映画『ヴァージン・スーサイズ』のネタバレあらすじ結末 | MIHOシネマ

「ヴァージン・スーサイズ」のネタバレあらすじ結末

ヴァージン・スーサイズの概要:少年達は、街に住むリズボン家の5人姉妹に夢中であった。リズボン夫妻の姉妹に対する異常な厳しさは、やがて悲劇を生む。思春期の少女達を、少年目線で描いた今作。ソフィア・コッポラのセンスが光る。

ヴァージン・スーサイズの作品概要

ヴァージン・スーサイズ

製作年:1999年
上映時間:98分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ソフィア・コッポラ
キャスト:キルステン・ダンスト、ハンナ・ホール、ジェームズ・ウッズ、キャスリーン・ターナー etc

ヴァージン・スーサイズの登場人物(キャスト)

ラックス・リズボン(キルスティ・ダンスト)
リズボン家4番目の娘。リズボン夫人からの厳しい抑圧に対し、最も反発心を覚える。やがて、トリップとの出会いから不特定多数の男性と関係を持ち、タバコや酒に手を染め始める。
セシリア・リズボン(ハンナ・ホール)
リズボン家の末っ子。思春期の中で夢想癖があったセシリアは、風呂場で自殺を図る。一度は助かるが、その後姉妹のパーティーにて、飛び降り自殺してしまう。
リズボン夫人(キャスリーン・ターナー)
リズボン姉妹の母親。姉妹を愛しすぎた故、厳しすぎるルールを作り姉妹を束縛してしまう。自分に罪の意識はなく、ラックスの無断外泊後はいよいよ姉妹を監禁し始める。
トリップ・フォンティーン(ジョシュ・ハートネット)
姉妹の学校に通う男子学生。女子生徒から絶大なる人気を誇るが、ラックスに夢中になりダンスパーティーに誘う。しかし関係を持った後、一気にラックスから去っていってしまう。大人になってからは、理由は不明だが精神科に通っている。

ヴァージン・スーサイズのネタバレあらすじ

映画『ヴァージン・スーサイズ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ヴァージン・スーサイズのあらすじ【起】

”最初はセシリアだった”大人になった少年の声で、そう語られるところから物語は始まる。セシリアは、自宅の風呂場で腕を切り自殺を図ったのだ。なぜ死のうとしたのかと問う医師。セシリアは、”あなたは13歳の少女じゃないもの”そう答えるのであった。

リズボン夫妻の娘達、5人姉妹は、少年達を夢中にさせた。末っ子のセシリア、その上にラックス、ボニー、メアリー、そしてテレーズがいる。姉妹の母は、必要以上に娘達を厳しく監視していた。それは、男性との交流もほとんど許さない程だった。

セシリアの自殺未遂について、皆が原因を探った。精神科医は、セシリアが厳しすぎる環境から助けを求めていると夫妻に話す。少年とも交流を持つべきだと指摘された夫妻は、ピーターという少年を家に招く。

ピーターは、姉妹の中でも一際色気を放つラックスに魅了される。ラックスの中でも、男性に対して新たな感情が芽生え始める。リズボン家の日常では稀有なこの日から、何かが変わり始めるのであった。

ヴァージン・スーサイズのあらすじ【承】

リズボン夫妻は娘達のために人生初のパーティーを開いた。少年達はそこへ招かれる。美人姉妹達との交流を、少年達は楽しんでいた。しかし、再びセシリアが自殺を図り、命を落としてしまう。

その日から、姉妹の父はどこか上の空、リズボン夫人は塞ぎ込んでしまう。一方、少年達はセシリアの日記を手に入れ、自殺の原因を分析していた。

そして、その日記から少年達は姉妹の生活を覗いた。この時のことを、大人になった少年の声が語る。姉妹がすでに”女”として愛や死を理解しているそばで、自分達はただの子供だったのだと。

思春期の自殺について報道が繰り返される中、新学期が始まる。姉妹は4人揃って、何事もなかったかのように現れた。しかし、若いその心の奥には、様々な想いが読み取れるようだった。

少年達は姉妹との交流を試みる。しかし、元気だと言う少女達の、本当の心を覗くことはできなかった。その頃から、ラックスは多くの男子生徒と関係を持ち始める。その中の一人に、トリップと言う男子学生がいた。

猛烈なアプローチにより、トリップはラックスをダンスパーティーへ連れ出すことに成功する。他の姉妹も揃い、全員でパーティーへ向かう。この頃には、トリップの影響でラックスはタバコや酒にも手を出していた。

ヴァージン・スーサイズのあらすじ【転】

ダンスパーティーを心から楽しむ姉妹。一方で、ラックスは門限を破りトリップと一夜を共にしてしまう。

リズボン夫人は、ラックスの朝帰りを許さなかった。そして、姉妹には外出禁止令が出された。学校にも行かせず家中を締め切るリズボン夫人。ついに、ラックスが大切にするロックのレコードも始末させる。泣きながらレコードを燃やすラックスであった。

一方、少年達は、望遠鏡で姉妹の生活を覗いていた。屋根の上で不特定多数の男と関係を持つラックス。そして、無表情でタバコを吸うラックスの心を、彼らは何も理解できなかった。

学校では、2週間も休んでいる姉妹についてリズボン夫妻に疑問の声がかけられる。それに対し、夫はどこか他人事のようで、夫人は監禁を緩めることはなかった。

外の世界との交流がほとんどない状態で、4人の姉妹は過ごしていた。唯一、郵便受けに届くカタログだけが外との繋がりだった。少年達は、同じカタログを注文し、姉妹と生活を共有しているかのような妄想をしていた。

いつしか少年達は、姉妹が出すSOSに気づきはじめる。そして、姉妹を娯楽の対象ではなく、自分達が助け出すべき対象だと認識し始める。姉妹から届いた、助けを求める手紙を読む少年達。彼らは、電話越しにレコードを聞かせ、安らぎを与えてあげるのであった。

ヴァージン・スーサイズのあらすじ【結】

あるとき、少年達へ姉妹からある手紙が届く。ある合図を送るというのだ。そしてその夜、少年達は、リズボン家からライトが点滅しているのを見つける。

駆けつけた少年達の前には、ラックスが待っていた。車で出かけようというラックス。彼女は、姉達が降りてくるのを待つように少年達へ伝える。そして一人車へ向かう。

そして、少年達は家の中へ入る。そこで目にしたものは、姉妹3人の遺体だった。

翌朝、警察によって姉妹全員の遺体が運び出される。ラックスも、車の中で死亡していたのだ。

姉妹4人は、それぞれの方法で自殺したのであった。娘達は、愛に飢えていたわけではないというリズボン夫人。そして、リズボン家は買い取られる。残された少年達は、姉妹を忘れようとする。

大人になった少年の声は、彼女達を愛していたと語る。そして、その声はリズボン家まで届けることができなかったことを悔やむ。

リズボン家の前に無言で佇む少年達。彼らは、リズボン姉妹の心の中で起きていた葛藤を想像しながら、そっと祈りを捧げるのであった。

Amazon 映画『ヴァージン・スーサイズ』の商品を見てみる