映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末と感想

ALWAYS 続・三丁目の夕日の概要:当時、まだ東京タワーが建設中だった頃の古き良き日本。そんな時代、人々の絆は今よりも深く、街には人情が溢れていた。夕日町三丁目で暮らす人々の生活を描いた名作、『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編がここに誕生。

ALWAYS 続・三丁目の夕日の作品情報

ALWAYS 続・三丁目の夕日

製作年:2007年
上映時間:146分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:山崎貴
キャスト:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希 etc

ALWAYS 続・三丁目の夕日の登場人物(キャスト)

茶川竜之介(吉岡秀隆)
駄菓子屋を営みながら、作家として成功することを夢見る男性。ひょんなことから淳之介を引き取ることとなり、子育てに悪戦苦闘する毎日を送る。
石崎ヒロミ(小雪)
かつて竜之介が恋に落ち、プロポーズまでした女性。父親の借金の肩代わりにストリッパーにされてしまい、彼の前から姿を消していた。
古行淳之介(須賀健太)
竜之介と生活を共にすることになった少年。竜之介が書く冒険小説のファンで、少しずつ彼との距離を縮めていく。
鈴木美加(彩夢)
父親の事業が傾き始めたため、鈴木オートに預けられることとなったお嬢様。寂しさのあまり周囲を拒んでいたが・・?
川渕康成(小日向文世)
淳之介の実の父親で、大手会社の社長。庶民を見下している冷酷な人物で、淳之介を引き取ろうとする。
松下忠信(浅野和之)
芥川賞にノミネートされた茶川の前に現れた謎の人物。彼に芥川賞をとるためのアドバイスを送るが、その正体は・・・?

ALWAYS 続・三丁目の夕日のネタバレあらすじ

映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ALWAYS 続・三丁目の夕日のあらすじ【起】

夕日町三丁目、そこは東京の下町にある、どこにでもありそうな平凡な小さな田舎町だったが、人々の活気に溢れるいい場所だった。そんな町に、茶川竜之介という冴えない男性が暮らしていた。

彼は祖母から引き継いだ駄菓子屋を経営する一方で、いずれ立派な小説家になることを夢見て執筆活動を続けていた。そんな彼は、ある日淳之介という全く血の繋がらない子供を引き取ることになってしまう。当初は全く上手くいかない二人だったが、実は淳之介は竜之介が書いていた冒険小説のファンだった。そのことをキッカケに、二人はその仲を徐々に縮めていくのだった。

しかし、二人の仲は近づけど、中々竜之介の作品は評価されない。二人は貧乏な暮らしをしながら、三丁目でなんとか生きていた。しかし、そんな状態を不安に思った人物がいる。淳之介の実の父親、川淵である。実は、川淵は大手会社の社長だったのだ。そして、川淵は淳之介を引き取りたい、と竜之介に申し出てくるのだった。

ALWAYS 続・三丁目の夕日のあらすじ【承】

川淵は、一見礼儀正しい紳士であったが、その実庶民を見下している冷酷な男だった。そんな川淵には淳之介を任せられない、と竜之介は彼の依頼を断る。しかし、川淵には竜之介にはない圧倒的な財力がある。川淵の元で育った方が、苦労もなく淳之介にとっては良いのではないか、と内心竜之介は悩んでいた。

また、竜之介にはヒロミという想い人がいた。ヒロミもまた竜之介に想いを寄せており、そんな彼女に竜之介はかつてプロポーズをしていたが、彼女は父親の借金の肩代わりにストリッパーにされてしまい、彼の前から姿を消してしまったのである。そんな彼女のこと、そして、淳之介のことを思い竜之介は『踊り子』という小説を書き上げる。

一方、鈴木オートに美加という少女がやってきていた。彼女の父親が事業に失敗したため、再び軌道に乗るまで親族であるこの家に預けられたのだ。しかし、元々がお嬢様育ちである彼女は、そのことを鼻にかけ鈴木オートのことを馬鹿にする。

ALWAYS 続・三丁目の夕日のあらすじ【転】

しかし、そんな彼女のことを鈴木オートの大人たちは暖かく見守っていた。美加が親元を離れて寂しさを感じていることに気がついていたのだ。そんな心の広い大人達との交流を通して、周りを頑なに拒絶していた美加も少しずつ心を開いていく。

一方、鈴木オートで住み込みで働く六子は、幼馴染である中山と偶然再会を果たす。純粋な六子に淡い思いを抱いた中山は、彼女をデートに誘うのだった。しかし、その頃中山は悪い先輩に巻き込まれ、詐欺行為に手を染めていたのだ。

その頃、竜之介の耳に信じ難いニュースが飛び込んでくる。なんと、『踊り子』が芥川賞にノミネートされたのだ。長年小説家として成功することを夢見てきた竜之介は大喜び。さらに、そんな彼のニュースに三丁目の住人も浮き足立つのだった。そして、彼は意を決して彼の前から姿を消したヒロミに会いにいくのだった。しかし、彼女はその美貌を認められ、とある豪商の後妻となることが既に決まっていた。

ALWAYS 続・三丁目の夕日のあらすじ【結】

ショックを受ける竜之介に、一人の男性が近づいてくる。彼は、芥川賞選出に関与している社内委員だという松下という男だった。そして、松下は賞を受賞するためには、審査員達に賄賂を送らなければいけないと言うのだった。これまで賞レースとは無縁だった竜之介は、言われるがまま接待費として松下に金を渡してしまう。

しかし、そんなことがあるはずもない。松下は中山と共に詐欺を働く詐欺師だったのだ。こうして竜之介は金を騙し取られた上に、芥川賞にも落選してしまう。しかし、芥川賞は勝ち取れなかったものの、彼の書いた小説はとある人物の心を揺らした。ヒロミである。

ヒロミは、踊り子が自分を書いた小説であることを悟ると、豪商との婚約を破棄し、竜之介の元へと向かうのだった。彼女は、裕福な暮らしよりも自らの愛情を貫くことにしたのである。そうして、竜之介と淳之介、ヒロミの3人は貧しくも幸せな日々を過ごすのだった。そんな3人の様子に、川淵も淳之介を引き取ることを諦めた。美加も自分の家へと戻っていき、彼らはそれぞれの新しい生活を歩みだすのだった。

関連作品

次作 ALWAYS 三丁目の夕日’64
前作 ALWAYS 三丁目の夕日