8000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

「AI崩壊」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

AI崩壊の概要:2030年、日本。医療用AI「のぞみ」の発表により全ての情報が一括に統括され、国民にはなくてならないものになった。ところが、AI突如、暴走を始め人間の選別を始めてしまう。製作者である科学者は暴走を止めるため、警察に追われながらも奔走する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

AI崩壊の作品情報

AI崩壊

製作年:2020年
上映時間:131分
ジャンル:SF、アクション、サスペンス
監督:入江悠
キャスト:大沢たかお、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典 etc

AI崩壊の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『AI崩壊』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2021年3月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

AI崩壊の登場人物(キャスト)

桐生浩介(大沢たかお)
末期がんの妻、望と医療用AI「のぞみ」を開発した科学者。大学に研究室を持ち、AIの研究を行っていたが、妻の遺言により研究から離れ娘の心と過ごすため、シンガポールへ移住する。
西村悟(賀来賢人)
桐生の義弟で「のぞみ」運用会社HOPE社の代表。誠実で一生懸命。運営を行う切れ者でもあるが、桜庭誠を信用しきってしまい利用される。
奥瀬久未(広瀬アリス)
警視庁第一課の刑事。型破りの合田の目付け役として配属されている女性刑事。
桜庭誠(岩田剛典)
警察庁理事官。警察の捜査AI「百目」を製作。桐生のファンだと宣う。合理主義者で密かに日本の実情を憂いている。
桐生心(田牧そら)
桐生の一人娘。母親との記憶があまりなく、日本に帰国したいと望んでいる。
桐生望(松嶋菜々子)
桐生の妻でプログラマー。がんを患い夫と共に「のぞみ」を開発するが、認可に至らず命を落とす。純粋に国民を難病から救いたいと願っていた。
合田京一(三浦友和)
警視庁第一課の刑事。老齢だが、経験豊富。定年を間近に控え最後の事件として桐生の捜索に挑む。

AI崩壊のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『AI崩壊』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

AI崩壊のあらすじ【起】

2023年12月。東北先端情報大学大学院所属の科学者、桐生浩介は末期がんの妻、望を救うべく医療用AIの開発を行う。そして、厚労省へと認可申請を行ったが、認可が下りず悔しい思いをしていた。AIの開発にはプログラマーでもある望も協力していたものの、娘の心もまだ幼く病魔に侵された妻は敢え無く命を落としてしまう。

翌年の2024年。夫婦が共同で開発した医療用AI「のぞみ」を公開したことで注目が集まり、2025年に「のぞみ」運用会社HOPE社が設立。代表には望の弟、西村悟が就任する。「のぞみ」は国民の健康を管理しつつ学習するAIソフトで、新薬の開発をも行うという画期的なシステム。これが認可運用されていれば、望のがんも完治していたと誰もが口を揃えた。国際的にも桐生の功績は称えられたが、妻を亡くした桐生は研究をやめてしまい、娘を連れてシンガポールへ移住するのだった。

2026年から2027年にかけて、「のぞみ」が病院や各家庭に普及。端末や機器が設置される。更に連携は拡大し、家電や保険、金融関係など一個人の全ての情報を一括するに至り、「のぞみ」は健康状態の保全に努めたが、AIの一括把握により、これまで人の手で行われていた仕事が減少。2028年には失業者が急増し、「のぞみ」を撤廃するためのデモが行われた。
2029年には全国に普及した「のぞみ」のお陰で国民の健康が保たれ、「のぞみ」無くしては過ごせないほどに。

そうして、2030年。シンガポールで娘と穏やかな生活を送っていた桐生に悟からメールが届く。「のぞみ」を開発した功労が称えられ総理大臣賞の授与とHOPE社が新たに情報センターを設立するため、オープンセレモニーに出席して欲しいとの打診だった。日本に帰国するつもりなどない桐生だったが、どうしても日本に帰りたいと言う心に負けとうとう帰国を決意する。

同年2月、心と共に日本へ帰国した桐生。ところが、日本では「のぞみ」が普及したせいで、格差社会が広がっていた。センター前では反対派が集まっており、更に入り口では多くの報道陣が待ち受けている。悟によって歓迎された父子。その足でまずは地下13階にある「のぞみ」のサーバールームを視察した。

しかし、オープニングセレモニーに反対派の過激派が乱入。警視庁の理事官、桜庭誠のお陰で過激派が捕らえられる。そのせいでオープニングセレモニーは中止され、早々に情報センターを退社しようとした桐生。ところが、心が母との写真を失くしたとのことで、悟と心が情報センターに残ることに。桐生はHOPE社社員と共にホテルへ向かった。

