2017年3月公開映画一覧&おすすめ注目映画 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

2017年3月公開映画一覧&おすすめ注目映画

2016年カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた、ケン・ローチ監督の「わたしは、ダニエル・ブレイク」がいよいよ日本で公開される。今月は芸術性の高いドキュメンタリー映画も揃っており、コアな映画ファンには嬉しいラインナップになっている。

スポンサーリンク

2017年3月公開のおすすめ注目映画

ラビング 愛という名前のふたり

作品タイトル:ラビング 愛という名前のふたり
公開日:2017/3/3(金)
期待度:70%

白人のリチャードが愛した女性は、幼馴染で黒人のミルドレッド。ミルドレッドの妊娠を機に結婚を決めた2人は、地元のバージニア州からわざわざワシントンD.Cへ行って結婚する。なぜなら、1958年のバージニア州では、異人種間の結婚が違法だったからだ。その後、地元で暮らし始めた2人は、結婚を理由に逮捕されてしまう。リチャードのいない人生など考えられないミルドレッドは、アメリカ合衆国司法長官に手紙を書く。そして夫婦は、不条理な法律と戦い始める。

“愛する人と生まれ故郷で一緒に暮らしたい”というささやかな願いを叶えるため、愛の力でアメリカの法律を変えた夫婦の実話が映画化された。わずか60年前のアメリカには、白人と黒人は結婚してはいけないという法律があったらしい。今では欧米諸国を中心に同性婚が認められる時代だ。人類最強の武器は、やはり愛なのかもしれない。

しゃぼん玉

作品タイトル:しゃぼん玉
公開日:2017/3/4(土)
期待度:70%

劣悪な環境で育ち、犯罪を繰り返すようになった翔人は、人を刺して逃亡していた。翔人は宮崎県の山間部で怪我をしていた老人のスマを助け、スマの家で暮らすようになる。生まれて初めて人の温もりに触れ、翔人の荒んだ心に変化が生まれる。翔人は自分が犯した罪の重さを知り、ある決断をする。

複雑な内面を持った翔人を林遺都、そして老婆スマはあの市原悦子が演じている。市原悦子の独特な存在感はベテラン女優の中でも群を抜いている。テレビアニメの「日本昔ばなし」では可愛い子供から鬼ババアの声まで変幻自在に演じ分け、数々のテレビドラマでも、“市原悦子にしかできない役”を演じて、視聴者の心を掴んできた。本作は、そんな女優・市原悦子の熟練の技を、じっくりと味わうことができそうなヒューマンドラマだ。

人類遺産

作品タイトル:人類遺産
公開日:2017/3/4(土)
期待度:80%

廃墟という空間を見ると、人はなぜか、かつてそこにいた人々の姿を想像してしまう。自分の記憶に蓄積された人の声や生活音まで、聞こえてくるような気がする。そして胸が痛くなる。それは人々から忘れ去られた空間の中に生と死を感じ、人生の儚さと死後の虚無を見てしまうからかもしれない。

オーストリア生まれのニコラウス・ゲイハイター監督が、世界中から70箇所以上の廃墟を選び出し、ありのままの空間を撮影した。そこに役者を配置するような演出もナレーションも一切なしで、ただ無人の廃墟を映し出していく。しかし圧倒的な映像美と静寂の中から、観客は人々の営みやざわめきを自然と感じ取ることだろう。そして「人類遺産」というタイトルの意味を、改めて考え込むことになるはずだ。生まれ続ける過去の産物は、私たち人類の未来を静かに語っている。

ボヤージュ・オブ・タイム

作品タイトル:ボヤージュ・オブ・タイム
公開日:2017/3/10(金)
期待度:80%

宇宙の始まりを見た人はいない。しかし確実にそこで何かが起こり、この宇宙が生まれたから、今の私たちがある。そういうことを悶々と考え始めると、漠然とした不安を感じる。それは、“私はなぜここにいるの?”という素朴な疑問に、明確な答えを見出せていないからかもしれない。

幼い頃からそんな疑問を抱き続けてきた人は多いはずだ。自分の存在はもちろんのこと、この地球は、奇跡としか思えないような生命体であふれている。その生命はどこから来たのか、そして生命とは一体何なのか。過去に何が起こり、現在はどんな未来につながっていくのか。

この映画は芸術的な映像とケイト・ブランシェットの静かな語りで、そんな私たちの疑問に答えてくれそうだ。単に壮大な自然を高品質な映像で見せるドキュメンタリー映画とは一線を画す、テレンス・マリック監督の最高傑作は、私たちに無限の宇宙と生命の神秘を体感させてくれる。

