映画『U・ボート』あらすじとネタバレ感想

U・ボートの概要:「U・ボート」(原題:Das Boot)は、1981年のドイツ映画。監督は「昼と夜のような黒と白」で監督デビュー以来、本作が二作目となったウォルフガング・ペーターゼン。主演は「地獄のライトスタッフ」などのユルゲン・プロホノフ。共演はドイツの人気歌手、作曲家、俳優のヘルベルト・グレーネマイヤーなど。

U・ボート あらすじ

U・ボート
映画『U・ボート』のあらすじを紹介します。

1941年秋、ドイツ軍占領下にあったフランスの港町ラ・ロシェルの酒場。ドイツ兵たちで賑わう中に陸での最後の夜を楽しむUボートの乗組員たちがいた。最年長の30歳である艦長(ユルゲン・プロホノフ)をはじめ、乗組員たちは皆20代前半。初めてUボートに乗り込む報道部のヴェルナー中尉(ヘルベルト・グリューネマイヤー)は22歳の若さだった。翌日の早朝U96で出発した乗組員は、艦長を含めて総勢43名。艦長は水深何メートルまで可能かをテストした。水深計は160メートルを指した。夜、ヴェルナーは興奮醒めぬままに乗組員たちの話に耳を傾けていた。そんな中で幾日が過ぎ、ようやく攻撃命令が届く。敵の艦隊を攻撃するためU96は潜航を開始。緊張した空気が艦内に溢れ、乗組員たちは肉体的にも精神的にも限界にまで達する。数発の魚雷を発射し命中するが、敵の駆逐艦からは無数機雷が発射されU96は急速に潜行するが、水深200メートルを超えた辺りから艦内のあちこちでボルトが飛びはじめ、バルブを突き破り海水が吹き出してくる。敵の攻撃を受けながらの応急処置でようやく150メートルまで浮上するも、緊張が走る中で再び機雷が襲いかかる。長い時間の末に静寂が訪れ、海面へ浮上すると燃えさかる敵艦隊の炎で一面が火の海だった。そしていよいよ難関ジブラルタル海峡を通過中にU96は致命的な攻撃を受け、砲台は飛ばされ状況は最悪となった。乗組員が息を呑んで見つめる中、水深280メートルの海底に達し浸水により艦内は再びパニック状態に陥る。しかし艦長は希望を捨てず修復作業を命じU96は見事に浮上する。翌朝、死の淵から生還した乗組員たちの眼前にラ・ロシェルの港が見えてきた。乗組員たちの出迎えのパレードが行なわれる。しかし喜びも束の間に上空から敵の戦闘機が襲来し、一瞬の間に港は修羅場と化し乗組員たちは無念の最期を遂げる。艦長はU96が沈んで行くのを見届けそのまま息を引き取った。

U・ボート 評価

  • 点数:90点/100点
  • オススメ度:★★★★★
  • ストーリー:★★★★★
  • キャスト起用:★★★★☆
  • 映像技術:★★★★★
  • 演出:★★★★★
  • 設定:★★★★☆

作品概要

  • 公開日:1981年
  • 上映時間:135分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:ウォルフガング・ペーターゼン
  • キャスト:ユルゲン・プロフノウ、ヘルバート・グリューネマイヤー、クラウス・ヴェンネマン、ベルント・タウバー etc

U・ボート ネタバレ批評

映画『U・ボート』について、感想批評です。※ネタバレあり

緊張の糸が無数に張り巡らされた密室劇

戦争映画ではあるが、舞台が潜水艦の艦内という圧迫された密室であり、ウナギの寝床みたいな細長い室内でのカメラワークが見事である。薄暗く湿った室内に何十日も閉じ込められ、機雷攻撃と水圧という目に見えない敵の恐怖に脅えながら戦い続ける圧迫感の演出は凄まじい。完成まで2年の歳月を費やす中、出演者は次第に疲労し、伸び放題の髪に無精ひげを生やし、青白い顔をしたUボートの乗組員を演じたリアリティも壮絶である。同じU・ボートをテーマにした比較的新しい「U-571」や、「レッド・オクトーバーを追え! 」、「クリムゾン・タイド」などの潜水艦を舞台にした映画は多いものの、密室の恐怖を描いた作品として本作の出来は別格であり、ラストの衝撃度はあらゆる戦争映画の中でも出色である。実戦を描くリアリティより、戦争の現場で追い込まれる人間の精神状態をここまで巧みに描いた作品は希だろう。

Uボートという悲劇的な存在

全ドイツ軍の他のあらゆる部署よりも高い死亡率であったUボートは、4万人の乗組員の内、約3万人が戦死したと言われている。手薄なドイツ海軍の切り札のような存在だったのだろうが、攻撃力が高い反面、防衛力が脆弱で、潜行能力も低かったためにターゲットにされる確立も高かったという事だったのだろう。海中に潜って不意を欠くという戦闘方法は確かに効果的であるとは思うが、反面構造的にはリスクが高く、その不自由さゆえに悲劇的な存在になったのは本作を観ればよく理解出来る。

U・ボート 感想まとめ

ストーリーに起承転結があるわけでもなく、ただひたすら敵の攻撃にさらされるUボート乗員の行動に焦点を当てているのだが、正気を失いかける機関長をはじめ、密室の中で戦い続ける異常な状況描写があまりにも惨たらしい。閉所恐怖症の人間には正視できない映像の連続である。宇宙にまで手が伸びる時代になっても、海中という所は人間が自由に行き来できない最も身近な場所である。戦争と言う背景がありながら、アドベンチャーパニック的要素に強く惹かれる作品だが、ラストシーンで戦争映画だったという現実を強調するどんでん返しは見事の一言だ。幸福などは欠片もなく、ひたすら辛さのみが染みる名作である。

Amazon 映画『U・ボート』の商品を見てみる