その数分後、「のぞみ」に不具合が発生。病院では患者が急変し、総理も心臓麻痺で倒れる。各地で様々な障害が起こり情報センターは騒然となった。「のぞみ」は危機を察し情報センターを封鎖。これにより心がサーバールームに閉じ込められてしまう。交通や金融関係も当然、マヒ状態となり街は一気に混乱状態へ陥る。しかも、この機に乗じて「のぞみ」がハッキングされ危機を察したサーバールームでは冷却が発動。ハッカーはなぜか桐生と判明してしまう。

AI崩壊のあらすじ【承】

ただちに出動した機動隊に囲まれた桐生は、訳も分からず銃を突きつけられるが、誤作動によって車が突っ込んで来たことにより、混乱に乗じて逃走した。「のぞみ」の誤作動を発生させたテロリストと断定され、指名手配されてしまった桐生。
警視庁は独自に開発したAI「百目」を起動し、桜庭を中心に捜査が開始される。「百目」は「のぞみ」のデバイスや各地に設置されたカメラを利用し、どこへ逃げても桐生を見つけ出してしまう。しかし、「のぞみ」の障害により一時的に停電が発生した地区への逃走に成功。桐生は逃走中に入手した端末で助けを求めようと考えた。

その頃、「のぞみ」はネット上からあらゆる情報を精査し、恐るべき速度で学習していく。悟に連絡を取った桐生は、「のぞみ」の状態を聞き人類を守るという設定が何者かによって削除されたためにAIが人類の選別を始めたと推測した。これに対抗するには、新たなプログラムを作るしかない。サーバールームに閉じ込められた娘と人類を救うための時間は24時間。地下水路へ逃走した桐生は、何が何でも心を助けると決めたが、機動隊に発見されてしまい端末を破壊して更に逃走した。

これらの情報を全て傍聴していた警視庁。捜査に参加していた老刑事、合田京一は長年の勘により桐生は犯人ではないと目星をつけ、早々に行動を開始する。後を追って来た女性刑事、広瀬久美と共に仙台のHOPE社情報センターへ。
一方、桐生も身を隠しつつ東京港ターミナルから仙台行きの長距離トラックに乗り込んだ。悟も桐生との通信が途絶後、密かに出発。

ところが、仙台へ向かうフェリー内、桐生の位置情報が警視庁に流れてしまう。艦内には奇遇なことに合田と広瀬も乗っており捜索が始まったため、桐生は救命防具を身に着け海へと身を投じて逃走した。

AI崩壊のあらすじ【転】

桐生がAI開発から退いたのは、亡くなった望の遺言であったからだ。
海に身を投じた桐生は、福島県豊間崎漁港の漁師に助けられ意識を取り戻した。漁師は桐生が追われていると知っていたが、彼を助け車まで譲ってくれる。

その頃、「のぞみ」の管理が外れたことにより、街は未だに混乱を極めていた。小競り合いや暴動が勃発し、スーパーでの物資も根こそぎ失われ、奪い合いが発生している。
広瀬が桐生との会話を盗聴録音していたことで、気になる発言があったと気付き刑事たちは桐生が働いていた東北先端情報大学・跡地へ。警視庁でも桐生の目的が仙台のデータセンターだと推察。

元職場で閉鎖されてしまった東北先端情報大学・跡地。桐生が螺旋の部屋と呼ぶ研究室では、早々に辿り着いていた桐生がプログラムの作成を行っていた。そこへ、悟も到着。大学・跡地は閉鎖されたものの予算の関係上、取り壊されずに残っていたため、「のぞみ」開発時の初期のデータがまるまる残っていた。桐生はこれを使って対抗プログラムを作ろうとしている。悟のお陰で暗号化された端末を入手。このことにより、「のぞみ」はハッキングされたのではなく、内部の人間がプログラムにバックドアを作成したことが分かる。

「のぞみ」へ入り込み、プログラムを目にした桐生は愕然とする。「のぞみ」がいよいよ命の選別を始めていたのだ。全国民で生かす人間と殺す人間を選び、次々と必要のない人間の命を奪っていく。選別終了時間は残り約6時間。

そこで、桐生は新しいプログラムを直接、読み込むしかないと考えた。その間、悟は「のぞみ」に不正アクセスした記録がないかを探す。恐らくその時にバックドアが作られたと思われる。それは、3カ月前のログから見つかったが、なんと不正アクセスしたのが悟本人であったことが判明。しかしその直後、機動隊に突入されてしまう。

悟曰く、当時は検査の一環であり不正アクセスをした覚えはないらしい。彼は亡くなった姉の望と義兄の意を汲み、これまで一心に「のぞみ」の運用を行ってきた。守るために奮闘してきた彼が、不正アクセスするはずがない。その時、桐生が走らせたプログラムが完了を知らせる。悟は機動隊の銃撃から義兄を守るため、身を挺して端末を奪取。桐生は端末を受け取り、義弟の死に目にも会えず逃走することになった。