おとなの事情

作品タイトル:おとなの事情
公開日:2017/3/18(土)
期待度:85%

家族がそれぞれ個別の携帯やスマホを持つことが当たり前になった現代。夫婦でも、相手のスマホを勝手に見ることはマナー違反で、そこにどんな秘密が隠されているのかは知らない。しかし、やましいことがなければ別に何を見られても聞かれても構わないわけで、“これから全てのメールや電話をオープンにするゲームをしましょう”と提案されても困らないはずだ。とはいえ、何だか嫌な予感が…。

そんな危険なゲームを始めてしまった7人の男女がこの映画の登場人物。気心の知れた仲良し夫婦3組プラスひとりの男は、想像を超える秘密の暴露に大慌て。果たして7人の運命やいかに。

本国イタリアで異例の大ヒットを記録し、すでに世界各国で多くの映画賞を受賞している本作。舞台が“アモーレ”の国イタリアなだけに、おとなの事情も情熱的に強烈だろう。

3月のライオン 前編

作品タイトル:3月のライオン 前編
公開日:2017/3/18(土)
期待度:70%

原作は羽海野チカの大人気コミックなので、実写映画化が発表された時から大きな反響があった本作。最近流行りの2部形式で、いよいよ前編が3月、後編が4月に連続公開される。

コミックの方は、天才棋士・桐山零を軸とした群像劇のような形式になっており、個性豊かなキャラクターと人間の心理を深く掘り下げていく丁寧なストーリーが最大な魅力だ。それだけに物語や人間関係も複雑で、短時間の実写映画で原作の世界観を表現するのは至難の技だろう。原作に思い入れがあるファンも多いだけに、大友啓史監督や主演の神木隆之介をはじめとするキャスト陣のプレッシャーも相当なものだったはず。その緊張感が、質の高い作品につながっていることを期待したい。

将棋の奥深さやプロ棋士たちの真剣勝負の魅力をどう伝えているのかも気になるところ。原作ファン、将棋ファンに加えて、映画ファンにも喜ばれる「3月のライオン」であって欲しい。

わたしは、ダニエル・ブレイク

作品タイトル:わたしは、ダニエル・ブレイク
公開日:2017/3/18(土)
期待度:90%

80歳を迎えるイギリスの名匠ケン・ローチ監督が、2016年に人生2度目のパルムドール(カンヌ国際映画祭最高賞)を受賞した。それがこの作品「わたしは、ダニエル・ブレイク」だ。

腕のいい大工としてマジメに生きてきた59歳のダニエルは、心臓を患い、職を失った。しかしイギリスの社会制度は複雑で、本当に困っているダニエルのような人を救ってはくれない。2人の子供を抱えるシングルマザーのケイティも同じ環境にあり、ダニエルとケイティ一家は助け合いながら懸命に生きようとする。

貧困や格差は、現代の日本でも大きな社会問題となっている。ケン・ローチ監督は真正面からこの問題を見つめ、ダニエルの姿を通して“これでいいのですか?”と国や社会に問いかけている。今の日本にも、こんな映画が必要なはずだ。おそらく、世界中でこういう作品が求められている。

未来よ こんにちは

作品タイトル:未来よ こんにちは
公開日:2017/3/25(土)
期待度:75%

あの夏の子供たち」や「EDEN / エデン」で高い評価を得たフランスの女性監督ミア・ハンセン=ラブが、また渋い作品を生み出した。フランスのベテラン女優イザベル・ユペールを主人公にキャスティングし、50代後半で人生の転機を迎えた女性の、孤独としなやかな強さを描く。

ミア・ハンセン=ラブ監督はまだ35歳。もちろん、作品のできに監督の年齢など関係ないのだが、それでも彼女の人生や人間に対する洞察力の深さには驚かされる。両親が哲学者という特異な環境が、成熟した彼女の内面性を育てたのかもしれない。

人は何かを失って、何かを得る。孤独と引きかえに自由を手に入れ、温もりと引きかえに自由を手放す。人生なんて考え方しだいでどうにでもなる、案外いい加減なものなのかもしれない。そんな風に思えた時、目の前がふっと明るくなる。もし、生きることを肯定できずにいるなら、ぜひこの作品を観て欲しい。

