映画『アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場」のネタバレあらすじ結末と感想

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場の概要:伯爵は王の座を狙っていた。邪魔な存在である王の娘を、魔女の力を借りて排除した。王は娘が見つけられないことに絶望し、クリスマスの星を恨んだ。すると、星が消え、冷たい闇が王国を包んだ。

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場の作品情報

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場

製作年:2012年
上映時間:77分
ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー
監督:ニルス・ガウプ
キャスト:ヴィルデ・ザイナー、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン、アグネス・キッテルセン、スティーグ・ヴァーネル・モー etc

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場の登場人物(キャスト)

ソニヤ(ヴィルデ・ザイナー)
本名はゴールデンヘア。魔女によって記憶を消され、泥棒を行っている家で酷い生活を送っていた。勇敢な少女。
魔女(アグネス・キッテルセン)
伯爵と共謀し、ゴールデンヘアを排除する。高圧的な性格で、言うことを聞かない娘に手を焼いている。様々な魔法を扱うことができる。
伯爵(スティーグ・ヴァーネル・モー)
国王のいとこ。王の座を狙っており、邪魔なゴールデンヘアを排除する。高所恐怖症。詰めが甘く、ドジな性格。
ムーサ(アイリフ・ヘラム・ノーエーカー)
小人。森の中で家族と一緒に暮らしている。木の実を取ろうとして、鳥用の罠にかかることが度々ある。

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場のあらすじ【起】

「クリスマスの星を探して」という題名の本があった。昔々、ゴールデンヘアという名の美しい姫がいた。あるクリスマスの日、姫の両親はクリスマスの飾りつけを行っていた。すると、ツリーのてっぺんにクリスマスの星を飾ることができるか、ゴールデンヘアに質問される。母はクリスマスの星は高い空から皆を照らすので無理だと答えた。その代わり、星は姫が心を捧げればいつでも助けてくれると教えた。そして、そのことを忘れないよう、金のハートが付いたネックレスを贈った。

王にはその座を狙ういとこの伯爵がいた。伯爵は邪魔な存在であるゴールデンヘアを排除するため、領土の半分を渡す条件で魔女に助けを求めた。その日の夕方、伯爵は空に輝く星が欲しければ、金のハートを星に渡すようゴールデンヘアに声をかけた。夜遅く、ゴールデンヘアは星を探して深い森に入ってしまい、森で待ち受けていた魔女に魔法で消されてしまう。王は捜索を行うが、ゴールデンヘアを見つけることはできなかった。王妃は悲しみの果てに亡くなってしまう。

王はクリスマスの星を恨んだ。すると、星が消え、冷たい闇が王国を包んだ。賢人は王が10年以内にクリスマスの星を見つければ、姫が王の元に戻ると予言した。その10年が過ぎようとしていた。今日はクリスマスイブで、姫を取り戻すための最後のチャンスの日だった。

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場のあらすじ【承】

少女のソニヤは女性に扱き使われながら暮らしていた。女性に盗みを働くことを強要されるが、抵抗していた。そのため、家から出してもらえないでいた。ソニヤはドアが開いているときを見計らい、逃げ出した。

ソニヤは貯蔵室に逃げ込むが、追手の子供達に見つかってしまう。子供達はソニヤが逃げるのを阻止しながら、食べ物を盗んだ。ソニヤが子供達を止めようとしていると、男性に見つかってしまう。子供達が捕まっている間に、ソニヤは逃げ出した。

ソニヤは別の建物の中に逃げ込んだ。すると、誰かが部屋の中に入ってきたため、慌てて物陰に隠れた。部屋に入ってきたのは、国王や家臣達だった。国王は占星術師のガラクシマスにクリスマスの星を探し、自分の元へ戻すよう依頼した。国王は我が子に会いたがっていた。

ソニヤは見つかってしまい泥棒の一味と間違えられるが、貯蔵室で会った男性に助けられる。男性はソニヤが泥棒を止めようとしたことを国王に進言した。国王はソニヤを開放し、部屋へと招いて話を聞いた。ソニヤは泥棒を行っている家から逃げてきたこと、家族がいないことを話した。

ソニヤは星を探すことにした。昔、星に心を捧げろとある人から言われたことがあった。国王はソニヤの話を冗談半分に聞いており、ソニヤが星を見つけた後自分の心も捧げることを約束した。

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場のあらすじ【転】

国王はガラクシマスのことを信じていたが、実はガラクシマスと伯爵はグルで星を探す気などなかった。伯爵は順調に自分の計画が進んでいることを喜んだ。そんな時、魔女が訪ねてきて、星を探して森に入ったソニヤを止めるよう命令される。

