映画『サイボーグ009VSデビルマン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「サイボーグ009VSデビルマン」のネタバレあらすじ結末と感想

サイボーグ009VSデビルマンの概要:石ノ森章太郎の「サイボーグ009」と永井豪の「デビルマン」のクロスオーバー作品。ある事件をきっかけに00ナンバーたちと、デビルマン不動明、飛鳥了が出会う。そしてサイボーグとデーモンの戦いが始まる。

サイボーグ009VSデビルマンの作品情報

サイボーグ009VSデビルマン

製作年:2015年
上映時間:94分
ジャンル:SF、アクション、ファンタジー、アニメ
監督:川越淳
キャスト:浅沼晋太郎、早見沙織、日野聡、福山潤 etc

サイボーグ009VSデビルマンの登場人物(キャスト)

009 / 島村ジョー(福山潤)
「サイボーグ009」の主人公、00ナンバーのリーダー的存在。基本スペックは他の00ナンバーよりも高い。加速装置を使い、敵を撃つ。
001 / イワン・ウイスキー(白石晴香)
見た目は赤ん坊だが、脳改造により大人の10倍の脳の働きを持っており、エスパー能力を身につけた00ナンバー。予知夢で、皆を招集する。
不動明 / デビルマン(浅沼晋太郎)
「デビルマン」の主人公。デーモンの勇者アモンと合体したが、人の心を持っている。本作では飛鳥了とデーモン狩りを行なっている最中に、009と出会い、デーモンと勘違いをして戦い始める。
飛鳥了(日野聡)
不動明の親友。不動明と共にデーモン狩りをしている。本作のエンディングでサイコジェニーと再会するシーンが描かれており、この後、サタンとして人類抹殺計画を発動させる。
サイボーグ0014 / エドワード・アダムス(細谷佳正)
アドバンスドカスタムという自己修復能力を備えたハイティーン・ナンバーのリーダー格。アドバンスドカスタムの生みの親、アダムス博士の息子である。
サイボーグ0015 / エバ・マリア・パラレス(寿美菜子)
不動明と牧村美樹のクラスにやって来た転校生。セトの姉。ハイティーン・ナンバーのサイボーグとしては、001と似た超能力を有している。
サイボーグ0018 / セト(下野紘)
エバの弟。アダムス博士によってデーモン一族の勇者アトゥンと融合させられ、サイバネティックデーモンとなってしまう。

サイボーグ009VSデビルマンのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『サイボーグ009VSデビルマン』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

サイボーグ009VSデビルマンのあらすじ【起】

009はアポロンと戦っていた。ヘレンがアポロンを止め、何とか勝利をおさめる00ナンバーたち。一方、不動明はデーモンのジンメンと戦っていた。明はデビルマンに変身し、ジンメンに取り込まれた知り合いの少女サチごと、ジンメンを倒すのだった。

001が突然目を覚まし、悪魔がやってくると警告する。悪魔に警戒する00ナンバーたちは調査を開始する。街では悪魔に関する都市伝説がはびこっていた。そして003がハッキングした監視カメラの映像に写っているのは、デビルマンだった。

明たちのクラスに、エバという転校生がやって来る。一方、調査に出た002、004、008は誰かにつけられているのだった。

飛鳥了は狩りの始まりだと言って銃を構え、デーモン襲来に備える。デーモンたちは、コンビニの駐車場で騒ぐ若者に取り付いていく。そのデーモンたちを見つけ、デビルマンはアモンと因縁のあるパズズ対決する。その戦いの様子を、003は察知し、009と共に現場に急行する。パズズ以外のデーモンはアトゥンの元に飛び立ち、飛鳥もパズズと対戦する。その姿を遠くから見る009と003がいるのだった。

サイボーグ009VSデビルマンのあらすじ【承】

デビルマンはパズズを倒す。その戦いを見ていた009は、飛鳥をブラックゴーストと思い攻撃する。一方、飛鳥は009をサイボーグ化したデーモンと思っているのだった。デビルマンと009は戦う。互角に戦った二人は、お互い腕を落とす。