2017年3月公開映画一覧

公開日作品タイトル
2017/3/3(金)アサシン クリード
2017/3/3(金)お嬢さん
2017/3/3(金)WE ARE X
2017/3/3(金)英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17 ロイヤル・オペラ「イル・トロヴァトーレ」
2017/3/3(金)ラビング 愛という名前のふたり 注目!
2017/3/4(土)アシュラ
2017/3/4(土)アタシラ。
2017/3/4(土)あるアトリエの100年
2017/3/4(土)映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険
2017/3/4(土)エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方
2017/3/4(土)oasis FUJI ROCK FESTIVAL’09
2017/3/4(土)ぐちゃぐちゃ
2017/3/4(土)劇場版プリパラ み~んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ
2017/3/4(土)しゃぼん玉 注目!
2017/3/4(土)人類遺産 注目!
2017/3/4(土)スイッチ・オフ
2017/3/4(土)探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。
2017/3/4(土)ハルチカ
2017/3/4(土)フレンチ・ラン
2017/3/4(土)雪女
2017/3/4(土)汚れたミルク あるセールスマンの告発
2017/3/4(土)よしもと新喜劇映画 商店街戦争 SUCHICO
2017/3/4(土)ヨーヨー・マと旅するシルクロード
2017/3/4(土)ロスト・エモーション
2017/3/7(火)少女は悪魔を待ちわびて
2017/3/7(火)白い闇の女
2017/3/7(火)リメインダー 失われし記憶の破片
2017/3/10(金)モアナと伝説の海
2017/3/10(金)インナー・ワーキング
2017/3/10(金)しまじろうと にじのオアシス
2017/3/10(金)スレイブメン
2017/3/10(金)ボヤージュ・オブ・タイム 注目!
2017/3/10(金)ミス・サイゴン 25周年記念公演 in ロンドン
2017/3/11(土)コスメティックウォーズ
2017/3/11(土)アウトサイダー
2017/3/11(土)逆行
2017/3/11(土)クー嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件
2017/3/11(土)劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!
2017/3/11(土)劇場版総集編 オーバーロード 漆黒の英雄
2017/3/11(土)哭声 コクソン
2017/3/11(土)SENIOR MAN
2017/3/11(土)白T
2017/3/11(土)新地町の漁師たち
2017/3/11(土)ジョニーの休日
2017/3/11(土)戦場へ、インターン
2017/3/11(土)チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話
2017/3/11(土)流山三銃士
2017/3/11(土)残されし大地
2017/3/11(土)話す犬を、放す
2017/3/11(土)パンクしそうだ
2017/3/11(土)ヘッド・ショット
2017/3/17(金)SING シング
2017/3/18(土)アナザサイド サロメの娘 remix
2017/3/18(土)…and LOVE
2017/3/18(土)映画プリキュアドリームスターズ!
2017/3/18(土)おとなの事情 注目!
2017/3/18(土)かみさまとのやくそく あなたは親を選んで生まれてきた
2017/3/18(土)劇場版 黒子のバスケ LAST GAME
2017/3/18(土)3月のライオン 前編 注目!
2017/3/18(土)セキュリティ
2017/3/18(土)ひるね姫 知らないワタシの物語
2017/3/18(土)METライブビューイング2016-17 ドヴォルザーク「ルサルカ」
2017/3/18(土)結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章 第1章 「ともだち」
2017/3/18(土)結城友奈は勇者部所属
2017/3/18(土)わたしは、ダニエル・ブレイク 注目!
2017/3/20(月)エクストーション
2017/3/21(火)アイアン・スクワッド 甲鉄戦線
2017/3/21(火)EXO エクソ
2017/3/21(火)ホーンテッド・サイト
2017/3/21(火)楊貴妃 Lady Of The Dynasty
2017/3/24(金)パッセンジャー
2017/3/24(金)ひるなかの流星
2017/3/25(土)キングコング 髑髏島の巨神
2017/3/25(土)インビジブル・ゲスト 悪魔の証明
2017/3/25(土)仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦
2017/3/25(土)クリミナル・プラン 完全なる強奪計画
2017/3/25(土)クローズド・バル 街角の狙撃手と8人の標的
2017/3/25(土)グッバイエレジー
2017/3/25(土)サクラダリセット 前篇
2017/3/25(土)サラエヴォの銃声
2017/3/25(土)ザ・レイジ 果てしなき怒り
2017/3/25(土)ストロングマン
2017/3/25(土)世界でいちばん美しい村
2017/3/25(土)タレンタイム 優しい歌
2017/3/25(土)東京ボーイズコレクション エピソード1
2017/3/25(土)標的の島 風(かじ)かたか
2017/3/25(土)PとJK
2017/3/25(土)まなぶ 通信制中学 60年の空白を越えて
2017/3/25(土)まんが島
2017/3/25(土)未来よ こんにちは 注目!
2017/3/25(土)娘よ
2017/3/25(土)モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由
2017/3/26(日)キリング・ファミリー 殺し合う一家
2017/3/31(金)ジャッキー ファーストレディ 最後の使命
2017/3/31(金)光をくれた人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開予定の映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました