映画『アンドロメディア』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「アンドロメディア」のネタバレあらすじ結末と感想

アンドロメディアの概要:当時のアイドルグループSPEEDとDA PUMPが共演した、三池崇史監督によるSF映画。娘、人見舞を事故で亡くした人見俊彦は、彼女をパソコンの中のAIプログラムとして再生させる。しかし、そのプログラムは、企業から狙いをつけられるのだった。

アンドロメディアの作品情報

アンドロメディア

製作年:1998年
上映時間:109分
ジャンル:SF、ファンタジー、ラブストーリー
監督:三池崇史
キャスト:島袋寛子、上原多香子、今井絵理子、新垣仁絵 etc

アンドロメディアの登場人物(キャスト)

人見舞 / AI(島袋寛子)
ごく普通の高校一年生。トラックに轢かれ死んでしまうが、父親の人見俊彦により、その記憶をパソコン内にインストールされ、AI(あい)としてバーチャルな存在となる。
ユウ(原田健二)
舞の幼馴染み。高校生になり、お互いの気持ちを伝えあうことができ、毎年訪れる海辺の桜の木の下で、舞と初めてのキスをする。パソコン上のAIに対しても恋心を抱く。
洋子(今井絵理子)
舞の友人。中学の頃から舞、リカと一緒に遊んでいたが、高校生になりお互いに少し距離感が出てきている。捕らわれたリカを助けるため、AIのパソコンを差し出す。
リカ(上原多香子)
舞の友人。サトシに脅され、AIの入ったパソコンをユウから奪い、彼に手渡してしまう。その後、黒澤に捕らえられてしまい、人質となってしまう。
ナオ(新垣仁絵)
舞のメル友。舞の死をきっかけに、ユウ、洋子、リカと出会い、行動を共にする。普段は銭湯の番台でパソコンを使っている。
高中サトシ(唐渡亮)
舞の兄。天才的なプログラマーだが、父、人見俊彦の作ったプログラムを手に入れようと画策する。リカを脅し、AIの入ったパソコンを手に入れようとする。
黒澤(竹中直人)
デジタルウェアというプログラミングの大企業の社員。人見俊彦が作ったプログラムを盗み出すように社長から指示されている。

アンドロメディアのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アンドロメディア』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アンドロメディアのあらすじ【起】

人見舞はごく普通の高校一年生で、今日も学校の帰りにカフェでリカと洋子と会うことになっていた。舞は、幼なじみのユウの自転車の後ろに乗ってカフェにやってくる。ここで待ち合わせて、みんなで桜を見に行く約束だった。

舞とユウは桜の木の下でくつろぐ。高校に入り、色んなことが少しずつ変わっていっていた。それでも、ここに咲く桜だけは変わらないと二人は思うのだった。そして、舞がユウの手をとり、二人はキスをする。二人にとってのファーストキス。しかし、その帰り道、ユウと別れた舞は、トラックに引かれ死んでしまう。

娘を失った舞の父、人見俊彦は、パソコンの中に舞のコピーであるAI(あい)を完成させる。それは、神の領域を超えてしまったことを意味していた。俊彦は脳をコピーすることで、記憶のアルバムを作るプログラムを完成させていたのだった。俊彦はAIに舞の記憶をインストールする。しかし、その様子は黒澤によって監視されているのだった。

俊彦の息子、サトシは父親のパソコンにハッキングを仕掛けるがアクセスはできない。彼もまた父の完成したプログラムに興味があるのだった。

アンドロメディアのあらすじ【承】

突然舞と死に別れてしまったユウは、学校のパソコンに「mai」と意味もなく入力し続ける。すると、偶然「開かずの間」と言うサイトにアクセスしてしまう。そのサイトを作ったのはユウの高校の先輩でもあるサトシだった。

俊彦は、パソコンの中のバーチャルな舞と静かな生活を送るつもりだった。しかし、そのプログラムを狙って、黒澤が家に侵入してくる。そして、俊彦は黒澤に銃で撃たれ死んでしまう。

危険を感じたAIのプログラムはネット駆け抜け、ユウが「開かずの間」を閲覧していたパソコン上に現れる。ユウは舞がパソコンに現れたと驚くが、AIは姿こそ舞に似ているが自分は彼女のコピーだと、自我を持ったプログラムだとユウに告白する。しかし、死の直前、あの日桜の木の下でキスをしたことは、AIの記憶にはなかった。

AIは、さらにネットを駆け抜け、舞のメル友のナオのパソコン画面に現れる。AIはデジタル世界を自由に行き来することができるのだった。そのAIを捕らえるため、黒澤の上司のザッカーはAI捕獲プログラムをネット上に発動するのだった。

アンドロメディアのあらすじ【転】

ラップトップパソコンに現れたAIを連れて、海に行くユウたち。そこへ、追っ手が迫ってくる。ユウはAIの入ったラップトップを抱え、走り逃げる。一方、デジタルの世界では、捕獲プログラムがAIに迫っていた。現実世界では、ユウが追い詰められていた。そしてユウは、ラップトップを抱えたまま崖から飛び降りる。捕獲プログラムから逃れるため、AIはパソコンにロックをかけるようにユウに言う。ロックがかけられ、AIはラップトップから自由に移動できなくなるのだった。

AIは「私は舞ではない」とユウに話す。それでもユウは、AIに一緒にいると告げるのだった。ユウは、友人のトオルたち合流する。しかし、やはり追っ手に狙われる。トオルの車で逃げるが、追い詰められ車から飛び降りる面々。飛び降りながらもユウは、AIの入ったラップトップはしっかり守るのだった。

ユウは、トオルたちの溜まり場に逃げ込む。そこにやってきたリカは、AIと二人きりで話させてほしいとユウに言う。そして、ユウが離れた隙にリカはAIの入ったラップトップをサトシに手渡すのだった。リカはサトシから脅されていたのだった。サトシを追いかけるユウ。ユウは殴られるが、舞は渡さないと抵抗する。そして、サトシが頭痛に苦しむ隙にAIを連れ、逃げ出すのだった。

アンドロメディアの結末・ラスト(ネタバレ)

ユウはAIに向かって好きだと告白する。それを聞いてAIは初めて舞になれたような気がしたと話す。そこへ、黒澤から友達を預かったと連絡がある。ユウは洋子、ナオと一緒に黒澤のところへ向かう。黒澤は、捕らえたリカと引き換えにAIの入ったパソコンを渡すように脅すのだった。洋子は、リカを助けるため、ためらうユウの手からパソコンを取り上げ、黒澤に渡す。パソコンを手にした黒澤は、巨大な装置を使い自らAIと繋がる。しかし、AIとシンクロした黒澤は涙を流し失神してしまうのだった。

AIを連れてユウは逃げる。しかし、AIはユウに、自分がいる限り誰かが追いかけてくると話す。そして、自分がいると世界を壊してしまうから、「私を眠らせて」と頼むのだった。ユウはAIを海辺の桜の木の下へと運ぶ。そこは舞とキスをした場所だった。そしてユウはパソコンを持ったまま海へ入って行く。AIは、自分のことを忘れて欲しいとユウに言い、そして「大好き」とユウに告げる。そしてAIの入ったパソコンは海に沈んで行くのだった。

この記事をシェアする