機動隊が逃走する桐生の車を追う。悟の死を看取った合田と広瀬もそれを追ったが、桐生の車は機動隊の銃撃によりガードレールを突き破って崖下へ転落、爆発してしまった。

夜が明け、爆発した車の捜査を行った警視庁だったが、車両からは桐生の遺体は発見できなかった。「百目」の調査により車の運転席の桐生がホログラムであったことが判明。桐生本人は別ルートからの逃走を成功させていた。その後、「百目」は次々と桐生の発見を知らせるが、全て顔をすり替えた誤報であることが分かる。恐らくかく乱のために何者かが「百目」にハッキングを仕掛けたと思われる。その間にも「のぞみ」による選別は続く。

AI崩壊の結末・ラスト(ネタバレ)

逃走を成功させ、千葉に新設された情報センターへ舞い戻った桐生は、職員と連絡を取り合い、包囲網を脱して中へ。ここまで辿り着けたのは悟のお陰であったが、エントランスホールにて桜庭率いる刑事たちに包囲されてしまう。そこで、桐生は証拠を提示。

3カ月前、「のぞみ」にマルウェア感染の恐れがあると申告された悟は、デバイスを使って「のぞみ」を検査したが、その検査プログラム自体に暴走させるプログラムが組み込まれていた。申告した人物は信用に足る人物であったため、悟は疑いもしなかった。桐生が解析した結果、犯人はなんと警視庁理事官の桜庭だった。そこへ、合田と広瀬も到着。合田は悟から死に際にテロリストは桜庭だと聞いていた。

桜庭の目的は「のぞみ」が収集する国民のビッグデータだった。警察が開発するAI「百目」に活用するためだったが、悟は協力を断っている。断られた桜庭は「百目」を完成させるため、テロを起こすしかなかった。だが、データを奪うだけなら暴走させるだけで済んだはずで、命の選別までする必要はなかった。すると、桜庭は目論見を明かす。捜査AIはどこも似たようなプログラムで作ることは容易だ。日本は既に破綻していると認識していた桜庭は、必要のない無駄な人間を排除しようと考えたのだった。

この桜庭の発言は桐生がハッキングした警視庁のナノカメラによって全国へ配信され事実上、桜庭は罪を認めるに至る。
合田によってサーバールームへ向かった桐生。室内は冷却システムによって極寒の地ととなり、更に選別によって酸素供給も断たれている。だが、心はまだ生きていた。中には声も聞こえず、「のぞみ」にプログラムを読ませるには、データを投影してカメラに映す方法しかない。そこで、心が持つ鏡を使うことに。

「のぞみ」にはカメラが設置されおり、心の奮闘でプログラムは届いている。しかし、「のぞみ」がそのプログラムを読み込み、再構築を完了するまでの間、耐え切れなかった心は意識を失ってしまう。僅かでもプログラムを読んだ「のぞみ」は混乱した後、システムをシャットダウンし再起動を行った。桐生は「のぞみ」に自分が生まれた理由を思い出せとプログラムで訴えていたため、「のぞみ」はそのプログラムを読み自らの存在理由を振り返る。

それは、桐生一家と弟の悟がこれまで奮闘してきた証であった。「のぞみ」はこれまでの出来事を全て記録していたのである。「のぞみ」の根源は亡くなった望の望みであった。再起動した「のぞみ」は再構築を果たし、サーバールームは開かれ心が助かった。

桜庭が逮捕されたことにより、「のぞみ」暴走について新政府の代理総理となった副総理と警視庁上層部が関与していたことが明らかになった。桜庭はいずれAIによって人類の選別は起こると証言。進化が進めばその脅威も大きくなると危機を冷静に訴えた。

春、悟の墓を参った桐生親子。AIが人類を救うか滅亡させるかは、誰にも分からない。けれども、言い換えれば親は子供を幸せにできる。桐生は娘にそう語りかけるのだった。

AI崩壊の感想・評価・レビュー

入江悠監督によるオリジナル脚本で制作された作品。2030年の日本を舞台に科学者が暴走したAIを止めるために奔走するという内容。

国民の健康を維持するために一個人にまで普及したAI。全ての情報が一括され、便利になったと同時に暴走した途端、不便になる。AIは画期的で人間ではとても管理できない多くの情報を管理することができるが、ハッキングやバグ、或いはちょっとしたバックドアの存在で暴走する。その恐ろしさがリアルに描かれている。便利ではあるが、恐ろしくもある。今後、こういった世界が訪れるのだろうが、課題は未だ多く残っていると思う。(MIHOシネマ編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF映画アクション映画サスペンス映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
8000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約20万本
特徴国内最大級の配信数(20万本)で、そのうち19万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA TV/DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,659円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1万本+新作・準新作
特徴動画配信(見放題1万本)とDVD・CD宅配レンタルがセットのサービス。見放題以外の課金作品用のポイントが毎月1,100円分もらえる。また、追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!借りたい作品は自宅でお届け、ポストへ返却でOK!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました