映画『365日のシンプルライフ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「365日のシンプルライフ」のネタバレあらすじ結末と感想

365日のシンプルライフの概要:ヘルシンキ在住のペトリは、全ての所有物を倉庫に預け、取り出すのは一日に一つだけというルールに基づいた実験を始める。人生に本当に必要な物とは何かをテーマにした、ライフスタイル・ドキュメンタリー。

365日のシンプルライフの作品情報

365日のシンプルライフ

製作年:2013年
上映時間:80分
ジャンル:ドキュメンタリー
監督:ペトリ・ルーッカイネン
キャスト:ペトリ・ルーッカイネン etc

365日のシンプルライフの登場人物(キャスト)

ペトリ・ルーッカイネン
ヘルシンキ在住の26歳の青年。本業は撮影技師。前の恋人と別れて以降、ヤケを起こして物を買い漁ってきた。物だらけの生活に疲弊し、身を呈してシンプルライフを実行する。祖母が大好き。
ユホ・ルーッカイネン
ペトリの弟。兄の行動が理解できないながらも、実験に協力する。
エーロ
ペトリの親友。妻帯者。ペトリとは反対の性格で、合理的な現実主義者。ペトリの行動を批判しつつも協力する。
ペテ
ペトリの友人。長い髭が特徴の剽軽な男性。ペトリの実験に協力し、物品を運搬する。
イェッセ
ペトリの友人。手先が器用で修理が得意。ペトリの実験に興味を持っている。
ペトリの母
ヘルシンキ郊外に住んでいる。空っぽになったペトリの部屋を見て、必要最低限の物は持つよう助言する。エコを徹底している。
ペトリの祖母
ペトリが心から敬愛する祖母。ペトリの話に真剣に耳を傾け、実験に賛成する。物が少なかった時代の経験をもとに、ペトリに優しくアドバイスする。
ピック=エッセ
ペトリの従兄弟の少年。ペトリの実験に対し、辛辣な質問を投げかける。
マイヤ
ペトリが映画館で出会った女性。実験が進むうちにペトリと親密になり、交際を始める。

365日のシンプルライフのネタバレあらすじ

映画『365日のシンプルライフ』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

365日のシンプルライフのあらすじ【起】

ヘルシンキ在住の青年ペトリは、多くの物に囲まれた生活に疑問を持ち始める。3年前に失恋してから、ペトリは鬱憤を晴らそうと何でも購入してきた。

ペトリは、いかに物を持たずに生活できるかを確かめる実験を始める。実験のルールは4つ。全ての持ち物を貸し倉庫に預けること、倉庫から持ち帰るのは一日に一個であること、一年間続けること、そして、一年間物を買わないこと、である。

ペトリは、縦横10m、高さ3mの倉庫を借りる。ペトリは、弟のユホ、友人のエーロやペテの手を借りて、全ての所有物を倉庫に収めて家の中を空にする。

実験を始める前、ペトリは祖母に自分の試みについて話した。戦時中の物資不足を経験している祖母は、現在は大切な物だけを手元に置いている。祖母は、人生に必要なものが何かわかるだろう、とペトリの計画に賛成する。

実験初日の夜、ペトリは自宅から離れた倉庫まで裸かつ裸足で走り、コートを取り出す。

実験2日目、ユホがペトリに食料を持ってくる。冷蔵庫を持たないペトリは、窓の外に食料を置く。エーロは、ペトリは現実逃避しているだけだと指摘する。

その夜、ペトリは深夜0時に倉庫に行って2日分の持ち物を取り出すことを思いつく。人気のない夜のヘルシンキをコート一枚で走り抜け、ペトリは倉庫からブーツとブランケットを持ち出す。

4日目と5日目に、ペトリは倉庫からネックウォーマーとズボンを取り出す。

365日のシンプルライフのあらすじ【承】

6日目。仕事のために、ペトリは襟付きシャツを取り出す。職場では、ペトロが靴下も下着も着用していないことに誰も気付かない。

7日目。ペトリはマットレスを取り出す。8日目の朝、目覚めたペトリは、必要な物が一つずつ増えていくことの喜びを噛み締める。

10日目。ペトリは、生活に必要な物は7個で十分だと感じ、何を持って帰れば良いのかわからなくなる。しばらくの間、ペトリは倉庫へ行かない。ペトリは、18日目に必要な物をメモに書き出し、20日目に鞄や歯ブラシ、靴下など11個の物を取り出す。