002たちを付けていたのは、0014をリーダーとする、アドバンスドカスタムという自己修復能力を備えたハイティーン・ナンバーたちだった。彼らと対峙する00ナンバー。スペックはハイティーン・ナンバーたちの方が圧倒的に高かった。しかし、彼らは00ナンバーたちのデータ収集だけして去ってしまうのだった。

腕を落とした009を救出するギルモア博士たち。対悪魔対策を考えるのだが、明や飛鳥の正体を測りかねているのだった。一方、飛鳥はブラックゴーストのことを調べ、00ナンバーたちのことを知る。飛鳥にとっては、00ナンバーたちも、裏切り者に思えるのだった。

学校での昼休み、美樹はエバと一緒にお弁当を食べていた。エバは明のことを美樹から聞き出す。半年前までは、ひ弱だった明が、突然、別人のようにたくましくなった、と。そして、エバの双子の弟は事故で眠ったままだと告白する。突然、空の色が変わりデーモンたちが二人の前に現れる。デーモンたちは、明を誘き出すためにミキを誘拐しようとする。しかしエバが、それは自分の仕事だとデーモンたちを追い払う。

サイボーグ009VSデビルマンのあらすじ【転】

ギルモア博士から、アダムス博士の研究アドバンスドカスタムの話を聞く、00ナンバーたち。そのアダムス博士は、アトゥンの復活を画策していた。樹海の奥にアダムス博士の隠れ家を発見した00ナンバーは、そこへ向かう。しかし、現場上空に入ったとき、デーモンたちが現れる。00ナンバーたちは、デーモンたちと対決する。ギルモア博士は、ブラックゴーストとデーモンが手を組んだ可能性を示唆する。00ナンバーたちが乗った飛行機は、デーモンたちの猛攻によって不時着する。

アドバンスドカスタム以上のサイボーグを開発しようとするアダムス博士は、悪魔とサイボーグの融合を図ろうとしていた。弟セトを助けるため悪魔と契約を結んだというエバは、アダムス博士にセトの身体を提供していた。そして、セトの肉体をかりてデーモン族のアトゥンが蘇る。

不時着した機体に襲いかかってくるデーモンたちを一掃する00ナンバーたち。ハイティーン・ナンバーたちは、その姿を遠くから眺めているのだった。

サイボーグ009VSデビルマンの結末・ラスト(ネタバレ)

アダムス博士の研究室では、セトの肉体とアトゥンの意識が融合したサイバネティックデーモンが生まれていた。喜ぶアダムス博士だったが、サイバネティックデーモンは、博士にお前の役目は終わったと言う。そして、博士を殺すサイバネティックデーモン。エバは、サイバネティックデーモンと戦うが、歯が立たない。エバも殺されてしまうのかと思いきや、サイバネティックデーモンはトドメを刺さない。エバは、サイバネティックデーモンの中にセトの意識が残っているのかも知れないと感じる。

00ナンバーたちの前に、ハイティーン・ナンバーたちが現れる。そして、サイボーグ戦士同士の戦いが始まる。その戦いの上空を飛んで行くデビルマン。デビルマンは、因縁のアトゥンの意識が宿るサイバネティックデーモンと戦うのだった。

デビルマンは、サイバネティックデーモンとの戦いの中、その速さに先に対決した009の速さを感じ、サイバネティックデーモンがサイボーグとの融合体であることを確信する。傷だらけのエバは、研究所の外へ出る。地上ではサイボーグ戦士たちが、上空ではデーモンたちが戦っている。エバは、ハイティーン・ナンバーたちに、アダムス博士の死を伝え戦いをやめるようテレパシーを送る。

エバの呼びかけも虚しく、戦いは続いていた。エバは001にテレパシーを送り、協力してハイティーン・ナンバーたちのアドバンスドカスタムを奪う磁場を発生させる。ハイティーン・ナンバーたちは敗れる。磁場の影響は、サイバネティックデーモンにも及び、天使のような姿のセトが現れる。

デビルマンと009は、セトに立ち向かう。しかし歯が立たない。001の力を借り、セトの意識にエバを送り込むと、セトが消えアトゥンが現れる。激しい戦いの末、デビルマンと009は、アトゥンを倒すのだった。

そして、デビルマンも00ナンバーたちも、それぞれの次の戦いが始まるのだった。