことを話した。伝助はみどりの気持ちが理解できると話し、富田の気持ちを尋ねた。富田は戸惑いながらも、みどりと子供との将来を思い描けていた。伝助が富田にみどりの実家の場所を尋ねると、ちょうど北九州だった。伝助は富田の尻を叩き、一緒にみどりの実家に行くことを決める。

伝助は税務官のフリをしてみどりの実家に電話を掛け、みどりの父親である岩下耕作の勤め先の住所を入手した。しかし、富田達が会いに行くと、耕作から帰ってくれと怒鳴られ追い返されてしまう。富田達はみどりの実家への道のりを歩くが、階段が多く途中の丘で休憩をはさむ。富田は落ち込みながらも、みどりのことを諦める気は無かった。富田は行きの新幹線に乗っている5時間、みどりもどんな気持ちで乗っていたのか思いを馳せていたのだ。その時、みどりが必要だと気付いたのだ。それでもまだウジウジと悩む富田に、伝助はかっこつけるなと叱り、男らしく1人で行って来いと言って釣りに出掛ける。

富田が実家に行くとみどりが現れた。だが、馬鹿と言われ頬を殴られてしまう。富田が家の前でしょげていると、耕作が帰ってくる。耕作は帰ろうとする富田を引き留め、家へと招き入れた。

富田達の結納が交わされることになり、一之助も東京から訪れた。伝助が仲人を務めることになる。耕作は富田にみどりをよろしく頼むと頭を下げ、一之助も富田の親代わりとしてみどりに頭を下げた。

耕作に釣り場を教えてもらい、伝助と一之助は北九州での釣りを楽しんだ。

Amazon 映画『釣りバカ日誌10』の商品を見てみる

関連作品

次作 花のお江戸の釣りバカ日誌