ソニヤは森の中で、小人のムーサと出会う。ムーサは木の実を取ろうとして、鳥用の罠である籠の中に閉じ込められていた。馬の鳴き声が聞こえてきたため、ソニヤはムーサを急いで救出した。ムーサはノームの粉と呼ばれる不思議な粉を使い、ソニヤの体を小さくした。2人は伯爵に見つかることなく逃げることができた。

ムーサはソニヤを自宅へと招いた。ソニヤはムーサの両親にクリスマスの星を探していることを話した。すると、星の場所を知っているのは、サンタクロースだけだと教えられる。サンタクロースは北風に乗って行かなければならず、道中は非常に危険だった。だが、ソニヤは諦めることができなかった。話を聞いていた祖父は、ムーサに大熊の力を借りるようアドバイスした。

ムーサは大熊のところまでソニヤを送っていくことにした。その代わり、クリスマスのおかゆを届けて欲しいと頼んだ。ソニヤは持って行くことを約束した。ソニヤは体を元に戻してもらうと、ムーサと別れて冬眠している大熊を起こした。そして、ムーサの紹介であることを話し、事情を説明して北風の元へ連れて行って欲しいと頼んだ。大熊は了承し、ソニヤを背中に乗せた。

ソニヤは大熊と別れ、サンタクロースの場所まで連れて行って欲しいと北風に頼んだ。水晶でその様子を見た魔女は、森に向かった。そして、空飛ぶ箒を伯爵に渡し、ソニヤを追わせた。伯爵はソニヤを捕まえようとするが、バランスを崩して地上に落下してしまう。

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場の結末・ラスト(ネタバレ)

ソニヤは北風と別れ、サンタクロースがいるプレゼント工場を訪ねた。そこには、人間1人1人を反映した木があり、良い子か悪い子か判断するようになっていた。王の木は星を呪ったときから枝が枯れ始め、伯爵の木は死にかけていた。逆に、ソニヤの木は生き生きとしていた。サンタクロースはソニヤに今年の願いを尋ねた。ソニヤは星を見つけて姫を王の元へ戻したいと願った。サンタクロースは星が城の外から移動していないことをソニヤに教えた。王が星を信じなくなってしまったため、見えなくなってしまっただけだった。

ソニヤは金のハートが付いたネックレスを握り締め、祈りを捧げた。すると、天からネックレスに光が集まった。魔女は水晶でソニヤの姿を見ており、彼女がゴールデンヘアだと気づく。ゴールデンヘアはネックレスに守られ、死んでいなかったのだ。

魔女はソニヤを捕まえ、ネックレスを奪った。そして、自分の娘にゴールデンヘアの振りをさせることにした。魔女は伯爵に書類を渡し、国王にサインさせるよう指示した。その書類には伯爵に王位を譲り、魔女の娘を将来王女にすることが書いてあった。魔女は魔法を使い、書類の文章を偽った。

伯爵は魔女の娘を連れて国王に会い、ゴールデンヘアが見つかったと嘘を吐いた。国王は伯爵の話をすっかり信じてしまう。木の枝に捕らえられていたソニヤは、ムーサに助けられる。魔女達を止めるため、急いで国王の元へ向かった。

伯爵は二度と星を呪わないという誓いのため、誓約書にサインするよう国王に求めた。国王がサインしようとしたとき、ソニヤが現れる。ソニヤはクリスマスの星が輝いていないことを国王に指摘し、金のハートが付いたネックレスは自分の物だと伝えた。国王がソニヤにネックレスを渡すと、金のハートから光が生まれ空へと昇っていった。国王が確認すると、空にクリスマスの星が輝いていた。国王はソニヤを抱き抱え、再会を喜んだ。伯爵一味は牢屋へと入れられた。

ソニヤはクリスマスのおかゆを外に置いておいた。そして、国王やメイド達と食事を食べた。

アドベンチャー・オブ・クリスマス 冬の魔女とサンタのプレゼント工場の感想・評価・レビュー

ディズニーアニメを実写映画化したかのような楽しさがあった。魔女や伯爵は酷い性格をしているのだが、間抜けなところが多すぎてそこまで嫌な感じはしなかった。国王がソニヤのことを娘だと気づくのがあまりにも遅すぎて、父親として苦言を呈したくなった。もっと早ければ、もう少し感動的なエンディングを迎えられたと思う。絵本を見ているような軽い気持ちで見られるため、小さいお子さんにもお勧めだと思う。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする