映画『運動靴と赤い金魚』あらすじネタバレ結末と感想

運動靴と赤い金魚の概要:1997年製作のイラン映画。貧しい一家の物語。兄が妹の靴を無くしてしまうが何とか両親に隠しながら生活している。ある日マラソン大会の3等賞が運動靴だと知り出場することになり奮闘する。

運動靴と赤い金魚 あらすじネタバレ

運動靴と赤い金魚
映画『運動靴と赤い金魚』のあらすじを紹介します。※ネタバレ含む

運動靴と赤い金魚 あらすじ【起・承】

イランのある村に貧しい一家が暮らしていた。
その家族には9歳の少年・アリがいる。
アリにはザーラという妹がいて、仲が良かった。

ある日の買い物の帰り道。
その日はザーラの靴を修理した後だった。
その靴を置いて買い物をしていたら、間違えてゴミ収集車に靴を持って行かれてしまう。
この靴はザーラのたった1足の靴で、アリは焦ってしまう。
しかし貧しい生活を強いられている家族に靴を買う余裕などない。
当然、アリは親には言い出せなかった。

そこでアリは自分の靴を妹と共有しようと提案する。
午前中はザーラが靴を履いて登校し、午後はアリが向かう。
しかし足のサイズが違う2人には、この案にも限界があった。

そんな時、ザーラは持って行かれた自分の靴を履いている子供を見つける。
彼女は兄に相談し、靴を取り返そうと家に向かった。
しかしそこで見た光景は自分たちとおんなじ。
盲目の親を抱えた貧しい生活だった。
2人は靴を取り返すことをためらってしまう。

運動靴と赤い金魚 あらすじ【転・結】

そんな2人に明るい話が舞い込んだ。
小学校でマラソン大会が開催されるというのだ。
その賞品は1等賞が体操着、2等賞が文房具、そして3等賞が運動靴だった。
アリはもちろん出場したいと先生に願い出る。
元々足の速かったアリは難なく代表選手に選ばれ、大会に出られることになった。
アリは3等賞の運動靴を取ってきてあげるとザーラに約束をする。

いよいよマラソン大会の日がやってきた。
足の速い選手ばかりが出場しているため、アリもかなり苦戦する。
しかしめげそうになる度に妹とした約束を思い出し、奮起した。

先頭集団の中に潜り込み、いよいよゴール目前。
しかしアリはトップに立ってはいけない。
あくまで目指しているのは3等賞なのである。
しかしこれが中々難しいのだ。

結局、アリは優勝してしまった。
大会後のインタビューで、全く笑っていないアリの姿が映し出された。
彼は優勝することなど興味無い。
靴が欲しかっただけなのだ。

自宅に戻ると嬉しそうに出迎えるザーラの姿が。
しかし兄の落胆した表情を見て、結果を想像したザーラもまた落胆した。
アリは血豆の出来た足を洗おうと水の入った桶につけた。
そこにいた赤い金魚が足に寄ってくる。

兄弟の父親は新しい2人分の靴を買い、嬉しそうに帰ってくる途中だった。

運動靴と赤い金魚 評価

  • 点数:70点/100点
  • オススメ度:★★★☆☆
  • ストーリー:★★★☆☆
  • キャスト起用:★★★☆☆
  • 映像技術:★★★☆☆
  • 演出:★★★★☆
  • 設定:★★★☆☆

作品概要

  • 公開日:1997年
  • 上映時間:88分
  • ジャンル:ヒューマンドラマ
  • 監督:マジッド・マジディ
  • キャスト:ミル=ファロク・ハシェミアン、バハレ・セッデキ、アミル・ナジ etc

運動靴と赤い金魚 批評・レビュー

映画『運動靴と赤い金魚』について、感想と批評・レビューです。※ネタバレ含む

珍しいイラン映画

イラン映画は後にも先にも本作品しか鑑賞したことがない。
何故これを見たのかも覚えてないが、ラストシーンが衝撃的だったのは非常に良く覚えている。
靴を無くすが貧しいために運動靴を買うことができない兄弟が、親にばれないように交代制で靴を履く。

そんな兄に入ったマラソン大会の情報。
景品は3等が運動靴なのだ。
普通なら1位になりたいはず。
しかしそれは何にも気にならず、勝負にだけ没頭できる子供だけだ。
1等は運動着なのだが、兄弟が欲しいのはあくまで3等。

だが兄は1位になってしまうのである。
もちろんだが全く嬉しそうではない。
この辺りの感覚の違いがとても印象的であり、作りも質素なのだが細やかで文化の特徴も良くわかる内容となっている。
あまりイラン映画の輸入が無いせいもあるのか、名作として名高い。
子供が主人公なのに、悲壮感漂わないのも凄い。
兄の強固な意志の強さを見せつけられた、そんな印象を残してくれる。

貧しいと色々なことを考える

この作品の主人公達はみんな貧しい。
特に貧しいのかもしれないが、それにしても大抵は同じである。
だからこそこの子達だけ特別であるという感覚が無く、素直に客観的に鑑賞できる作りとなっており淡々とみられる。

しかも兄弟のように1足の靴を交代で履いて学校に通うという、私たちには考えることが出来ない発想の持ち主。
このあたりは映画としても異文化としても面白く、日本でも多くの人に見て欲しいと思ってしまう。

運動靴と赤い金魚 感想まとめ

本作品は話題作である。
イラン映画自体輸入されてくる数も少なく、単館公開ですら難しいかもしれない。
しかし本作品は何故か日本では名作のくくりとなっている。

物語の内容は寂しく、苦しいものであるかもしれないが決して悲嘆にくれるような内容でも無い。
主人公達はいたってシンプルに、自分の人生を嘆くことも無く運動靴めがけて必死で生きている。
このあたりの感覚は持ち合わせてはいないが、わかりやすく楽しい。
冷静な目で見ることが出来るドキュメンタリーに近い感覚である。

Amazon 映画『運動靴と赤い金魚』の商品を見てみる