41日目。ペトリは持ち出してきたバリカンで髪と髭を整える。ペトリの母が、ペトリの自宅を訪れる。母親はペトリの方針に賛成するが、冷蔵庫は必要だと言う。

必要な物がわからないペトリは、50日間、倉庫へ行かずに過ごす。91日目、ペトリは冷蔵庫を含めた50個の物を倉庫から持ち出す。

ペトリは、独身だからこそこのような生活ができると話す。愛用の鞄が壊れ、ペトリは友人のイェッセに修理を依頼する。

ペトリは仕事以外では携帯電話を使わず、パソコンのメールで友人と連絡を取っている。携帯電話を持たないことで疎遠になる知人もいるが、ペトリは携帯電話から解放されたことを喜んでいる。

115日目。日の出時間が早くなり、朝日が眩しくて眠れないペトリはカーテンを持ち出す。

実験開始から半年が経ち、ペトリは故郷に置いたままの車を取りに帰省する。ペトリの従兄弟のピック=エッセは、ペトリの生活に対して鋭い質問を投げかける。ピック=エッセとの会話の中で、ペトリは今の自分には恋人が必要なのだと気付く。

365日のシンプルライフのあらすじ【転】

必要な物が無くなったペトリは、祖母に相談する。祖母は、人は物で出来ていないから、物以外の何かが必要なのだと説く。

ペトリは、マイヤという女性と知り合う。209日目、マイヤの自転車のロックを外すため、ペトリとユホは倉庫から工具を持ち出し、やっとの事でロックを解除する。ペトリは、マイヤと自転車でデートする約束をする。

210日目、ペトリの自転車が盗まれる。211日目、ペトリは実家から古い自転車を持ち帰る。212目、洗濯機が壊れ、ペトリの家は水浸しになる。ペトリは、物を持つことによるストレスを感じる。

213日目。ペトリは倉庫から衣服を取り出し、マイヤとのデートに向かう。二人は交際を始める。

251日目。エーロは出産を機に新しい家に越す。ペトリはエーロを手伝い、ベビーベッドや家具を運ぶ。ペトリは、国から新生児に支給される『赤ちゃんセット』に、57個もの物が含まれていることに驚く。

アウトドア志向のマイヤに合わせ、ペトリはキャンプや釣りなどのデートを楽しむ。精神的に満たされているペトリは、倉庫へ行かなくなる。

302日目。祖母が転倒による怪我のため、入院する。

マイヤの家の冷蔵庫が壊れる。一年間は何も買わないと決めているペトリは、修理や交換など様々な方法を試みるが、新しい冷蔵庫はなかなか手に入らない。

365日のシンプルライフのあらすじ【結】

クリスマス当日。家族やマイヤと共に教会のミサに参加した後、ペトリは壊れた冷蔵庫を車で廃棄場に持っていく。クリスマスまでにマイヤに冷蔵庫を用意できず、苛立ったペトリは冷蔵庫を乱暴に捨てる。

老人ホームへの入所が決定し、祖母は家を引き払うことになる。祖母の持ち物を整理するため、ペトリとユホは祖母宅を訪れる。家の中は祖母の大切な物で溢れており、2人は感極まる。ペトリは祖母が愛用していた菓子入れを、ユホはマグカップのみを譲り受けることにする。

ペトリは、祖母が使っていた冷蔵庫を持ち帰り、清掃してマイヤに贈る。

ペトリは入院中の祖母を見舞う。ペトリはマイヤについて祖母に話す。祖母はペトリの恋を応援し、人生はモノで出来ているのではない、と説く。

365日目。ペトリは、生活に必要な物はせいぜい100個で、次の100個は生活を楽しむためのものだ、と語る。ペトリは、所有とは責任を伴う行為であり、何が必要かは自分で決めるべきだ、と結論を出す。

ペトリはマイヤと共に倉庫へ行き、2人の新生活に必要な物を取り出す。

この記事をシェアする